色の知識で人生の可能性が広がる!みんなに役立つ色彩検定 >>

ジョコビッチの問題で思ったのですが、コロナ回復証明だけではなぜダメなのか?

今回の騒動、ジョコビッチが有名人で金の力でごり押ししようとしてるのが気に入らないという感じだと思いました。(ルールを守らないも言語道断ですが)

そもそもワクチンを接種してから半年以上経過した人と自然感染して回復した人の中和抗体量ってあまり変わらないと思うのですが、どうでしょうか?あと個人差があるので中和抗体量?を比較するのも難しいと思いますし。。

なぜ入国する際、多くの国が接種証明でなくてはいけないのでしょうか?感染回復証明ではなにが足りないのでしょうか?

詳しい方お教えください。よろしくお願いいたします。

質問者からの補足コメント

  • うーん・・・

    私の文章もひどいので回答しづらいかもしれませんが、質問の内容にご回答いただけるとありがたいです。ジョコビッチが有名人なので例として出しただけで、スポーツマンシップがどうとかどうでもいいです。要点を簡潔にお願いいたします。

      補足日時:2022/01/19 15:40
  • どう思う?

    タイトルが良くなかったですね。自然感染して回復した人と接種した人でなぜ回復した人が同じように入国できるようにしないのか?って質問にすればよかったです汗

      補足日時:2022/01/19 15:59
教えて!goo グレード

A 回答 (10件)

過去の例から、コロナに感染するよりも予防接種のほうが別のタイプのコロナにたいしての免疫があるということから、そういう決まりを作ったんじゃないでしょうか。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

https://www.amed.go.jp/news/release_20210705-02. …
今回の研究において、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)回復者が変異株に交差結合する抗体を獲得し、この抗体の質(中和比活性・交差性)は時間と共に向上することを発見した。

ワクチンの効果は別の株に対して効果は下がっても多少は効くっぽいのは確かに事実ですよね。なるほど。ただ自然免疫も大丈夫っぽいです。

お礼日時:2022/01/20 08:21

「なぜダメか」という質問の裏には「明確な科学的根拠の存在」がなければならない。



ところが、その科学的根拠がまだ不十分である。
最近はやっているオミクロンは特にそうである。
「こうすれば必ず防げる」という方法は見つかっていない。

だから、各国が手探りで方法を模索することになる。
有効な方法が見つかればそれが標準の方法になるが、それはまだ先のことである。

そういう現状だから、方法は各国で違うのが当たり前である。
そしてその方法で防ごうとしているのだから、その国に入っていきたいなら、その方法に従う義務がある。
「俺の国ではこうだからそれに従え」はあの治外法権という不平等なルールにつながる。

「郷に入っては郷に従え」という諺もある。
なぜこの諺が何百年も生き続けているのか、現代人はよくよく考える必要があると思う。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

イスラエル入国前14日間、レッド国に指定された国(注1)に滞在していないこと。
世界保健機関(WHO)が認定した新型コロナワクチン(注2)を接種していること。あるいは新型コロナウイルスの感染から回復していること。

イスラエル、日本を含む外国人の入国制限を緩和

テルアビブ発

2021年11月04日

国によるって感じですね。。

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2022/01/20 08:25

単純に回復証明よりもワクチン接種証明を必須にしたルールだからです。


結局のところ、ワクチンを打たせたいから。ねっ。でしょ?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼日時:2022/01/19 16:05

テニスにもルールがあります。



入国にもルールがあります。

そのルールに従わず、拡大解釈を要求する時点で、
スポーツマンではないでしょう。

私は、そう思います。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

うんうん私もそう思います

お礼日時:2022/01/19 16:00

「回復証明も同じ扱いでできないかって感じです。



貴方はオーストラリアの法律や規則を理解出来てますか?
自分がそう思うから出来るか出はなくオーストラリアの法律や規則が重要なんです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

素人ですが、回復したら免疫がつくので接種した人と同じになると思うのです。ですが多くの国は接種証明以外は認めない感じですよね。で法律に従う云々の話ではなく、単純になんで回復した人の扱いが同じにならないのかなぁっと思ったわけです。法律の話なんてしてないんだけど。

お礼日時:2022/01/19 15:53

あ~、メディアに踊らされちゃダメですね。


あれは、ワクチン接種しない人たちへの見せしめ行為ですよ。
ワクチンを全世界の人々に摂取させたい人たちの思惑です。

アメリカもフランスも接種証明がないと入国できないよ!という発信。
豪州は、完全にルールを無視して、嘘で詐称、入国に対する罰。
イギリスも追随する形。4大大会は、統一の考えの下に動きますって表明。

中国でも芸能人の見せしめで何人も告発されて、多額の税金徴収されてるでしょ?日本でも政治がおかしくなると、ごまかすために芸能人スキャンダル出るでしょ?同じですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お、おう。。

お礼日時:2022/01/19 15:54

①虚偽記載「他国に14日以前に行ったことは無いと書いていたのに複数の国に旅行していた」


②他国でコロナにかかっていて記者に告げずインタビューを受けていた
③ワクチン接種が条件になっていて、アレルギー等で打てない人は書類が必要でコロナに2回感染したからワクチンは打たなくて良いとか決まりはありません。

根底が間違えているのはオーストラリアの国で言えばジョコビッチが来た方がお金にはなりますが、それよりもルールを重視したもの。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

質問は接種証明じゃないと入国できないのはなぜです?回復証明も同じ扱いでできないかって感じです。文章読んでください。

お礼日時:2022/01/19 15:43

現実に感染発病経験があるのに、再度発病した方がいます。


なんて免疫力が乏しいのだ?なんて、外野の私は思いますが。
つまり、過去の感染は、十分な免疫能力を持っていることの証明にはなりません。
ワクチンなら、接種日からの日数で、臨床データの経験からわかります。
あらかじめ、主催者側と綿密な情報交換、根回しはできたはずですが、それを、自分を除けたら大会にならないと高をくくっていたのかもしれませんね。
スポーツ競技で一番大事なのは公平性です。
ワクチンを打った経験がある人なら知っていると思いますが、打った当日から数日間は筋肉痛が発生することになります。
テニスプレーヤーと言えども、打つ場所は同じでしょうから、一番大事な筋肉に打つわけです。
予後数日間は練習もできず、痛み止めなども、ドーピング検査にひっかかるのを懸念して、服用せずにひたすら我慢したはずです。
他のプレーヤーは、そういったリスクをくぐって参加しているわけです。
公平性という点を重視したのかもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ワクチンを接種して感染、症状があるパターンもやはり十分な免疫がないとのことでしょうか?

お礼日時:2022/01/19 15:35

>有名人で金の力でごり押ししようとしてるのが気に入らないという感じだと思いました。



そうですか?
単に入国審査の書類に虚偽記載をしたという
単純で且つ証明の簡単なモノだったと思いますが・・・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

おっしゃる通りです。ただ私が聞きたいことは回復証明とワクチン接種のことです。

お礼日時:2022/01/19 15:31

ジョコビッチに限れば、彼は2度感染しているかと。


1度目の感染で中和抗体量が必要量できなかった可能性があります。

とすれば、感染回復証明は無意味です。

ワクチン接種に代わるものとすれば、PCR検査でしょうが、精度の問題でワクチン接種の方が良いというのであればしょうがないです。
その国がそのように判断しているわけですから。

後は、ワクチン未接種の科学的根拠に基づいた医師の許可証明になってしまうでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

彼は過去に2回陽性になったが回復証明は無意味となると、その論調(精度の問題とのことですがもしかして制度のこと?)だと接種後に感染した人も接種が無意味だったから接種は無意味で無効となりませんか?

お礼日時:2022/01/19 15:30

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

教えて!goo グレード

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング