「夫を成功」へ導く妻の秘訣 座談会

よく、うちの学校の先生が
「生活態度が良くなれば、必ず成績の向上にもつながる」
「掃除を頑張っていれば、入試で良い結果を残せる」というようなことを言うのですが、自分はどうしても納得できません。

うちの学校の考える生活態度というのは、
「あいさつをきちんとする」
「服装を整える」
「清掃は時間厳守で無言で行う」等です。

以上のような事がきちんとできていれば、本当に学力を向上させることが可能なのでしょうか?
皆さんは、どう思われますか??
可能だと考えるならば、何故可能なのか証明していただけるとありがたいです。

現教職員の方、大歓迎です!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (16件中1~10件)

私は義務教育の時に、先生から同じ言葉を聞きました。


今は、その言葉をそのまま勤務先の生徒に言っています。

つまり、生活態度を正す=挨拶・服装・時間厳守 は、
学校を卒業して社会に出る為の準備、
そして出た時には「社会人としての常識」につながります。

それは、義務教育期間と高校教育を受けている時には、学力向上にもつながります。
生活態度がきちんと出来ていたら学習意欲(学習・勉強の習慣化)も出ますし、学力にも顕著に現れています。

掃除の時間も同様です。その日の反省をしながらするのも良し、きれいな学び舎で学びたいからやる という、いろんなケースがあります。
散らかった学び舎では気が散ります。

秩序を守ることは、今後の人生に繋がること と考えます。
    • good
    • 0

先生に証明してもらえばいいのではないでしょうか?



面接があるかもしれない入試はともかく、
挨拶や服装、清掃は成績にはあまり関係ない気がします。
    • good
    • 1

どうもはじめまして。



かれこれ10年以上も前になりますが、
僕がいた中学も校則が厳しく、
・掃除中は必要なことであってもしゃべらない
・男子は丸刈り(耳に髪がかかったらアウト)
・Tシャツ・靴下は白無地(ワンポイントも不可)
・バックの紐の長さまで指定(紐が長いと不良と指定される(笑)

rookiexさんの言われたようなことを
多くの教師が同じく僕達に言っていた記憶があります。

僕の経験では皆さんの言われているように
生活態度の向上 → 学力の向上
の理論は間違っていると思います。

でも、

学力の低下 → 教師からの冷たい態度・授業中ストレス
→ 反発心の強まり → 生活態度の低下

というケースは一部、周囲でありました。

過去に戻れるなら、堂々とそのときの教師達に反論してみたいですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>学力の低下→教師からの冷たい態度・授業中ストレス→反発心の強まり→生活態度の低下
逆効果ですか(笑)

>過去に戻れるなら、堂々とそのときの教師達に反論してみたいですね。
今、その先生方にその事を告げたら、どう返答していただけるでしょうかね(^^;)

お礼日時:2005/03/23 00:53

「精神論」の者です。



「楽」って ご本人は微塵も思っていらっしゃらないでしょう。

ご本人は、
「あるべき姿」
と 常日頃 考えておられると(私は)思っています。
(論理的な説明は ご本人はできないでしょう)

なんせ『先生』で ございますからっ!!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>「あるべき姿」
>と 常日頃 考えておられると(私は)思っています。
>なんせ『先生』で ございますからっ!!

overtone先生(笑)!「いろいろと知っているとされる立場の人間が、詳細なことや現場の具体的なことを知らない(調べもしない、知ろうともしない)で」というのが、生徒から反感を買う原因なのではありませんか?

お礼日時:2005/03/23 01:10

>「生活態度が良くなれば、必ず成績の向上にもつながる」


>「掃除を頑張っていれば、入試で良い結果を残せる」

個人レベルなら、これはウソです。挨拶や服装や掃除がダメでも学力が向上する人はいっぱいいます。掃除は丁寧だが学力はちっとも上がらない人もたくさんいます。ところが、集団で見るとそうではないのです。

>「生徒の生活態度が良くなれば、必ず学校全体の成績の向上につながる」
>「生徒が掃除を頑張っていれば、学校全体として入試で良い結果を残せる」

こう書けば納得できると思います。目的は集団の向上なのです。学校は、少ない教員で大勢の生徒を教育するシステムです。生徒が教員に協力することが、最初から求められます。生徒の生活態度が良くないとか、生徒が掃除を怠けている学校というのは、つまり生徒が教員の言うことを聞かない状態になっているということです。当然、授業だってうまく進みませんから学校全体の学力は向上しません。

確かに、周囲が不真面目な雰囲気でも、自分の世界に入って勉強できる生徒もいますが、たいていはそうなりません。不真面目なムードのある学校では、かなりの生徒がその影響で勉強しなくなります。反対に、ぴしっと統制がとれていて、真面目さと緊張感がある学校では、生徒も勉強するようになるわけです。学校のムードには、服装や挨拶、掃除など目に見える部分が大きく影響します。

学校教員がもっとも恐れることは、一部の生徒が秩序を乱すことで、学校のムードが壊れ、今まで努力していた生徒が努力しなくなることです。勉強はつらくて面倒なことですが、それでもしなければならないものと思って、学校のムードに支えられながら、ぎりぎりのところでがんばっている生徒も多いのです。「他の人ががんばっているから、自分もがんばらなきゃ」「他の人が怠けているから、自分もしなくていいや」そんなものなのです。

生活態度はいい加減だが勉強はできるという人がいます。周囲によくないムードを撒き散らしながら、自分だけは勉強して入試に合格することはできるでしょう。それ見たことか、「生活態度が良くなれば、必ず成績の向上にもつながる」はウソじゃん・・・そう自慢しても褒められません。学校全体として考えたときは、とても迷惑なんです、そういう人は。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答、ありがとうございます。
なるほど!「生徒の個人個人の生活態度が良くなれば、直接成績向上につながる」という固定観念をもつ必要は、別にないですよね。
先生方がもつのは「生徒の個人個人の生活態度が良くなれば、間接的に生徒の成績向上につながる」といった考えでしょうか。

お礼日時:2005/03/23 01:22

No.9です。



ハハハ・・・。

精神論で語りたがるのは、教育関係者のみに顕著に見られる傾向ではないですよ。
多くの場合、いろいろと知ってるとされる立場の人間が いろいろと知らないとされる立場の人間に 言うときに いろいろと知っているとされる立場の人間が 詳細なことや現場の具体的なことを知らない(調べもしない、知ろうともしない)で思いっきり抽象化するときに精神論を持ち出しますことが多いと感じています。
=============================
私は40代の 中ボーのこどもも居る オヤジです。
まぁ 身のこなしは うまいにこしたことは ないよ。
でも ムリすることも無いしね。
広い視点をもって 頑張れ!!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再び、ご回答ありがとうございます!
精神論を語りたがるのって、結局当人が楽を求めているからなんでしょうかね。
都合の良い逃げ道というか、何というか…。

お礼日時:2005/03/14 01:00

こんばんは^^


的はずれな回答だったらごめんなさい。

先生が仰ってる事は言葉の綾ではないでしょうか?
そもそもあいさつや、服装を整えられない人がいくら学力を向上させても
なかなか認めて貰えないと思います。
「あいさつ」「服装」「掃除」は社会に出れば必ず必要になってくると思いますし
自分が使った場所なら掃除くらいできないのはどうなんだろ?
って私は思います。

だから先生の仰っている事はあながち外れてないような気がします。
学校って勉強だけやればいいってもんじゃないですし
そういう基本的な事をキチンとできる=勉強の基本もおろそかにしないっていう
無言のメッセージなのかもしれないですしね^^

あーでも私の勝手な考えなので、おかしかったらごめんなさい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

>先生が仰ってる事は言葉の綾ではないでしょうか?
確かに、そういう考え方もありますよね。
でも、今の学校の先生方って、大抵の方が「決まりだから守る」という固定観念を持って指導しているように、自分は思います。
むしろ、various_ideas様のように「きちんとした考え」を持って指導している方のほうが、少ないような気がしますね。

お礼日時:2005/03/14 00:52

必ず 学力アップ と言うわけにはならないでしょう。



でも 生活習慣を安定させることは 体のリズム(脳みそも体の一部)を良くする方向になると思います。

但し、精神論だけで 規律を守ることにのみ焦点があたってしまうのは 間違った方向と思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

>精神論だけで 規律を守ることにのみ焦点があたってしまうのは 間違った方向と思います。
賛同します。
何故、このような考えを持つ教師の方が多いのでしょうね・・・。

お礼日時:2005/03/12 21:04

なるほど!とても興味のある質問ですね。

私も中学生の時に先生から言われたような気がします。

(1)生活態度が良くなる→『学力の向上』になる、というのが可能かどうかということですが…
私の意見としては、不可能という考えです。

生活態度が良くなるというのは、人間性や社会性の向上および基本的な生活習慣の形成、ということだと思います。学力は勉強をすることによって身に付くわけですから、生活態度が良くなったからとって学力向上にはつながらないと思います。

ただ、部屋を掃除して心地よい環境の中で集中して勉強できたから、学力が上がったということがあるかもしれませんが…。



(2)生活態度が良くなる→『成績の向上』になる、というのが可能かどうかということですが…
私の意見としては、可能という考えです。

学校生活における生徒の態度を見る時間が多いのは、特に授業中です。授業中の生徒の生活態度は『授業態度』とも言いますが、生徒が授業の始終の挨拶をしているか・忘れ物はないか・机の上がきちんと整理されて教科書を出してあるか・先生の話を聞いているか・ノートにしっかり書いているか・発言して答えているか等について、先生は評価を付けます。

これらをきちんと守っていれば、成績を向上させることが可能です。反対に守らなければ、学習に対する意欲がないと判断されてしまい、成績が下がることがあります。


つまり、私の意見としては…生活態度が良くなることによって、「学力は向上しない」が「成績は向上する」ということです。

参考になれば、嬉しいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
なるほど。
確かに、授業態度を良くすれば「成績の向上」には繋がりますね。
でも、服装、清掃等は、やはり繋がらないのでは?

お礼日時:2005/03/12 21:16

逆に言うと、なぜキチンと出来ないのでしょう?


「あいさつをきちんとする」
「服装を整える」
「清掃は時間厳守で無言で行う」
41歳の私からすればどれもこれも当たり前のことです。でもこれらの事は、自らしたくてたまらないという事ではありませんよね。
やらずに済めば、その方が楽に決まってます。
現在それを実行できている人だって、ほとんどは努力しての事だと思います。(例外はあるでしょうが…)
そういう人として守らなければいけないこと(ルールとかマナーとか)がきちんと理解できるということは、自ずと「今自分がしなければいけないこと」が解るのではないでしょうか…
そして、中学生のしなければいけないことといえば、やはり勉強が上位を占めるのはやむを得ないのでは…
ゆえに、成績に結びつく、と中学生の子を持つ母としては思うのですが…

挨拶なんて適当、服装は崩れている方がかっこいい、なんていうのは学校の中だけのことです。いくら成績が良くたって社会に出たら全く通用しません、特殊な世界は知りませんが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます
>逆に言うとなぜキチンと出来ないのでしょう?41歳の私からすればどれもこれも当たり前のことです。
服装・頭髪の観点で考えてみますと、「これらの乱れ」をどこに定義づけるかによって、意味合いはだいぶ違ってくると思います。
誣いて言えば、世間一般と学校の「服装・頭髪の乱れ」の考え方はだいぶ違うんです。
世間一般からすれば、別にどうでもいいようなこと(第一ボタンを外している、髪が少しでも肩にかかっている、前髪を手で押さえると眉毛にかかる etc)でも、学校では、厳禁だということが良くあります。
一般的に言われる、それらの乱れのある人というのは、「誰から見ても明らかにおかしい格好をしている人」のことを表していると考えます。
確かに、そのような格好なら改善するべきだとは思いますが、学校のように考え方を厳しくしますと、ただの押し付けのような感じがしませんか?「決まりだから守れ」みたいな…。
学校で、服装が乱れていると指摘されても、世間一般では普通に通用してしまう、という事が多いと思うのです。
「dojokkofunakko様の言う“当たり前”=一般的な考え方」ですよね?そうしますと、学校の先生方が生徒に示している“当たり前”とはだいぶニュアンスが違ってきてしまうと思います…。
(偏見かもしれませんが、自分は、学校で許認されるが、世間ではひと目おかれてしまう、いわゆる秋葉系のようなファッション(これもまた、一部の人ですが…)をするよりは、学校では禁止されていても、世間では通用するようなオシャレをした方が、まだマシだと思います)
何かと、学校と世間一般のそういう価値観の違いって、結構あるんですよね。ですから、自分は、世間一般で通用するような生活態度ができているなら、別に学校が生徒に対して指摘するかなり細かい生活態度までは、あまり意識することもないんじゃないか、と思うんです。
>そういう人として守らなければいけないこと(ルールとかマナーとか)がきちんと理解できるということは、自ずと「今自分がしなければいけないこと」が解るのではないでしょうか…
ルールがきちんと理解できている…というよりは、ただやらされている、怒られたくない、反抗しても無駄、内申書に影響する..という理由から仕方なく守っているという生徒が大半だと思いますよ。
かなり主観が入ってしまい、申し訳ありません(>_<;)

お礼日時:2005/03/14 03:28

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q学校の調査書の短所の書き方

長所は「明朗活発」で良いと思うのですが
短所の書き方がわかりません。
どのような書き方があるのでしょうか。
例えば「気が短い」「飽きっぽい」
「細かい」とかの書き方じゃなく
四文字とかで表せるのってありますか?
教えてください。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

こんばんは
私は、教育に多少は携わっていますが、逆に自分の短所を書かなければいけないときには、「少し頑張りすぎる。」「一つのことに、熱中しすぎる。」「誰にでも、気を遣いすぎる。」「心配症である。」など長所と裏返しのことを書くようにしています。
それだと、マイナスになりにくいですから。
調査書には、そういう書き方が良いのではないでしょうか。

Q高校受験 校長推薦は簡単にもらえないもの?

高校受験を控えている娘の保護者です。初歩的な質問なのですが、教えてください。

今まで、推薦基準に達していれば、誰でも「校長推薦」をもらえると
勝手に思いこんでいたのですが、違うのでしょうか?
数字だけクリアしていても、生徒によってもらえなかったりとかあるんですか?
「他の子はもらえたのに、うちはもらえなかった」などという書き込み
を見つけたので、「あれ!?」と思ってしまいました。

例えば、基準を超えたのに推薦がもらえないというのは、

(1) 普段の態度が悪く推薦に値しない
(2) 基準には辛うじて達しているが、学力的に無理とみなされる
(3) 推薦する生徒数が決まっている(定員)

などのような理由からなんでしょうか?

推薦にこだわらず、一般で勝負すればいいと言われると思うのですが、
まずきちんとした情報を知りたいと思います。
どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして、私も受験生の親です

>今まで、推薦基準に達していれば、誰でも「校長推薦」をもらえると
>勝手に思いこんでいたのですが、違うのでしょうか?

単純に成績のみを参考にするというのでしたら、違うと思います
No.2さんの答えにあるような生徒だと、一般的に推薦は難しいと思います。
「校長推薦」というのは、学校として太鼓判を押すわけですから
もし生活態度などが推薦に相応しくない人物でしたら、校長や
学校の信用に関わって来ます

>「勉強もいいけど、体育祭や合唱祭などの行事にも力を入れて・・・」

最もな話だと思います
積極性、協調性・・・勉強を教えるだけが学校の役割では無いです
進学先の高校も、成績が優秀なのと同等に、特に推薦枠ではリーダー
シップや生活面の優れた生徒を望んでいるはずで、そのため、
生徒会活動をしていた生徒などは、有利だといわれています

> 話はだいぶそれてしまいましたが、担任に嫌われて推薦をもらえないとかはないんでしょうか?

最終判断は、校長先生でしょうから、そんなことはないと思いますよ
担任の先生だって、最後まで進路が決まらないより、推薦で合格して
貰った方が、ずっと楽なはずです

>真面目にコツコツやっていても報われないことってあるんでしょうかね

そんなことないですよ。例えば、大学受験には必ず役に立ちます

私のところは、二人目なので少しは余裕もありますが、一人目の時を
思えば、いろいろと心配しました。今は親子共々、勉強にばかり
目が行っているようですが、残りの中学生活を楽しむことも
大切だと思います。受験生のバックアップ頑張って下さい

はじめまして、私も受験生の親です

>今まで、推薦基準に達していれば、誰でも「校長推薦」をもらえると
>勝手に思いこんでいたのですが、違うのでしょうか?

単純に成績のみを参考にするというのでしたら、違うと思います
No.2さんの答えにあるような生徒だと、一般的に推薦は難しいと思います。
「校長推薦」というのは、学校として太鼓判を押すわけですから
もし生活態度などが推薦に相応しくない人物でしたら、校長や
学校の信用に関わって来ます

>「勉強もいいけど、体育祭や合唱祭などの行事に...続きを読む

Qクラス分けの際、担任が生徒を選んでいる?

「公立の小学校や中学校でのクラス分けで、教師がどの生徒を自分のクラスに入れるかを、担任の主観で決めることがある」と人から聞き、びっくりしています。
もちろん極端に騒ぐ友達同士などを別のクラスにしたり、双子の兄弟を分けたり、その他さまざまな教育的配慮から分けるのは理解できますが、気になるのは、例えば「教師がひいきの子を自分のクラスにいれる」ようなこと。これは、実際に行われているんでしょうか?

教師から「一方的にひいきされている子」でも、その教師を極端に嫌がっていた場合もあります。こんなときは悲惨です。また、そうした場合にあらかじめ親が学校に申し出て回避できたこともあるとか。

クラスの生徒って、現実にどのように振り分けるんでしょうか? 
上のようなことが事実なら、なんだか腑に落ちないんですが。
この辺の事情に詳しい方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

何度もクラス分けに立ち会ったものとして回答いたします。

ほとんど、No.2のahtanさんのおっしゃるとおりです。
学校や、その時の状況などによって、多少違いはありますが、その年度の終わりごろに、学年の先生が集まって相談をします。配慮の必要な子を始め、様々な条件を付き合わせ、もちろん偶然のめぐり合わせを中心として、いろんな意味で平等になるように学級のメンバー表の候補を作ります。

その子たちを、誰が担任することになるかわかりません。可能な限り平等になるよう、その学級編成には本当に膨大な時間を要します。

最終的には校長の判断ということで、4月の始めに正式決定します。そのとき同時に、学年の先生が決定します。このときの初めての担任顔合わせで、どの先生がどの学級を受け持つことになるのかが決定します。

その際、前年度にその学年を受け持っていた教師がたいてい1人は学校に残っているので、参考となる意見を聞くことがあります。(この子にはこんな配慮が必要、など)

…とまあ、ごく大雑把ではありますが、これが学級決めの概要です。ご家庭のほうから、「ぜひ来年度は、この子とは離して」とか、「ぜひ、女の先生に」とか、いろんな要望を受けることもあります。
 教師としては、その要望に正当性、緊急性があるかどうかを判断し、学級決めの際に進言することもあります。しかし、教師自身さえ、(少なくともヒラは)4月になってみないと何年生を受け持つのかがわからない世界。希望が通るとは限らない。ましてや子どもたちにおいては、です。

私は教師になって数年間は、「どんな取り合わせになっても、どんな仲間と一緒になってもうまくやっていく力をつけることこそ、学級社会の意味である。」と考えていて、学級決めについて、それほど重要には思っていませんでした。しかしやはり現実には、難しい面もいっぱいあるので、現在は配慮しているつもりです。

でも、今でも私の考えの根底には、「どういうめぐり合わせになっても、お互いの人間関係をよいものにしていく、それが学級。」というものがあります。

何度もクラス分けに立ち会ったものとして回答いたします。

ほとんど、No.2のahtanさんのおっしゃるとおりです。
学校や、その時の状況などによって、多少違いはありますが、その年度の終わりごろに、学年の先生が集まって相談をします。配慮の必要な子を始め、様々な条件を付き合わせ、もちろん偶然のめぐり合わせを中心として、いろんな意味で平等になるように学級のメンバー表の候補を作ります。

その子たちを、誰が担任することになるかわかりません。可能な限り平等になるよう、その学級編成には本当...続きを読む

Q中3の息子、思春期・反抗期の真っただ中です。

中3の息子、思春期・反抗期の真っただ中です。
毎日毎日寝起きからイライラしていて起こす私も朝から
とても憂鬱です。
機嫌がいいときは冗談を言って笑わせたり、学校や友達の話など
するのですが、虫の居所が悪い時はうるせーだの死ねだの
壁に穴をあけたり言いたい放題。やりたい放題。
完全なる八当たりです。
私も頭にきて言い返してやりたいときもありますが、
感情的に話してもただのけんかになるだけなので
できるだけ平静を装って話すようにしています。
本人も冷静に話すと、無性にイライラして
どうしようもなくなるときがある、と言っているので
やはりそういう時期なのかなと思います。
本人も辛いんだろうなあと思うのですが、
正直わかっていても私もすごく辛いです。
本当にこれがおさまって息子が普通に落ち着くときが
くるのかと心配です。
そこで、同じような体験をして、今はずいぶん落ち着いてきたよって
方がいたらお話お聞かせください。親御さんの体験談でも
昔反抗していたけどいまとなればってお話でも結構です。
できれば息子さん、反抗的だった男性のお話をお聞きしたいです。
今すごく辛いので、そういうお話を聞いて少しでも安心したいのです。
それでまた頑張れそうな気がして・・・
よろしくお願いします。

中3の息子、思春期・反抗期の真っただ中です。
毎日毎日寝起きからイライラしていて起こす私も朝から
とても憂鬱です。
機嫌がいいときは冗談を言って笑わせたり、学校や友達の話など
するのですが、虫の居所が悪い時はうるせーだの死ねだの
壁に穴をあけたり言いたい放題。やりたい放題。
完全なる八当たりです。
私も頭にきて言い返してやりたいときもありますが、
感情的に話してもただのけんかになるだけなので
できるだけ平静を装って話すようにしています。
本人も冷静に話すと、無性にイライラして
どうし...続きを読む

Aベストアンサー

30代既婚者男です。
私も高校生頃には、随分母を悲しませました。
その当時の自分の思いを振り返ると、全てにいらだって
いました。
特に母親に対しての苛立ちは大きかったです。
母が何をしてもむかついて、ただただ怒りをぶつける
毎日でしたね。
自分でも抑えきれない怒りや悲しみ、苦しみが襲う
のです。
でも母に当たってしまった後は、ちゃんと反省している
のです。またやってしまったごめんってね。
でも母に直接ごめんなんて言えなかったのです。
私が感情をぶつけた時の母は、ただ黙って私の怒りを
受け容れてくれていました。
母がそこでさらに私に感情をぶつけていたら、もっと
ひどいことを母にしていたかもしれません。
ですので、私は今でならちゃんと素直に言えます。
お母さん、ありがとう。って。
今の私があるのも母のおかげです。母が大きな愛で
包み込んでくれたから、今こうして結婚して子供を
持つ事ができました。
ですからあなたの息子さんも一時的なものですので、
どうか大きな愛で包み込んであげてください。
そしていつか必ずあなたにありがとうって思えるときが
訪れます。
お母さんも辛いでしょうけど、男の子ならば少なからず
通る道なのです。
今のあなたの接し方で間違いは無いと思いますよ。
母親というのは本当に男にとってとても大きな存在です。
ありがたい存在であり、一番信用できる最愛の人なんです。
息子さんにもいつか分かる瞬間があります。
その時を楽しみに、今を乗り越えてみてください。
息子さんくらい成長した人間をそのまま甘やかしたとしても
おかしな人間には育ちません。
何も心配しないで、そのままあるがままの息子さんを
認めて信じてください。
何もしなくてもいいのです。お母さんはただ付かず離れず
の精神で、息子さんをそっと見守るのです。
高校を卒業する頃には少しは変化が訪れます。
あと3年ほどの辛抱です。負けそうになった時は、息子
さんが産まれたころ、お母さんの胸に抱かれた息子さん
を思い出してみてください。
その頃の息子さんが真の息子さんの姿です。
私は今でも母には感謝の気持ちでいっぱいです。
お母さん、ありがとう(^.^)息子さんもきっとそう
思ってますよ。

30代既婚者男です。
私も高校生頃には、随分母を悲しませました。
その当時の自分の思いを振り返ると、全てにいらだって
いました。
特に母親に対しての苛立ちは大きかったです。
母が何をしてもむかついて、ただただ怒りをぶつける
毎日でしたね。
自分でも抑えきれない怒りや悲しみ、苦しみが襲う
のです。
でも母に当たってしまった後は、ちゃんと反省している
のです。またやってしまったごめんってね。
でも母に直接ごめんなんて言えなかったのです。
私が感情をぶつけた時の母は、ただ黙って私の怒りを
受...続きを読む

Q部活動、顧問の先生はボランティアなのですか?

子供の中学の吹奏楽部で、現在顧問の先生と保護者会の関係が最悪になっています。
前任者は、独身の男性教師で土日、夏休み等 殆ど休まず指導してくれて、赴任期間も長かったのですが 伝統と実績を築きあげてくれました。
今年 異動で変わった先生は既婚、子持ちの女性教師(音楽)で、その先生の 部活動の顧問としての姿勢、そして指導力不足についての不満が、子供達 保護者達双方から出ています。
「前任の先生と指導の技量を比べてはいけない。先生の家庭の事情も考慮する。吹奏楽部は顧問一人の指導では負担が大きいので、保護者会でも出来るだけのサポートをする」と方針できましたが、先生の方も(大変失礼な言い方ですが、指導力が無いのに)プライドが高いので、サポート(外部講師など)の話し合いにも応じません。
先日保護者会があり、その時に先生の今後の方針を聞く予定でしたが、当日になって体調不調を理由に一週間の休暇をとってしまいました。この問題は校長も承知なのですが、とにかく顧問と親が話し合って解決するように、指導の強制は出来ないし、赴任して1年ですぐ異動は出来ない、という事です。保護者達は外部から指導出来る講師を呼ぶ事が出来ないものか、と思案中ですが、何しろ顧問を代えることは出来ません。過去の質問を検索して、同様の問題で教師側からの事情、理由も承知しております。
たかが中学の部活、楽しくやれれば良いじゃない、との考え方ももちろん有りますが、当の子供達も「もっと練習したい、上手くなりたい、大会で負けたくない」と望んでいます。「指導できない、私にはやれない、家庭を捨てろと言うの?」というような顧問に当たってしまっても、ボランティアなのだからあきらめるしかないのでしょうか?

子供の中学の吹奏楽部で、現在顧問の先生と保護者会の関係が最悪になっています。
前任者は、独身の男性教師で土日、夏休み等 殆ど休まず指導してくれて、赴任期間も長かったのですが 伝統と実績を築きあげてくれました。
今年 異動で変わった先生は既婚、子持ちの女性教師(音楽)で、その先生の 部活動の顧問としての姿勢、そして指導力不足についての不満が、子供達 保護者達双方から出ています。
「前任の先生と指導の技量を比べてはいけない。先生の家庭の事情も考慮する。吹奏楽部は顧問一人の指導...続きを読む

Aベストアンサー

伝統も実績もある部活、顧問が変わったために・・・なんて
かわいそうすぎます。
顧問の先生の土・日や夏休みの部活動は、ボランティアに近いものが
あるかと思います。
ただ、完全なボランティアではなく、部活をするために生徒が学校に来たら、
必ず、先生が学校にいないといけないそうです。
だから、先生の都合で日曜日に部活が休みになることもアリです。

私の子供(中学生)の部活、伝統&実績がけっこうありまして、
昨年、全国一位になって、今年の春、顧問の先生は転任されました。
合唱のほうです。
その顧問の先生の方針は、「短時間で集中してやる!」ことでした。
日曜日は絶対に休み。平日は学校の最終下校の時間をきちんと守っていました。
外部の先生は、依頼していませんでした。
この合唱部のいいところは、「先輩から引き継いだ伝統の上に自分たちで
新しいことを取り入れる」ということで、ほとんど生徒が自主的に活動をしています。
顧問の先生は、ただ音楽づくりを考えればいいだけ。(これがけっこう重要ですね)
顧問の先生が変わっても、合唱部の実力は変わらないように
先生は育ててくださったと思います。

前任の顧問の先生の転任が決まったとき、
その先生と校長先生が必死に新しく顧問になってくれる先生を探してくださいました。
県内一位が私の子供の学校だとしたら、県内二位の学校の先生が
来てくださったのです。
校長先生ってスゴイことをするなぁと思います。
「先生が変わったから、今年は・・・」とささやかれないように、新しい先生のためにも
生徒自身、努力しました。「いい結果は先生しだい」なんて言われるの、イヤですから。

実績ある部活でしたら、適度にOBにも手伝ってもらっても
いいのではないですか?
私の子供は3年で、引退しましたが、
たぶん来年の夏には、中学校の合唱部に毎日通ってると思います。

伝統も実績もある部活、顧問が変わったために・・・なんて
かわいそうすぎます。
顧問の先生の土・日や夏休みの部活動は、ボランティアに近いものが
あるかと思います。
ただ、完全なボランティアではなく、部活をするために生徒が学校に来たら、
必ず、先生が学校にいないといけないそうです。
だから、先生の都合で日曜日に部活が休みになることもアリです。

私の子供(中学生)の部活、伝統&実績がけっこうありまして、
昨年、全国一位になって、今年の春、顧問の先生は転任されました。
合唱のほ...続きを読む

QNIKEでおなじみの【JUST DO IT】とは・・・

NIKEのキャッチフレーズ?でよく聞く、

【JUST DO IT】

とは、和訳すると、どんな意味なのでしょうか?

どうぞ宜しくお願い致します☆

Aベストアンサー

アメリカに36年住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。

このJust do it!はやらなくてはいけない人に向かって「グツグツいわないでやれ」と言う意味で使われ、フィーリングとしては「やれば俺は黙るから」「愚痴は聞きたくないね」「言い訳は通用しないよ」等が含まれて使われることが多いですね。

それに似て「何を躊躇しているんだよ、早くやれよ」と言うフィーリングでも使いますね。 ちょっと高いところから飛び降りない臆病者なんかに言える表現ですね。

また、準備をあれこれして「そしてやるだけさ」とか「行動に移すだけ」と言う意味合いにも使います。

さてNikeですが、私の知っているコマーシャルは野球場で4人の観衆の表情を見るだけのものと「いわくつきの物」があります。

画面が変わるたびに画面の中央にある小さな年も距離計みたいに変わります。 やるけのことさ、をこのように何年もやってきた、と言いたいのではないかなと思います。

余談が次の「いわくつき」のものです。 1990年になる前に(もうないキーをストップするものはいない」と言う時代ですね。 そのときに、アフリカの土着民に靴を見せているシーンなんですが、(マーケティングとしては、靴を履いていないから売れない、ではなく、靴を履いていないから売れる!!!と言う観念を引っ掛けていたんだと思いますが) その画面で土着民の一人が彼らの言語で何かを言います。 その字幕として、Just do itが使われたんですね。 いくつかのシーンをもちろん撮ったわけですがこのシーン自体が一番よかったのでしょう。 しかし、後になって、その土着民がしゃべってのはJust do itを彼らの言葉で言ったのではなく、これは大きすぎるよ、と言ったと言うのが事実らしかった、と言うことでその時分はかなり話題となりました。 (ネットで検索すればまだその頃のことが残っているんじゃないかな)

これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。 

アメリカに36年住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。

このJust do it!はやらなくてはいけない人に向かって「グツグツいわないでやれ」と言う意味で使われ、フィーリングとしては「やれば俺は黙るから」「愚痴は聞きたくないね」「言い訳は通用しないよ」等が含まれて使われることが多いですね。

それに似て「何を躊躇しているんだよ、早くやれよ」と言うフィーリングでも使いますね。 ちょっと高いところから飛び降りない臆病者なんかに言える表現ですね。

また、準備をあれこれして「そし...続きを読む

Q中ニ長男生活態度の乱れ

皆さん初めまして、よろしくお願いいたします(長文です)。
中2になる長男の生活態度に困っています。皆様のアドバイスをよろしくお願いいたします。簡単に環境を説明しますと、(1)中高一貫私立校に在籍(2)硬式テニス部所属(3)学業成績中の中(4)小5の弟があり 困った点は次の通りです。(1)生活態度がだらしなく衣類を脱ぎ散らす(2)歯磨き入浴をきちんとしない(3)宿題をきちんと提出しない(4)学校からの連絡プリントを出さない(5)気に入らないことがあると祖父母に”死ね”と暴言を吐く(6)ことある毎に弟をひいきして・・・と拗ねた言葉を吐く。(7)最近試合に負けた翌日、自分のラケットのガットを切断して”切れた”と言って買い換えました。対照的に弟の方は成績も良く、絵やサッカーが好きな明るい子供です。私としては問題の多い長男の方が心配ですが、男勝りの母(祖母)はソフトに孫と接することが出来ない人なので、かなり危機的状態にあるようです。家庭環境は養育は祖父母(私の父母)が担当しており私自身は単身赴任で自宅から400km離れた兵庫県に勤務するサラリーマンです。月1、2回に帰省する状態ですが、母によると比較的私が帰った時はおとなしい状態だそうです。妻とは別居3年目に突入し現在離婚裁判中です。この長男の状態は反抗期であり一過性のものと考えたいのですが、母にとっては実の孫ではあっても聞くに堪えない暴言を浴びるそうです。なにが原因か全く把握できないのですが、環境のせいばかりではなく、本人の気質に起因するところも多いと思います。学校を離れて遊ぶ友達もおらず。部活はまじめにやっているそうですが、部の遊び友達もいないようです。幼稚園入園のころ”多動”?とかいう判定をもらったことがあります。このあたりの知識、経験は全く不足しております。出来ることは現状を踏まえ私共対応を見直す事しかないと考えておりますので宜しくご教授下さい。

皆さん初めまして、よろしくお願いいたします(長文です)。
中2になる長男の生活態度に困っています。皆様のアドバイスをよろしくお願いいたします。簡単に環境を説明しますと、(1)中高一貫私立校に在籍(2)硬式テニス部所属(3)学業成績中の中(4)小5の弟があり 困った点は次の通りです。(1)生活態度がだらしなく衣類を脱ぎ散らす(2)歯磨き入浴をきちんとしない(3)宿題をきちんと提出しない(4)学校からの連絡プリントを出さない(5)気に入らないことがあると祖父母に”死ね”と暴言を...続きを読む

Aベストアンサー

ただただご長男さんを救いたい一心で回答します。ですから親御さんにはショックな事も書きますが、私にあなたを陥れようとするような悪意は微塵もない事を最初に断っておきます。
彼(ご長男さん)は、AS(アスペルガー)ではないでしょうか。何もかも、うちの甥と当てはまります。しかし違うかもしれないし、そういう気があるだけかもしれない。でも質問文から、ASと仮定します。
甥の場合はどうだったかを書いていると字数が足らなくなりますので、ご長男さんのことだけについて触れ、対処法を記していきます。

>(7)最近試合に負けた翌日、自分のラケットのガットを切断して”切れた”と言って買い換えました。

これはSOSです。親御さんもわかってらっしゃると思いますが、このこと自体を叱っても無意味ですよね。「物にも命がある。かわいそうでしょう」というあいまいな感覚の言葉が理解できないのです。
物の大切さを「なんとなく」でもわからせようと思ったら、まず彼自身に「僕は家族に大事にされている」という実感を持たせるのが先なんです。
褒める。どんな小さな事でも。例えば「そこのコップを取ってくれる?」に彼が応えたら、「いつもさっとやってくれるのがお前のいいところさ。いつもおばあちゃんが言ってるよ、お前は親切な子だよって」と。
私たちは見上げるような身長で私たちを殴ってくる甥を「0歳児だと思って育て直しましょうね」と言われました。

>6)ことある毎に弟をひいきして・・・と拗ねた言葉を吐く。

弟さんの方が既に大人なのです。長男の彼には兄の器がありません。機転の利く弟さんの事はずるい、嫌い、と思うと思います。何もかも自分で出来る弟さんが、自分より先にお菓子を貰う理屈がわかりません。彼が弟に自分の物をあげられないのは、ケチだからではなく、自分の分が減るという事象しか見れないからです。幼児と同じです。

「育て直し」が14年かかるという意味ではありません。甥の場合は2年でした。2年前はきょうだい達も息を潜め、甥がえんえん暴言を吐くのをみんなで聞いている、という、まるでお通夜のようだった食卓ですが、今ではわあわあ笑いながら家族みんなで楽しく夕飯を食べています。絶対にそうなりますよ。

>(5)気に入らないことがあると祖父母に”死ね”と暴言を吐く

彼のクラスメイトも日常的に「死ね」「消えろ」「うざい」「きもい」と言ってるはずです。でも、この暴言を吐かれた相手の気持ちを理解していますよね。でも彼は相手の気持ちを理解する事が難しいのです。「ちょっと、今それを言わないでよ」も「うるさいから黙ってくれよ」も「うるさいな!」も、彼に言わせるとみんな「死ね」になります。ですからその言葉を受け止める必要はありません。受け止めると暴言に留まらず、暴力や壁の穴に繋がります。「注意するのが保護者の責任。彼の来の為」という一般的な理由は無意味です。
「死ね」が飛び出したら、「・・・そろそろ洗濯物乾いたかしら」などと言い、部屋を出ましょう。「区切る」のです。そして20分後に「これ食べる?」とおやつを出すと、彼は「媚びた真似するな」とバカにはしません。「あ、ども」と、食べるはずです。彼の思考は場面が映像のように繋がってはいません。スライド式なのです。2年間は繰り返しになります。しかし、必ず、「死ね」という言葉を言わなくなります。

>「学校を離れて遊ぶ友達もおらず。部の遊び友達もいないようです」。

この事から彼は慢性的に自己評価が低くなっています。
まず、早急に公立の教育サポートセンター及び思春期心疾患専門の医者へ相談される事を強くお勧めします(彼に内緒でご家族が)。センターの人から学校に彼の支援のアドバイスをして貰います。学校が気付き、変わらなければなりません。彼は今、学校で受け入れられていません。
こんな状況は一日も早く打破してあげなければなりません。ここが全ての元凶だと思います。教師が目を配るだけで彼は激変します。

>(1)生活態度がだらしなく衣類を脱ぎ散らす(2)歯磨き入浴をきちんとしない

彼は虫歯の痛みを知りませんよね?自分の体が臭くても困りませんよね?衣服を洗濯籠に入れなくても死にませんよね?彼は困っていません。必要性が無いことは出来ません。でも、必ずする時が来ます。自己肯定できる環境になると、自分が「出来ない」事が素直に見えてきます。そういう時、「おばあちゃんが制服をかけておいてあげるから、お前は靴下をかごに入れてくれる?」と、一緒にしてあげるのです。徐々に「おばあちゃん、こういう場合はどうするの」と聞くようになります。
ちなみに生活態度は家族より「信頼できる先生」から優しくアドバイスされると聞きます。あなたが幸いにもワンクッション置ける関係のようですので、父親として、でなく、「誰だ?この楽しくてやさしい人は。この人といると気分がいいな」という存在として、彼と「一から出会って」下さい。

>幼稚園入園のころ”多動”?とかいう判定をもらったことがあります。

残念ですが、小学生の時ぐらいまでに色んな異変に気付いてあげるべきだったのです。しかし離婚等でその余裕が無かったのですね。実はこれもうちの家族と全く同じなんです。姉の夫はASでした。家庭を捨てて出て行きました。奥さんもASだったという事はないでしょうか。通じにくいところがありませんでしたか。ここを認めると、奥さんに対するあなたの気持ちも少しは和らぐと思いますが。

>月1、2回に帰省する状態ですが、母によると比較的私が帰った時はおとなしい状態だそうです。

あなたに一目置いているのです。ぜひ「おばあちゃんを困らせて・・・」などといわないであげて下さい。彼はあなたの前ではカッコをつけているのに、面目丸つぶれです。あなたに良い息子だと思われることは、自己肯定につながります。出来れば毎日、電話で心配したり、褒めたりしましょう。幼児に接するように、優しく。そして、帰省された時は彼の好きな映画を二人で見に行くとかして、共感関係を作って下さい。

>(3)宿題をきちんと提出しない
(4)学校からの連絡プリントを出さない

宿題を担任にメモって貰い、彼に渡して貰って下さい。お友達に内緒で。連絡プリントがあったら学校からメールを貰って下さい。時間割はおばあちゃんが揃えてあげてください。一緒に見てあげるよ、と提案して上げてください。「ああ、僕はこう言う事が人より苦手なんだ。でも、おばあちゃんや先生に聞けば解決する」と彼が周りを頼る事が大事です。彼は頭がいいのでその内整理整頓に目覚めます。
とにかく彼に関る大人がチームワーク良く彼をフォローする体制を取る事が一番大事なのです。
勉強は出来るはずです。塾や家庭教師について貰い、「この時間にこれを勉強する。何時からテスト」と、計画を立てて貰うのです(甥の場合は私がしましたが)。

彼は変わります。彼のような子供は大変頭が良く、本来とても魅力的で、可愛い子供なのです。

ただただご長男さんを救いたい一心で回答します。ですから親御さんにはショックな事も書きますが、私にあなたを陥れようとするような悪意は微塵もない事を最初に断っておきます。
彼(ご長男さん)は、AS(アスペルガー)ではないでしょうか。何もかも、うちの甥と当てはまります。しかし違うかもしれないし、そういう気があるだけかもしれない。でも質問文から、ASと仮定します。
甥の場合はどうだったかを書いていると字数が足らなくなりますので、ご長男さんのことだけについて触れ、対処法を記していき...続きを読む

Q塾に通わない中学生・通わせてない保護者さん

こんにちは。
中学生が何らかの学習塾の通う率は、最終的(高校受験時)に70%にものぼるそうです。
というのも、以前私が知ったある市の調査結果がそうだったので、以来そう思ってきました。
※学習塾…集団塾・個人塾・公○式・家庭教師などを含みます。
しかし最近、地域によっては50%にとどまる状況があるということを知りました。

そこで、学習塾に通っていない中学生さん、また通わせていない保護者さんの気持ちを知りたいと思っています。
「通って失敗した」「本当は通いたいんだけど…」「~という理由で通わせない」「こんな塾ならば通うのに」「塾にはこんなイメージがある」
など、なんでも率直なお考えを聞かせてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

度々お邪魔します。maxupです。

そうですね。私自身は塾に通わせるつもりは全くないので・・もし塾に行くようになっても塾には期待はしないですね。

偏見があるかもしれませんが、塾に通う・通わせるってのは、基本は出来ててさらにもっと高いレベルを目指す方が行くもんだと思ってます。
(もちろんその「基本」を学びに行く方もいると思ってます。)

なんで前にも言ったように「学校の勉強さえしてれば」って考えが基本あります。

なので私から勧めて行かせるつもりはありません。

でも、子供が行きたいと言ったら考えます。もちろん行きたい理由もしっかりとしてなくては多分行かせないですね。
なんで、自分で言い出したからにはそれなりの成果をって事です。

それはもちろん成績のUPでしょうね。じゃなきゃ塾に行く意味はないと思ってますから。
塾に行く前と行った後と同じ点数では何の為に行っているのか・・・って思いますよね。

塾に期待ではなく「行きたい」と言い出した子供に期待ってとこですかね。

Q長所・・・マイペース、短所・・・のんびりなところ

質問なんですが推薦で面接官の質問で「長所と短所なんですか?」という質問があります。そこで僕は長所…マイペースなところ、短所…のんびりなところということで考えました。でも思ったんですけど長所が

マイペースなのに対して短所がのんびりなところっておかしいですか?教えてください。もし、おかしかったら長所がマイペースに対しての短所を教えてください(マイペースははずせません。それとできれば例文も)。最後に面接官の質問に「自己PRをしてください」と聞かれたら長所と短所を言えば良いですよね?

いろいろ聞いてスイマセン。できるだけたくさんの回答待っています。

Aベストアンサー

長所は補足をつければごまかせると思います。
長所「マイペースで物事に動じないところ」とか
「マイペースでおおらかなところ」など。

短所は確かにマイペースとかぶってしまうので、他に当たり障りのない
短所を探すか、「少しのんびりしているところ」のように緩めて言うか・・・

頑張ってください!

Q塾でトップでも学校の通知表は最悪、またはその逆

塾でトップでも学校の通知表は最悪、またはその逆

不思議なので質問します。
おい(小3)は、塾ではトップクラスです。が、学校の通知表はクラスの下位、ひどい成績です。
おいは、1回説明するとさっと理解します。応用も利きます。
めい(小5)は、塾では下位です。が、学校の通知表はクラスの上部です。
めいは、数回説明しないと理解しません。応用は利きません。

なぜ、塾ではトップでも学校の成績が悪く、またその逆になるのか不思議でなりません。
なぜなのか教えてください。

Aベストアンサー

現場の実態を暴露いたしますね。私は25年間小学校の教員をしてきましたので、全て内部の事情が分かります。まず、通知表と言うものは法的には、必ず作らなければならないものでは
ありません。学校内部には、指導要録というものがあり、この中に生徒の実際の成績が記載されています。通知表は、どちらかといいますと「励ます」という意味合いを持っています。
ところが、この通知表についての考え方や付け方も、学校によって又は都道府県によってずいぶん異なります。また、何よりも各教師によって強烈に差があります。通知表の書き方は、各学校の教務主任等が評価基準等を示して、先生方に共通理解を図るようにします。ところが、先生方と言うものは、ピンからキリまであります。きちんと会議で提案された内容を吟味して
学期の初めから、毎日記録を保存してしっかり評価をしながら学期末を迎える先生。こういう
先生はまじめで、評価も信用性があります。ところが、180度反対の先生もいます。単元が終わっても、その学習した単元のテストをすることすら忘れて学期末になって、あわてて一日何枚もテストをする先生・・・。中学校や高校ではありませんから、学期末になったからといって、毎日3枚も、4枚もテスト漬けになるようなことは本来はありえません。テストの実施を忘れて、ためてしまったツケがまわっているだけで、先生の責任です。通知表をつける段階になって、何も資料が無いことに気付きあわててテストをするような先生も、たくさんいます。
普通通知表と言うのは、各教科の成績、特別活動、生活面というような3つ位の部分が記載されます。
ここで、各教科の成績は、学習に対する評価なわけで生活面とは異なります。例えば、算数であれば、知識・理解とか思考とか技能というように、項目がそれぞれありますが、その項目に対して、どれだけの到達度があるのかを評価しているわけです。例えば、とっても意欲的に手を上げる子がいたとすれば、「意欲・感心」が◎というようについてくるかもしれません。全く手を上げない子がいたとして、「算数が大嫌い!」と口で言っている子でも、日頃の学習内容の理解度がよければ「知識・理解」が◎というようについてくるはずです。テストというのは、その単元の学習内容をどの程度理解しているのか調べるものです。それは子供の理解度をはかると同時に、指導した教師の指導力も測られます。平均点数が低いということは、教師の指導力不足です。
毎日きちんと記録をとっている先生は、自信をもって通知表をつけます。ところがです。これまで、私は何度も見てきました。ひどい先生は皆さんが想像している以上に多いと言う現実。教室の棚の中には、未処理のテストがたまっている。
テストだけして、丸付けすらしていない。さらには、テストをしないでこっそりゴミに捨てる先生。通知表提出の前日まで、全くできていないのにあっという間にできあがって持ってくるいい加減な評価しかしない先生。本当に、子供がかわいそうになるくらいいい加減な先生が多いです。大抵そういう先生は職員室で仕事をしません。職員室で通知表を付けると
周りの先生方にもその様子が見えるので、まったく資料を見もせずに、作品を見もせずに自分の主観だけで通知表に◎○△等をつけているのが、丸見えになるからです。普通通知表は担任が記載して、学年主任が目を通して、その後教務主任、教頭というように目を通して
いきます。私は立場上、多くの先生方の通知表に目を通していましたので、だいぶ主観が入った評価をしている先生が多いことを知っています。
小学校の通知表の内容をあまり気にしないことです。それよりも、もっと良い方法があります。お子さんが学校から持ってくるテストを、きちんと保管してチェックしてください。
親御さんが評価してみてください。
(1)教科書の単元の学習情況とテストを実施した日にちをチェック。
(2)テストには左上に大きく番号が振っているので1教科1番~5番位まであるはず。抜けているものはないかチェック。
(3)テストは点数が割り振りされています。例えばテストの左半分は、「知識・理解」などのように・・・。教科ごとに、その知識・理解とか技能とか書いている項目ごとに集計して
最後に到達度を計算してみる。%計算でよいです。9割以上なら◎とみてよいでしょう。

若い先生は、子供とのスキンシップは良いかもしれませんが、まだまだ評価に対する
しっかりした考えを持つことができません。評価している先生自身が、自信をもって評価
していません。
あまり、小学校の通知表は気にしないほうがよいでしょう。どの程度信用してよいものか
普通の方には全く見えないことでしょう。よくありますが、学年が上がったら急に成績が
よくなったとか、逆に下がったとか・・・。何故かもうわ

現場の実態を暴露いたしますね。私は25年間小学校の教員をしてきましたので、全て内部の事情が分かります。まず、通知表と言うものは法的には、必ず作らなければならないものでは
ありません。学校内部には、指導要録というものがあり、この中に生徒の実際の成績が記載されています。通知表は、どちらかといいますと「励ます」という意味合いを持っています。
ところが、この通知表についての考え方や付け方も、学校によって又は都道府県によってずいぶん異なります。また、何よりも各教師によって強烈に差があり...続きを読む


人気Q&Aランキング