私(36歳)と彼(37歳)は共にバツイチ同士で入籍しました。
彼には前妻との間に8歳と10歳の子供がおり、2人とも親権のある前妻が
引き取り、彼は月額10万円の養育費を支払っています。
(支払い義務などについての念書や証書は交わしていないとの事)
私は1年間の契約社員で年金・保険・PCのクレジットなどを支払うと
手取り月収が7万円位です。 彼も会社員で年金・保険・車のローン(月3万円)
などを支払うと手取り月収が23万円位です。(養育費の支払いは除く)
今は私の仕事の都合で私は実家で生活しており、彼は会社が家賃・光熱費を
支払ってくれている独身者用のアパートに住んでいます。 年末には私の仕事の
契約が切れるので一緒に生活を始める予定なのですが、そこで負担になるのが
月10万円の養育費です。 独身者用アパートは出なくてはならないので、当然
部屋を借りる事になりますし、私という扶養者も増える事になるので、彼が離婚
した時と状況が変わります。
そういった場合、現在支払っている養育費はどのくらい減額してもらう事が
出来るのでしょうか? 養育費をもらっている友達(女性)や支払っている
先輩(男性)に聞いても、月額10万円は多すぎると言われました。
彼が離婚した時、前妻は会社を自己都合退職し福祉関係の資格を取りたいと
言っていた為、住宅資金として貯めていた預金(100万円弱)を全額前妻に
渡しています。 現在前妻は就職し、結婚を前提とした男性と半同姓生活を
送っているそうです。 私の方は子供はいませんが、離婚の際慰謝料など一切
もらっていませんし、貯金も数万円しかありません。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

はじめまして。

さて、さっそくですが再婚なさった現ご主人の先妻とのお子さんに月々10万円を養育費として支払っていらっしゃるのですね。
 養育費は法的にいくら支払わなければならないという基準はありません。ですから、ご主人が先妻との離婚当初は月々10万円の支払いが可能であったからその額に決まっただけです。言い換えればリストラ、不景気、再婚などご主人にその後なんらかの事情の変更があって、当初の額はとても支払えなくなることはごく当然のことです。これは「事情変更の原則」といって裁判所が認める基準となっています。その場合は当然養育費を減額してもらうことができます。
 文面からは現在のところ裁判所や弁護士といった公的・法的手段はとっていらっしゃらないようですし、まだその先妻の方にも減額のご相談をされていないようですね。
 まず、先妻の方に減額についてご相談することが先決です。このご質問に書かれた内容を先妻の方にも説明して納得してもらえれば一番いい訳です。お知り合いの仰るように2人のお子さんに月々10万円は多いともいえるかも知れませんし、仮にそれが妥当な額だとしてもそれを支払うためにあなた方の生活が困窮するようでは意味がありません。もしも先妻が減額を認めないということになれば、そこではじめて裁判所などの公的機関に仲裁してもらうことになります。
 裁判所は先妻の生活状態とお子さんの年齢、それにご主人の収入や生活状況などを総合的に判断して現在ご主人が支払いが可能な額を算出してくれます。おそらく現状では月々10万円をかなり下回る額になるでしょう。
 法的には養育費事態は義務として支払わなければなりませんが、その額については決して無理を強いるものではありません。あなた方の生活を第一に保障した上で余力があれば養育費の支払いが可能な訳ですから、昔の年貢のように自分たちが必要最小限以下の生活をしてまで支払う事はないのです。
 まずは先妻の方とじっくり話し合ってみるべきだと思います。
 ちなみに、法的なご相談を先にしたいのでしたら、無料法律相談をお勧めします。御自分がお住まいの都道府県の弁護士会か最寄の裁判所に「無料法律相談ってどこでやってますか?」とお電話でお聞きになればすぐに必要な手続や予約方法など教えてくれると思います。
 いろんなご事情があって大変でしょうが、ご自分たちの生活も大切になさって下さい。
 よい結果になることを願っております。
 

この回答への補足

MiJunさんの回答を読んだ後で、彼に調停の事を話してみたところ、
前妻からの申し立てがあり、来月末頃家裁に行く事を聞きました。
(申し立ての内容は、私は聞いていないので分かりません)
実際減額されるかどうか分かりませんが、養育費減額の話は
当然してくるそうです。

補足日時:2001/08/29 20:49
    • good
    • 0
この回答へのお礼

細かなアドバイスありがとうございます。 確か養育費は基準となる算出方法が
あると聞いたことがあります。それに照らし合わせてどのくらいの額になるのか、
その辺の事も調べてようと思います。 この回答と前後して、家裁での調停に
行く事もわかったので、調停での話し合いでどうなるか。 それによっては、
アドバイスの様にしかるべき所で相談にのってもらおうと思います。

お礼日時:2001/08/29 20:59

居住地にもよるでしょうが、家裁の調停で養育費は¥50,000-60,000/2人ではないでしょうか・・・?


それに比較すると、高いようですね?

協議離婚されたようですが、調停で養育費の件で話し合われては如何でしょうか?

家裁の書記官等を尋ねられてはどうでしょうか?

ご参考まで。

この回答への補足

居住地ですが、彼も前妻も都内(23区内)に住んでいます。
私は北関東に住んでいますが、彼との生活の場は都内(23区内)になる
予定です。

補足日時:2001/08/29 20:38
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。
調停の件、彼に話をしてみたいと思います。

お礼日時:2001/08/29 20:42

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q前妻に支払っている養育費について

 前妻との間の子供2人に過去4年間、毎月6万円の養育費を支払ってきました。
ボーナスなしで月収20万そこそこの収入では毎月足りず、今の妻の貯金を流用して生活していました。
しかし、リストラされて収入が無くなってしまい、妻もこれ以上は自分のお金を前妻には、渡したくないと言います。
 前妻は、今の妻が財産を持っていることを知っているので、奥さんに出してもらえと、催促してきます。
新しい仕事のめどは、まだたちませんが、新しい仕事が見つかっても今までどうり毎月6万円の支払いには無理があります。
今の妻が前妻との間の子供に対して養育費を支払う義務は無いと思いますが、どうすれば、いいのでしょう。

Aベストアンサー

 子供さんの住所を管轄する家庭裁判所に「養育費減額請求」の申し立てをして下さい、添付書類は、申立人・相手方の戸籍謄本、養育費を決めた書面(調停調書、審判書謄本、公正証書等)

 費用は印紙代900円、予納郵券800円です。

 調停の際には、今のご家庭での家計簿、現在に収入を証明できるもの、失業中なら失業手当の金額を分かるものを用意して下さい。

 養育費支払い義務者はあくまでも、父親である相談者だけです、現在の奥様の所得、財産は奥様の固有財産で関係ありません、ご自分達の生活を維持する為の協力はしなくてはなりませんが、養育費支払いとは別のことです。

 養育費支払い義務は、父親の分担できる範囲での金額でしか請求はされません。

Q夫の前妻への養育費について

夫の前妻への養育費について教えていただきたいのですが・・・
夫は二年半前に病気の為障害者となり、現在障害手帳2級です。(半身麻痺と言語障害)
お互い再婚同士で、主人は前妻との間に子供が一人いて、子供が産まれる頃に離婚しており、病気になるまでは弁護士を通して決めた額の養育費を毎月支払っていました。
お金の管理はすべて主人がしていたので、いくらどのように支払っていたかは私は把握していません。
主人が病気になってから、前妻から主人の携帯に「来月の養育費よろしく」というメールが届き、どうしたら良いのかわからず、以前お世話になった弁護士の方に電話して尋ねたところ、本人が病気になり働けなくなったのなら、約束は変わってくるので、支払いの義務はないというような言い方をされ、ずっとそのままになっています。
もちろん前妻には病気のことを夫の兄づてに連絡してもらっているので、だいたいのことは前妻も知っています。
現在、収入がなくなり、障害年金と私のパート収入で生活しており、子供の就学費用も補助を受けている状態で、養育費を渡すとなると、私が夜パートに働きに出てお金を稼ぐしか方法はない感じです。
前妻の方は「夫に連絡をしても返事もこないし何も連絡してこない。今後の養育費の話をしたい」と夫の兄にメールが届いたらしいのですが、夫は会話ができず(話の理解ができません)、メールもできません。もちろん字もかけませんので、本人からは連絡のしようがない状態です。
こういった場合、私から前妻に連絡するべきなのでしょうか?
ちなみに夫の両親は離婚しており、母親も痴呆のため、間に入れる身内は兄だけです。

夫の前妻への養育費について教えていただきたいのですが・・・
夫は二年半前に病気の為障害者となり、現在障害手帳2級です。(半身麻痺と言語障害)
お互い再婚同士で、主人は前妻との間に子供が一人いて、子供が産まれる頃に離婚しており、病気になるまでは弁護士を通して決めた額の養育費を毎月支払っていました。
お金の管理はすべて主人がしていたので、いくらどのように支払っていたかは私は把握していません。
主人が病気になってから、前妻から主人の携帯に「来月の養育費よろしく」というメールが届き、ど...続きを読む

Aベストアンサー

養育費減額調停

養育費減額調停とは、一度決めた養育費の額を減額してほしいという調停です。

口約束であれば、勝手に変更しても大きなは問題ありませんが、調停調書や公正証書で決められた養育費を、払えないからといって滞納すれば強制執行されてしまうかもしれません。

なので、減額して欲しいと頼む必要(これは、ご質問者様が行っても問題はないと思います)がありますが、相手が、養育費の減額を認めてくれたら問題ないのですが、認めてくれなかったら、養育費の減額調停を申立てして減額を求めていくことになります。

で、正当な理由があれば、調停が不成立になっても、養育費の減額を認めるような結果の審判が下ります。

この正当な理由には、以下のような場合があります。

・賃金の大幅な減額が続くようになった時。
・失業して収入がなくなったとき
・再婚して、扶養する家族が増えたとき
・相手が再婚して、子供が養子になったとき
・相手の収入が、大幅に増えたとき
もちろん、これ以外にもありますが、以上が代表的な正当な理由になります。

これらの理由があるからといっても、審判で減額が認められるかどうかは、やってみないと分かりません。

なので、調停より先に、まずは、手紙で減額をお願いしてみましょう。
養育費減額調停を起こすのはそれからでも遅くありません。

もし、お願いの段階で養育費の減額を認めてくれたら、書面に残しましょう。
書面は、行政書士に作成をお願いすれば、弁護士と比べて安く済むでしょう。
ひとつの特殊な参考事例ですが、養育費の相場よりかなり高めの養育費を相当無理して支払っていたケースで、養育費減額調停を申し立て、調停委員から「一度決めたんだから、男なら払い続けなさい」と説教をされた挙句、審判でも減額にならなかったようなケースもあります。ただ、これは離婚時と特に状況が変わっていなかったという理由があったからだと思います。

ということで、状況が変わったということが、減額になる審判が下りるかどうかのひとつの目安になるようですね。

まあ、管轄家庭裁判所が遠方でないなら、費用も安いので、一か八か養育費減額調停を申し立ててもいいかもしれません。

養育費減額調停

養育費減額調停とは、一度決めた養育費の額を減額してほしいという調停です。

口約束であれば、勝手に変更しても大きなは問題ありませんが、調停調書や公正証書で決められた養育費を、払えないからといって滞納すれば強制執行されてしまうかもしれません。

なので、減額して欲しいと頼む必要(これは、ご質問者様が行っても問題はないと思います)がありますが、相手が、養育費の減額を認めてくれたら問題ないのですが、認めてくれなかったら、養育費の減額調停を申立てして減額を求めていくこと...続きを読む

Q養育費と面接交渉権と前妻に復讐

離婚して約一年です。子供は2人、3歳と1歳の娘です。親権等は前妻にあります。
養育費と面接交渉権について教えてください。
①近々、調停を申し立てて面会権を取得しようと考えてます。月4回(平日2時間、日曜2回、半日程度)を希望したいのですが、前妻が強く反対しています。要求は通りますか?
最近迄は週2回、前妻宅に宿泊していました。
子供達は私にとても懐いているし、パパに会いたいと言ってくれていますが、まだ小さいので自らの意志と認めてもらえなさそうで不安です。

②私の年収は300万程度です。
今迄は養育費を月々3万渡してたのですが、調停によってこれ以上の金額に上がることはありますか? 前妻の収入は月々手取りで25万前後です。子供手当、児童扶養手当を合わせると32万前後です。自分より収入が多い人間にお金を渡すのは複雑な気分です。

③上記で気付いた方もいるかも知れませんが、前妻は一年以上児童扶養手当を不正受給しています。子供達との関係もあったので私も黙認していました。私も罪に問われますか?
前妻との関係が崩れたので告発しようと思ってます。役所に密告するだけでは一括返金だけで済みそうな気がします。
より悪質と捉えてもらうには何処に、誰に、どの様なふうに告発すればいいですか?
私と子供達を引き離した前妻を許せません。
法的手段を用いて前妻に復讐するにはどうすればいいですか?
お願いします。誰か教えてください。

離婚して約一年です。子供は2人、3歳と1歳の娘です。親権等は前妻にあります。
養育費と面接交渉権について教えてください。
①近々、調停を申し立てて面会権を取得しようと考えてます。月4回(平日2時間、日曜2回、半日程度)を希望したいのですが、前妻が強く反対しています。要求は通りますか?
最近迄は週2回、前妻宅に宿泊していました。
子供達は私にとても懐いているし、パパに会いたいと言ってくれていますが、まだ小さいので自らの意志と認めてもらえなさそうで不安です。

②私の年収は300万程度で...続きを読む

Aベストアンサー


家とは別の場所での面会 宿泊はおかしい。
別家庭なのだから 月1程度の場合も多い。
毎週会うのは子供の環境にとって 新しい家庭が作りにくくなるかと懸念されるので もう少し少なくすべきと思う。


相手の収入にかかわらず 貴方の子供の養育は貴方の義務だ。
渡すのは子供の養育費であり 元妻の生活費ではない。


どこからそのような発想が出てきたのか 子供に対して「会いたい」だのと言う男の言葉とはとても思えない。
守ろうとするどころか元妻を 家庭ごと子供ごと傷つけようと。
  
この内容なら不正受給開始までさかのぼって全額一括返金だけだろう。
罪に問われるなら隠す行為が注意を受けた上での再犯だったり 年数が長い場合だが それには当たらないだろう。

「私と子供達を引き離した前妻を許せません」と言う資格が あなたにあるだろうか。
自分の身と立場ばかりに心を砕き プライドは高いくせに自分の生活から考えれば僅かな金さえ惜しむ。
これではペテン師のしみったれの恥知らずと言われても 仕方がなかろうと感じる。

自分を可愛がるより誠実さを学ぶべき。
道を外れて混乱しているのなら もう一度 善とは何かを自分に問うのだ。
上辺の状況に囚われず 自分の与えられること 自分を活かすこと を行う。

復讐で一番の方法は「ああ あんないい男を離すんじゃなかった 失敗した」と 元妻に思わせることだ。


家とは別の場所での面会 宿泊はおかしい。
別家庭なのだから 月1程度の場合も多い。
毎週会うのは子供の環境にとって 新しい家庭が作りにくくなるかと懸念されるので もう少し少なくすべきと思う。


相手の収入にかかわらず 貴方の子供の養育は貴方の義務だ。
渡すのは子供の養育費であり 元妻の生活費ではない。


どこからそのような発想が出てきたのか 子供に対して「会いたい」だのと言う男の言葉とはとても思えない。
守ろうとするどころか元妻を 家庭ごと子供ごと傷つけようと。
  
この内...続きを読む

Q夫の前妻の子供達の養育費は現妻が払う?

質問なのですが、
夫とは再婚同士で共働きなのですが、夫と前妻との間には子供が二人いて、結婚後も養育費を払っているのですが、主人の事業が思うようにいかず、夫の収入からでは養育費を払えない場合、妻がその夫の前妻に養育費を払わないとならないのでしょうか?

妻にしたら、今の家庭に関係ない結婚前の夫の子供達の養育費なのですが、共働きの夫婦の収入は夫婦の収入とみなされ、妻の収入から払わないとならないのですか?

詳しい方、是非、教えて下さい。
今月の養育費支払い期限が迫っております。

補足が必要ならば、補足致します。
どうぞ、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

御主人が、御主人のお子さん達に支払う『養育費』は、直接には協議あるいは家庭裁判所の審判によって定められたものですが、もともとは「直系血族および兄弟姉妹は、互いに扶養する義務がある。」(民法877条1項)とする『扶養義務』からきているものです。
したがって、HIMICHANさんにこの『扶養義務』はありませんので、ご主人が負っている養育費支払義務をHIMICHANさんが当然に負うことはありません。

ところで、ご主人のお子さん達は、HIMICHANさんとは1親等の姻族という関係になり、『親族』にあたります(民法725条3号)。
そのため、ご主人のお子さん達とHIMICHANさんが同居している場合には『互助義務』があり、扶養義務に近い、ある程度の面倒を見る義務が発生します(民法730条)。
今回は、同居しているわけではないようですのでこれは関係ありません。

しかし、同居していない場合であってもHIMICHANさんが扶養義務を負う場合があります。それは、HIMICHANさんが扶養義務を負う旨の家庭裁判所の審判があった場合です(民法877条2項、家事審判法9条1項乙類8号)。
このような場合を除き、HIMICHANさんのご主人が負っている養育費支払義務を、配偶者であるからと言う理由だけでHIMICHANさんが肩代わりしなければならなくなるわけではありません。

HIMICHANさんについては以上の通りですが、ご主人については収入のあるなしに関わらず、協議または審判によって定められた金額の養育費を支払う義務があります。
どうしてもご主人の事業が芳しくなく、収入が見込めずに養育費の支払が困難である場合には、「扶養の程度・方法について協議または審判があった後事情に変更が生じた」として、お子さん達の住所地を管轄する家庭裁判所に申立て(家事審判規則94条)、「協議または審判の変更または取消」をすることができます(民法880条、家事審判法9条1項乙類8号、家事審判規則94条~98条)。
最悪の場合には、このようなことも視野に入れて置かれてはいかがかと思います。

御主人が、御主人のお子さん達に支払う『養育費』は、直接には協議あるいは家庭裁判所の審判によって定められたものですが、もともとは「直系血族および兄弟姉妹は、互いに扶養する義務がある。」(民法877条1項)とする『扶養義務』からきているものです。
したがって、HIMICHANさんにこの『扶養義務』はありませんので、ご主人が負っている養育費支払義務をHIMICHANさんが当然に負うことはありません。

ところで、ご主人のお子さん達は、HIMICHANさんとは1親等の姻族という関係になり、『親族』にあたりま...続きを読む

Q主人はバツ1で、毎月前妻に養育費の振込みをしています。

主人はバツ1で、毎月前妻に養育費の振込みをしています。
今まで主人の給料-養育費では生活出来ないと、私の実家にお世話になっていましたが、 我が家に2人目が生まれる事になり、プラス実家を出なければならない状況になり、一段と生活が厳しくなりました。
なので、出産を終えて働きに出るまでの少しの間、養育費を減額して欲しいと元妻にお願いしました。
(養育費は調停などで決められたわけではなく、2人の間で決めたそうです。ネットの養育費試算表などで調べましたが、主人の給料での相場よりは金額は多めでした。)
しかし、それは無理と。
もし、それでも減額するのであれば、裁判所に申し立てすると返事が来ました。
私も主人も子どもに罪はないのは分かっているので、ちゃんと養育費は払うべきだと思っています。
ただ、今の額のままだと我が家が生活出来ません。
もし、裁判所に申し立てされた場合、何をすればいいのでしょうか?
また、そもそもの養育費の金額を調停ではなく口約束で決めた場合も養育費減額拒否の申し立ては出来るのでしょうか?
無知ですいませんが、ご存知の方いましたら教えて下さいm(_ _)m

主人はバツ1で、毎月前妻に養育費の振込みをしています。
今まで主人の給料-養育費では生活出来ないと、私の実家にお世話になっていましたが、 我が家に2人目が生まれる事になり、プラス実家を出なければならない状況になり、一段と生活が厳しくなりました。
なので、出産を終えて働きに出るまでの少しの間、養育費を減額して欲しいと元妻にお願いしました。
(養育費は調停などで決められたわけではなく、2人の間で決めたそうです。ネットの養育費試算表などで調べましたが、主人の給料での相場よりは金額は多...続きを読む

Aベストアンサー

> 我が家に2人目が生まれる事になり、プラス実家を出なければならない状況になり、一段と生活が厳しくなりました。

これは「減額の正当な理由に該当します。
こちらから、「家庭裁判所」に減額の調停を先に申し立てしてください。

>もし、裁判所に申し立てされた場合、何をすればいいのでしょうか?
調停でしたら、「成立(双方合意)」しなければ「法的効力」はありません。
欠席しないで「実情」をいえば「調停委員」も無下にはしません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報