アプリ版:「スタンプのみでお礼する」機能のリリースについて

何故日本と西欧だけ発展したんですか?
今は中国、オーストラリア、アメリカ、ロシアなど世界中に先進国がありますが、何故400年くらい前は日本と西洋だけが発展したんですか?400年前ヨーロッパが大量の植民地を保持したり日本は世界の半分の銃を持っていたり、江戸時代すっごく平和でした。しかし何故今は先進国である中国、ロシア、オーストラリア、アメリカはあまり発展しなかったのですか?

A 回答 (6件)

文明の生態史観、という面白い


見解があります。

ユーラシア大陸があり、そこでは中国、インド、ペルシアなど
大国が発展した。

その周縁に位置する
ヨーロッパと日本は気候が温暖で、
外部からの攻撃を受けにくいなど、環境が安定している為、
中国、インド、ペルシアなどよりは発展が遅いものの
それらの地域から文化を輸入することによって発展し、
安定的で高度な社会を形成できるとするものです。



尚、中国ロシアは先進国とは普通
呼ばないでしょう。

中国などは中所得国ですね。
    • good
    • 1

失礼。


オーストリアではなく、オーストラリアでしたね。
オーストラリアも、米国と同じように近代になってから白人が移住して開発されていった国ですから発展が遅れたのは当然でしょう。

オーストラリアの場合も、初期には原住民虐殺事件が数多く発生していますが、当初は有力な資源が発見されなかったことから、白人の移民は米国よりも大幅に遅れています。本格的な植民が始まったのは19世紀半ばに金鉱が発見されてからです。
    • good
    • 0

日本は縄文時代から「和」の国だった。

弥生人が日本に入ってきても、縄文以来の和を捨てることなく、天皇制が確立してからも天皇の下で四民平等の思想が根底に存在していた。
権力の興亡はあったとはいえ、天皇制が倒れなかったのは、四民平等の思想が権力側にも有益であり、それを護るためには天皇制が有意義であることが多くの人々に理解されていたからだろう。

西欧は、市民階級が最初に権力を握った社会だ。そして市民階級は王族の「王権」という権威に対抗するために「人権」という思想を創造して対抗した。そして最も過激な人権思想を追求したフランスでは王族をギロチンにかけたが、英国・オランダなど多くの西欧諸国は、王族の権力は大きく剥奪したが、権威はそのまま認め、国家統合の象徴として利用した。
これはかなり日本の天皇制に近い概念だ。多くの西欧諸国が日本を認めたひとつの大きな理由は、天皇制を古代から自分たちが王族を利用した方法と非常に似ていることに気付いたからでもあるだろう。

中国、ロシア、オーストラリア、アメリカの先進性が遅れた理由は次のように考えられる。
中国・ロシアは今でも事実上帝国的独裁制を保っている国だが、昔は名実ともに帝政が近代まで継続していた。
オーストリアもハプスブルグ家の権力が第一次世界大戦のころまで保たれていた。
そして米国は、歴史の浅い植民国家だが、そもそも原住民を迫害して資源を奪うことで成立した国家だ。
そして、黒人奴隷制を西欧がいちはやく撤廃したことに比べて、南北戦争終結まで維持していた。
さらに言えば、西欧は人権主義に基づいて黒人差別を意識レベルまで排除していたが、米国の黒人解放は人権に基づいたものではなく、黒人を米国から追放しようというもっと過激な黒人差別主義や、農園労働から工場労働に黒人を移動させるための経済的理由に基づいていた。
つまり、リンカーンによる奴隷解放は、黒人に人権を認めたものでは全くなかった。

今では米国は人権にうるさい国のひとつだ。
しかし、現実には、米国における黒人・ヒスパニック・アジア系市民に対する差別が今でも横行している。だからそういう事件が度々ニュースになっている。米国は今でも人権が多くの市民レベルでは真っ当に浸透していないということだろう。
    • good
    • 0

『銃・病原菌・鉄』という名著がありますので、それが一つの回答になると思います。



ちなみに欧米が発展したのは、せいぜい産業革命後の一時期だけです。それ以前は、四大文明と呼ばれた時代からずっと中国とインドが世界のトップ2だったのです。
    • good
    • 2

    • good
    • 0

くそほど争いが絶えなかったから。


中国にもありましたけどね。
アメリカもロシアも開拓してた頃ですし
オーストラリアはもうちょっとあとですもんね。

と、いうてしまえば
軍事産業があったほうが発展するんでしょうね。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!