dポイントプレゼントキャンペーン実施中!

精度悪いです、

民間だからですか?


写真と質問は関係ないです

「週間天気予報って3日先までしかあたらない」の質問画像

A 回答 (5件)

日が延びるほど(先になるほど)、精度が落ちる、という事です。



民間でも、気象庁の予報を利用しています。
    • good
    • 0

「天気予報」は発表当日を含めて3日間の予報です。


「週間天気予報」は発表翌日から7日間の予報です。

予報は過去の実績データと現在の観測データを踏まえた「予測」です。予定ではありません。

先々の予報や範囲の広い予報は、精度が低いのは当然です。

民間の気象会社(日本気象協会を含む)は、それぞれが蓄積したデータやノウハウをベースに、ピンポイントの天気予報など、より付加価値の高い情報を提供しようと競っています。一概に民間だから精度が低いとは言えません。

●天気予報
予報発表時から明後日までの風、天気、気温、降水確率など予報。

●週間天気予報
発表日翌日から7日先までの天気、気温などの予報。
備考:略称は「週間予報」。

●府県週間天気予報
府県予報区を対象とした週間天気予報。
備考:発表日翌日から7日先までの各府県予報区の日ごとの天気、降水確率、気温及び予報の信頼度をカテゴリー別に、または量的に伝えている。

●季節予報
2週間の気温、1か月、3か月および暖候期、寒候期の気温、降水量などの概括的な予報。

●2週間気温予報
情報発表日の6日後から14日後までの間の5日間平均した地域平均気温の階級、代表地点の最高・最低気温及びこれらの階級と予測範囲についての予報。

●1か月予報
次の土曜から向こう1か月の気温、降水量、日照時間、降雪量などの総括的な予報。

●3か月予報
翌月から向こう3か月の気温、降水量、降雪量などの総括的な予報。

●暖候期予報
3月から8月までの気温、降水量などの総括的な予報。

●寒候期予報
10月から翌年2月までの気温、降水量、降雪量などの総括的な予報。

●早期天候情報
情報発表日の6日後から14日後までを対象として、5日間平均気温が「かなり高い」または「かなり低い」、あるいは冬季の日本海側の地域で5日間降雪量が「かなり多い」となる確率が30%以上になると予測した場合に発表する情報。
    • good
    • 0

週間天気予報当たった試しがありません


当たるのは真夏の晴れが続く時ぐらい
    • good
    • 0

台風などの場合は 風向きが変わると数時間で天気予報も変わる・・



3日先が 何処から出たのか?・・くらい

動画とは関係ないです

    • good
    • 0

当たらないのではなく


わからない
予測不能ということです
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!