マンガでよめる痔のこと・薬のこと

子宮頸がんの組織診で、HPVの感染・3a(中等度)の結果がでて現在婦人科に通っています。
病院で円錐切除(LEEP)を受けることになりましたが、不安に思っていることが有ります。
円錐切除で患部を取り除けたとしても、パートナーがHPVを持っている限り、何度でも再発してしまうのではないかということです。
私は未婚ですが彼と結婚して子供も欲しいと思っています。普段はコンドームで感染を防げたとしても、子供が欲しいときはやはり感染のリスクを覚悟しなければならないのでしょうか?

次回病院に行くとき先生にも質問しようと思いますが、実際どうされているのか知りたく質問させていただきました。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

体験談ではありませんが、ドクターの話では子供を作りたい場合は


やはり感染のリスクはあるということです。
男性のほうは検査も一般的ではないし、見つかったとしても、
ウィルスを取り除く方法がないといったようなことだったと思います。
でも絶対に感染するわけではないし、感染したとしても
発病率はそう高くなく、発病するような事があっても
検診をちゃんと受けていれば命にかかわるようなこともまずないので
気にしても仕方ない。
というのがドクターの考えではないでしょうか。
とはいえ、患者側としてはそこまで楽観的にはなれませんよね^^;
まぁでも、気にしすぎても仕方ないのは本当です。
ご自身もお書きになっているように、主治医さんに納得できるまで
質問なさるのがいいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答にお礼を書いたつもりでしたが、反映されていませんでした。すみません。
発見できて不幸中の幸いだと思っています。どうもありがとうございました。

お礼日時:2005/04/26 20:47

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QHPV感染後のセックス

30歳女性です。初めての子宮ガン検診でHPV感染が判明し、3aレベルと診断されました。いろいろネットで調べてみたのですがわからない点を教えてください。

1.最後にした性行為が昨年6月頃に1回でその前は一昨年の7月に1回とここ数年は非常に少ないのですが、感染源はその相手でしょうか? 彼は風俗に通ったり浮気したりするタイプではなかったと思うのですが・・・。その相手以外では20代前半に何人かの人と性行為を持ったことがあります。もう7年以上前になるので、その頃感染したウイルスが今になって現れたというのはHPVにしてはあまりにも潜伏期間が長いのではと不思議です。

2.1年以内に自然治癒する可能性も高いと言われているものの、今後恋人ができた場合に、性行為をもつことは、結果が陰性になるまでできないのでしょうか? 何かよい解決方法があれば教えていただきたいです。コンドームを使っていてもそれ以外の部分の性器の接触で移りやすいと調べて初めて知りました。

3.3aレベルから2になることはありうるようですが、全く陰性の1になることもあるんでしょうか? 自然治癒もありといわれているのであると信じたいのですが。

ここ半年ほどいろいろな精神的ストレスがあったので、アトピー性皮膚炎のような症状も初めて出てきたり、免疫力が落ちている気はします。
HIVではなくHPVだということと、ふしだらうんぬんのお叱りは求めていないということ、ご了承ください。純粋に、これから結婚して子供を持ちたいと願う30歳女性を助けていただけると幸いです。

よろしくお願いします。

30歳女性です。初めての子宮ガン検診でHPV感染が判明し、3aレベルと診断されました。いろいろネットで調べてみたのですがわからない点を教えてください。

1.最後にした性行為が昨年6月頃に1回でその前は一昨年の7月に1回とここ数年は非常に少ないのですが、感染源はその相手でしょうか? 彼は風俗に通ったり浮気したりするタイプではなかったと思うのですが・・・。その相手以外では20代前半に何人かの人と性行為を持ったことがあります。もう7年以上前になるので、その頃感染したウイルスが今になって現れ...続きを読む

Aベストアンサー

1)今回、検診で感染が発見されたいうことは、いぼができたりする自覚症状はなかったということですよね?ということは、今感染がわかったということではなく、以前からHPVを持っていて、今回の検診で「明らかにされた」ということです。症状発現までの期間を考えると(質問者様がおっしゃっているような時期)にしては、長すぎるということになりますが、中には「持っていても症状が出ていない人」もいますので、不思議に思うことはありません。
残念ですが、粘膜からの接触感染ですから、性交渉を持った相手のどなたかがウイルスを持っていて、知らない間に感染していたのかもしれません。
一説によると80%の女性がすでにこのウイルスを持っていますがタイプがあるのでがんにつながらないものだといいですね。

2)粘膜や傷口から感染するわけですから、そこが直接触れ合わなければ大丈夫。だからコンドームを必ず使用してください。STD(性交渉による感染症)予防はコンドームの使用で大丈夫です。

3)80%の人が持っていると先に述べましたが、自分の免疫力というか抵抗力で治せちゃうのですが、治せない人もいます。治療で9割は一旦陰性化します。しかし残念ながら消えない人もいます。ちゃんと治療しましょう。

出産時に母から子に感染するといわれていますから、このあたりもきちんと医師と相談したいところですね。

1)今回、検診で感染が発見されたいうことは、いぼができたりする自覚症状はなかったということですよね?ということは、今感染がわかったということではなく、以前からHPVを持っていて、今回の検診で「明らかにされた」ということです。症状発現までの期間を考えると(質問者様がおっしゃっているような時期)にしては、長すぎるということになりますが、中には「持っていても症状が出ていない人」もいますので、不思議に思うことはありません。
残念ですが、粘膜からの接触感染ですから、性交渉を持った相手の...続きを読む

QHPV感染について 主人の浮気?

子宮がん検診にてHPVウイルスが陽性だと言われました。
現在1歳4カ月の子どもがおり、妊娠初期のころ(約2年前)の子宮がん検診では陰性でした。
私は過去に数人とお付き合いした経験がありますが、主人と付き合い始めてからは(約7年前)主人としか性交渉をしておりません。
ということは、この2年の間に主人が浮気をし、浮気相手からウイルスをもらい、今回私に感染したのでは?と思っているのですが・・・

仮に、主人が浮気をしていなかった場合、主人が過去に付き合っていた女性からウイルスをもらっていて5年間は私にうつらなかったが、この2年の間にうつったということになりますが、その可能性はありますか?

又、主人からではなく、私が過去にお付き合いしていて男性から7年以上前にうつっていて、2年前の検査では陰性だったが、今回陽性反応が出る可能性はありますか?

最後に性交渉による感染ではなく出産時に感染する可能性はありますか?ちなみに自然分娩です。

質問が多くまとまりのない文章になりましたが、ご回答お願いいたします。

Aベストアンサー

子宮がんではなく子宮頸がんですね。
まず、出産での感染はないと思います。

感染から陽性の反応が出るまでに5~7年かかることもあると私の主治医は教えてくれました。
あと蛇足になりますが、自己採取での判定は検診をしないに等しいそうです。私も4年自己採取で陰性。5年目にドクター採取で陽性でした。要は細胞がきちんと採取出来なければ判定は陰性ということ。

さらに陽性であったからといってすぐにがん化するわけでもなく、がんの手前の状態で何段階にも分かれています。高度異型上皮(軽度・中度・高度)以上が治療を必要とするステージになるようで、軽度・中度異型上皮はかなり高い確率で自然治癒するそうです。

070609さんは感染経路を辿ろうとされているようですが、それは今後のご夫婦関係に必ずしもプラスに働くとは考えにくいのでは・・・冷静に考えたらおわかりになりますよね★

今いちばん大切なのは治療が必要か否かを見極めることだと思いますよ。だってまだまだ可愛い盛りのお子さまもいらっしゃるんですから!

主治医のドクターはこう言いました。
「くよくよ考えることがいちばん良くないことだから。笑ってすごしてくださいね。」
お子さんのためにも後ろではなく、前を向いて行きましょう!

子宮がんではなく子宮頸がんですね。
まず、出産での感染はないと思います。

感染から陽性の反応が出るまでに5~7年かかることもあると私の主治医は教えてくれました。
あと蛇足になりますが、自己採取での判定は検診をしないに等しいそうです。私も4年自己採取で陰性。5年目にドクター採取で陽性でした。要は細胞がきちんと採取出来なければ判定は陰性ということ。

さらに陽性であったからといってすぐにがん化するわけでもなく、がんの手前の状態で何段階にも分かれています。高度異型上皮(軽度・中度・...続きを読む

QHPVハイリスク型について教えて下さい。

(長文で申し訳ございません。)

私は2年前に市の子宮頸がん検診をした際、細胞診で『HSIL IIIa 中等度異形成』と診断され、その後コルポスコピー検 査、組織診をして、軽度異形成だったので、半年ごとの経過観察をしていました。

今年の夏から妊活を始めて、違う病院で、市のがん検診をしたところ、細胞診ではまた、『HSIL IIIa 中等度異形成』と診断されました。HPV検査もしたはずですが、陽性か陰性かは教えてもらってません。おそらく陽性だったからか、HPVの型を調べた方がいいといわれ、ジェノタイプ判定を受けました。結果の紙には『中~高リスク型 HPVDNA』判定
陰性と書いてありました。
インデックス値も陰性(0.45)と、書いてあります。
なのに、違う場所には検出型52とあります。その時は陰性については触れず、私も意味が分かっていなかったのですが、52型についての説明はありました。
先生には52型はそんなに心配することない。中等型だから、定期的に検査していけば大丈夫!といわれました!私はそこですごく安心したんですけど、心配になって、ネットで調べると52型は日本ではハイリスク型で癌に進行しやすいと書いてあります。これは先生が勘違いしてるんでしょうか?私も先生がもってるHPVの型の表みたいのをみせてもらいましたが、52型は確かに16型と同じグループではあるので気をつけなければいけないけど、中等レベルって書いてありました!私は何がなんだかわからなくなりました。しかも、中~高リスク型 陰性っていうのはなんでなんでしょうか?この病院がいい加減なのでしょうか?ここは不妊治療専門の病院なので、あんまり詳しくないのでしょうか?来週に、以前コルポスコピーをやってもらった病院でこの結果を説明して、再度、コルポスコピーと組織診断をやる予定ですが、すでに進行してしまっているのではないかと心配です。

(1)中~高リスク型 陰性、インデックス値 陰性、なのに、52型検出なんてありえますか?

(2)52型はハイリスク型で、この先、免疫力でクラス、IやIIになる事は少なからずあるのでしょうか?

(3)52型のみ感染の場合、16型、18型予防ワクチンは受けた方がいいのでしょうか?

(4)組織診で高等度だった場合、円錐切除をした方がいいんでしょうか。子供を来年までにはとは考えているので、レーザーの方がいいのでしょうか?



よろしくお願いします。

(長文で申し訳ございません。)

私は2年前に市の子宮頸がん検診をした際、細胞診で『HSIL IIIa 中等度異形成』と診断され、その後コルポスコピー検 査、組織診をして、軽度異形成だったので、半年ごとの経過観察をしていました。

今年の夏から妊活を始めて、違う病院で、市のがん検診をしたところ、細胞診ではまた、『HSIL IIIa 中等度異形成』と診断されました。HPV検査もしたはずですが、陽性か陰性かは教えてもらってません。おそらく陽性だったからか、HPVの型を調べた方がいいといわれ、ジェノタイプ判定...続きを読む

Aベストアンサー

HPVがどのようなメカニズムでがんを発生させるのか、
まだわかっていません。
では、ハイリスクとは何を言うのか?

それは、子宮頸がん患者から、どの程度の割合で
HPVが検出されるのか?
ということで、判断しています。
ちなみに、
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/2r98520000014wdd-att/2r98520000016rqg.pdf
HPV型別の頻度は、上位からHPV16(44.8%)、HPV18(14.0%)、HPV52(7.0%)、HPV58(6.7%)、HPV33(6.3%)、HPV31(5.1%)、HPV35(2.3%)、HPV51(1.0%)、HPV56(0.9%)

ということになっています。
がん患者でHPV16と18の検出率が高いことから、この2つの
危険度が高いと言われています。
しかし、それは、がん患者での検出率が高いと言うことであって、
がん患者でない人の検出率がわかっていません。
つまり、例えば、HPV16を持っている人の何%が癌になり、
何%が癌にならないのか、という根本的なところが
分かっていません。

つまり、HPV16の検出率が高いと言っても、
HPV16の感染者のうちの10%ががん患者で、
HPV18の感染者のうちの50%ががん患者となれば、
患者の割合は、HPV18の方が低いが、危険度は
HPV18の方が高い……ということになります。
ですが、これが「わかっていない」のです。

つまり、がん患者から検出されるのでハイリスクに分類されて
いるのですが、どの程度ハイリスクなのか、という評価は
されていないと言うことです。

従って、現状では、がん患者の7%を占めるだけなので、
慌てることなく、経過観察をしましょう、ということです。

ワクチンは、無駄です。
円錐切除をするのは、高度異形成以上になったときでしょう。
円錐切除をすると妊娠しにくくなりますよ。

HPVがどのようなメカニズムでがんを発生させるのか、
まだわかっていません。
では、ハイリスクとは何を言うのか?

それは、子宮頸がん患者から、どの程度の割合で
HPVが検出されるのか?
ということで、判断しています。
ちなみに、
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/2r98520000014wdd-att/2r98520000016rqg.pdf
HPV型別の頻度は、上位からHPV16(44.8%)、HPV18(14.0%)、HPV52(7.0%)、HPV58(6.7%)、HPV33(6.3%)、HPV31(5.1%)、HPV35(2.3%)、HPV51(1.0%)、HPV56(0.9%)

ということになっ...続きを読む

Q子宮頸がんの検査で陽性。子作りは可能?

子宮頸がんの検診で『IIIa疑陽性』となりました。

所見は…核の腫大、核形不整、核濃染、核周囲明庭を伴う表・中層形扁平上皮細胞を認める。
HPV感染を伴う軽度異形成
ベゼスタ:LSIL

4月に稽留流産(9W)していて、不妊治療もしており、早く次の妊娠を望んでいるところでした。
先生は子作りに問題は無い、気にしなくて良いととおっしゃっていますが、なぜ大丈夫なのかよく分からず、心配です。(ちなみに私の両親共に癌家系です。)

・本当に妊娠、出産をしても大丈夫でしょうか?
・夫も診察したほうがいいですか?
・流産したことに関係はありますか?

ちょっと心が折れそうです…

Aベストアンサー

・本当に妊娠、出産をしても大丈夫でしょうか?
手術(円錐切除)を考えるのはIIIbが連続して出るようになったあたりで大丈夫というのが一般的かな? まあ、後数年は様子見ていても大丈夫と判断しているのだと思います。

・夫も診察したほうがいいですか?
ハイリスクHPVの検査はしましたか? 16が出ていて、ご主人に尖圭コンジローマがあれば診察したほうが良いかもしれません。 そうでもなければ、まあ不要だとは思いますが、担当医にご相談ください。

・流産したことに関係はありますか?
関係ありません。


できることなら(早産等のリスクを減らすために)円錐切除は分娩後にしたいところですので、挙児希望であれば、お早めにといった所なのだと思います。 円錐切除後でも、妊娠分娩はできますが少々早産のリスクが増えます。 子宮頚管縫縮などで、対応できますがそうしないですむなら、しないほうが良いというのが一般的なんだと思います。

Q子宮ガン検診受診 夫婦生活の影響

お恥ずかしいのですが、ちょっとお聞きします。

子宮ガン検診を受けるにあたり、夫婦生活は、何日前から止めたほうが良いのでしょうか? 
SEXをすると、摩擦により頸部に多少なりとも傷がつくので、検査前は控えたほうが・・と聞いた事があります。
SEXは検査に、どのくらいの期間、影響を及ぼすのでしょうか?
傷ついた膣内は、どのくらいの日数で回復するのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。20代後半の女性です。
私は、毎年1回子宮頸がん検診を受けています。

お世話になっている医師からは、検診前にエッチをしても良いけど、検診の前日はエッチを控えるように言われました。
ただ、検診当日に膣内に精液が残っているかもしれないから、出来れば前々日から控えた方が更に良い、とも言われています。

私は、検診前々日と当日、翌日はエッチを控えていますが、それ以外は特に気にしていませんよ。
子宮頸部から細胞を擦り取って検査する子宮頸部細胞診を受けていますが、検診当日に微量の出血があったこともあるので、検診当日と翌日は控えています。
軽度異型成状態で経過観察中ということは、定期的に細胞診を受けていらっしゃるのかなと思いますが、前日(または前々日)はエッチを控えるくらいで、それ以外は特に気にされなくても大丈夫だと思います。
ただ、子宮頸がんの発症原因がヒトパピローマというウィルスの可能性があるとしたら、避妊しないでエッチすると症状が進むかもしれませんので、エッチの回数よりもゴムできちんと避妊された方が良いと思います。

お大事になさって下さい。

こんにちは。20代後半の女性です。
私は、毎年1回子宮頸がん検診を受けています。

お世話になっている医師からは、検診前にエッチをしても良いけど、検診の前日はエッチを控えるように言われました。
ただ、検診当日に膣内に精液が残っているかもしれないから、出来れば前々日から控えた方が更に良い、とも言われています。

私は、検診前々日と当日、翌日はエッチを控えていますが、それ以外は特に気にしていませんよ。
子宮頸部から細胞を擦り取って検査する子宮頸部細胞診を受けていますが、検診当日に...続きを読む

Q子宮頚がんのコルポ診(画像検査)と組織診について。

子宮頚がんのコルポ診(画像検査)と組織診について。

1か月程前に受けた細胞診で3aだった為、本日コルポ診を受けました。
酢酸により白く反応した部分は、組織診断となりました。

画像を見せて頂いたところ、全体的に白っぽくなっていたのですが
ある一部分は真っ白で、酢酸にかなり反応していました。
(先生もそのように仰っていました)

そこで質問なのですが・・・。

(1)酢酸に強く反応するほど、正常ではないということでしょうか?
(全体的に白っぽいのは、ストレスや炎症等が考えられるかな?と素人ながらに思うのですが
 真っ白に染まっている部分は、全体とは明らかに違う為病巣という印象を受けました。)

(2)細胞診では3aでしたが、組織診でいきなり4以上になることはありますか?

組織診では悪くても3bと考えていたのですが、真っ白だった部分が気になります。
先生にもお聞きしたのですが、的を得た答えではなかったためこちらで質問させて
頂きました。

2週間後には結果を聞きに行きますが、できればその前に詳しく知りたいと思います。
因みに、主治医の先生と本日のコルポ診の先生は別の先生です。
主治医の先生は、質問に対して誠意のある態度を示して下さいますが本日の先生は
非常に事務的だった為、あまりシツコク聞くことができませんでした。


ご存じの方や似たような経験をお持ちの方がいらっしゃいましたら
お答え頂ければと思います。

子宮頚がんのコルポ診(画像検査)と組織診について。

1か月程前に受けた細胞診で3aだった為、本日コルポ診を受けました。
酢酸により白く反応した部分は、組織診断となりました。

画像を見せて頂いたところ、全体的に白っぽくなっていたのですが
ある一部分は真っ白で、酢酸にかなり反応していました。
(先生もそのように仰っていました)

そこで質問なのですが・・・。

(1)酢酸に強く反応するほど、正常ではないということでしょうか?
(全体的に白っぽいのは、ストレスや炎症等が考えられるかな?と素人...続きを読む

Aベストアンサー

(1)必ずしもそうとは限らないです。
(2)あり得る話です。クラス分類はあくまで細胞診ですから、組織診になると異形成もはっきりしますから、クラス4に相当する上皮内癌が出てきても不思議ではありません。

コルポ診の先生が詳しく説明しないのも当然でしょう。その初めての患者が主治医からどの程度の話を聞いているか、どのような信頼関係を築いているかわからないですから。信頼関係に影響を与えかねないことをしゃべると治療が出来ないくなりますからね。あくまで主治医と話をするのが筋ですから。

Q異形成の潜伏期間について

一昨年の11月に子宮頸がん検診を受けたところ、IIIa擬陽性、軽度異形成と診断され、その後3ヶ月ごとに検査を受け、2回目に陰性となりましたが、昨年の12月の検診で、またIIIa擬陽性との結果が出て、コルポ検査を受けることになりました。
結婚して17年になりますが、結婚後、毎年必ず1回検診を受けてきましたが、このような診断結果は初めてでした。やはり最近HPVに感染したということなのでしょうか?それとも結婚する前に私が元々ウイルスを持っていて、それが17年たって異形成になったということもありえるのでしょうか?潜伏期間がよくわかりません。
私は結婚後、主人以外の人との性交渉はありません。どう考えても主人が原因としか思えません。病気を治すことが先決なのはわかってはいるのですが、主人を責めたい気持ちでいっぱいで、気持ちの整理がつきません。どのように主人に伝えたら良いのかも迷っています。

Aベストアンサー

はじめまして。2年前にIIIaと細胞診断を受け、現在治療中で組織診断を定期的に行っている者です。
心中お察しします。私もこの診断を受けたとき、夫に裏切られたという気持ちと、自分が癌になってしまうかもしれないということで、非常にショックを受けました。

現在は、子宮頸がんの治療やセカンドオピニオンを専門で行っている病院で治療をしています。

そこの病院で言われたのは、潜伏期間は半年から2年と言うことでした。
また、HPVウイルスは性病です。ですので、性交渉でしかうつりません。
シーツやタオルやお風呂などでうつることはまずありえません。
性交渉経験のある女性であれば、およそ80%の女性がHPVを保持しています。
しかし、通常は自分達の持っている免疫で、ウイスルを排除することができますが、
免疫が落ちていたりすると、ウイスルが排除されず、ずっと体内で悪さをし、結果、異形性になります。

ginko78 は現在婦人科専門の病院で受けられていますか?
私は当初、産婦人科で検査をうけたのですが、子宮頸がんに関する知識が乏しいお医者様だったため、
現在通っている病院へセカンドオピニオンを受けました。

ginko78 さんの受けられたのは細胞診(綿棒で粘膜表面をこする)とコルポ検査だけで、組織診(組織の一部を切り取りどこまで進行しているのか確認する検査)はされますか?
もし、中々IIIaから良くならないようでしたら、組織診をされることをオススメします。

というのも、細胞診と実際の状態の一致度は約60%と、私が通っている病院では言われています。
現に、私は検査を行う際に細胞診と組織診を両方行うのですが、検査結果は全然違います。
先日の検査結果では、細胞診断では「II陰性」に対して組織診は「IIIa中度異型性」という感じでした。
また、HPVは数十種類の型があり、癌にならないウイスルの型もあるようなので、一度自分はどの型なのか調べてみるのをオススメします。
脅かしているわけではないです。後悔をして欲しくないと思ったので、あえて書かせていただきました。

ありのままを伝えていいと思います!夫婦ですし、しかも夫が原因の可能性大なので!


早くHPVがいなくなるといいですね!
難しいですが、あまりストレスを溜めすぎず、ゆったりと過ごしてください。
お大事にしてください。

はじめまして。2年前にIIIaと細胞診断を受け、現在治療中で組織診断を定期的に行っている者です。
心中お察しします。私もこの診断を受けたとき、夫に裏切られたという気持ちと、自分が癌になってしまうかもしれないということで、非常にショックを受けました。

現在は、子宮頸がんの治療やセカンドオピニオンを専門で行っている病院で治療をしています。

そこの病院で言われたのは、潜伏期間は半年から2年と言うことでした。
また、HPVウイルスは性病です。ですので、性交渉でしかうつりません。
シーツやタ...続きを読む

Q子宮頸がん 組織診後のセックス

会社の健康診断で子宮頸がんの結果がIIIaと出たので、婦人科へ精密検査へ行きました。

10月22日に組織診をしてパンチと呼ばれるもので組織を切除し、当日はガーゼをいれたままでお風呂は禁止と言われました。
翌日23日にガーゼを取り、出血が止まっていなければ他の処置とするとのことだったのですが、当日は全く出血もなく、翌日朝に見てもらった時も大丈夫とのことでお風呂もOK、3時間つけておくタンポンとナプキンを頂きましたが昼間の間は全く出血していませんでした。
その日の夜にセックスをしてしまったのですが、少し出血してしました。シーツにはつかないぐらい、ふき取った際に血が滲んでいた程度で、その日の夜もそれ以降出続けるといったことはなかったのですが、治りが悪くなる?とか他の感染症など少し不安になってきました。

先生に結果が出るまでの間も子作りしても良いかと聞いたところ、「全く問題ないですが、検査の当日とかは控えて下さいね」とだけ言われておりました。

検査結果は三週間後ですが、それまでセックスは控えた方が良いのでしょうか?

Aベストアンサー

子作り=セックス、が「全く問題ないですが、当日は控えてください」と言われたのですよね?
私の勘違いならごめんなさい。
先生がおっしゃったとおりで構わないと思います。

Q子宮がん検査で、HPV高リスクと判断されました。

現在20歳、アメリカに留学しているものです。
留学先の医務室?のようなところで子宮がん検査を受けました。
結果はHPV HIGH RISK, ASC-USとでました。
生理が一週間おきにくるという生理不順があったので、検査をうけたら、こういう結果になったわけです。
初めてこのウイルスを知ったので、不安だらけです。ネットでもいろいろ調べましたが、
SEXをしたことがあるひとならだれでも持っている可能性があり、持っているからと言ってだれでも癌になるわけではないということですが、HIGH RISKとありますし、いったい自分がどうなるか不安でしょうがないです。

そこで質問なのですが、

1)HPVが原因で、ASC-USが起こっているという説明を受けました。ASC-USは、明確に判断ができていない状態と、ネットに書いてあるのを見ましたが、HPVが高リスクとうことは、陽生である可能性が高いですか?HPVとアスカスの関係性がいまいちよく理解できていません。

2)産婦人科の予約をするようにいわれ、約二週間後に予約をしました。そこで行われることは、さらに精密な検査でしょうか?それともがん予防でしょうか?

3)男性経験は2人ですが、一人目の人は童貞ですので、二人目の人からもらった可能性高いと思いますが、その人と初めてSEXしたのは二年前くらいです。もし、二年前にそのHPVをもらっていたとしたら、今回の発見は、早期発見といえますか?

4)アメリカの大学で検査をうけました。日本との大きな違いはありますか?


質問が多くてすみません、少しでも応えていただければ助かるので、よろしくお願いします。
なお、下に詳しいことを書いたので、時間のある方は読んできただければと思います。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



もともと不正出血がよくあり、中学生くらいのときに、生理不順ということで、血液検査、尿検査、と、受けたことはありますが、異常がないということだったので、ホルモン剤をもらったことはあります。
それと、19歳の時に、SEXした次の日くらいに不正出血があったので、婦人科にいき、性病を疑われ、淋菌とクラミジアの検査をしました。どちらにも感染していなく、異常はないといわれました。

今までの男性経験は、二人ですが、一人目は童貞のひとで、二人目は、童貞ではありません。
どちらのひとともコンドームなしでSEXしたことがあります。

アメリカで検査をうけた、というのも今留学中で、(まだ英語が流暢でないため)すべて耳で話を理解することができませんでしたが、結果のコピーがあり、それをネットで調べて、今、HPVの存在を知りました。

とりあえず高リスクなので、文字ばっかりが頭をよぎり、不安で仕方ありません。もし、がんになったら、親に心配させてしまうし、子供もうめなくなるし、これから先、また新たなパートナーが見つかったとしても、HPVに感染しているというのが後ろめたいです。自分が悪いのは百も承知です。もし体験談やアドバイスなど、いただけましたらうれしいです。

現在20歳、アメリカに留学しているものです。
留学先の医務室?のようなところで子宮がん検査を受けました。
結果はHPV HIGH RISK, ASC-USとでました。
生理が一週間おきにくるという生理不順があったので、検査をうけたら、こういう結果になったわけです。
初めてこのウイルスを知ったので、不安だらけです。ネットでもいろいろ調べましたが、
SEXをしたことがあるひとならだれでも持っている可能性があり、持っているからと言ってだれでも癌になるわけではないということですが、HIGH RISKとありますし、い...続きを読む

Aベストアンサー

(1)ベセスダ資料 http://www.ccv.ne.jp/home/pinetree/bethesda.htm
日本だとASC-USでHPV陽性とは、ハイリスクHPV感染でLSIH(軽度異形成疑い)と同様の扱いで精密検査へ。

(2)異常なしかCIN(異形成)が有るかを調べる精密検査です。HPV感染だと精密検査(コルポ診+組織診)へ進み結果は、異常なし,CIN1(軽度異形成),CIN2(中等度異形成)等で確定します。精密検査前では、異常なし,CIN1,CIN2の3つの"疑い"段階です。

<< 組織診結果後のフォロー >>
・異常なし→半年毎の細胞診再検査又はHPV検査

・CIN1有り→HPVタイピング検査→16,18,31,33,35,46,52,58は3ヶ月毎のフォロー
 CIN1有り→上記以外の型1年毎のフォロー

・CIN2有り→HPVタイピング検査→CIN1と同型は3ヶ月毎のフォロー又はレーザー蒸散か円錐除去手術
 CIN2有り→上記以外の型は半年毎のフォロー

CIN3(高度異形成)は、円錐切除手術推奨ですが、これも癌ではなく質問者様の場合、精密検査後にCIN3が出る確率はかなり低い。

※ 必ず上記のフォローではなく、患者個別の状態や年齢等にもより医師の方針で変わる。

(3)癌発見ではなく異形成疑いで引っ掛かった。早期と言えば早期だが、HPV感染でも異常なし(炎症の疑い含む)の人も居れば、異形成の人も居る。異形成は癌ではなく、フォローで定期検査をし仮にCIN3や上皮内癌(筋層に浸潤なし)なら円錐除去で間に合う状態です。

(4)ASCCP(米国コルポスコピー子宮頸部病理学会)のガイドラインを参照下さい。

資料を見ても解る通り、HPV感染すれば必ず異形成や頸癌になるとは限らず、元に戻る確率の方が遥かに高く、30歳未満は優位にHPVを排除し易いとの学会(日本)のデータも有ります。

>>これから先、また新たなパートナーが見つかったとしても、HPVに感染しているというのが後ろめたいです。
防げない程に蔓延したウィルスでワクチンも一部予防程度。出所を探るより各々が癌へ進展しない様に検診を受け、未然に防ぎ自己の免疫で排除する事が大切では。日本ではASC-USに限り保険適用。頸癌検診時にHPV検査も同時に盛り込む方針が有り、試験的に限られた施設で行われています。

(1)ベセスダ資料 http://www.ccv.ne.jp/home/pinetree/bethesda.htm
日本だとASC-USでHPV陽性とは、ハイリスクHPV感染でLSIH(軽度異形成疑い)と同様の扱いで精密検査へ。

(2)異常なしかCIN(異形成)が有るかを調べる精密検査です。HPV感染だと精密検査(コルポ診+組織診)へ進み結果は、異常なし,CIN1(軽度異形成),CIN2(中等度異形成)等で確定します。精密検査前では、異常なし,CIN1,CIN2の3つの"疑い"段階です。

<< 組織診結果後のフォロー >>
・異常なし→半年毎の細胞診再検査又はHPV検査

・CIN1有り→HPVタ...続きを読む


人気Q&Aランキング