プロが教える店舗&オフィスのセキュリティ対策術

天気予報についてです。
11日の土曜日は曇り予報の降水確率が40パーセントにっなっていますがこれは雨降る確率高いですか?

A 回答 (3件)

40%くらいの降水確率は、一番迷いますね。


降水確率と言うのは、過去の気象データと照らし合わせ、例えば11日土曜日に予想される気象条件と、同じような条件の時に、どのくらいの割合で、1時間1mm以上の雨が降っているかを表す値です。
 すなわち、降水確率40%とは、同じような気象条件が100回あったとして、そのうち40回くらいは1mm以上の雨が降っているということです。
 40%という確率は、高いとも低いとも言えませんが、まだ土曜日までは3日間あり、その間に天気が前後にずれる(天気を崩す原因の低気圧や前線が、予報より早く接近するか、遅れるか)可能性があるために、そうした確率になったものと思われます。
 ただ、私自身の経験からすれば、ここ10年くらいは、低い降水確率でも雨が降ることが多いと感じているため、今では外出の際は、折り畳み傘は必ず持参するようにしています。
 降水確率
https://data.wingarc.com/chance-of-rain-10018
    • good
    • 0

確率が 高い低いは 受け取る人の感じ方で変わります。


絶対に 濡れてはいけない仕事の場合、40% は高いかもしれませんし、
雨天決行 の行動をしている人には、40% は低いと感じるかも。
    • good
    • 0

40%です。

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A