ある環境保護団体が、近所の小川にEMを流して環境改善をはかろうとしています。
EMつまり有効バクテリア群は、人間にとって有効であって、他の生物にとってはどうなのか?
無農薬栽培をしている農家の方が、EMを使うのは害虫を寄せ付けないためだと聞いています。
このことは、裏をかえせば人間に有効なEMが他の生物にとって有害であることの証明であるように思うのですが。
その環境保護団体がEMを川に流す前に、専門家の方々のご意見をお聞かせ下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

きんたいの生態系は.その地域で安定した状態にあります。


ところが.得体の知れないきんたいを撒くと.生態系が変化します。
したがって.きんたい系の新規に撒くのは避けたほうがよいです。

下水処理場の最終工程の殺菌は.変なきんたいを付近にばらまかないためという機能があります。古い内容を探してみてください。
下水処理場で殺菌処理をしないで放流していた話が載っているはずです。「通常では生育しないへんな菌種が伝播してしまった」と聞いています(該当論文を読んでいません。読んだ人の話を20年以上前に聞きました)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

EMの安易な使用が生態系に与える影響についてもっと議論されるべきだと思っています。そういった意味で貴重なご意見を頂いたことに感謝致します。

お礼日時:2001/08/30 18:54

一般人で恐縮ですが、小川にEMを流して環境改善をとのことですが、


EMを流すことまでしないとキレイにならないほど汚れている川なの
でしょうか。

他の生物に有害かどうかを気にしているようですが、本当に川が汚れて
いれば、生物がそれほど生育していない(数が少ない)ような気がします。

EMを流すことでどれほど浄化されるかは素人なので判断できませんが、
EMで効果があるのならば試してみる価値はあるでしょう。
また、EMに反対するならば、EM以外の河川浄化の代案を提示する
必要があるかと思うのですがどうでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

小川には鯉もいますし、亀もいます。そういった意味では汚れがひどい小川でもありません。
また、EMに賛否どちらの側でもなく、できるだけ正しい判断が下せるようにと今回の質問をしました。
ご意見有難うございました。

お礼日時:2001/08/30 19:22

私はEMに否定的な意見を持っていますし、


そのことについてサイトも運営しています。
URLを書いてもOK Web管理者が削除するので書きませんが、
少なくとも、この意見が間違っていると思います。

>無農薬栽培をしている農家の方が、
>EMを使うのは害虫を寄せ付けないためだと聞いています。

ここをあっけなく認めてしまうと、
EMの是非について論じるのは難しいです。

少なくとも、汚れを分解するために、
細菌を投入すれば、分解が早くなるのは間違いありません。
そして、それが有害かどうかですが、
EMを飲むバカもいるくらいですから、害は少ないと思います。
こんなとこでどうでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご意見有難うございます。
EMに対し肯定的なサイトはhirihさんから紹介してもらいましたので、KOH_daさんのが無理としても他に否定的なサイトをご存知でしたらお教え願えませんでしょうか。

お礼日時:2001/08/30 18:47

専門家でないのですが、基本的に可だと思います。



ラジオ放送で聞いた話です。
三重県だったと思うのですが、下水処理にEMを使用しているそうです。
従来の下水処理では、各家庭から排出された下水を処理場で汚水と汚泥に分離処理し(いろいろな処理方法があります)、
汚水を塩素消毒して、大腸菌を殺菌(1cm3に3,000個以下)して河川に放流します。
しかし、消毒をする塩素が汚染源となっている問題も発生しています。発生した汚泥は、もう何段階かの工程を経てからでないと再利用できないようです。

その点、EMで処理すると塩素消毒の必要がなく、河川に放流した後はそこの生物が活性化され、汚泥はそのまま「土(堆肥のようなもの)」として再利用可能になるそうです。下水処理のコストも1/3程度ですむようです。

無農薬栽培の件はわからなくて恐縮してしまいますが、こういう例もあるということで参考になればと思います。

EMを研究している企業サイトです。

参考URL:http://www.emro.co.jp/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございました。参考にさせて頂きます。

お礼日時:2001/08/30 18:42

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q大腸菌の英訳

専門用語ではなくて普通に「大腸菌」は英語で何といったらいいですか?

大腸菌を例えば英辞郎で見ると13の英訳が出ていて、どれが普通に使われているのか分かりません。

Aベストアンサー

E.coli が最も普通に使われています。読み方はカタカナでかけば「イー・コーライ」です。
これは Escherichia coli を省略したものです。

Q生きているバクテリアと死んでいるバクテリアは何が違うのでしょうか?

表題の通りなのですが一体何が違うと思いますか。
動物や昆虫などでは複雑すぎて入り口さえ分かりませんので最小単位のバクテリアをモデルに考えてみたのですがそれでも全く分かりません。

思い切って数を減らし仮に分子が100個集まって生命現象が起こったと強引に考えた場合生きている状態と死んでいる状態では各々の分子にどんな違いが有るのでしょうか。100個で生命現象が起こるとは到底思えませんが極限まで小さく単純化してみると何か突破口が開けるような気がして・・・

当然酸素や窒素、水分子などが生きているなどと言う事は意味を持ちませんが非生命が集まりそれに何かの条件が加わると生命活動が始まる。

21世紀の科学でも分かっていない事ですが様々な仮説を聞いてみたいと思って質問して見ました。
どんな荒唐無稽な話でも良いですから回答者様の説を教えて下さるとうれしいです。

Aベストアンサー

何十億でも何兆でもいいですが、すごい数の列を思い浮かべてください
その1つ1つがドミノの列でそのドミノが一斉に倒れています。

これはいろいろな化学反応を例えています。

上記の状態が、生きているという状態です。
そのドミノがストップしている状態が、死んでいるという状態です。

さて、このドミノの列、どの列が「生きているを定義するのか?」

わかりません。

なぜなら1つ1つに見えていた列ですが、実はあるところでは合流したり、分かれたり、互いに影響し合っているからです。

今の科学でわかっているのは、数個のドミノの列が存在している、どういう仕組みで倒れている、倒れると何かが起こる、ということくらいです。

それ以上は想像しかできませんし、想像は既に科学ではありません。
哲学で答えを探すことをお勧めします。
どれか1つだけでは成り立たないからです。

Qイヌイットのキビヤックは何の菌が入っている?

キビヤックって発酵食品ですよね?いろんなサイトを巡っても、キビヤックに入っている菌については書いてません。ヤフー知恵袋の質問を見たのですが、サイト内のURLは開いても中身は見つかりませんでした。
菌の名前も検索しましたが、英語の記事ばかりで難しく、日本語のみに切り替えても
キビヤックについては特にありませんでした。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1364041653
こちらです。


・・・どなたか詳細を教えてください。

Aベストアンサー

発酵食品・臭い食物といえばこの人。
小泉武夫 http://koizumipress.com/

著書 『発酵食品礼賛』(文春新書) キビヤック pp.124-128
著書 『発酵』(中公新書) キビヤック pp.186-187

どちらも「乳酸菌、酪酸菌、酵母などの発酵菌によって」と書かれています。
「発酵微生物群」とあるだけで、具体的な菌種や学名までは触れていません…。

Q生物の質問です。 バクテリア タンパク質 リボソーム ウイルス ミトコンドリア 大きさの順

生物の質問です。


バクテリア タンパク質 リボソーム ウイルス ミトコンドリア


大きさの順番はどうなりますか?

わかる方ご回答宜しくお願いしますm(_ _)m

Aベストアンサー

バクテリア > ミトコンドリア > リボソーム > ウイルス > タンパク質

かな?

Q虫歯の感染に関する英語サイト

歯科医院や乳児検診でよく聞くことに、
・生まれたばかりの赤ちゃんには虫歯菌はいない
・虫歯菌は外から感染する
という話があります。ところが、この話をオーストラリア人の看護婦である友人に話しても、信じてもらえません。自身が看護婦であるためか、私が間違っているように思われているのが、悔しいです。
そこで、このことを英語で説明したサイトがあれば教えていただけないでしょうか。私自身も探してみましたが、英語でしかも専門用語を知らないためか、見つかりません。相手は看護師なので、歯科医かそれなりの説得力のあるサイトが望ましいです。できれば、ページのどのあたりに該当の記述があるのかも教えていただけると嬉しいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

歯科医師です。お望みの文献などはPubmedなどで任意のキーワードなどを検索すれば該当するものが出てくるのだと思いますが。

いわゆる虫歯はいわゆる虫歯菌(一般にはS.mutansのことを指しているのかと思いますが)が存在するしないだけでは成立しないと考えられています。

食事習慣であったりだとか、歯磨きを始めとする予防の頻度だとか、ありとあらゆる要素が関連していて、ひとつが駄目だから虫歯になってしまうということの断言もできません。ただし、それぞれの因子に対して予防方法を予め採る事によってリスクを減らすことはできます。

さて、小児の口腔内の細菌叢についてですが、もちろん母体の中にいるときは無菌です。ですが成長するに伴い、口腔内の細菌叢は常に変化していきます。

腸内細菌が変化していくのと同じです。しかし口腔内では歯牙が萌出するといった環境ががらっと変わることにより、それまで存在しなかった歯牙周囲に定着することのできる細菌が出現し、その後定着したりします。

質問の趣旨とは少しずれているのかもしれませんが、もしかすると外から虫歯菌に感染することによって虫歯はうつる、母親が注意しないと虫歯だらけの子になってしまうという考え方がご友人のナースにはわからなかったのではないかと推察されます。

もちろん、お子さんに対してあらゆるリスクを排除しようとするお母さんの愛情と努力はすばらしいとは思いますが、前述したように、口腔内の細菌叢の成熟はお子さんの成長に伴って獲得する免疫機能の成熟とも関連しているとも考えられますのでどうか過度にはご心配をしないように。

歯科医師です。お望みの文献などはPubmedなどで任意のキーワードなどを検索すれば該当するものが出てくるのだと思いますが。

いわゆる虫歯はいわゆる虫歯菌(一般にはS.mutansのことを指しているのかと思いますが)が存在するしないだけでは成立しないと考えられています。

食事習慣であったりだとか、歯磨きを始めとする予防の頻度だとか、ありとあらゆる要素が関連していて、ひとつが駄目だから虫歯になってしまうということの断言もできません。ただし、それぞれの因子に対して予防方法を予め採る事によ...続きを読む

Q【生物・痛みは人間にとって最初の感覚】って本当ですか? 人間は5感(視覚、聴覚、触覚、嗅覚味覚)の

【生物・痛みは人間にとって最初の感覚】って本当ですか?

人間は5感(視覚、聴覚、触覚、嗅覚味覚)のうち1番最初に生成されるのは触覚ってことでしょうか?

ということは、赤ちゃんは1番最初に感じる感覚は痛みを知るということでしょうか。

触覚の感覚は痛み以外に感じることはあるのでしょうか?

人間は痛みによって生きている実感を得る。

ということで間違いないですか?

Aベストアンサー

なんだかそれ、一理ありそうな気がします。
腔腸動物の散在神経系は触覚と直結していそうですし
その許容範囲外のものが痛みということになりそうですし
痛みという反動のきっかけが肯定できる要素を意識させるものでもある
と思います。

Q化粧品の成分表を英語に翻訳したいんですけど~

精製水、BG,濃グリセリン、アボガド油、植物性スクワラン、カルボマー、水酸化K,バラベン、グリチルリチン酸2K、天然ビタミンE、食塩、加水分解シルク、ビフィズス菌発酵エキス、カワラヨモギエキス、アロエべラエキスー1、ヒアルロン酸Na、シソエキス、カッコンエキス、ダイズエキス、ビタミンB2、オウゴンエキス、クロレラエキス

→これを英語で直してくれますか?
お願いします。

Aベストアンサー

日本化粧品工業連合会という団体のHPがあります。
そこの「化粧品表示名称リスト」には、日本で登録されているすべての化粧品成分がリストアップされており、正式な英語名、簡単な説明もついています。

リストはパート1とパート2に分かれており、簡単に言うとよく使われている成分はパート1に、やや新しい成分はパート2に載っています。

実際に見ていただくと分かると思いますが、パート1リストの場合は、
リストを開く→「表示名称」ボタンをクリック→調べたい成分名を入れる。
すると成分の説明に混じって英語名称が出てきます!

なかなかヒットしない場合は名称の一部分だけを入れて再度検索してみてください。

以上、調べて差し上げられなくて申し訳ありませんが是非参考にしてください。

参考URL:http://www.jcia.org/

Q生物の発生について生物学において生物の誕生は、海底の熱水の吹き出しによりアミノ酸などの化合物が生

生物の発生について

生物学において生物の誕生は、海底の熱水の吹き出しによりアミノ酸などの化合物が生成、その後それらのアミノ酸を元に嫌気性微生物が発生というようなプロセスであったと思います。

実際そのような条件で生物が発生するというのであれば、人口的に同じ条件を作り出し経過監視していれば無生物であった環境に生物は発生する、もしくはそのような傾向が見られるのでしょうか
過去の研究などでこのような実験が行われているのであれば結果に関して教えて頂きたいです。

Aベストアンサー

オパーリンの実験も有名ですが、スタンリー・ミラーが1953年に行なった「ユーリー-ミラーの実験」も、【いわゆる化学進化仮説の最初の実証実験として知られる。】とのこと。
ウィキの記述が、図解も含め、なかなか刺激的で面白いです。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A6%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%BC-%E3%83%9F%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%81%AE%E5%AE%9F%E9%A8%93
ただ、現在的評価としては、
【その後の地球物理学の研究進展により、・・・・・】
【彼の得た結果は現在では認められないものであるが、彼が切り開いたのは生命発生の過程を実験的に検証する方向性であり、これはその後の研究に大きな指針となったものであった。】ということで、今のところ化学進化説が実証されているわけではなさそうです。
ただ、実験結果が認められないのは【酸化的な大気における有機物の合成は著しく困難】という理由かららしいのですが、【あり得ない】と断言しているわけではなく、今後さらに研究が進めば、化学進化説が実証される日が来ないとは言い切れない。

オパーリンの実験も有名ですが、スタンリー・ミラーが1953年に行なった「ユーリー-ミラーの実験」も、【いわゆる化学進化仮説の最初の実証実験として知られる。】とのこと。
ウィキの記述が、図解も含め、なかなか刺激的で面白いです。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A6%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%BC-%E3%83%9F%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%81%AE%E5%AE%9F%E9%A8%93
ただ、現在的評価としては、
【その後の地球物理学の研究進展により、・・・・・】
【彼の得た結果は現在では認められないものであるが、彼が...続きを読む

Q放線菌と糸状菌

こんな文章が載っていました。↓

『有害な微生物の増殖を抑制』
 キトサンを土壌に散布すると、キトサンを餌とする菌類(放線菌や糸状菌)が増殖する可能性があります。しかし、放線菌はキトサンに出会うとキトサン分解酵素を出す為、キトサンを細胞壁に持つ糸状菌は増殖できなくなります。その結果として有用菌である放線菌は増殖し、有害菌である糸状菌の増殖はおさえられる事になります。

放線菌と糸状菌の違いなんて、胞子をつくるとか
節があるとか、菌糸の太さが違うくらいしか思いつきません。

ならば何故、糸状菌が悪者で、放線菌は増殖してもいいことになっているのでしょうか?

Aベストアンサー

もちろん、放線菌の全てがイイモノで糸状菌の全てがワルモノだと言っているわけでは無いと思います。

糸状菌の中には、植物に感染する、植物病原菌としての性質を持ったものがいます。(イネいもち病菌などが代表的な例です)

このようなものが増えるのを防ぎたいということでしょう。もちろん、ワルモノの糸状菌だけを選択的に退治することは、この技術では不可能でしょうから、ワルモノもそうでないのも、一緒に退治してしまうという考え方だと思います。

Q生物の細菌について質問です。 好気性細菌と嫌気性細菌の例を教えてください。 好気性生物と嫌気性生物

生物の細菌について質問です。

好気性細菌と嫌気性細菌の例を教えてください。
好気性生物と嫌気性生物もお願いします。

Aベストアンサー

好気性細菌:結核菌・酢酸菌・こうじ菌・納豆菌
嫌気性細菌:乳酸菌・破傷風菌・ボツリヌス菌

好気性生物:好気性細菌はぜんぶ好気性生物です。
嫌気性生物:嫌気性細菌はすべて嫌気性生物です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報