プロが教える店舗&オフィスのセキュリティ対策術

仲哀天皇は、日本を馬台「ウマト」と呼びました。

古代、三種の神器をもって天皇をお出迎えする風習があり、3つの宝にはヘブライ語で神を表す「ヤ」を先頭に付けられています。八握剣、八咫鏡、八尺瓊。

ヘブライ語の神言葉「ヤ」を「ウマト」の先頭につけると、ヤマトと読める。

ヘブライ語では「ウマト」は人民、「ヤマト」は神の人民という意味になる。

A 回答 (3件)

だれか、そういう邪説を吹き込み、あなたを洗脳しようとする人が側にいませんか。


その方の出す酒はかなり美味いのでしょうか。
ならば魔薬と思い、今後は飲まぬことです。
次第に脳を蝕み、取り返しのつかぬ妄想に取りつかれる羽目に陥るでしょう。

日本書紀・古事記にないお話は禁断のこと。
ヘブライという世界のお話に結び付けたい人は多いでしょうが、
とらぬたわごととして
切り捨てになり、
ゴミ箱に
捨てることを
お勧めします。
    • good
    • 0

説は説ですけど、当時、ヘブライ(イスラエル地方)と日本の交流があったかどうか全くわかりません(陸つながりなので否定はできないが)。


よく出る例えですが。
日本語の「名前」は「ナマエ」と発音し、発音記号では「namae」です。
英語の「name」は「ネーム」と発音しますが、「namae」と1文字抜けただけでそっくりです。したがって、言語の語源は同じである。
そういう都合の良い事例ばかり集めるのはいくらでもできますが、インチキでもできます。
もっとたくさん事例を調べて「説」にした方がいいと思います。
すみませんが、現状ではこじつけの域を出ていないと思います。
なお、仲哀天皇は日本の14代ですが、実在の人物かは現在はっきりしていません。
    • good
    • 0

君はイスラエル人なのかい?

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング