今なら家電が全品9%OFF!

木造建物の壁下地材にラスカットを貼る場合、釘を打つ本数やm2にどの位釘打ちが必要など、施工について規定はどのようにあるのでしょうか。
googleでラスカット工法について仕様書を探してみたり、建築基準法46条等を読んでみたのですが、特別見当たらなかったもので、どうか宜しくお願いいたします。

A 回答 (1件)

このURLからノダのHPへどうぞ


製品情報の中のラスカットのところに詳しい施工方法など図面で見る事ができます。
ここで色々説明するよりまずのぞいて見てください。
※株式会社ノダ

参考URL:http://www.noda-co.jp
    • good
    • 0
この回答へのお礼

okamura1215 様 ご返答有難うございます。
壁倍率の所で載っておりましたのでよくわかりました。感謝します。ありがとうございました

お礼日時:2005/03/11 18:50

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qラスカットにモルタルを塗るときの注意すること

ラスカットを使うのが初めてです
施工方法で注意することなどを教えてください
ラス網を使ったときは接着剤を混ぜました
ラスカットの場合も必要でしょうか
よろしくお願いします

Aベストアンサー

近年はモルタル仕事は接着剤は入れる方向です。

ラス網は網の裏にモルタルがしっかり入ることが大事ですよね。
ラスカットは凸凹の凹にもしっかり密着させたいので、一塗り目は「なすり付ける」「塗り込む」様に押す感覚を強めにする事でしょうか。
あとは普通の鏝さばきで良いかと。

とは言っても受け売りで左官は素人ですが。

Qタイル材の下地はコンパネで大丈夫でしょうか?

こんにちは、当方現在新築の設計の打ち合わせ中の状態です。

外壁材の1部にINAXでみかける様な石っぽいタイル又は本物の石材平割の物を貼り付ける予定です。
ただ、予算的にかなり厳しく業者と打ち合わせしている状態ですが
タイル又は石の貼り付けの下地ですが
理想を言えば下地に専用ボードを貼り付けてその上にタイルをボンドで貼り付ける、
予算的に安くってことであれば
下地に専用ボードではなくコンパネを貼り付けてその上にボンドでタイルを貼り付ける方法があると言われました。

雨風の当たる外壁部分、さらに長い月日を考えると
コンパネ・・・という言葉に素人としては防水面や耐久性に不安があるのですが
業者はコンパネで貼り付けってことも珍しくないと言っていました。

ちなみに家自体ツーバイなんでコンパネなんですが・・・。

コンパネ下地に石才又はタイル等を貼り付けてもらっても耐久面で問題ありませんでしょうか?

Aベストアンサー

あまりにも酷そうなので回答します。

あくまでタイルのすぐ下(裏)がコンパネならってことで回答しますが。
家は防水シートで守られますがタイル下地は防水無しってことになります。(ボンドでは防水できません)
なので年月がたつとコンパネが腐ってきてタイルが剥がれおちます。
質問者様が不安に思っている通りのことのなりますよ。
その時下に人がいたら…

申し訳ありませんがそんな業者で建てるってこと自体に不安を感じます。

Qサイディングの施工の相場価格について

家の新築にあたって外壁サイディングについて知りたい事があります。

外壁はクボタ松下のエクセレージ12mmが標準となっているのですが
メンテナンス費用の事を考えて
同じくクボタ松下のネオロック光セラ16mmに変更しようと差額の見積りを取りました。

カタログでの定価が
12mmが2590円/m2
16mmが6010円/m2

なので多くとも4000円/m2くらいのUPだろうと考えていたのですが
工務店の見積りは15000円/m2と出てきました。
定価の倍以上の見積りで面食らっています。

施工方法が12mmと16mmでは違うから。という話なのですが
そんなに施工に手間がかかるものなのでしょうか?
そして、この価格が相場なのでしょうか?

家を建てるのは初めてです。
サイディングの施工方法については全く知識がありません。
この値段をがんばって工面するか、光セラをあきらめるか、とても悩んでいます。

ご存知の方がいましたら是非教えてください。
よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

No.3です。
他回答者様のコメントを読ませていただき、改めて考え直しました。

私もHM務めですので、過去の回答をご覧になって頂ければ分かりますが、かなり工務店側の味方になって回答していると思います。

ですので、極めて工務店側を贔屓目にコストアップに繋がる理由を考えてみました。

・標準で使用する予定だった12mmサイディングは大量在庫品等で限りなく原価ゼロ(有り得ませんが…)

・光セラの原価掛け率が90%以上でほぼ定価(有り得ませんが…)

・サイディングの割付(配置のことです)計算してみるとロス端材が大量発生して処理費の大幅増加(ただし12mm板と割付が同じであれば容積分つまり16/12=1.33倍にしかなりませんが…)

いろいろ考えましたが、どう考えても15,000円アップには繋がりませんでした。

ただ、私の会社で過去にこんな事がありました。

当社の標準サイディング=T社の16mm×3,030mm×455mm
施主様の希望サイディング=T社の16mm×3,030mm×455mm
ちなみに定価は似たような価格帯です。
住宅規模も普通に40坪くらいの大きさです。
同じメーカーのサイディングにも関わらず、いろいろな理由がありまして納入元建材店兼施工業者が普段は取引のない会社になりました。
その会社は普段サイディング施工を本職としていなかった為、メーカーの紹介で2つ離れた県から職人がこちらの県まで出張して来てホテルに泊まりこみで施工して行きました。当然施工費は跳ね上がりました。
施主様には見積もりの際、差額が200万円くらい上がってしまいまして、「ヤメた方が良いですよ」と説得したんですが、それでも良いとの事でしたので不本意ではありましたが工事をさせていただきました。

上記の様なケースは極めて稀でしょうし、そういう事があれば非常識なコストアップですので黙っていても工務店から納得のいく説明があるハズなんですけどね…。

できれば、一技術者として今後の経過を伺いたいと思いますので締め切らずに結果報告していただけると喜びます。

No.3です。
他回答者様のコメントを読ませていただき、改めて考え直しました。

私もHM務めですので、過去の回答をご覧になって頂ければ分かりますが、かなり工務店側の味方になって回答していると思います。

ですので、極めて工務店側を贔屓目にコストアップに繋がる理由を考えてみました。

・標準で使用する予定だった12mmサイディングは大量在庫品等で限りなく原価ゼロ(有り得ませんが…)

・光セラの原価掛け率が90%以上でほぼ定価(有り得ませんが…)

・サイディングの割付(配置のことです...続きを読む

Q木造軸組工法の耐力壁について、いくつか教えて頂きたい事があります。

木造軸組工法の耐力壁について、いくつか教えて頂きたい事があります。

1、構造用合板を使った耐力壁は、幅が最低600mm必要だと質問の中で見つけましたが、
  これは何かにはっきりと記載されているものなのでしょうか?
  軸組工法だと最低900mm必要という文章もありました。

2、筋交いを使った耐力壁は、最低900mm必要ということですが、
  以前、柱の1/3の幅(例えば2500mmの柱であれば、833mmまでOK)
  まで耐力壁とみなす、というのを教えてもらったことがあるのですが、
  これは間違っているのでしょうか?
  同じく、この事も何かに記載されていますか?

以上、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

木造軸組工法の耐力壁については、「木造軸組工法住宅の許容応力度設計(2008年版)」をご覧下さい。
http://www.howtec.or.jp/joho/syoroku/syoroku202.html


P60の解説欄には

1、構造用合板を使った耐力壁の前提条件は、L≧60センチ且つH/L≦5

2、筋交いを使った耐力壁の前提条件は、L≧90センチ且つH/L≦3.5

ですから、面材で、60センチ以下、筋交いで90センチ以下は、耐力壁として算定出来ません。

>以前、柱の1/3の幅(例えば2500mmの柱であれば、833mmまでOK)
2008年12月以降、90センチ以下の筋交いは、算定出来ません。

参考URL:http://www.howtec.or.jp/joho/syoroku/syoroku202.html


人気Q&Aランキング