義母が末期癌です。大腸から頚部のリンパ節に転移し、肺にも影がみられるそうです。

自宅で疼痛のコントロールは何とかできてきていたのですが、足がむくんで歩くことができなくなり入院しました。
入院後は足のむくみは取れたのですが、足がほとんど動かなくなり寝たきりになってしまいました。
2週間ほど前から下血が見られるようになり、たびたび輸血をおこなっています。食事はほとんど取れていません。薬を飲むために数口食べるのがやっとです。
いびきをかいて眠る時間が多くなり(昼夜逆転している感じです)せん妄らしき意識障害もしばしばみられます。微熱も続いています。
数日前からは痰がよくからむようになってきました。息苦しい時もあるようです。目も見えにくくなっているようです。

このような病状なのですが、どういう状況にあると考えればいいのでしょうか。主治医の先生に聞いても的を得た答えを得られずにいます。
また今後はどういう状態に気をつければいいのでしょうか。
少しでも楽になるように、私たち家族は何をしてあげればよいのでしょうか。
どんな小さなことでもいいです。ご存知のことがあれば教えていただけないでしょうか。

どうぞよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

各症状について、可能性のあることを書きます。


足のむくみについては、心機能や腎機能などの臓器機能の低下や血流障害(これには、末梢の循環障害のほかに腹腔内のリンパ節転移などの圧迫による静脈還流の低下などが含まれます)、栄養状態が不良のため血液中の蛋白濃度が低下した場合など。
足が動かなくなったことについては、廃用性の筋萎縮に伴う筋力の低下や神経障害(両側の場合は脊髄への転移などの可能性)に伴うものなど。
下血は消化管からの出血を示しますが、可能性としては原発巣からの出血が最も考えられますが他の場所への転移、浸潤、潰瘍形成などによる出血の可能性もあります。 
せん妄、抑うつ、不安等などの精神症状は癌の末期にはしばしば出現します。疼痛コントロールがうまくいっていないときは出現の頻度も当然高くなります。
熱については、一般的に感染に伴うものと癌による腫瘍熱の二つが最も考えられます。
痰や呼吸困難は、呼吸器感染症の合併もしくは心不全徴候などの可能性があります。

この状態であれば御本人の苦痛をいかに取り除くかは、ご家族ばかりでなく医療側の比重が大きくなると思います。
まずは、御本人の意識を保った状態で苦痛を取り除くことが目標ですが、それが困難になればある程度鎮静させ意識レベルを落とすことも必要になります。肺に転移しているようですが、呼吸不全が進行してくると酸素投与だけでは呼吸困難が改善されないこともあり、そのような場合は体力の消耗がはげしく悪循環に陥りますから、積極的に鎮静させます。結果的に、ご家族との直接の会話はなくなることも多いですが、話すことができなくても完全に意識をなくしているとは限りませんから、気持ちの平安のためにも御本人に話しかけてあげることが大切だと思います。
最終的な症状は、血圧が下がる、尿の出が悪くなる、呼吸が浅くなるなどです。自分で痰を出すことができなくなると、常に痰が詰まることによる窒息が心配になります。喘鳴が強くなったときは、すぐに痰の吸引をしてもらうようにして下さい。
    • good
    • 254
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
一つ一つの回答を母に当てはめると、納得できるものばかりでした。

昨日母は永眠いたしました。
おかげで最期まで落ち着いて対処することができました。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/09/06 06:41

徐々に意識がもうろうとしていき、血圧が下がってきます。

食事は取れなくなりまた痛みが出ることもあります。終末期医療が専門の医師がいますので、お困りがあればご相談下さい。
    • good
    • 12

専門家紹介

ドクターズミー医師

職業:医者

医師、歯科医師、栄養士、薬剤師、獣医師、カウンセラー等に直接相談できる、
メディカル・ヘルスケアQ&Aサービス「Doctors Me(ドクターズミー)」に所属する医師が回答します!
▼ Doctors Meとは?⇒ https://doctors-me.com/about

詳しくはこちら

専門家

癌そのもの、治療に伴う薬剤の影響、病気に対する精神的な反応によって、ここでは書ききれないくらいの多くの症状が出現します。

端的に言って何があってもおかしくありません。
そしてそういった患者さんに西洋医学の医師ができることはそんなに多くありません。薬剤のコントロールによって少しでも患者さんの苦痛負担を和らげることだけです。
そして家族の方にできることは、
(1)患者さんの様子を簡潔に主治医に伝えること。
(医学のちからではどうにもならない事があることを理解してください。)
(2)患者さんの心の支えになっていただくこと
(家族の方にしかわからない患者の心の機微があります。
そこは私たち医療従事者がなかなか踏み込めない部分です。積極的に家族の方が顔を出して話し掛けてあげたりすることぐらいでしょう。)
残念ながら、主治医の先生が的を得た事がいえないのは、状況があまりにも悪いからです。
    • good
    • 139
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
昨日母は永眠いたしました。
家族や親戚がたくさんいる中で看取ることができました。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/09/06 06:43

以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「『がん克服』総合リンク集」
このリンク集の中で「ターミナルケア」あるいは「緩和ケア」の関連リンク先を参考にしてください。

http://wwwinfo.ncc.go.jp/NCC-CIS/pub/index/0sj/h …
(関連医療機関一覧)
このページで「緩和ケア病棟を有する病院」等で相談されるか、あるいはご家族の考えもあるでしょうが、ホスピスも選択の一つかもしれません・・・?

ご参考まで。

参考URL:http://www.ktx.or.jp/~kenkou/link/linkcan.html
    • good
    • 58
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
参考にさせていただきます。何かありましたらまたよろしくお願いいたします。

お礼日時:2001/08/25 22:17

 約2年前にオヤヂを腎臓からリンパ節を介した全身癌で亡くしました。


 その1度しか見ていないのでその範囲で感じたことは、輸血をしたり意識障害が出てきているようでは、はっきり申し上げてそう長くないのではないでしょうか。
 主治医もはっきり言わないのなら、なおそう感じます。私のときもそうでしたので、私は看護婦にズバリ聞きました。すると涙を流しながら「せいぜい3・4日」と言い、ほぼそのとおりとなりました。
 最期は体の節々が痛み、身の置き所がないようでした。
 どういう状態に気を付けるかも難しいところですが、ご本人が目を開いていてもこちらを分からなくなったり、血圧が下がり始めると危険のようです。
 少しでも楽になるようにさせてあげたいのはやまやまでしたが、何もできなかったし、何をしても変わらなかったであろうことが悔やまれます。
 最初の方も仰っていますが、とにかく近くにいてあげられる時間を多くとりたいですね。
 私はオヤヂの死に目に会えませんでした。

 また、つらいことを申し上げるようですが、万が一のことが起きたらその後が大変です。考えたくはないかも知れませんが、ある程度の下準備をしておいたほうがよろしいかと思います。
 縁起でもないアドバイスで申し訳ありませんが「現実」です。
 どうも、失礼しました。
    • good
    • 97
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。経験された人にしかわからないことを話してくださって感謝しています。
おそらくもう長くはないのだろうということを感じていても、もしかしたらこのままの状態でしばらくは安定してくれるのじゃないかという思い(おそらく願望でしょうが)がどうしてもあります。今は痛みはコントロールできていて、以前のように痛みで苦しんでいないのでそう思えるのでしょうか。

お礼日時:2001/08/25 22:14

平成5年に父を肺ガンで亡くしました。


 また、ずっと昔、祖母は水だけで1ヵ月生きたそうです。
 父はいったん呼吸をしなくなり、人口呼吸で数日、延命。しかし、その時点では、しゃべれず意識なく、といった状況でした。ムリに延命させたのは、疑問です、今思うと。
 体力のある限り生きられるのでしょう。お医者さんにも、できるだけ痛みのない治療をお願いされたらいいでしょう。
 うちの父もですが、本人がもうダメと思ったとき、死は訪れます。
 睡眠時間が多いと、知らないうちに息が止まっていたり、タンをからませる危険があります。
 また、できるだけ家族が話しをする時間、手を握ってあげる時間を作られたら、いいかと思います。
 人間も含めて、寿命があるって、悲しいですね。
    • good
    • 116
この回答へのお礼

早速回答くださりありがとうございます。
母は今、家族や親しい人と会えることが本当にうれしいようです。特に小さな孫たちが手を触ってくれたり、薬を飲ませてくれるのを心待ちにしています。
延命、難しい問題ですね。まだ比較的元気な頃に「延命はしないでほしい」と母は言っていましたが、いざそうなった時どうするだろうか・・見当がつきません。
今はできるだけ子供たちを連れて母のもとを訪れようと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/08/25 22:04

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q膀胱がん 浸潤性 末期 リンパ節転移

タイトルの通りですが、そういうことです。現在がん研有明病院に入院してます。3日前に膀胱鏡手術をして3センチ大の腫瘍を取れるところまで除去も、「根が深い」とのことで全部取りきれませんでした。先月12月上旬に撮ったCTスキャンの時点でリンパ節転移が確認出来ています。11月に初めて血尿があってから、急転直下の出来事です。

来月なかばにまた再入院して抗がん剤を1度やるとのこと。私はきゃしゃで体力がありません。なので1度しか出来ないと。それが効く確率が40%。もし効かなければ余命1年と。

良い病院があったら教えて下さい。もしくは、治療法など。欲を言えば竹原慎二のように、どこでやったのかは知らないですが膀胱を取らないで治せれば良いですが。


※ある掲示板に同様の質問を書いたら心ない言葉を浴びせられました。ガンになったことがない人は、面白がって人が傷つくのを見て楽しんでいるようです、真面目にやめてください。真剣に悩んでいます。

Aベストアンサー

回答させて頂きます
まず最初に、私は全くのド素人です。偶然、貴方様の質問をみつけ、質問文を拝見したら大変な事だと思い、何か手伝えないかと思いました。

私なりに調べました。竹原さんの件ですが、たぶん病院は東大付属病院だと思われます。

あと、竹原さんは 琵琶の葉療法、がん抑制のための点滴などをされたそうです。
ただ、それらは一千万円くらい費用がかかるそうです、貴方様の経済事情は存じ上げませんが、私の感覚では、う、高いな と感じました。

すいません、以上こんな感じです。

私、本当に素人なのでなんにも役にたたない情報かも知れません。

病は気から という言葉があります。大変だと思いますが、気持ちで負けないでください、

私の想像を遥かに越えて貴方様は過酷な状況かも知れませんが、私、貴方様が少しでも癒されるように祈ってます。だって貴方様の質問文から貴方様の真剣さ、深刻さが私に伝わってきましたから、何か私なりに手助けしたかったのです。

負けないでください。

Q足の骨折で入院しています もー入院生活がいやです 食欲もどんどんなくなって 毎日ないてばかりいます。

足の骨折で入院しています
もー入院生活がいやです
食欲もどんどんなくなって
毎日ないてばかりいます。
食事まともにとれないのにそれでも入院させなければならないのでしょうか

Aベストアンサー

どの程度の骨折状態かは判りませんけどね、

大きく皮膚を突き破った開放骨折(複雑骨折)ですか?、
そうであっても、3ヶ月もすれば骨癒合は相当に復元します、

ヒビが入った程度なら1ヶ月もすればね、

甘ったれた事を言ってはダメです、

回答者は6ヶ月間ベッドへ括り付けられたまんま過ごした事も有ります、
当然お風呂なんかはトンでもない、

其れこそ垢まみれです、

デモね風呂へ入れないから死んだ奴は居ません、逆に風呂へ入って死ぬ奴は沢山います、

食事が摂れなければ変わりに点滴などで補わないとね、
その為には入院は必須です、

辛くても骨折したのは自分自身です、自力で歩行が出来るまでは病院の子で居て下さい、

一日は24時間しか有りません、一日は直ぐに終わりますよ。

Q膀胱がん手術後の抗がん剤治療の是非

私は60歳男性です。膀胱がん(表在性、1cm大、1個)が見つかり、大阪府にある大学附属病院で手術を受けました。術前にIVP、MRIの検査を受け、腎盂に薄い影があることから、手術(経尿道的膀胱腫瘍切除術)と同時に逆行性右尿路造影の検査も受けました。その癌細胞の病理検査の結果は「筋層への浸潤無し、悪性度はG2、右腎盂も癌は無し」ということで、3か月後に膀胱鏡検査をすることになっています。
膀胱がんは再発しやすい、再発率が50%である、と聞きます。そこで最近の標準治療では、筋層非浸潤性膀胱がんの場合でも、手術時に抗がん剤の単回注入が推奨されています(膀胱がん診療ガイドラインCQ6)。私は少ししんどくても、再発防止のために抗がん剤を膀胱に注入すべきなのかな、と考えていたのですが、私の主治医(その大学の泌尿器科)は、抗がん剤の副作用を考えて、注入しないという方針を持っています。しかし最近のいろいろな医学書のどれもが再発予防の抗がん剤注入を勧めているので、その方針の方が正しいのではないか、と私は思うのです。私は医学については素人なので、専門知識をお持ちの方にアドバイスをお願いします。また抗がん剤治療を経験された方がおられましたら、アドバイスをお願いします。

私は60歳男性です。膀胱がん(表在性、1cm大、1個)が見つかり、大阪府にある大学附属病院で手術を受けました。術前にIVP、MRIの検査を受け、腎盂に薄い影があることから、手術(経尿道的膀胱腫瘍切除術)と同時に逆行性右尿路造影の検査も受けました。その癌細胞の病理検査の結果は「筋層への浸潤無し、悪性度はG2、右腎盂も癌は無し」ということで、3か月後に膀胱鏡検査をすることになっています。
膀胱がんは再発しやすい、再発率が50%である、と聞きます。そこで最近の標準治療では、筋層非...続きを読む

Aベストアンサー

素人です。
施設の方針とのことであれば、どういう根拠で手術時に抗がん剤の単回注入をしない方針としているのかをたずねてみるしかないのではないでしょうか?
副作用を考えてということであれば、ガイドラインにも副作用の記載があるし・・・

膀胱がん診療ガイドラインCQ6の解説には、
再出血や膀胱穿孔などを発症する可能性、重大な合併症を生じたとする報告などの記載がありますよ。
再発率は、1年で24%、5年で46%という海外の報告もあったような気がするので、5年で再発率が50%ということでしょうか?

いずれにしても、がんの再発、進展がないことをお祈りします。

Q足の震えが、本態性震戦と判断されています。足の場合の症状はかなり少ないようですが?

軽い双極性障害になっていて、障碍者認定を受け、投薬治療でかなり落ち着いています。個人的には、薬の副作用として、足の震えが出ているのではと疑っていますが、精神科医師や掛りつけの内科医の判断では、現在服用しているプリドミンである程度落ち着いています(プリドミンの料処方は、私からの提案で医師がOKとして処方箋を書いている状態です)ので、これ以上は難しいとの見解です。安心して、脚・足の振れをおさる方法は無いでしょうか(薬を飲んでいないときは、高速でうまくアクセルが踏めませんでした、現在はOKですが、なるたけ高速や運転はしないようにしています。元にもどるでしょうか。63歳です

Aベストアンサー

本態性振戦とお薬による振戦は、震え方などである程度は専門の医師には判別がつくと思います。
実際に本態性振戦であれば、元に戻る、というのは難しいかもしれません。お薬に関しては今の双極性障害の薬との飲み合わせなども考えて、ほかの選択肢はないか、主治医と相談の上神経内科などでアドバイスを受けてもいいのかも知れませんね。

Q痛みを伴わないが赤ワイン色よりずっと薄い血尿、膀胱がんの可能性の程度

海外居住者54歳です。近くに泌尿器科の医院や総合病院がありません。

10日ほど前に2回血尿が出て、翌日にも1回血尿が出ました。ただ、その後は肉眼でわかる血尿は出ておらず、以前と変わりない尿で、既に9日間経過しました。痛みは全くなく、今もありません。その後、ネットで血尿について調べたところ、「痛みを伴わない血尿は膀胱がんの特徴で、膀胱がんの可能性が高く、直ちにCTスキャンと膀胱内視鏡検査をすべき」という泌尿器科専門医の記事を見つけて愕然としました。ただ、他のサイトも調べたところ、膀胱がんについては、「血尿の色が鮮血に近い真っ赤な尿の場合が多い」、「おしっこの最後の方で赤色が濃くなる」、「喫煙者に多い」などといった別の特徴もあるようです。私の血尿は、鮮血に近い真っ赤なものでないのはもちろんのこと、赤ワイン色よりももっと薄いものでした。また、おしっこの最初から最後まで同じ色で、喫煙者でもありませんので、「痛みを伴わない血尿」以外の膀胱がんの特徴は、全く該当しておりません。また、ストレス、睡眠不足、栄養失調等によって突発的・一時的に血尿が起こる場合もあると書いているサイトもありました。加えて、日本人の内科医の先生(知人)にも電話で相談したところ、「今のところ様子を見て、血尿が再発したら直ちにCTスキャンと膀胱内視鏡検査を受けなさい」とのアドバイスをもらいました。これらの理由により、現在、様子見中で、検査は全く受けておりません。

ただ、血尿2日目以降の尿は、肉眼でわかる血尿は出ておらず、以前と変わりない尿とはいえ、気のせいかもしれませんが、薄~い黄色(正常)というよりは薄~い黄オレンジ色のような気もします。微量ですが、まだ血が混じっているのかもしれないという意識と、もしがんだったら今も進行していることになるという恐怖感が頭を離れません。

このままさらに3週間くらい様子見を続け、肉眼でわかる血尿が出ず、以前と変わりない尿だった場合、「膀胱がんではなく、原因はがん以外」、「がん以外なら1ヵ月平常どおりなら自然治癒した」と思ってしまってかまわないでしょうか? 膀胱内視鏡検査は、局部を麻酔し、内視鏡カメラを挿入するそうで、大変恐ろしく、できうる限り避けたいと思っています。

海外居住者54歳です。近くに泌尿器科の医院や総合病院がありません。

10日ほど前に2回血尿が出て、翌日にも1回血尿が出ました。ただ、その後は肉眼でわかる血尿は出ておらず、以前と変わりない尿で、既に9日間経過しました。痛みは全くなく、今もありません。その後、ネットで血尿について調べたところ、「痛みを伴わない血尿は膀胱がんの特徴で、膀胱がんの可能性が高く、直ちにCTスキャンと膀胱内視鏡検査をすべき」という泌尿器科専門医の記事を見つけて愕然としました。ただ、他のサイトも調べたところ、膀...続きを読む

Aベストアンサー

原因は尿道の傷やその他でもあり得ると思いますが、ご年齢的にも可能であればやはり一度検査は受けておいたほうが良いでしょうね。

Q救急で入院し、アルコール性肝硬変末期で肝臓が機能していないと診断されたようなのですが、どのような覚悟が必要でしょう。

私の兄が、1週間程前に倒れ、入院したと兄嫁から連絡があり、標記の状況です。

兄の家族は、兄嫁、高校生の長男、次男、長女の4人で、子供達がいることで、大変助かっているとは言うものの、大人の相談役があれば心強いということから、私の嫁にヘルプを依頼してきました。 

私達は、米国在住ですので、簡単に行ったり来たりが出来ませんので、それなりの覚悟が必要なのかとも思っています。

医師によると、点滴で数値が良くなるはずのものが、悪くなっている。 と言うことは、肝臓が機能をしていない状態であること。
他の臓器も段々衰弱していくと思われるので、覚悟するようにと言われたようです。 
また、口の中が切れているようで、血が出ているそうです。
見舞いに行くと、時には理解不明ながら、色々と話すようです。

連絡内容が断片的であるために、今ひとつ理解出来ないこともあるのですが、私には、小康状態に思えますが、これは危篤で、一刻をあらそうという状況なのでしょうか。

この状態から、今後ちゃんと会話が出来るような回復を期待することは無理なのでしょうか?

取り敢えず、家内は、来週に発てるよう準備を始めています。

よろしくお願い申し上げます。

私の兄が、1週間程前に倒れ、入院したと兄嫁から連絡があり、標記の状況です。

兄の家族は、兄嫁、高校生の長男、次男、長女の4人で、子供達がいることで、大変助かっているとは言うものの、大人の相談役があれば心強いということから、私の嫁にヘルプを依頼してきました。 

私達は、米国在住ですので、簡単に行ったり来たりが出来ませんので、それなりの覚悟が必要なのかとも思っています。

医師によると、点滴で数値が良くなるはずのものが、悪くなっている。 と言うことは、肝臓が機能をしていない...続きを読む

Aベストアンサー

残念ながら回復は不可能です。
肝硬変末期で肝機能停止状態ではこの先にあるのは「死」です。
今は重篤な危篤状態です。

言葉は悪いですが、「最悪の状態」に備えてください。

Q膀胱がん BCG治療の子供、妊婦等への影響

家族が膀胱がんでBCG治療をすることになりましたが子供、妊婦等への影響(感染)について教えてください

Aベストアンサー

患者さん自身では、昨年の感染症学会で腰椎だったかに罹患した報告がありましたが、周囲の人に感染した事例はないです。ただし、牛を家族と一緒に家の中で飼育していたら、その牛にはかかる可能性があるかもしれません。

Q足の痛いようなかゆいような症状

こんにちは。

最近になって足の指(薬指と小指)が痛いような、かゆいような感じで、
ちょっと赤くはれています。

これはしもやけでしょうか?

またしもやけ以外に何か病気は考えられますか?

詳しい方、親切な方ご回答よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

色々な場合がありますから、これだけの情報で答えられる人は居ません。

書かれているように霜焼けかも知れませんし、微生物感染もあるし、体内の状態から来ているのかも知れません。 少なくても基本情報(病院で聞かれる程度や生活状態など)がナイト、答えようがありません。

とりあえず、一番危険なのを考えるのが、危機意識の基本ですから、内科でよいので、診察・検査をしてもらいましょう。 一番危ない場合だと早急に行くことが必要となります。

Q膀胱がんの手術について

私の家族が膀胱がんと診断されました。福岡・山口でいい先生・病院を教えてください。

Aベストアンサー

直接の回答ではありませんが、下記のURLのANo.3に私の母の体験を記述してますので参考下さい。母の場合は悪性度の高い膀胱ガンでしたが、膀胱を摘出しないまま再発することなく、今も元気に生活をしてます。

http://okwave.jp/kotaeru.php3?q=1696288


尚、沢山の事例をこなしている「ガンセンターなど腫瘍専門の病院の泌尿器科」を探されたらよいと思います。お近くにない場合は、許されるものであれば、遠くであっても専門病院に行かれてはどうでしょうか。医師個人とともに病理検査などの人材および設備の体制も重要かと思います。

Q大腿骨頚部骨折手術後について・・・

私の知人が1年程前の8月5日ごろに大腿骨頚部骨折の手術をし、
そのときチタン製のボルト(ボールペンの太さで長さ10センチ)
を2本いれました。
その後リハビリを重ねて日常生活に支障がないほど回復しました。
そして現在1年たち、今回ボルトを抜く手術を受けることになったのですが
彼女としては支障がなく過ごせているなら手術はしなくてもいいと言っているのですが・・・

お医者様が言うには抜かないと冬に痛みますし、いい事はないですと
おっしゃられているのですが、彼女は手術後、またこのように歩けるようになる
まで時間もかかると思いますし、最悪うまく歩けなくなる可能性も
あるかもしれませんので手術を受けようか迷っています。
(ちなみに年齢は54歳で身長155センチ体重60キロぐらいです)


どなたか専門家の方、手術を受けたほうがいいかどうか教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

大学病院整形外科勤務経験のある看護師です。
質問を読ませていただきますと、今回受けようかと迷ってらっしゃる手術は『抜釘術』のようです。このOPEは呼んで字のごとく入っているボルトを抜く手術です。OPE時間も短く、術後も3日間ほど抗生剤を点滴し、そのあとはすぐリハビリを開始、個人差はありますが、2~3週間程度で退院できると思います。
ボルトというのははっきり言って異物なので、炎症を起こしたり、ずれたりしたりとトラブルがよくあります。年齢的にもまだ若いので、私はOPEをした方がよいと思います。このOPEをして歩けなくなったり、痛みがひどくなったりすることはほとんどないと思います。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング