痔になりやすい生活習慣とは?

宛名書きする際、名前の下には敬称を付けますよね。

『殿』『様』を付けるとは思うですが、この2つの使い分けというのは

原則的に使い方が決まっているのでしょうか?恥ずかしながらわからないので

ご存知の方、宜しくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

一般的には、「殿」は目下の人に対して使うものであり目上の人には失礼、「様」は目上の人にも使える、という認識がされていると思います。



http://kyushu.yomiuri.co.jp/special/kurasi/kuras …
こちらの記述など。

http://home.alc.co.jp/db/owa/jpn_npa?stage=2&sn= …
こちらには、また別の解釈があるようですが。

使い分けというより、とりあえず「様」を使っておけば問題ないのではないでしょうか。
    • good
    • 22
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

参考URL、見させていただきました。

微妙な解釈の違いがありますね。

確かに口語では殿、というのは使わないですよね。

お礼日時:2005/03/02 14:05

基本的には№5様のご回答の内容でよろしいかと思います。

つまり、個人名に対する敬称は「様」、役職に対する敬称は「殿」を使用するのが一般的です。

ただ…、参考までに私見を述べますと、

・殿…目上から目下
・様…目上を含め、誰にでもOK

ビジネスマナー研修などではこのように教育されますが、私は逆だと思います。

・殿…トップでない限り、誰にでもOK
・様…トップに対してのみ

時代劇でも、「様」という敬称は、家臣が「上様」「御台様」「親方様」「お方様」などとトップに対してのみ使用するのに対し、「殿」という敬称は、同輩や目下のみならず、かなり目上の人に対してであっても、君主レベルでない限り使用していますよね。

よく公文書の宛名では「○○部長殿」となっていますが、元々公文書というのは「カウンターパートの原則」があります。社内文書ではそもそも「社長あて」というのは余りありませんし(多くは所管部の箇所長あてになるはず)、社外文書で「社長あて」の場合は、発信者も自社の社長名とするなど、発信者とあて名のレベルを合わせるのが慣例です。つまり、対等かそれに近いレベルになるので「殿」でよいわけです。

今は、「よく分からなければ、とりあえず何でも丁寧に言っておけば間違いないだろう」という風潮ですので、おかしなことになっているのだと思います。「言葉は変化する」というのとはちょっと次元が違う気がします。

同じことは「ご苦労様」と「お疲れ様」の使用法にも言えると思っています。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4610174.html
    • good
    • 38
この回答へのお礼

かなり以前の質問への回答、どうもありがとうございます。

非常に参考になりました。時代劇での使い方を考えてみると
確かに仰るとおりですね。
“ご苦労様”の使い方に関しても、私は見下す使い方だと
解釈してたので勉強になりました。

お礼が遅くなり、申し訳ありませんでした。(2009-03-01)

お礼日時:2009/03/01 06:30

ビジネス文書の場合は、名前には「様」役職には「殿」を使用します。



通常の個人的な文書(手紙など)の場合、現在は「様」が一般的です。目上の方、目下の方を選ばない敬称ですので、どのような相手先であってもこちらを使われるのが無難です。
「殿」を使用する場合は、目下の方や同期の方、それも親しい間柄に限られます。意訳になりますが、感覚としては「○○君」と呼ぶようなものだと思っていただければ良いかと思います。
    • good
    • 13
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

社内で文書を出すような大きい会社に勤めている訳ではないので、

私が使うのはほとんど様、でいいかな?っと思いました。

お礼日時:2005/03/02 14:17

このような場合は、「様」の方が無難です。



というのは、以前に青森県弘前市の市役所から発送される書類の宛名の敬称が「殿」では堅すぎるので問題になり
「様」に統一すると言うことが新聞記事になりました。

公共機関でも、「殿」から「様」に変えたので、「様」の方が無難でしょう。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

新聞記事になった事例があるのは知りませんでした。

殿、は使われなくなってくるんでしょうかね。

お礼日時:2005/03/02 14:13

一般的に、どんな場合も基本は「様」でよくて、「殿」は目下に対して使う物という風に聞いていますが。


ですから、普通の個人宛の宛名には「様」が良いはずです。役所からとかの宛名書きや上司から部下への指示書などには「殿」となるのが普通のようです。
    • good
    • 6
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

会社で部下に殿を使う、っていうのはなんとなく知っていたんですが、

他にも使い方としてあるのかなぁ、と思いまして・・・

お礼日時:2005/03/02 14:10

最近は「殿を使わない」ように段々となってきているようです。

(様に比べて敬意が低いからとか。)

ですので「すべて『様』」で統一してしまっても良いと思います。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

特に使い分けなくてもいい、ということですね。

お礼日時:2005/03/02 14:02

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q『殿』と『様』の使い分け

メールやFAXなどで、あて先の個人名につける ○○様 ○○殿でいつも悩んでいます。例えば、送る人によって替えるべきなのでしょうか?
また、○○部長様や○○課長殿などのように、役職のあとに『様』や『殿』をつけるのはおかしいのでしょうか?
目上の人あてですと、『○○部長』でとめてしますと失礼な気がしてしょうがないのですが・・・・。

Aベストアンサー

いろいろと出ていますが。

>〇〇会社御中〇〇部長様の様に使っています。

これは、「御中」が不要です。
会社名だけで、個人名が入らないときに使います。
  
>○○部長様と○○部長の間を取って、○○課長殿を使用しています。

これは、役職を格下げしていて、とても失礼です。

>人の名前の上に役職を付けることも失礼に値すると私は考え使用していません。

失礼なことは有りません。
○○部長 山田太郎様
山田太郎部長様
山田部長様
1番目が正しいです。

以前は、官庁などが民間人に対して、「殿」を使っていましたが、これは民間人を見下す使い方だとの批判から、最近では「様」を使うように変わって来ています。
もともと、「殿」は目上の人が目下の人に使う言葉でした。

そんなことから、最近は「様」を使うことが増えています。
又、役職は、名前の上に付けるほうが丁寧です。

結論として、
総務部長 山田太郎様
これが、一倍良いでしょう。

Q「殿」も「様」に改めたほうがいいですよね?

ある企業に、同意書を出すことになっています。
先方から用意された用紙に署名してお渡しするのですが、
「○○(先方社長名)殿」の下に署名欄があります。

よく、「宛」とか「行き」と書かれている返信用封筒なんかは
取り消し線を引き、「様」「御中」に改めますが、
「殿」も「様」に改めたほうがいいですよね?

Aベストアンサー

相手の社長名がすでに書かれていて、”殿”まで付いているんですか?
それもまた珍妙な(ーー;)
相手から来た書類に書いてある、相手からすれば自分の名前に自分で”殿”をつけるのはどうかと思いますので、その会社の常識を疑いたくなりますね。

さて、質問はそうじゃないですね。
その提出書類を返信の時に、その提出先である相手の社長名の後に付けられている”殿”を見え消して”様”に書き換えるというのですね?
そんな失礼なこと(~_~) してはいけません。

こちらが宛先で”殿”とか”様”とか”御中”と書かれているのを見え消しにするのは、自分をへりくだってのことです。
こちらが相手をへりくださせてはいけません。

向こうから来た手紙の返信欄に、向こうの宛先と”宛”とか”行き”と書いてあるのを見え消しにして”殿”や”様”に書き換えるのは、相手を敬ってのことです。

くりかえしますが、相手の名前の後にすでに書かれている”殿”や”様”は消してはいけませんよ。

Q「ご苦労様」という言葉について

「ご苦労様」は目上に使う言葉でないといいますが、古いドラマや、映画、小説などでは当たり前の様に目下の人間が目上の人間に使っている場面をよく見ます。江戸時代の伝統芸能でも目下が使うことが多いです。

元々は目上の人間が使っていた言葉であるというのは記憶していますが、それが段々お互いの身分に関係なく使われていたがここ最近になって、やはりおかしいという流れになったのでしょうか?どうかご教授下さい。

Aベストアンサー

「ご苦労様」は目上から目下
「お疲れ様」は目下から目上
「お疲れ様」としておけば無難

これはビジネスマナーにおける教え方です。実際私もこうした内容の研修を受けた記憶があります。

しかし、この定義は、私には乱暴に思えます。はっきり言って逆じゃないの?と思っています。

よく言われる「『御苦労』とは、昔の殿様が目下に向かって言った言葉、『御苦労であった』からなので…」というのは嘘です。時代劇を見ても分かるとおり、昔は「大義であった」といいました。

この場合の「苦労」とは、その役職、役目、役割特有の「苦労」のことです。

例えば、組織として一つの仕事をする場合、指示する側と指示される側とでは、苦労の度合いが全く異なるわけです。手足を動かしていればよい下っ端は「疲れる」だけですが、首から上の頭を使うマネージャーには、下っ端には分からない「苦労」があるわけです。

「ご苦労様」とは、本来、その「お役目」に対するねぎらいの言葉です。当然、ねぎらいだけでなく、感謝の気持ちも含まれているでしょう。

宅配の配達人が自宅に荷物を配達してくれたときは、「ありがとう」の代わりに「ご苦労様」といってもよいと思います。配達がその人の役割なのですから。

夫が帰宅した際、妻から「おかえりなさい。ご苦労様」と言われればうれしいものです。「一家のために働いてくれてありがとう」というニュアンスが伝わってきます。これが「おかえりなさい。お疲れ様」だと値打ちが下がるような気がします。

「お疲れ様」というのは、仕事以外の、例えばレジャーから帰宅したとき、「やっと着いたね。お疲れ様」という感じです。会社などでも、日常の退社時における同僚同士の挨拶であれば、これでよいでしょう。

しかし、例えば定年退職者の送別会などにおいては、長年のお勤めに対するねぎらいの意味で「長い間ご苦労様でした」と言うことはよくあります。

これが「長い間お疲れ様でした」では、主役が下っ端のような気がします。実際に下っ端であったとしても、送別会という主役を持ち上げる場面では「長い間ご苦労様でした」が適切だと思います。

よく駅などで市議会議員などが「みなさん、朝早くからのお勤めご苦労様でございます!」などと街頭演説していますが、彼らは自分が有権者より目上だと思っているわけではありません。一家の大黒柱としてのお勤め(役割)に対するねぎらいの言葉なのです。

20年前、昭和天皇が崩御されたとき、ある老人は「心から『ご苦労様でした』と祈ってお見送りいたしました」と述べたことが新聞記事になったことがあります。

要するに、公的な役割に対するねぎらいと感謝の言葉なのです。

こうして考えてみると、「御苦労様」は、むしろ目上の人に対して使うべき言葉だと思いませんか?

あくまで公的な役割に対するものなので、例えば、いくら会社の上司に対する言葉であっても、社内旅行や社内野球大会などレクレーションの終了時は「お疲れ様」が適切だと思います。これらは単なる遊びですから。でも、幹事さんに対しては、普段は社内では下っ端ですが、「ご苦労様」と声を掛けてやるのが適切な使い分けだと思います。幹事は単に遊んだだけではなく、みんなのために「まとめ役」という役割を果たしたわけですから。

こうしてみると、ご質問者様が疑問に思っている「なぜ昔はたくさん使われていたのか」というのは、昔は至極当然の話なのであり、何に対する「苦労」なのかを昔の人は正しく理解していたからです。最近のビジネスマナーとしての教え方の方がおかしいわけです。これは「言葉は変化するもの」というレベルではなく、間違った教え方をした結果、現代では変な用法になってしまった、ということです。

(なお、語尾に「です」「でした」を付ければ云々は、本質的なことではなく、枝葉末節だと思いますので、ここでは触れません。)

「ご苦労様」は目上から目下
「お疲れ様」は目下から目上
「お疲れ様」としておけば無難

これはビジネスマナーにおける教え方です。実際私もこうした内容の研修を受けた記憶があります。

しかし、この定義は、私には乱暴に思えます。はっきり言って逆じゃないの?と思っています。

よく言われる「『御苦労』とは、昔の殿様が目下に向かって言った言葉、『御苦労であった』からなので…」というのは嘘です。時代劇を見ても分かるとおり、昔は「大義であった」といいました。

この場合の「苦労」とは、...続きを読む

Q目上の方に「お疲れさまでした・ご苦労様でした」は失礼ですか?

言葉遣いについて、実際にあった出来事からの疑問です。

退職する上司の送別会にて、若い社員が記念品贈呈の際に「お疲れさまでした」や「ご苦労さまでした」と言いました。
これは失礼な事なのでしょうか?主人は失礼だといいます。「ありがとうございました」「お世話になりました」と言うべきだと言います。
もちろん、私もありがとう等の感謝の言葉も必要だと思いますが、「お疲れさま・ご苦労様」を使うことに対しては、失礼な事とは感じませんでした。

実際、自分も会社では、その言葉を使って送り出した場面を見たことがあるような気がします。

どなたか、言葉遣い・マナーにに詳しい方ご意見をお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして。元研修担当のスコンチョといいます。(^_^)

ビジネスマナーでは仕事が終わった人を見送るときには
「お疲れ様でした」で送り出す習慣をつけるよう教えます。
これは、先の回答者の方たちも書かれてますが「ご苦労
様」は元来目下の人に対しての言葉だからです。しかし、
時代の流れとともに「ご苦労様でした」も容認されるレベ
ルになってきているようです。

さて、本件では退職時の挨拶として適切かどうかという問
題ですね。退職者に御礼だけで挨拶とするのか、慰労の
言葉をかけるべきかは個人の判断で、「お疲れ様でした」
が取り立てて失礼にあたるとは思えません。特に、直接的
な関わりが少なかった人から御礼だけ伝えられても心が
こもった言葉とは受け取れないでしょうし、その方の業
績に敬意を表する意味でも「お疲れ様でした」と笑顔で
送り出してあげてはいかがでしょうか。

Q「ご苦労様」はなぜ失礼?

 ときどき「ご苦労様」は目上の人には失礼である、という文面をよく見かけます。
 ですが、どうして失礼なのか、を説明した文章等が見つかりません。

 理由をご存知の方がいらっしゃいましたら、お教えください。

Aベストアンサー

こんなことが書かれていました。
「ご苦労さま」は、他人の苦労を高みから見物しているような語感があります。

やはり、「お疲れさまでした」がよろしいでしょう。

参考urlをご覧ください。

参考URL:http://www.asahi-net.or.jp/~QM4H-IIM/k990615.htm

Q「様」、「殿」、「氏」の使い分け

仕事で普段何気なく使っていた「○○様」の「様」ですが、「様」の他に「殿」や「氏」があり、どのような場合に何を使えばいいかよくわかりません。明確な使い分けを教えてください。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

「殿」と「様」については既に回答が出ていますので省略し、「氏」についてのみです。

「氏」は、人の名に添えて敬意を表す語です。転じて、代名詞的に話題の人を表すのに用いる、つまり3人称です。「殿」や「様」のような2人称ではありません。
「総理大臣は小泉氏です」
「安部氏の会見」
などのように使います。この場合、「氏」を「殿」や「様」に置き換えることはできますが、その逆はできません。

また、複数を指して、
「両氏の見解」
さらに、先に名前を挙げてある場合は、単に「氏」だけで、
「氏は関西出身の実業家で…」
というような使い方もします。ここでも、「殿」や「様」に置き換えることはできません。

Q「該当」と「当該」の違い

辞書には、「該当」・・・その条件にあてはまること。「当該」・・・その事に関係がある。
・・・とあります。
“あてはまる”と“関係がある”、微妙に違うようで似ているようで、お恥かしいのですが私にははっきり区別ができないのです。
該当とすべきところを当該としたら、意味はまったく違ってくるでしょうか?
わかりやすく両者の違いや使い方を解説していただけませんか?宜しくお願いします。

Aベストアンサー

よく似た意味の言葉(名詞)ですが、

○該当…「する」をつけて「当てはまる」という意味の動詞として用いることができる

○当該…主に他の名詞の前につけて「今議論の対象になっている、まさにそのもの」という意味で内容を限定する形容詞的な形で用いる

といった違いがあります。逆の用法はありません。

・この条件に当該する人は申し出てください。

・○○事件につき、該当被告人を有罪に処す。

いずれもおかしな使い方で、反対でないとアウトです。

ご参考になれば幸いです。

Q「ご連絡いたします」は敬語として正しい?

連絡するのは、自分なのだから、「ご」を付けるのは
おかしいのではないか、と思うのですが。
「ご連絡いたします。」「ご報告します。」
ていうのは正しい敬語なのでしょうか?

Aベストアンサー

「お(ご)~する(いたす)」は、自分側の動作をへりくだる謙譲語です。
「ご連絡致します」も「ご報告致します」も、正しいです。

文法上は参考URLをご覧ください。

参考URL:http://www.nihongokyoshi.co.jp/manbou_data/a5524170.html

Q宛名書き「殿」は「様」に直すべき?

表題の通りです。

宛先記入済みの返信用の封筒や葉書の宛名が「行」になっていた場合、
線で消して「様」や「御中」に直しますよね。

これが「殿」になっていた場合も同様でしょうか。
確か「殿」とは目上から目下の人に差し出すときに使うと思ったのですが、
返信する先はどちらかと言えば自分より目上の方になります。

Aベストアンサー

一般的には
○○様 は 個人名、職名の付いた個人名に用いられ、相手を尊敬する意味に使用されるようです。
○○殿 は 私的な場合は目下の人に対して使われるようですが、公式な場合や組織内では上下の
        区別なく使われるようです。
        職場では上司の場合、役職に続けて用いることがあります。

例えば、自分が部下であっても ○○部長殿、業務課長殿と使いますが、
     総務部長 ○○○○様 と言うように役職名の後に名前が付いた場合には「様」を使います。

お尋ねのものがどのような性質の書簡かわかりませんが、印刷されていると言うことが業務的なもの
であれば、「殿」を「様」に訂正する必要はないと思います。

http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%C5%C2&kind=jn&mode=0&base=61&row=3

Q関係各位と関係者各位はどっちが正しい?

タイトルどおりなんですが、ふと疑問に思ったので質問させていただきます。

よくメールや資料などに上記の言葉が記載されていると思いますが、どっちが正しい(もしくは両方正しいが使用方法や相手によって違う?)のかわかりません。ちなみに私は関係各位を使っています。

私の個人的な意見としては多分、人に対してか不特定に対してかの違い、意味合いかな?ぐらいに思ってますが。。。どうなんですかね?

以上、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

No.4再補足します。

各位は皆さんの古い言い方で官庁、会社関係、一部の個人が使用しますが、商売でお得意様を相手にする場合は使わない方がいいでしょう。

各位で満足せず「関係者」「お得意様(厳密には様は不要)」を付け加えるなら、お得意様の具体的名前を入れ「各位」を省くのが現代流だと思います。または「拝啓」などではじめる方がいいような気がします。

フラメンコ研究会会員各位なら相手を特定しているので個人に準じた扱いとなり、現代でも許される範囲の
使い方といえるでしょう。

以上がコメントです。結論として、間違った使用法も含めて「各位」を使いたい人が依然として多いので、
関係者各位、お得意様各位、父兄各位のように使用しても一般には違和感なく受け入れられるでしょう。

個人的意見としては、「各位」が「皆さん」という呼びかけ(相手を特定しない)なので、更に「関係者」とか
「お得意様」という不特定多数をさす言葉を重ねるのは
「個」を大事にする時代の流れに沿わないと思っています。個人的こだわりです。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング