凍えるような冬、寒くて手を丸めて(口を開いて)「はーっ。」と息を吹きかけた時の吐息は暖かいですですよね。その逆、熱い物をさます時には(口を窄めて)「ふーっ。」ってしますよね。口の開け具合でどうして出てくる吐息の温度が違うのでしょう。
すご~く簡単な原理なのかもしれないのですが物理はだめなので出来るだけ分かり易い表現での回答をお願いいたします。

では。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

実はこの問題はいろいろな要因が関係していて,結構奥が深いのです。


以前,別の疑問系のサイトで書いたことがありますが(参考URL),抜粋して再掲します。

(1) 「ハー」のほうは、体温近くまで暖められた空気がそのまま出てくるので暖かい。
「フー」のほうは、(ある程度の風速があるので)摩擦により、周りの空気を巻き込みながら流れる。
通常、周りの空気は体温より冷たいため、温度が下がる。

(2) 体の表面で皮膚を覆っている、厚さ数mm程度の空気の層がある。「ハー」よりも「フー」のほうが、
風速が大きいため、この「空気の着物」を吹き飛ばし、皮膚は周囲の空気によって冷やされる。

(3) 手のひらの表面にある水滴が蒸発するときに奪われる蒸発熱の効果。

(4) 吐く息の中にある水蒸気が手のひらの表面に水滴となって付着する際に発生する凝縮熱の効果。

(5) 空気が狭い空間から広いところに押し出される際の圧力変化による温度低下。
気体が膨張するにはエネルギーが必要だが、膨張に要する時間が短いと、周囲からの熱エネルギーを
もらうひまがないため、自分の持っている熱エネルギーを消費して膨張する。このため気体の温度が
下がる。これを断熱膨張という。

(6) 口と手のひらとの間の距離の違い。「ハー」はあまり遠くまで届かないので、「ハー」を受け止める
ときはもともと手のひらを口の近くまで持っていくことが多い。これに対して、フーはある程度口から
離れていても届くので、(1)による効果が大きく出る。

これらのうち,いろいろな実験や計算によると,最も効いているのは(1)です。
手を口許にぴたりと当てた時は,(1)の効果が出ないので,代わりに(2)(3)が効いてきます。

(3)ですが,汗をかいた皮膚のほうが、「ハー」と「フー」の温度差を大きく感じるのは、
これが原因といえます。ただ,主な原因とはいえません。

(4) は、結論の一致を見ませんでしたが、私はあまり大きな要因ではないだろうと考えています。

(5) による実際の温度低下は、0.014℃程度という計算がありました。
また風速を上げればその分冷えるが、20m/sで0.3℃程度だそうです。20m/sといったら、ちょっとした台風なみです。
というわけで、少なくとも「ハー/フー現象」の主要因ということはできません。
しかし、一般向けの科学書などでこれを主要因としてあげているものがあり、注意が必要です。

以上,抜粋でした。詳しい説明はそちらのページをご覧ください。

ちなみに,スプレーなどを使い切る際に,長いことガスを出しつづけていると,缶が冷えてきます。これはたぶん本物の断熱膨張でしょう。
また,No.2の回答にあった学研の「ひみつシリーズ」というのは,学習雑誌ではなく,単行本(学習マンガ)です。

参考URL:http://homepage1.nifty.com/tadahiko/GIMON/QA/QA0 …

この回答への補足

私恥ずかしいことに気づきました。
温かい息って書いていたんですが、暖かいなんですよね。本当はいや~恥ずかしい。(^^ゞIMEの変換のまま文章を書き続けてしまいました。やはり辞書で調べないといけませんね。
#管理者さまにお願いするほどのことでもないので言い訳しました。補足とは関係ないと言えばありません。(^^ゞ

補足日時:2001/09/05 10:33
    • good
    • 1
この回答へのお礼

詳しい回答ありがとうございます。
1つの理論で説明できるものではないのですね。φ(.. )
私が疑問になるものもっともですなぁ。完全に理解するということは難しいかもしれません。(^^ゞ

大変勉強になりました。m(__)m

お礼日時:2001/09/05 10:24

多くの人がいろいろと述べていますが、これは「はー」の時の空気の速さが遅く、「ふー」は空気の速さが速いからです。



「ふー」の場合は空気が速く動くために、手から水分が気化する(手にアルコールを塗ったときにスーとするのはアルコールは気化しやすいから)ために冷たくなります。ゴム手袋をはめて行えば逆に暖かいくらいになります。吐く息の温度はほとんど変わりません。

このことは、風のある日のほうが洗濯物がよく乾くと同じ原理です。

なぜ、空気が速く動くと水が気体しやすくなるかというと、ほかの人が説明しているように、気圧が下がるからです。水は分子運動をしていて、この分子が飛び去っていくのが気化です。気圧が高いと分子は飛び去りにくくなります。

なぜ気化をすると、冷たく感じるかは分かりますか。

この回答への補足

>なぜ気化をすると、冷たく感じるかは分かりますか。
え~と...気化する時には温度を奪っていく、ということは気化にはエネルギーを必要とするから???合っているんでしょうか?(^^ゞ

分かり易い言葉での説明ありがとうございました。m(__)m
#まだ回答が来ることを期待してそのままにしておきたいと思います。

補足日時:2001/09/05 10:24
    • good
    • 1

>「物理的」にはどんな現象なんでしょうか?


というかどうして息を巻き込んで温度が下がるのでしょうか。

少し難しくなってしまうのですが、流体の挙動を表すのに「ベルヌーイの定理」と言うのがあります。「位置のエネルギー+速度のエネルギー+圧力のエネルギー=一定」というもので、流体の速度が上がると圧力が下がります。

このため圧力の下がった流体めがけて周りの空気が押し寄せてくるのです。(吸い込まれてくる)。冷たい空気が入ると息の温度が下がりますよね。
飛行機が浮く力(揚力)も翼の上面の空気の流れが速く、圧力が下がって浮くといわれていますよね。

もう一つ、簡単な実験ですが、下を向いて口の前に2枚の紙を平行に1CMくらいの間隔で垂らします。強く吹くと2枚の紙がくっつきます。圧力が下がって周りの空気に押されたわけですね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。m(__)m
私、物理分野はさっぱりな人間なんですが、分かり易いご説明ありがとうございます。未だ定理や理論はちんぷんかんぷんですけれど。

お礼日時:2001/09/05 10:17

口を開いて「ハー」の場合、息の暖かさがそのまま手に伝わります。

もちろん、息の勢いが弱いので、手は口のそばに持ってきてしまいますよね。
口をつぼめて「フー」の場合、手は口から遠いところにありますよね。だから息よりも冷たい周りの空気がたくさん手に届くので冷たく感じるのです。
ここまでは、すでにみなさんの回答がありますのをまとめただけです。

改めて、手の位置に注目してください。
手と口の距離が温度差の原因になっていますよね。
そこで手を口にくっつけてしまい、口をすぼめて手のひらに「フー」とするとどうでしょうか?冷たいですか、暖かいですか?

これが本当の息の温度です。暖かいはずですがどうでしょう?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

よく考えてみたら「手の位置」って違うんですね。ふ~ん。
>口をすぼめて手のひらに「フー」とするとどうでしょうか?冷たいですか、暖かいですか?
温かいような、そうでないような...(^^ゞ
ありがとうございます。

お礼日時:2001/09/05 10:12

息の程度で「断熱膨張」はどうでしょうか。

話としては面白いですが。

正体は息の速度の違いなのです。息を強く吹くと、周りの空気を沢山巻き込んで息の温度が下がります。
ゆっくり吐くと、息の温度がそのまま感じられます。
うそのような本当の話です。
この原理を応用すると蒸気や圧縮空気を吹き出して容器の中のガスを一緒に吸い出して真空を作る事が出来ます。この方法で真空を作る装置を「エジェクタ」といいます。産業分野で広く使われています。(参考URL)

参考URL:http://www.joho-iwate.or.jp/product/mach/mach18. …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
>息を強く吹くと、周りの空気を沢山巻き込んで息の温度が下がります。
というのは「物理的」にはどんな現象なんでしょうか?というかどうして息を巻き込んで温度が下がるのでしょうか...ということなんですが。
お暇だったらお答えいただけますか?

お礼日時:2001/08/31 15:26

「はーっ」の時は息の暖かさそのままですが、「ふーっ」


の時は、勢いが強いので息より冷たいまわりの空気を巻き
込むから、冷たく感じるのです。

サウナの中でこれをやると「はーっ」は冷たく、「ふーっ」
は熱いそうです。上の説明原理に当てはまりますね。

また、肌に息をかける場合は、風速が強い方が水分を
蒸発させる効果が大きいため気化熱を多く奪う、という
説明も成り立つでしょう。

「断熱膨張」は関係無い気がします。圧力は弱いし、
口の中で「断熱圧縮」されて上がった温度が元に戻る
だけと考えられるからです。

ライターにボンベからガスを注入するとき、ガスが漏れる
とともにノズル部分が凍りつくことがありますが、あれが
「断熱膨張」による現象です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

サウナで同じことをすると逆になるとは!!びっくりです。でもやっぱり物理がだめな私には簡単な言葉で説明されてもりかいするのが難しい...
答えてくださってありがとうございます。m(__)m

お礼日時:2001/08/31 13:47

「はー」も「ふー」も実は温度は同じというのを


学研のマンガ「ひみつシリーズ」で読んだ覚えがあります。
かなり衝撃的でした。

でもそこしか覚えてないので知識は身についていませんね。
ごめん、学研。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

小学生の頃学研とってなかったから...(^^ゞ
早速の回答ありがとうございます。

お礼日時:2001/08/31 13:41

一言でいうなら「断熱膨張」です。



どういうことかというと、口を窄めて「ふーっ」とするとき、吐き出した空気の圧力は高くなっていますね(口を開いて息を吐いたときと同じくらいの量の空気を狭い範囲に押し込めて出しているわけですから)。そこで、口から出てきた空気は、周りの圧力に合うように膨張するわけです(圧力が下がる=体積が大きくなる)。気体が膨張する際にはエネルギーを使うのですが、一瞬のうちに膨張するため、他からエネルギーを持ってくることもできず、空気自身の持っている熱エネルギーを膨張するために使うのです。熱エネルギーを使うために吐息の温度が下がる、というわけです。
ですから、実は口から出た瞬間の温度は同じなのです。実際に指を唇に当てた場合と、唇から少しはなしたところに置いた場合で、息を吐き出してみると温度差を感じることができるかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございます。m(__)m
唇の近くに指をそえ、「はーっ。」と「ふーっ。」をやってみたんですけど温度差を感じます。何故なのでしょうか。piro19820122さんの回答を理解していない姓なのでしょうか?
でも私の日頃からの疑問に答えてくださってありがとうございます。

お礼日時:2001/08/31 13:39

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qうどん屋とそば屋の あったかいうどん・そばと冷たいうどん・そばは汁のレシピは同じ??

うどん屋・そば屋のあったかいうどん・そばと冷たいうどん・そばは汁のレシピは同じですか?あったかいうどん・そばの汁を冷たくして冷たいうどん・そばの汁に使ってるんですか??
同じ汁が温かくするか冷たくするかの違いなんですか?それともレシピが違ってくるんですかね??

Aベストアンサー

あたたかいうどん・そばの出汁ですか・・・
ざるうどん・そばの事かな
そのざるの出汁を冷ましたうどん・そばに
ぶっかけで食する事だと思うのですが
基本的に作り方は違います
関西・関東など地域により違いはあると思いますが
私は(関西風)暖かい場合出汁(水にほんだしでも可)16に対して淡口醤油1・味醂1で作ります
冷たい場合は煮返しと言うのを作ります
参考例ですが濃い口醤油1L味醂180cc砂糖60gを
弱火で10分煮たモノが煮返しです
それを出汁3~4に対して返し1という様に作ります
ですので暖かい物と冷たいものでは
味付けは異なります

Q大型飛行機が飛ぶ原理が「たまたま」の原理に基づくというのは本当ですか?

先日、知人との会話で、

「大型の飛行機が飛ぶ原理を知っているか?」

と聞かれたので、テレビでみたことのある揚力のコトを挙げたところ、

「確かにその原理を利用しているけど、厳密には「たまたま」あの形にしたら飛んだだけで、今の飛行機の形があの形になっている根拠は科学的に証明できていないんだってさ!」

と言っていました。

本当であれば非常に面白い話だと思ったのでその時はとても感心したのですが、「たまたま」という表現と「科学的に証明」っていうところがいまひとつピンとこなかったので、この件についてもう少し詳しく説明できる方がいましたら、ぜひご教授願います。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私の記憶で書いていますので厳密には間違っているかもしれません。

ベルヌーイの法則においてそもそも前提が、膨らんだ部分と平たい面を通った気流が、同じ場所でぶつかるということです。ゆえに、膨らんだ面の気流は早く流れる必要があるので、その分気圧さが上下に生じ浮力が生まれるとということです。これは、水を流した水道にスプーンの背中の丸い部分をつけるとひきつけられることなどからよく紹介されています。しかし、その[同じ場所でぶつかる」必要がそもそもなぜあるのか?といわれるとなぜそうなのか説明がつかないということです。

飛行機では確かにベルヌーイの法則による浮力が生じているらしいですが、一方翼を気流に対して斜めに向けることで下に向かう気流の成分をつくり、ニュートンの反作用の法則で飛行機が上にちからを受けているのも確かです。むしろ、後者のほうが実は大きいというような話も聞いたことがあります。ちなみに飛行機が離陸寸前や着陸するときに翼の後端が伸びたししてますが、あれが向え角を増やす装置(フラップ)で、低速における浮力を補っています。

でたらめで飛んでいるというと、確かに語弊があると思います。でたらめ、といってもきちんと飛ぶだけの力が生じるように細かく計算されて作られています。また、気流の乱れや、エンジンが一個だめになっても飛べるなどの想定はいろいろされて、それなりに根拠があって安全に設計されていますので、急に飛べなくなることはないです。また、飛行機の対気流速度が一以下になると翼を流れる気流に一気に乱れが生じ、いわゆる(失速)がおきますが、あるパイロットの書いた本によると、この失速というのはかなり正確な値で、一気にガクッとくるぐらい正確に判断されています。

飛行機、と昆虫などが述べられていますが、これはスケール効果というものが関係してきますので簡単に説明できません。私も詳しくわかりませんが、例えば、ありを手で持って立って落としてもありは死にませんが、人間がビルの上から落ちれば死にます。つまり、大きさや速度によっても気流の振る舞いが違ってきますので端的に同等に比較することはできません。ちなみに、鳥や昆虫などはこのスケール効果で考えると、羽を羽ばたかせて飛ぶような方法がもっとも効率が良いですが、逆に飛行機や音速旅客機などは空気に乗って「滑空」するような形のほうが効率が良いことが割わかります。これは水中でも似たようなことが生じており、サメやマグロなんかはなんとなく「滑水」するようや泳ぎをしますが、反対に遅い、小さい魚はどちらかといえば浮くような泳ぎ方です。

まあ、自然の法則というのはなぜか知らないけどこうなってたなんてことは多いですので、[でたらめ」といえばでたらめなことなんていっぱいあります。特に量子論や相対性理論などでは「こう考えるとうまくいく。とりあえず今これで矛盾はない」というようなスタンスで、実際はなぜそうなるのかはわからないのです。ただ、虫の飛び方などは現在の航空力学などで考えてもなぜか勝手に効率のよい方法で飛んでたりするので、そんなときに自然の神秘が生まれますね。

長文失礼します。

私の記憶で書いていますので厳密には間違っているかもしれません。

ベルヌーイの法則においてそもそも前提が、膨らんだ部分と平たい面を通った気流が、同じ場所でぶつかるということです。ゆえに、膨らんだ面の気流は早く流れる必要があるので、その分気圧さが上下に生じ浮力が生まれるとということです。これは、水を流した水道にスプーンの背中の丸い部分をつけるとひきつけられることなどからよく紹介されています。しかし、その[同じ場所でぶつかる」必要がそもそもなぜあるのか?といわれるとなぜそうな...続きを読む

Qミキサーで作れる冷たい飲み物のレシピを教えてください。

ミキサーで作れる冷たい飲み物のレシピを教えてください。
アイスクリームを使わないで、氷を使うタイプのレシピをお願いします。ジュースを使うとかも考えてみたんですが、氷を使うと薄くなるんじゃないかとか色々考えてしまいます。いいレシピがあったらぜひ教えて欲しいです。

Aベストアンサー

 我が家の夏は「バナナジュース」オンリー☆

 バナナを適当な大きさに切り、ミキサーに入れ
ハチミツ(または砂糖)、氷、牛乳を入れてスイッチオン!
氷なしだと濃厚ですが、夏は氷を入れることでバナナの甘さにキレが出て
かなりゴクゴク美味しく飲めます。
氷は、牛乳が400~500ccで2個くらいが目安です。
バナナの甘さが濃厚なので、味も薄まりませんよ☆定番ドリンクですがぜひお試しを!

Q水で満たされた流入口と流出口を持つタンクにおいて、流入量>流出量となることはありえますか?

タンク内の質量保存を考えるとありえないことのように思いますが...

流入量一定と仮定します。

もしどこかの壁面がある程度伸び縮みすることを許容したらありえるかな、と思ったのですが、その場合はその壁面が限界まで伸びてしまうだけで結局一緒ですすよね?

Aベストアンサー

「密閉タンク」なら「ふん詰まり」になるので「流入量>流出量」となることはありません。
「流入量一定」とはならずに、「ふん詰まり」で流入量が減少します。

もし「流入」というより「封入」「圧入」「押し込み」で注入して、その押し込み圧力がタンクの耐圧強度よりも大きければタンクは破裂します。

>限界まで伸びてしまうだけで

伸びてその「復元力」が「押し込み圧力」に等しいところまで耐えれば、限界まで伸びて釣り合うでしょう。
その場合には、上に書いたように「ふん詰まり」で流入量が減少します。

Qトマトの冷たいパスタのレシピは?

トマトを使った冷たいパスタを食べたくて
昨年いろいろなサイトをみて作ったら美味しかったので
今年も作ってみようと思ったのですが
どのサイトかわからず・・・
適当に作ってみたらマズイ!
何かが違ったようなんです。

確か使った材料は
・トマト
・にんにく
・パセリ
・オリーブオイル
・塩
コショウは?使ったような?
バジルを使ったパスタもあるようですか
昨年作った時はバジルは使わなかったと思います。

そこでこれたの材料だけで美味しいパスタのレシピをご存知でしたら教えて下さい。

にんにくはみじん切り?すりおろし?
ここも忘れてしまたのでどちらが良いのでしょうか?

またパスタ以外の材料は1度冷蔵庫で冷やした気がしますが
冷やして食べる時にパスタと合わせるのでしょか?
それともパスタと合わせてから冷やした方が良いのでしょうか?
オリーブオイルの分量は?

レシピは4人分くらいでお願いいたします。

Aベストアンサー

冷たいパスタですか♪いいですね。
まずはボールを用意しましょう。後で冷蔵庫で冷やしますので
冷蔵庫に入る大きさのものがいいですね。

トマトはざく切り(種はとって下さいね)
できれば赤く甘いトマトがいいですね(日本で買うならフルーツトマト?)
その中に塩少々(パスタをゆでる時に塩をつかうのでほんの気持ち程度でいいです。あとでパスタとあわせる時入れすぎると、しょっぱくなっちゃいますから)
胡椒(粒胡椒がベストです)これも好みに応じて降りましょう。
にんにくも好みですね。
食感がわるくない程度の大きさでかまわないと思います。
香りをだしたかったら、包丁で潰してからみじん切りにしましょう。
すりおろしでもかまわないとは思いますが香りが強くなりすぎるかも?
そこにオリーブ油をトマトの量にあわせて絡めましょう。
付け足して…酢があったらいいかも!出来たらビネガー系がいいですね)
ドレッシングを作る感覚でよろしいと思います。
酢を一緒に混ぜることで、ソースじたいがさっぱりとした感じになりますから、暑い夏にはもってこいです。
バジルは手でちぎって細かく(香りがでます)これも入れるのをわすれずに。
そしてこれらを合えたボールは冷蔵庫で冷やします。
冷えた頃…さてパスタをゆでましょう!
パスタは1ミリほどの極細パスタを使ってみてください。
5ミリ以上のパスタだと絡みがわるい気がするので
家では細いパスタを使用してます。
鍋に水をわかして、塩をいれ、パスタをいれましょう。
パスタの茹で加減はお好みのかたさでかまいません。
アルデンテはあくまでも目安!きにしなくてもいいと思います。
茹で上げた後も熱でパスタの軟化がすすみますので、
ちょうどいい硬さだなと思った時点でザルにあげてちょうどいいぐらいです。
その後さっと水で小麦のねばねばを洗い流し
(家では冷やしパスタをする時のみ水洗いをします。)
その後、水気をよくきってから軽くオリーブをふりパスタに絡めます。
かけ過ぎるとオリーブの香りばかりが強くなってしまいますので
パスタどうしがくっつかないようにする程度でかまいません。
そしてそのパスタを皿にもり、冷蔵庫で冷やしたソースをかけます。
一緒にあえてもいいと思いますが、さっと混ぜてさっと盛らないと
パスタがソースを吸いとってしまうので気をつけて下さいね。
最後にパセリをあしらえたら完成です。
パセリはバジルと一緒にちぎってソースに混ぜてもいいかもしれませんね。
食する時に、塩気がたりないなぁ~って感じたらチョッと醤油をたらして見てください。和風っぽい冷パスタに変身します。
パスタの量は一人100g~120g程度?っていう感じなので
市販で売られている500gの袋一つで十分だと思います。
我が家では親指の第一関節と人差し指の第一間接をあわせたぐらいのマル
の大きさを一人前としています。
ソースは大目につくっておいても大丈夫。残りは他の料理にもつかえます。
例えば焼いたパンの上にのせて…サラダとあえて…などなど
なので分量よりも少しずつ混ぜて好みの味に仕上げる事が一番。
おおざっぱでかまわないと思いますよ。
このアバウト差がパスタを美味しくさせます。(イタリア的)
なので一度お試しあれ!

冷たいパスタですか♪いいですね。
まずはボールを用意しましょう。後で冷蔵庫で冷やしますので
冷蔵庫に入る大きさのものがいいですね。

トマトはざく切り(種はとって下さいね)
できれば赤く甘いトマトがいいですね(日本で買うならフルーツトマト?)
その中に塩少々(パスタをゆでる時に塩をつかうのでほんの気持ち程度でいいです。あとでパスタとあわせる時入れすぎると、しょっぱくなっちゃいますから)
胡椒(粒胡椒がベストです)これも好みに応じて降りましょう。
にんにくも好みですね。
食感...続きを読む

Q白い息

息が白くみえるこの季節、少し気になることがおきました。
「北極では空気がきれいから息がしろくなりません」って。
僕はってっきり水蒸気が冷やされてしろく見えるんやと思ってたから、
ちりがあろうがなかろうがしろくなるんやと思ってました。
ほんとうに空気がきれいところでは、吐く息は白くならないんですか?

Aベストアンサー

 先日も番組名は忘れましたが、テレビで「南極では吐く息が白くならない」と言うのを見ました。日本の南極観測隊員が零下何十度の中で話していても吐く息は白く見えませんでした。
 息が水蒸気となるには、空気中に微細な塵が必要だそうです。

Q冷たい洋風スープのレシピを教えて下さい

本日、誕生日祝いのご飯を作る予定です。
お刺身のカルパッチョ、ウニのクリームパスタ、ローストビーフを作る予定(ローストビーフは完成して冷やしてます)です。ケーキはプリンケーキを作ります。
あとスープを一品作りたいのですが、うちはコンロが1つしかないので、火を使わず作れる(電子レンジなら可)ガスパチョとヴィシソワーズ以外の冷たい洋風スープは何かないでしょうか?
いいアイデアをお待ちしております!

Aベストアンサー

彼のお誕生日かな?
おめでとうございます。
おいしそうな料理ですね。

http://www.orangepage.net/Kitchen/search/kekka.php/199811163/2/
枝豆のスープです。

なんだか冷たい料理だけです。
暖かいものが一つあった方が良いように思います。
http://cookpad.com/mykitchen/recipe/429187/
クラムチャウダーです。

Qトランジスタの動作原理

バイポーラトランジスタとユニポーラトランジスタの動作原理の主な違いについて、ご説明いただけたらと思います。
参考文献を読んでも何故増幅に繋がるのか理解できませんでした。

Aベストアンサー

補足。

No.1に書いた通り、2次側にチャンネルを作るのが、1次側の電流か電圧かの違い。

Q冷たい豆腐の食べ方は?

ずばり「冷奴」以外の冷たい豆腐の食べ方を伝授してください。
この夏は「これで決まり!!」っていうレシピをお待ちしてます。

Aベストアンサー

babu-tatsutakaさん こんばんは

伝授というほどの物では有りませんが
いつもの食べ方を紹介します

木綿豆腐を水切りしてさいの目に切り
レタスやキュウリを敷いた上に置き
その上から胡麻しゃぶのタレをかけていただきます
普通の豆腐サラダよりちょっと酷があって良いと思いますが

これは定番ですが玉ねぎのスライスにごま油と醤油を
かけただけのものも美味しいですよね

茗荷と大葉も定番中の定番ですね

多分全部ご存知だったりして(*^_^*)

Q光速不変の原理

原理自体は理解できたんですが、数式を使った証明でパッと理解できるものがありません・・・。
どなたかわかりやすいHPを紹介してくださいm(__)m
たびたびの質問で申し訳ないです・・。

Aベストアンサー

 光速度不変の原理は、実験から得られる事実であり、それ自体を証明することはできません。ただし、ローレンツ変換に対して、光の速度が変わらないことを示すことはできます。以下のような説明になります。

 Aという人から見て、P点からQ点へ光を発射しました。P点とQ点の距離の差をΔx、時間の差をΔtとしますと、光の速さはΔx/Δtとなります。
 Bという人がいて、この人はAに対して速度vで動いているとします。このときの速度の向きは、光の進む方向と同じとします(PとQを結ぶ線上ということです)。Bから見ると、P点とQ点の座標としての値はAとは違っており、その差Δx、Δtも違った値となります。Bから見た差をΔx'、Δt'とすると、以下の関係があります(ローレンツ変換の式です)。
Δx'=γ( Δx-v/c・cΔt)
cΔt'=γ(-v/c・Δx + cΔt)
ここで、γ=(1-(v/c)^2)^(-1/2)、cは光速度
(ローレンツ変換の式を行列で書き表したときに、行列が対称になるように、tにcを掛けています。)
 この変換式に、Δx/Δt=cを代入して、Δx'/Δt'を求めるとcになります。つまり、Bから見た光の速度もcになるということです。
 元々、光速度不変の原理からローレンツ変換の式を求めているので、これは当然の結果であり、証明ではありません。光速度不変の原理は、あくまで観測と実験によってのみ確認されるものです。

 光速度不変の原理は、実験から得られる事実であり、それ自体を証明することはできません。ただし、ローレンツ変換に対して、光の速度が変わらないことを示すことはできます。以下のような説明になります。

 Aという人から見て、P点からQ点へ光を発射しました。P点とQ点の距離の差をΔx、時間の差をΔtとしますと、光の速さはΔx/Δtとなります。
 Bという人がいて、この人はAに対して速度vで動いているとします。このときの速度の向きは、光の進む方向と同じとします(PとQを結ぶ線上ということです)。Bから...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報