最大1万円超分の電子書籍プレゼント♪

オーディオメーカーのオンキヨー。
最近、求人を見ていて「従業員数39人!?」と驚いたのですが、昔からそうでしたか?

gooドクター

A 回答 (4件)

今の「株式会社オンキョー」は「オンキヨーホームエンターテイメント株式会社」の 100%子会社に過ぎません。

 「オンキヨーホームエンターテイメント株式会社」が、質問者さんが言う「オーディオメーカーのオンキョー」です。 同社は、急速なデジタル化の進展とバブル崩壊で1993年に赤字化してからは、業績の悪化が止まらず、事業の切り売りや国内外の企業との資本・業務提携などでしのいできましたが、2021年3月期の純資産が債務超過になり、東京証券取引所の基準に抵触したことから、それまで上場していたジャスダック市場から上場廃止となりました。 それでも、2020年3月31日時点では、連結の従業員数は1,134人でした。 また、今年6月25日開催の株主総会において、再上場を目指す意向であることを明らかにしています。
    • good
    • 1

海外の販売代理店数が、40という事は、一人足りませんね。

グループ企業を含めて、120ヶ国で販売しているので、効率良過ぎ。
「ONKYOって元から小さい会社だったんで」の回答画像3
    • good
    • 0

いいえ、半世紀前は自社工場を大阪寝屋川に構えるほどの「企業」でした。


当時の従業員数は不明ですが1000人規模だったはずです。
自社内で開発しオーディオ機器を量産できていたので「小さい会社」ではないです。
バブル崩壊の影響で赤字経営に転落し本社工場売却しました。
製造は東南アジアの受託製造会社に依存。
同業他社との協調や新ジャンル開拓など生き残り策を施してきましたが
この8月に株式上場廃止になりました。
    • good
    • 0

以前は、開発や製造(工場)も持っていたはずですので、もっと大きかったと思います。

今のようなファブレスの企業でしたらそんな感じですよ。開発や製造は、海外の企業の任せて、企画と販売とサポートだけをおこなうような感じです。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング