プロが教える店舗&オフィスのセキュリティ対策術

氷河湖は氷河によって削られてできたと書いてあったのですが、どうやって削ったのでしょうか?

A 回答 (5件)

氷河の中に紛れ込んだ石クズ(モレーンといいます)と周辺のが岩盤がこすれあわさることによって、削られていきます。

そのような岩盤やモレーンにはこすれあわさってできる氷河擦痕という筋が見られます。

 ところで、氷河の底は流れにムラがあることによってかなり波うっています。氷河がなくなった後でもそのへこんだところに水がたまって湖になることはありますが、これは非常にまれです。
 氷河の先端が一時期ある場所で停滞していると、そこには氷河が運んできたモレーンが堆積して堤のような地形を作ります。そのご、氷河が溶けて後退すると氷河から流れてきた水が堤の内側にたまって湖ができる事がよくあります。このようにしてできた湖も氷河湖と呼ばれることがあります。そういった説明は見たことがありませんか。
    • good
    • 0

氷河の氷が、年に数メートルずつ移動していく際に、ブルドーザーが削り取るように「ガリガリ」と削り、かつ表面を磨いていきます。



↓ 氷食
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%B7%E9%A3%9F
    • good
    • 0

何万(何十万かも)トンもの氷雪の固まりが、重みで高い方から低い方(採取的には海)に向かって年間数センチ移動する。


 その摩擦で岩石が削れれるのでは?

 よう知らんけど。
「氷河湖について」の回答画像3
    • good
    • 0

氷河はゆっくりと低い方へ移動しています。


ゆっくりですが膨大な質量があるのでその行程の地形を削っていきます。
その削れた部分が後になって地形の変化などで閉じた場合は水が溜まって湖になります。
    • good
    • 0

氷河は重力によって山を下っていきます


下る際に氷河の厚みにより強い圧力を受けながら地表を削っていきます

氷河の厚みが数十メートルであれば数十トンもの圧力が掛かりますから、岩石でも削れてしまいますね
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング