AIと戦って、あなたの人生のリスク診断 >>

増資の払込金の仕訳について教えてください

払込みを受けてから増資の効力発生までの間は、小口現金や他の預金とは区別して
別段預金にしておく。使えるようになったらその口座(普通預金)に振り替える。
ということでいいのでしょうか。

借方科目 金額 貸方科目 金額
4/1払込金 10,000,000 資本金 10,000,000
4/1別段預金 10,000,000  払込金 10,000,000

4/2普通預金 10,000,000 別段預金 10,000,000

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

えっとですね、



株式の払込金は通常は資本科目の一部として捉えられています。

従って、一般的には以下のように仕訳するものと思います。

(金額:千円)
4/1 別段預金 10,000/払込金  10,000

払い込みが完了すると、
4/2 払込金  10,000/資本金  10,000
4/2 普通預金 10,000/別段預金 10,000

小規模の会社では、銀行の方で特に別段預金口座を開設しなくても、払い込みは普通口座へ→銀行内で普通預金→別段預金→普通預金への振替を行ってくれる場合があります。

会社によっては最初の仕訳が、
4/1 別段預金 10,000/申込証拠金  10,000
である場合があります。この場合、
4/1 申込証拠金 10,000/払込金  10,000
を経て、
4/2 払込金  10,000/資本金  10,000
4/2 普通預金 10,000/別段預金 10,000
となる場合もあります。

また、増資の決議で申込金の半額は資本に組み入れないという例もあります。
 
4/2 払込金  5,000/資本金  5,000
4/2 払込金  5,000/資本準備金  5,000
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2005/04/07 03:25

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q払込金額とは?

株式の発行について勉強しているのですが、
「株式500株を1株の払込金額60000円で発行し、」
の払込金額とはいったいなんでしょうか??

解答お願いします。

Aベストアンサー

平たく言えば販売価格です。

Q長期借入金の返済原資の額の算出

財務3級で、「長期借入金の返済原資の額」を算出する算式について質問があります!
解説に、
長期借入金の返済原資=保留利益+減価償却費+増資払込金ー既存長期借入金返済額
とあります。

ここで、減価償却費が加算されていますが、費用である減価償却費がなぜ返済の原資になるのでしょうか?

わかる方いらっしゃいましたら、教えていただけないでしょうか。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 不動産賃貸業を営んでおります。

 減価償却費というのは、費用ではありません。費用とは、ふつうは、収入を得るために出て行くお金のことを言います。

 しかし、日本の税制というのは、国民の側の、国民のための、制度ではなく、国すなわち税務署側から見て作られた、税務署のための制度なのです。したがって、用語も、当然、税務署側の都合にあわせて作られています。

 さて、 課税対象となる「所得」を算出するとき、「費用」を「収入」から引きます、よね?

 その時、「減価償却される額」も「収入」から引くのです。収入から引くから、費用も、「減価償却される額」も、それが大きいほど所得は減り、それゆえに、課税額も減ります。

 つまり、税務署からみると、「減価償却される額」は「費用」と同じ働きをする(所得税を減らす)悪いヤツなので、「減価償却 費」と呼びますが、実際は、国民の財布からは出てきません(費用は出ていく)。「収入を得た人の財布に残るお金」なのです。だから、返済の原資になります。

 減価償却費の計算方法は面倒なので、省略しますが、例えば、100万円の収入を得た人の減価償却費が100万円だったとすると、100-100=0 なので、所得はゼロ。所得税もゼロになります。が、その人の財布には100万円残ります。だから、この人は100万円を返済に充てることができます。

 減価償却費とは、そういうものです。

 不動産賃貸業を営んでおります。

 減価償却費というのは、費用ではありません。費用とは、ふつうは、収入を得るために出て行くお金のことを言います。

 しかし、日本の税制というのは、国民の側の、国民のための、制度ではなく、国すなわち税務署側から見て作られた、税務署のための制度なのです。したがって、用語も、当然、税務署側の都合にあわせて作られています。

 さて、 課税対象となる「所得」を算出するとき、「費用」を「収入」から引きます、よね?

 その時、「減価償却される額」も「収入...続きを読む

Q法人市民税を支払った時の勘定科目は?

よろしくお願いします。

先日、職場で初めて決算をし、法人市民税を支払ったのですが
この際の勘定科目は、どのようにしたらよいのでしょうか?

自分なりに調べたところ、そのまま「法人市民税」で良さそうですが、
職場の会計ソフトにはその科目がなく、代わりに
「1 法人税、住民税および事業税」と「2 法人税等」と「3 法人税等調整額」という科目があります。

3はその名前の通り、調整した時に使う勘定かな?と思いますので、おそらく1か2だと思うのですが、どちらを使うのが適当でしょうか?
(1と2って、使い方はどのように違うんでしょうか・・?)

初歩的な質問でお恥ずかしいのですが、どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

「1 法人税、住民税および事業税」と「2 法人税等」は同じです。「1 法人税、住民税および事業税」が長ったらしいのに比べて、「2 法人税等」の方が短く簡明なので「2 法人税等」を使う会社が多いです。

法人市民税を支払ったとき、

(1)発生主義の仕訳:
〔借方〕未払法人税等OOOO/〔貸方〕当座預金OOOO

(2)現金主義の仕訳:
〔借方〕法人税等OOOO/〔貸方〕当座預金OOOO

Q税理士報酬の勘定科目

税理士報酬の勘定科目はなにが適切でしょうか?
よろしくお願いします

Aベストアンサー

法人であれば「支払報酬」でしょう。

「支払手数料」でも悪くはないでしょうが、税理士や行政書士などの先生に支払ったものは「支払報酬」とするのが一般的です。

Q資本金を使った場合の仕訳

会社の通信費を支払う為に資本金として出資した資金を使いたいのですが、

1.そもそも資本金は使っていいのか?
2.資本金を使う場合の仕訳の仕方は?

以上2点を教えて頂きたいです。

Aベストアンサー

>会社の通信費を支払う為に資本金として出資した資金を使いたいのですが、
1.そもそも資本金は使っていいのか?

資本金を会社の経費の支払いに充てるのはOKです。
同様に、借入金を会社の経費の支払いに充てるのもOKです。
同様に、売上代金を会社の経費の支払いに充てるのもOKです。


>2.資本金を使う場合の仕訳の仕方は?

例えば会社の金庫に10万円の現金が入っているとします。この現金から通信費2万円を払う場合の仕訳は、

〔借方〕通信費20,000/〔貸方〕現 金20,000

金庫の10万円は、資本金の一部なのかどうか分かりません。ですから、この仕訳で「資本金」という科目を使うのは誤りです。同様に、「借入金」という科目を使うのも誤りです。

………という説明は間違いではないが不正確です。正確な説明は次の通りです。

『 そもそも「資本金」とは、株主の「権利」(≒出資権)を表す勘定科目です。株主の「権利」ですから、会社の「義務」を表す勘定科目と言っても良いでしょう。会社は株主に配当を払う義務があり、また決算、役員選出、合併などの重要事項については株主の承認を得る義務があります。会社が通信費を払っても会社の「(株主に対する)義務」が減ったり増えたりするわけではないので、「資本金」という科目は使わないのです。』

>会社の通信費を支払う為に資本金として出資した資金を使いたいのですが、
1.そもそも資本金は使っていいのか?

資本金を会社の経費の支払いに充てるのはOKです。
同様に、借入金を会社の経費の支払いに充てるのもOKです。
同様に、売上代金を会社の経費の支払いに充てるのもOKです。


>2.資本金を使う場合の仕訳の仕方は?

例えば会社の金庫に10万円の現金が入っているとします。この現金から通信費2万円を払う場合の仕訳は、

〔借方〕通信費20,000/〔貸方〕現 金20,000

金庫の1...続きを読む

Q事務所の賃貸契約時の仕訳

先日新しい事務所の賃貸契約をしてきました。契約時に支払った項目、金額、支払先は概ね次の通りで、全て現金で支払いました。
それぞれの項目の勘定科目と仕訳を教えてください。
賃貸契約期間は、7/15から2年間です。
また当社の決算は3月末ですが、決算時の振替処理がありましたら、合わせて教えていただけると助かります。

1.敷金:400,000(うち償却200,000)→大家さん個人
2.礼金:420,000→大家さん個人
3.前家賃(7、8月分):315,000→大家さん個人
4.前共益費(7、8月分):47,250→大家さん個人
5.火災保険料(2年掛捨):41,090→管理会社
6.仲介料:210,000→不動産仲介会社
7.保証料(半年分、掛捨):230,000→連帯保証人代行会社

特に、7の連帯保証人代行の保証会社への保証料がよくわかりません。保証料とはいっても、一切帰ってこないお金ですし、期間も今期中の分なので、費用に計上したいのですが、科目が??です。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

下記のようになります。

貸方は全額 「現金」です。

借方
敷金       200.000(返還される分)
長期前払費用   200.000(返還されない分)
繰延資産(礼金)  420.000
賃借料(前家賃)  315.000
賃借料(前共益費)  47.250
保険料(1年分)   20.545
前払費用(1年分)  20.545(来期に保険料へ振替え)
支払手数料(仲介料)210.000
支払手数料(保証料)230.000

敷金は差入保証金でも良いです。
今回は該当しません、が敷金の返還されない分が200.000未満であれば、支払時の経費として処理できます。
長期前払費用は繰延資産でも良いです。
 
なお、長期前払費用200.000(返還されない分)と、繰延資産(礼金)420.000については、5年又は、賃貸期間が5年よりも短い場合は、その年数で償却します。

償却時の仕訳
支払手数料 **** / 繰延資産(又は長期前払費用)
 

Qシステム使用料の勘定科目

経理初心者です。会社で楽天のシステムを使用しています。システム使用料は勘定科目は何になるのですか?このような質問ですみませんが、アドバイスよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

私は
支払手数料 楽天 現金
で起票しています。

Q受講料の仕訳の仕方

仕訳の仕方を教えて下さい。

仕事で必要な講習を会社負担で社員に受講させました。このとき、受講費用はどういう勘定科目にすればいいのでしょうか?

受講すると資格が得られるのですが、個人に対する資格ではなく、会社に対する資格となります。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

前の方が答えてみえるように「福利厚生費」で一般的にはよろしいかと思います。
また、講習会などがよくある場合には、「研修費」なんていう科目を使われても良いと思いますよ。
今年から「人材育成投資税制」なんてのも始まりましたんで、人材育成関係の費用だけ「研修費」なんていう別科目で管理しておくとわかりやすいかもしれませんね。

Q郵便って通信費?

ネットショップをやっていて商品を郵便で送っています。(ゆうぱっくではない)この場合の送料(経費)を会計ソフトで、郵便代として入力したら通信費として仕分けされました。手紙ではないのに通信費っておかしいと思うのですがどうなんでしょう?荷造運賃に仕分けするのが正しいと思うのですが・・・。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

当社の場合、封書・葉書・メール便と葉書・切手の購入費は通信費(その他に電話代等ありますが)ですが、ゆうパック・宅配便代・郵送トラックチャーター代などは荷造運賃費です。

ですが経理で大事なのは"継続すること"なので、あなたの会社で一度決めればそれで通していけばいいのです。

特に今回の質問内容には、脱税ができる要素はないので、どちらでも問題はないと思われます。
福利厚生費と給与・会議費と接待交際費など、税金に直接関わる勘定科目の仕訳をちゃんとすればOKです。

でも面白いソフトですね。勝手に勘定科目が出てくるソフト・・・
見たことありません、使ってみたいですね。

Q増資の仕訳ついて教えて下さい。

去年設立したばかりの小さな会社の経理を担当している者です。
下記の内容で「増資」をしたのですが仕訳が判らず困っています。
(当方、合同会社です。)

(1) 増資した金額の内訳(400万円)
 ・会社が元から所有していた金額 200万円
 ・取引銀行から融資して貰った金額 200万円
  ※銀行より融資してもらった日は1月中です。
(2) 増資資金を振替えた日
 3月3日(月曜日)
  ※払込証明書が必要だった為、銀行に振替えて貰いました。
(3) 増資資料を法務局に提出した日
 3月10日(月曜日)
(4) 法務局の承認がおりた日
 3月14日(金曜日)

株式会社の増資は検索をすれば例題が出ているのですが
さすがに合同会社の方法が明記されておらず困っています。

どなたかわかる方が居ましたらご回答の程、宜しくお願します。

Aベストアンサー

No.1の者です。

合同会社であっても、基本的な部分は変わりません。

銀行からの融資が会社に対してなされたのであれば、それを会社がそっくり代表社員へ貸し付けたことになります。この場合、増資全額がその代表社員の出資としているときは、「払込のされた日」すなわち「増資資金を振替えた日」(3月3日)に、次の仕訳をすれば足りましょう。

貸付金(その代表社員に対するもの)/資本金 400万円

ところで、
> 代表社員の者が取引先銀行から借入れをして、
その金額の一部を増資に当てた場合は増資は可能なのでしょうか。
との点については、会社が貸し付けて同額を出資してもらっているのですから、実質的に会社資金が増加していることにはなりません。そのため、見せ金ないしその類似行為として、出資が無効となるおそれを否定できません。無効であるときは、資本金増加の取引が無いこととなりますから、「仕訳なし」となります。

その代表社員は、会社から借り入れるのではなく、金融機関から借り入れて会社に出資し、かつ、出資した金銭を会社から借り入れないのが良かったとはいえます。

(なお、直近の類似質問とその補足から推定するに、蛇足や大きなお世話かもしれませんが、規約を考えれば、ハンドル名は同じままのほうがいいですヨ。登録データを出来るだけ早くサーバから消してしまいたいお気持ちは、よく分かるのですが。「前回投稿」で補足に気付かなかったことについては、お詫び申し上げます。)

No.1の者です。

合同会社であっても、基本的な部分は変わりません。

銀行からの融資が会社に対してなされたのであれば、それを会社がそっくり代表社員へ貸し付けたことになります。この場合、増資全額がその代表社員の出資としているときは、「払込のされた日」すなわち「増資資金を振替えた日」(3月3日)に、次の仕訳をすれば足りましょう。

貸付金(その代表社員に対するもの)/資本金 400万円

ところで、
> 代表社員の者が取引先銀行から借入れをして、
その金額の一部を増資に当てた場合は...続きを読む


人気Q&Aランキング