初歩的な質問でスミマセン

地軸が23.4度太陽に対して傾いているために日本は四季があり、昼の長さが季節によって違うと習った記憶があるのですが、たとえば海外で(北半球)もどの緯度にいても、夏至や冬至に日にちは日本と同じなのでしょうか?

赤道に近い北半球で仕事をしていた時にふと考えちゃいました。

A 回答 (3件)

何を持って夏至/冬至とするか、ですね。



辞書によれば
夏至:太陽が黄経九〇度に達した時をいい、現行の太陽暦で六月二二日頃。
冬至:太陽の黄経が二七〇度に達した時をいい、現行の太陽暦で一二月二二日頃。
となっていますので、これに基づけば「世界中どこにいても同じ日」であると考えられます。

一方世間一般的に言われているのは
夏至:太陽の高さが一番高い日。
冬至:太陽の高さが一番低い日。
ですので、これに基づくと
1.北回帰線より北の地域
夏至:六月二二日頃
冬至:一二月二二日頃
2.南回帰線より南の地域
夏至:一二月二二日頃
冬至:六月二二日頃
3.北回帰線~赤道の間の地域
夏至:その地域で太陽が真上を通過する日(2回あるはず)
冬至:一二月二二日頃
4.南回帰線~赤道の間の地域
夏至:その地域で太陽が真上を通過する日(2回あるはず)
冬至:六月二二日頃
5.赤道直下
夏至:太陽が真上を通過する日(=日本で言うところの春分の日と秋分の日)
冬至:六月二二日頃と一二月二二日頃
と、「地域によって違う」ことになるかと思います。

どちらが正しいのでしょうかね・・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご丁寧な質問ありがとうございます。
シンガポールに半年以上いて超規則的な生活をしていたら、微妙に朝太陽の出る時間が変わっていることに気づき、そこからのつまらない質問でした。
タイヘン参考になりました。

お礼日時:2005/02/22 15:32

「夏至」も「冬至」も日本語だから、日本以外では無いという答えではだめですか?



天文学的には、夏至も冬至も太陽と地球の位置関係で決まりますので、地球上どこでも同じはずです。
#南半球では、冬、夏、季節は反転しますが。

でも、赤道付近では、夏至=昼間の一番長い日、冬至=昼間の一番短い日とはなりません。
春分、秋分が一番長いはずです。差はすくないですが。
赤道付近でも、夏至、冬至、春分、秋分を特別な日と捕らえているかは知りません。
それより、熱帯の場合の季節は、雨期乾期の方が重要かもしれません。

参考URL:http://frbourbon.cocolog-nifty.com/english/2004/ …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
赤道付近では日本の常識は通じませんね(笑)

お礼日時:2005/02/22 15:35

夏至・冬至の「時刻」は同じです。

夏至・冬至は太陽に対する地軸の傾きが最大になる瞬間なので、地球全体で変わりません。夏至・冬至の瞬間は世界中(同一半球)で同時です。

ただ、その時刻が時差により、現地時間で前の日に含まれるか後ろの日に含まれるかで日付が違います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
専門家ではないため、ぼやーっとしていましたが、これにてハッキリしました。ありがとうございます。

お礼日時:2005/02/22 15:33

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q今年の夏至は6月21日ですか?

夏至と秋分の日は、毎年同じなのでしょうか。今年の夏至は6月21日、秋分の日は9月23日でよろしいでしすか(昨年の夏至は6月21日だったような気がします)

Aベストアンサー

国立天文台によれば

「祝日としての春分の日・秋分の日は、
前年の2月1日に、春分の日・秋分の日の日付が書かれた
「暦要項(れきようこう)」が官報に掲載されることによって、
正式決定となります。」

とのことです

詳細は以下のURLをご参照ください

http://www.nao.ac.jp/J/QA/faq/a0301.html

また暦要項は以下のURLです

http://www.nao.ac.jp/reki/youko/youko.html

夏至については書かれていませんでしたが
暦要項には夏至も含まれていますので、
同様なのではないかと思われます

Q南半球の「春分」「夏至」「秋分」「冬至」は?

過去に↓の質問は読んでおります。
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/1231798.html
これを踏まえて質問です。

1.英語(というか術語?)では、「春分」「夏至」「秋分」「冬至」は何と言うのでしょうか?
2.上述の過去の質問を踏まえると例えば「春分」は南半球では秋に来ることになりますが
 1.で答えていただいた語の語源やニュアンスと、実際の季節の間に違和感は無いのでしょうか?

Aベストアンサー

>1.英語(というか術語?)では、「春分」「夏至」「秋分」「冬至」は何と言うのでしょうか?
事処によると
 春分 the vernal equinox (spring equinox)
 夏至 the summer solstice
 秋分 the autumnal equinox (autumn equinox)
 冬至 the winter solstice
となるようです。

>2.(略)例えば「春分」は南半球では秋に来ることになりますが、(略)実際の季節の間に違和感は無いのでしょうか?

 暦とか天文の用語なので、違和感はあるでしょうが、そのまま使われているようです。

http://koyomi.vis.ne.jp/doc/mlwa/200706200.htm では、
   「もうすぐ夏至。冬が近付いている」
というようなことが書かれてありました。

Q夏至には何を食べるのでしょうか?

本日は夏至です。
太陽が最も北に寄って、北半球では昼が一番長くなる日です。
ところで、夏至には何をたべるんでしょうか?
ご存知の方がいらしたら、ご教授願います。
                     bee-beep
冬至にはよくかぼちゃを食べますよねぇ

Aベストアンサー

夏至には決まった食べ物を食べる風習は少ないようですね
というのも・・・
夏至の頃は、梅雨明けまでに田植えの仕事を終わらせなくてはいけない
(梅雨明け前に田植えが終わらないと、不作になるそうです)
農家のもっとも忙しい時期のひとつなので、
あまり祝い事のような事をしてる暇が無かったんじゃないかと
考えられます。

夏至に近い時期、夏至から11日後頃に「半夏生」という夏の盛り
つまり梅雨明けになる頃(田植えが終わってる頃;田植え休み)に、
麦の収穫時期なので麦もちを作るという風習の残ってる農村も多いし、
福井地方では、さばを食べたりもするらしいです。

Q地球儀が傾いているのは、地球の地軸が傾いている為、その傾き通りに作られ

地球儀が傾いているのは、地球の地軸が傾いている為、その傾き通りに作られているというのは正しいのでしょうか?

周りの意見が、「回しやすいから」「傾いてないと文字が見にくい」ですので、少し不安になっています。

Aベストアンサー

地球儀は通常、北極点と南極点にあたる部分に軸受を有する台に固定され、回転させられるように作られている。

また地軸と同じように、垂直方向に対して23.4度傾くように軸受がつけられている。

このことにより、地球儀の真横からスポットライトを当てて太陽に見立て、日や季節がどのように変化するのかを容易に見られる。また最近の地球儀の多くには経線・緯線が引かれており、地球上の特定の地点のおおよその位置を容易に見つけられる。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

Q夏至を過ぎてから気温が高くなるのは?

中学校の理科で、夏には気温が高くなり、冬には気温が低くなる。
これは地球が地軸を公転面に対し傾けながら公転しているためと習いました。
それは理解できたのですが、授業の中で習うのは春分、夏至、秋分、冬至の時です。
もちろんその間もそれに準じて考えていけばいいわけですが、ふと疑問が。

夏至というのは1年で一番日照時間が長い日だと思います。
しかし、夏で一番暑いのは、夏至が過ぎた7月後半~8月ですよね?
これはなぜでしょうか?

小笠原気団などの高気圧が関係あるのでしょうか?

もし分かる方がいらっしゃいましたら教えてください。
よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

気象的な要素は複雑なので、省きます。

地球には、春夏秋冬という四季もあり、一日の中でも昼と夜がありますよね?一日の気温は明け方が一番低くて、午後1-2時頃が一番暑い。これも同じですよね?

まず一番始めに注意しなければ成らないのは、「熱」と「温度」の関係です。熱が物に蓄えられて温度になります。ここが多くの人が勘違いするところです。

さて太陽の「熱」は、一日で言えば12時、季節で言えば夏至が一番大きいです。この熱が地表を温めて「温度」を持つようになります。一日でいえば、昼に温められた地表が、夜には冷えます。この時、昼に温められたよりも夜になって少なく冷えたとすると、明け方には前の日よりも地表の温度は高くなりますよね。

つまり、昼に温めた分と夜に冷えた分の「差」が次の日の温度を決める事になります。夏に近づくにつれてだんだん暑くなるのは、地表に段々熱が貯まるからです。夏至は一番熱が貯まり易い日ですが、夏至を過ぎても熱が貯まる傾向はしばらく止まりません。なぜなら、まだ夜に冷える分より昼に温められる分が多いからです。

Q夏至、冬至の月の大きさは錯覚ではない?

夏至や冬至の月の大きさが違うのは、錯覚ではなく、目で見て明らかに分かるほど大きさが違うのでしょうか?
ネットで調べていると、季節違いの定点写真がありました。
http://www.aurora.dti.ne.jp/~mrkei/astro/mangetsu.jpg

また、1日のうちで、月が出始めた時の大きさも、錯覚と良く言われますが、実際に大きさが違うような気がしてなりません。
実際に近くの山などを手でさえぎって月だけ見ても、天頂にある時と比べると、だいぶ大きいような気がします。

写真の引用について
http://www004.upp.so-net.ne.jp/mrkei/astro-q8.htm
Q356 引用:月の大きさについてです。
月が目の錯覚で大きく見えるのは知っていますけど一年通してなら月が近いときに一番大きく遠いときに一番小さくなると思います。
もしも、カメラで望遠を固定して撮ったなら何%くらい変化するのでしょうか?計算で出せるものですか? 月の軌道は割と不安定なので、計算で簡単に出せません。ただ、天文年鑑などに最近と最遠の時の日時と距離がでていますので、それから算出してください。
ちなみに最近と最遠ではかなり大きさが違い、私が固定撮影した物ですが、同じ光学系で撮影した写真を並べると、このくらい違いがあります。(KEI)

夏至や冬至の月の大きさが違うのは、錯覚ではなく、目で見て明らかに分かるほど大きさが違うのでしょうか?
ネットで調べていると、季節違いの定点写真がありました。
http://www.aurora.dti.ne.jp/~mrkei/astro/mangetsu.jpg

また、1日のうちで、月が出始めた時の大きさも、錯覚と良く言われますが、実際に大きさが違うような気がしてなりません。
実際に近くの山などを手でさえぎって月だけ見ても、天頂にある時と比べると、だいぶ大きいような気がします。

写真の引用について
http://www004.upp.so...続きを読む

Aベストアンサー

1994年のデータ
月の視半径
大きいとき
3月28日 16.7
6月21日 16.5
9月8日  16.4
12月30日 16.6
小さいとき
2月17日 14.8
5月9日  14.7
7月2日  14.7
11月17日 14.7
大して違わないでしょう(∩∩)
小さいときの面積は大きいときの約78%です大きさはさほど変わらなくても明るさはかなり違いますね

出没時の大きさと中天にあるときの見かけの大きさに違いはありません
ただし大気の屈折率が高度によって違うので上下方向の大きさは高度によって変化します
大気の水平方向の屈折率には差が生じないので横方向の大きさは高度によって変化することはありません

Q夏至・冬至、赤道付近では

4月からブラジルに赴任します。
ブラジルの中でも南緯3度のところです。
そこで質問なのですが、夏至・冬至には昼・夜の長さは日本とどう違ってくるのでしょうか。
北半球の高緯度付近では、夏至になると太陽が一日中沈まないと聞きます。
赤道付近ではどうなのか知りたいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

大雑把に言うと、昼間の長さは赤道から離れるにしたがって長くなります。
ほぼ赤道付近のエクアドルのデータがありましたので、紹介します。
http://www.saga-ed.jp/workshop/edq01460/
これをみると、昼の長さは、1年を通じてほとんど変わらず12時間をちょっと超える程度だということが分かります。

地球の公転軌道が楕円であることも影響してきますので、正確な値が知りたい場合は計算ソフトがフリーで提供されているようなので、試してみてはいかがでしょうか。
http://www.saga-ed.jp/workshop/edq01460/

Q夏至と冬至

地球からおける毎月1日の太陽の位置は(黄道のことなんですが)
それは天の赤道と呼ばれるものと同じようにまっすぐではなく、すこしねじれると言うかまっすぐではありません。
 それは夏至と冬至が関係しているらしいのですが、なぜまっすぐにはならないのでしょうか?
 多分ものすごく言葉が足りてなくて、多分意味不明だと思います…
申し訳ありません!
 それでもわかるかたどうかお願いします!

Aベストアンサー

こんばんは。

北極と南極の両方を貫く1つの直線をイメージしてください。
地球は、その直線の周りに自転しています。
その直線のことを「地軸」と言います。
回るコマに例えれば、棒の部分が地軸です。
自転する地球の「腹巻き」の部分が赤道です。

太陽系の惑星は、だいたい一つの面の中で公転していますが、
その公転軸(だいたい太陽の北と南を貫く線に一致)に対して
地球の自転軸(=地軸)は20°ちょっと傾いています。つまり、赤道と黄道は20°ちょっとの差があるということです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%BB%84%E9%81%93
これによって、四季・夏至・冬至が発生します。
このことにつきましては、私が過去に回答を投稿していますので、参考になさってください。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2003245.html


なぜ、地軸が太陽に対して傾いているか、ですが、
逆に、そもそも太陽系の惑星(天王星を除く)の自転軸がなぜ公転軸に大体そろっているか、の方が考え方として先です。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B5%A4%E9%81%93%E5%82%BE%E6%96%9C%E8%A7%92
これは、太陽系が誕生する際、初期は全体が塵の渦であったものが、次第に塵同士の引力によって合体していって惑星を形成していき、
全体の渦の勢いによってもたらされた小さい渦の回転の勢いがそのまま引き継がれて
自転の方向が決まったと考えられます。
しかし、合体するものの飛来方向や合体する際の角度は一様でないため、
太陽に対して正確に垂直な回転にならず、自転軸が若干傾いたと考えられます。


以上、ご参考になりましたら。

こんばんは。

北極と南極の両方を貫く1つの直線をイメージしてください。
地球は、その直線の周りに自転しています。
その直線のことを「地軸」と言います。
回るコマに例えれば、棒の部分が地軸です。
自転する地球の「腹巻き」の部分が赤道です。

太陽系の惑星は、だいたい一つの面の中で公転していますが、
その公転軸(だいたい太陽の北と南を貫く線に一致)に対して
地球の自転軸(=地軸)は20°ちょっと傾いています。つまり、赤道と黄道は20°ちょっとの差があるということです。
http://...続きを読む

Q夏至と日の入・日の出の極限が違うのはなぜ?

日の入り時刻がもっとも遅い日や日の出時刻がもっとも早い日と、
夏至の日が一週間程度違うのは何故でしょうか?

素人的に考えると、日の出が一番遅い日と、夏至の日はほぼ
同じだと思うのですが何故なのでしょうか?納得ができません。

詳しい方いたら教えてください。
(理系には強い方です)

Aベストアンサー

 自明なことと思われるかもしれませんが、地球は自転しているとします。

1. 太陽も地球も互いに静止していて、地球の地軸の傾きだけが太陽と地球を結ぶ方向に対する角度を変えるなら、日の出時刻が最も早い日と、日の入り時刻が最も遅い日は夏至と一致します。

2. 地球が地軸を傾けたまま完全な円軌道上を公転しているとします。1と違って、日の出のときと日の入りの時との太陽と地球を結ぶ方向の地軸の傾きは異なります。このため、日の出から南中時までの時間経過と、南中時から日の入りまでの時間経過は等しくなりません。地軸の相対的な傾きの変化の影響は、夏至の日一日だけのことなら小さなものかもしれませんが、積み重なると大きくなり、日の出時刻が最も早い日と、日の入り時刻が最も遅い日が夏至に一致しなくなります。

3. さらに、地球は楕円軌道上を公転しており、これだけで天球上の太陽の移動速度が変わってきます。しかも、(地球上の観測緯度の効果を抜きにして、)地球からみて太陽の"動き"が最も遅くなる日や最も速くなる日は、夏至や冬至の日ではありません。このため、やはり日の出時刻が最も早い日と、日の入り時刻が最も遅い日が夏至に一致しなくなります。

2.3.を合わせた効果を「近時差」と呼んでいます。

 自明なことと思われるかもしれませんが、地球は自転しているとします。

1. 太陽も地球も互いに静止していて、地球の地軸の傾きだけが太陽と地球を結ぶ方向に対する角度を変えるなら、日の出時刻が最も早い日と、日の入り時刻が最も遅い日は夏至と一致します。

2. 地球が地軸を傾けたまま完全な円軌道上を公転しているとします。1と違って、日の出のときと日の入りの時との太陽と地球を結ぶ方向の地軸の傾きは異なります。このため、日の出から南中時までの時間経過と、南中時から日の入りまでの時...続きを読む

Q冬至あるいは夏至について

こんにちは。質問内容が天文学ではないかもしれないのですが、
他に該当するカテゴリがないので、ここで質問させていただきます。

冬至といえば、一般に、一年の内で、一番昼が短く夜が長い日といわれていると思います。すると日照時間なども当然、一番短いことになるかと思うのです。

そうしたならば、冬至付近の日々が、一年を通じて一番寒くなってもよさそうなものなのですが、実際は2月ぐらいが一番寒いように思われます。

反対に夏至付近が一番、一年で暑くなってもよさそうなものですが、
一番暑いのは8月付近かと思われます。

どなたか、このあたりの事情を教えていただけませんでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは。

「お日様パワー」という私の造語で説明したいと思います。
モデルの定め方が荒っぽいですが、イメージはわかると思います

お日様によって暖まる効果と、熱が日本から逃げて冷える効果とを比較して、
暖まるほうが強いときをプラス、冷えるほうが強いときをマイナスとします。
それを「お日様パワー」とします。
わかりやすいように、季節の気温変化は実際の気温の変化より大袈裟に設定しています。

3月(春分)からスタートします。
3月の気温を10℃とします。

3月 お日様パワー=0  日本の気温 10+0 = 10℃
4月 お日様パワー=+2  日本の気温 10+2 = 12℃
5月 お日様パワー=+4  日本の気温 12+4 = 16℃
6月 お日様パワー=+6  日本の気温 16+6 = 22℃
7月 お日様パワー=+4  日本の気温 22+4 = 26℃
8月 お日様パワー=+2  日本の気温 26+2 = 28℃
9月 お日様パワー=0  日本の気温 28+0 = 28℃
10月 お日様パワー=-2  日本の気温 28-2 = 26℃
11月 お日様パワー=-4  日本の気温 26-4 = 22℃
12月 お日様パワー=-6  日本の気温 22-6 = 16℃
1月 お日様パワー=-4  日本の気温 16-4 = 12℃
2月 お日様パワー=-2  日本の気温 12-2 = 12℃
(以下、上記の繰り返し)
3月 お日様パワー=0  日本の気温 10+0 = 10℃
4月 お日様パワー=+2  日本の気温 10+2 = 12℃
5月 お日様パワー=+4  日本の気温 12+4 = 16℃
・・・・・・

かなり不正確ですが、イメージはわかると思いますが、いかがでしょうか?

ちなみに、高校物理を知っている人であれば、
「加速度が大きいことと速度が大きいこととは違う」
という感覚で理解できます。

ご参考になりましたら幸いです。

こんばんは。

「お日様パワー」という私の造語で説明したいと思います。
モデルの定め方が荒っぽいですが、イメージはわかると思います

お日様によって暖まる効果と、熱が日本から逃げて冷える効果とを比較して、
暖まるほうが強いときをプラス、冷えるほうが強いときをマイナスとします。
それを「お日様パワー」とします。
わかりやすいように、季節の気温変化は実際の気温の変化より大袈裟に設定しています。

3月(春分)からスタートします。
3月の気温を10℃とします。

3月 お日様パワ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報