こんばんは、
先日、子供が発電所に見学に行った時、とっても大きな変圧器が
あったそうなんですが、トラックで運べない程大きかったそうです。
まぁ、子供の話なので何処まで大きかったか?については、
定かでは有りませんが、もし、トラックで運べないような大きな
変圧器があったとしたらどうやって運ぶのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

子供さんが見学に行かれたとか。


確かに、発電所の設備は大きい物が多いので、びっくり
されたかもしれませんね。(^^

さて、ご質問にあった事です。

まず原則として、「日本の発電所は海沿いに作られる」と
いうのがあります。
(簡単に云うと、1時間に数万トン~数十万トン単位で
機械を冷やすための水が必要だからです。)

で、海沿いですから、大きな荷物は陸送より船で持って
くる方が簡単かつ低コストになりますので、最近では船
積みが主流になっています。

なお、その他の方法では以下のような物がありまして
どれを使うかは主にコスト、次に道中の安全性や立地
条件が加味されて決定されます。

 ・船による搬入
   大きな物は安価になるが、荷揚げ設備が整わない
   うちは使いにくい(部分もある)
 ・陸送
   汎用性が最も高いが、大きな物を一括で持ち込む
   のが困難。(専用トレーラーも多くありますが
   道の状況、交通整理の可否、搬入路の住民の皆さ
   んの同意等が問題です。)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
発電所は、海に面しているようですね。
船を使えば相当重たいものを運ぶことが出来ますね。
皆さん、ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2001/09/01 23:38

変圧器を運ぶための専用トレーラーです。


ymmasayanさんが紹介されているサイトでその写真を見ることが出来ます。

さらに、工場から変電所まで適当な道がない場合は、道まで作ってしまうこともあります。また、道があっても通りづらいときは道幅を広げたり、舗装しなおす事もします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
運ぶ道がなければ道まで作ってしまうんですね。
すごいですね。

お礼日時:2001/09/01 23:33

近所の変電所の話ですが・・・。


私が生まれるずっと前に、
近所に変電所が出来たのですが、
海から,川を登って、
あとは、通れる最短コース?で、
橋脚に補強を入れて、コロ?で
転がして行ったそうです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
変圧器をコロ引きするんですか?
原始的だけど1番確実な方法ですね。

お礼日時:2001/09/01 23:30

超大型トレーラで運ぶようですね。

それでもだめな場合、分割して作り現地で組み立てる場合も?
下記URLに発変電所の建設写真が沢山あります。実感できるでしょう。

参考URL:http://www.tepco.co.jp/trans-sub-cons/index-j.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
建設中の写真は、大変参考になりました。
トレーラーものすごく大きいですね。

お礼日時:2001/09/01 23:26

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q変圧器の更新に伴う新たな変圧器選定方法について

御世話になります。
名称容量高圧油入自冷TR 容量200KVA インピーダンス(%)3.13
製造 日立 型式SOU-CR 製造年月1985 相数1 電圧(V)6600/210
電流952(A) 油量(L)120 総重量(kg)528

上の単相変圧器三台をデルタ結線で動力にて使用しています。

年間約104日ほど休日の為無負荷になります。
通常は各相とも約850A一日17時間ほどの使用になります。

変圧器1台にして効率を上げて電気料金を下げたいのですが高効率になればなるほど高いですがどのあたりの変圧器がベストなのか
分からないで困っています。
お勧めの変圧器で年間このくらい電気料金が安くなると言う計算方法と変圧器があればご指導願いたいのですが宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

計算方法は単純ですが、基礎となる効率のデータが無いので、仮の数値で概算して判断すればいいでしょう。
現状の変圧器の損失を、定格の3%と仮定する。
一番効率の良いアモルファス鉄心式を使うと、鉄損が1/6、銅損が1/2となる。鉄損が特に少なくなるので、負荷の大小に拘わらず、損失はおよそ半分くらいになると想定されます。無負荷日が100日もあるので、これがお奨めです。
損失減を定格の1.5%と仮定すると、年間で78,000[kWh]程度の省エネ効果があります。後は電気料金と投資額から判断してください。

Q変圧器の音が大きいんですけど

お世話になります。
6kV受電の工場で1500KVAの変圧器の音が異常に大きいのでB種接地の電流値を測るとクランプメーターのフィルタ(高周波カット)機能ONでは100mA、フィルタOFFでは2.12A(2120mA)
高調波と高周波の違いと原因はどの様な事が考えられるでしょうか?
またほおっておいていいものでしょうか?何か対策をとったほうが良いでしょうか?
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

変圧器B種接地線に流れている電流内容は負荷、配線長さ、他で変化しますが一番危険なのは対地抵抗成分電流(漏電)で他は見かけの対地静電容量成分電流+高調波.高調波漏れが重畳して流れております。これ全部合成されて表示(フィルターなし)されますので、バンクが大きいとそれなりの数値は出ると思います。この対地静電容量成分電流Cの逆位相電流を流してキャンセルする装置もあるので試してみて下さい。活線メガー等は真の対地抵抗成分電流Igrが出ますので、これで測定し、ほおっておいて良いか、対策不用か判断出来ます。高調波発生機器が稼働した場合、変圧器よりチリチリ音とB種接地線電流(Io合成値)が10数mA~1000mAに上がっている事業所もあります。これはエレベータでしたが。対地抵抗成分電流キャンセル及び活線メガーはム◯シインテック品です。

Q三相変圧器についてなのですが、1次、二次の結線が昇圧器はデルタ、スターとの事ですが 相電圧で考えます

三相変圧器についてなのですが、1次、二次の結線が昇圧器はデルタ、スターとの事ですが
相電圧で考えますと一次相電圧をEとすると二次相電圧はE/√3となるので降圧になってしまいませんか?
なぜデルタ、スター結線で昇圧になるのでしょうか

Aベストアンサー

変圧器の内部結線と、変圧器二次と負荷との結線を混同していませんか?

Q変圧器の形式

この前、学生実験で、単相変圧器の試験をやりました。その変圧器の形式は「内鉄形 乾式自冷式」と銘板に記載があったのですが、これはどういった形式なのでしょうか?
また、これ以外にはどんな形式のものがあるでしょうか?
お教え願います。

Aベストアンサー

<変圧器の形式>

1,鉄心と巻線の組み合わせ
  ・内鉄形(各相単一の磁気回路の鉄心を有する)
  ・外鉄形(巻線の周りを二つ以上の磁気回路が取り囲んだもの)

2,冷却方式
 1)乾式・油入式
  ・乾式(もじ通り、巻線・鉄心の直接の冷却冷媒に液体を使わないもの(冷媒は、空気や窒素等の気体))
  ・油入式(巻線・鉄心の直接の冷却冷媒に絶縁油を使用)

 2)自冷式・強制冷却式
  ・自冷式(外気の対流放熱を主とする、自然通風で冷却する)
  ・強制冷却(空気をフアンで吹き付けたり「風冷式」、水配管を通して(水冷式)等の強制的方法で冷却する
         絶縁油を変圧器本体とは別の装置で冷却して、変圧器に送油する方式もある))

これら以外に、相数、巻線の種別等で形式を言い表します。
「変圧器」の専門書に色々出ているでしょうから、勉強してみて下さい。
(私も、これを記入するのに手元の本を再度読みました) 

Q変圧器の選定

受変電設備の変圧器の選定について教えてください。
ある本を読むと定格容量は実際の使用する容量の120%とするのが良いと書いてあり、ある人に聞くと変圧器の定格の80%で容量が一杯と言います。
この20%の根拠は何なんでしょうか?
素人質問ですいませんがどなたか教えてください。

Aベストアンサー

屋内に設置する変圧器ですと、消防法の規定により定格容量より実際の使用する容量が超えてはなりません。
さらに、負荷の伸び率などを考慮すると20%程度の余裕をもたせようとしているのでしょう。
電圧降下やフリッカなどの問題は、2次側の配線によるものだと考えます。なぜなら変圧器内部降下の方が配線のそれよりも小さいからです。

しかしながら、屋外設置ですと変圧器の定格容量を超えても運転が可能です。変圧器は過負荷になるとダメというのではなく、内部の絶縁能力の劣化が寿命を左右します。長時間の連続過負荷運転がこれに該当しますが、通常は負荷は変動するものですからそのロードカーブから考えるべきでしょう。
したがって、需要の伸びがあまり考えられないケースですと、定格容量=実際の使用する容量と考えるのが通常です。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報