私は大阪府で飲食店を営業してますが、賃借している物件が競売物件になりました。
昨年の5月頃(所有権が移動してすぐに)競落人から「現行の家賃8万円が近隣相場と比較して低額なので22万円になりますと告げられました。」 私は不当な家賃だと思い法務局にて今の家賃より10%を増額して8万8千円を供託していましたが、競落人より調停の申立てを受けました。調停ではお互い歩み寄らず決裂してしまい今裁判にて争っています。競落人は、まだ1年程しか固定資産税を支払っていないのに固定資産税の増税なども有ると言って正当性を主張してきています。
そして競売人は裁判の和解案だと言って建物の明渡しも言ってきました
お手数ですが借地借家法に強い方下記の(1)(2)(3)ついて教えて頂けないでしょうか宜しくお願い致します。

<裁判所の物件明細書による権利関係は下記の通りです>
 長期賃貸借契約
 契約期間 定め無し
 飲食店による店舗

<競落人に所有権が移動した日は下記の通りです>
 平成12年4月3日

<私が家賃の供託をした日は下記の通りです>
 平成12年4月31日から現在に至る

--------------------------------------------------記------------------------------------------

(1)家賃の近隣相場を調べる良い方法は無いでしょうか?

(2)立退き料若しくは代替地について何処まで主張出来るでしょうか?

(3)賃貸条件の使用用途の変更など可能でしょうか?また、賃貸借に相続などあるのですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

1 弁護士とも相談して、不動産鑑定士に当該物件の適正な継続賃料を鑑定依頼することです。

そうすれば、同一需給圏内の類似不動産の新規賃料も、また継続賃料も調査してくれます。住宅と同様の感覚で素人が調べると、相手の思う壺です。自らの財産権を守るつもりがあるなら、費用は当然に負担すべきでしょう。

2 換言すれば、借家権と営業権をいくらで売却するか、とするご質問ですが、これも上述の通り、不動産鑑定士に諮問すれば、その根拠と共に明らかになります。但し、営業権の評価をする場合、少なくとも過去三年分程度の実際の収支資料が必要です。なお、この場合、専門家が参考にするのは「公共用地の取得に伴う損失補償基準要綱」なるものです。検索すれば出てきます。勉強になりますよ。

3 目的物件の用途変更は、家主の同意があれば何ら問題なく可能です。同意なしでも、用途の許容範囲というものがありますので、これも弁護士と相談して下さい。なお、賃借権は立派な財産権ですから、当然に相続されます。

競落人も落札価格というコストをかけ、(真剣に)自己利益の実現を目論んでいるのですから、質問者も対等の立場で、手間隙惜しまず、また必要な費用を負担して自らの財産権を守ることです。

最後に、質問のカテゴリーとしては、「ライフ>住宅」ではなく「社会>法律」の方が、より多くの回答が得られると思いますよ。但し、質問内容は少し違った角度からなさる事。  

参考URL:http://www2.justnet.ne.jp/~soyokaze/q&a80-2.htm
    • good
    • 0

競売にかかった物件は権利関係や物件状況など全てにわたって裁判所が調査をかけてきます。

その中で今回に該当するのが権利関係の賃貸借の内容でしょう。裁判所の資料のなかでこの賃貸借が「正常なものとみられない」とか「立退き命令の対象となる」などの記載があると正当な権利と認められず落札者から請求があった場合に立退きをしなければならないことがあります。正当な権利かどうかは差押時に契約期間が過ぎて更新をしていなかったり契約締結が差押より後だったり賃貸借契約の内容がいかにもおかしいと思われるなどの場合です。いずれにしても裁判所にその資料はあるはずなのでその内容を確認すべきです。
それによってあなたの立場が強いのか弱いのかがわかり、落札者との交渉にも影響してくると思われます。
    • good
    • 0

1.近所の不動産屋さんに、調べてもらってください。


 (1)「今の店舗を移ることも想定して」、近くで別の店を探しているので、資料ほしいと言われたら、くれます。半径1キロ圏。最悪、そういう事態がありえます。
 (2)エイブルや積水ハウス、大和ハウス工業、大東建託、のホームページを検索して調べられます。
2.上記の相場に基づいて、立ち退いたらどれだけ費用が要るか算定して、それを最低線で主張してください。
 それ以外に、店を移ることで、お客さんが減ることのデメリットも主張すべきです。
3.用途変更、相続とも難しいです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q競売落札物件についての質問

プレハブ(土地145の党関係事務所)のある一戸建て(土地300)を落札し、明渡し交渉に行ったら、公職の第三者が出てきて、最初は落札価格の1.5倍で買取りたいと言いましたが、契約間近になると事務所撤去するには金も時間も掛かるから"落札物件を流した方が良いよ"と
言って来ました。事務所と現住人とは賃貸契約もないし、入札前執行官に聞いたら、法廷闘争になったら買受人が有利と聞き入札しました。流したら保証金は戻って来ません。一方的な言い方に怒りを覚え法廷闘争を考えています。その場合の私の勝率と費用、期間等
知っていたら教えて下さい。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

「プレハブは未登記の建物で、撤去の場合の法廷闘争には“買受人に対抗出来ない”と記されていました。」
とすると,敷地利用権が引き継がれない未登記の売却対象外の建物(プレハブ)が存在するということになろうと思います。
引渡命令では建物(プレハブ)の収去を求めることができませんから建物(プレハブ)所有者に対し建物収去土地明け渡しの,建物(プレハブ)占有者に対し建物退去土地明け渡しの判決を求めていくことになるでしょう。
しかし,勝負けは別として,訴訟になっても,執行裁判所の一応の認定があるわけですから,審理時間はあまりかからないのではないでしょうか?
また,収去の判決が出た場合には,これに授権決定をもらう必要があります。この手続きには,費用も時間もあまりかかりません。
ただ,収去といっても壊せばよいのではなく,プレハブ内の動産や解体した建築資材等は,土地から搬出して保管するというのが原則ですから,これらの費用も考えておく必要があると思います。
訴訟費用についてはよく分かりません。

Q不動産会社の競売購入物件

競売で不動産業者が入札で落とした物件を私がローンを組んで買おうとしていますが 競売物件の処理で私に不利になってしまうことがあるのでしょうか
どんなことをきちんと購入時に聞いておいた方がいいのですか
まったくわかりません よろしくお願いします

Aベストアンサー

 売買契約書の約款にこういった感じの文面があるかどうか確認してください。
「売主は所有権移転の期日までにその責任と負担において本物件の先取特権、抵当権、
賃借権、その他名目形式を問わず、買主の完全な所有権の行使を阻害する一切の負担を
除去抹消しなければならない」

 これがあった場合、競売物件の処理で立ち退きが出来ないなどの話があった場合、
違約ということで、売主に違約金の請求が出来ますね。

 もっとも、競売で落札された物件で売主が購入に要する金員を全額支払い、
裁判所からの保管金受領証書をうけ、所有権移転の手続を行われてない物に関しては
宅建業法で売買の規制があるはずですので、この段階であればまず大丈夫かと思われます。

Q競売物件について教えてください。

こんにちは。

競売物件情報の700m2の土地の欄に、【都市計画・市街化調整区域・建ぺい率40%】 と書いてありました。  
市街化調整区域は、家を建てられない土地と思っていましたが、建ぺい率40%と書いてあるので、その土地は市街化調整区域でも家は、建てられるという意味なのでしょうか?どうぞ、教えてください。よろしく、お願いいたします。

Aベストアンサー

 市街化調整区域に建てられるケースの主なものに、都市計画法に基づく既存宅地確認という制度がありましたが、現在はこれが廃止されており、調整区域に建ぺい率や容積率の規制数値を記載するのは、気をつけなければなりません。
 東京都の場合ですと、旧既存宅地の建ぺい率・容積率制限は、その近くの最低ラインで40/80などの数値が使われましたが、埼玉県の場合には、同様に60/200となったりと地域差があったのですが、建ぺい率40ということは、その名残を臭わせる数値のように思います。
 既存宅地制度の廃止直前に駆け込み申請した場合、猶予期間が5年ありますので、そのことか、または、市街化調整区域内でも開発許可や、その他例外的な方法により再建築可能な物件である可能性もありますが、必ずしもその表記が正確とは限りませんので、注意してください。
 本件の場合、近傍地の1低などの住居系市街化区域内土地の、他の競売物件価格との比較によっても推測ができるものと思いますが、これも確実とはいえませんので、具体的には、入札前に、都道府県や市区町村の開発指導・建築指導部門に行政指導を仰ぐことをお勧めします。

 市街化調整区域に建てられるケースの主なものに、都市計画法に基づく既存宅地確認という制度がありましたが、現在はこれが廃止されており、調整区域に建ぺい率や容積率の規制数値を記載するのは、気をつけなければなりません。
 東京都の場合ですと、旧既存宅地の建ぺい率・容積率制限は、その近くの最低ラインで40/80などの数値が使われましたが、埼玉県の場合には、同様に60/200となったりと地域差があったのですが、建ぺい率40ということは、その名残を臭わせる数値のように思います。
 既存宅地制度の廃...続きを読む

Q競売物件の工場の中にある機械類

競売で工場跡を購入予定です。
そこには旧持ち主が使っていた機械類が放置されています。

1、その機械類は旧持ち主のものですよね?
2、その撤去は旧持ち主が行うもの?それとも購入者?
3、購入者が勝手に処分していいものでしょうか。
4、上記すべて話し合い?法的な定めなし?

Aベストアンサー

工場跡地と云うわけですから競売で売却される物件は土地だけのようです。そうであれば、その土地上にある物すべては他人の物です。誰の物かは現況調査報告書に記載されていますからその者を、記載されていないなら元土地所有者と推定してその者に対して不動産引渡命令を申請し、確定したなら執行文を付与したうえで執行官に強制執行を申請して執行官からその土地を引渡を受けて下さい。以上で、
1、は誰の物かわかりませんので「s-holmesさんが調べて下さい。」
2、は「買受人がします。」
3、は「ダメです。」窃盗罪などになりかねません。
4、は「話し合いは任意ですからどうぞ」法的には「民事執行法83条です」
が正解です。

Q競売物件を購入したいと思っています。

不動産の競売物件を購入したいと思っています。
通常なら不動産業者に依頼して、手続き等を行ってもらうのが通常のようですが、自分でやろうと思っています。しかし実際にまだ行ったことは無いため、実際に個人で出来るものかどうかわかりません。入札から引渡し等まで個人で出来るものなのでしょうか。ご存知のかた教えてください。

Aベストアンサー

個人で出来ます、しかし落札後の手続は専門家にアドバイスしてもらうべきでしょう。しかしそこへ行くまでにしばらくの時間を掛けて色々観察して調べてある程度勝手が解ってから参加すべきでしょう。
 新聞にも公告が出、インターネットでも調べられます。インターネットの良いところは混雑の無いこと、地域、価格で検索の出来ること。そして最大のメリットは落札価格と入札者数の解ることです。デメリットはやはり裁判所に行って書類を自分で調べないと詳細が解らないことです。裁判所では若いカップルもマンションの物件を探して閲覧に来ております。個人向けの手引書もそこにあります。
 物件の選別は、借家人等権利者の居るもの、件外物件があるものを避け、出来れば空家、空地そして自分の土地カンのあるところの物に限定して詳細を控えて、物件を見に行き付近も調べて、そしてその入札状況を観察することを繰り返してみることです。そうすると傾向とか、落札価格などを知ることが出来ます。じっくり観察し続けて、本当に自分の欲しい物件が出たときに入札に参加されればよいと思います。要するに時間を掛けて自分でよく調べ、出来れば前向きの専門家にも相談なさりながら参加されればよいと思います。但し理解しておかねばならないことはノンリスクではないと言う事です、その分業者経費を免れると言うことです。貴方は何処に住んでおられるのでしょうか?大阪なら上記を調べるURLは知っておりますが他地方なら其処の地方裁判所の民事担当にお聞きになれば教えてくれるでしょう。

個人で出来ます、しかし落札後の手続は専門家にアドバイスしてもらうべきでしょう。しかしそこへ行くまでにしばらくの時間を掛けて色々観察して調べてある程度勝手が解ってから参加すべきでしょう。
 新聞にも公告が出、インターネットでも調べられます。インターネットの良いところは混雑の無いこと、地域、価格で検索の出来ること。そして最大のメリットは落札価格と入札者数の解ることです。デメリットはやはり裁判所に行って書類を自分で調べないと詳細が解らないことです。裁判所では若いカップルもマンシ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報