そのような生物っているのですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

昔はすべての生物を動物と植物に分けていました。

しかし、ここ数十年の間に生物の研究が進み、そのような分け方は無理があることがわかってきました。

すべての生物は、共通のしくみをもっているので、親戚だと考えられています。しかし、遠い親戚、近い親戚というものがあります。10億年前の共通の祖先から分かれたなら遠い親戚、1億年前の共通の祖先から分かれたなら近い親戚、などと区別できるでしょう。

だから、植物か動物かどちらかわからない生物があれば、どちらに近い親戚なのか、その系統を調べればよいわけです。

ところが、これは大変むずかしいのです。化石は手がかりになりますが、化石の残っている生物は多くありません。一方、どんな生物でもDNAを持っています。DNAは遺伝子の本体となる物質です。生物が代を重ねるうちに、DNAは少しずつ変化していきます。化石などで系統のわかる生物でみると、近い親戚は似たDNAを持ち、遠い親戚は違いの大きいDNAを持つことがわかります。

そこで、化石などで判断できない生物にもこの考え方を広げ、「DNAが近ければ、近い親戚」と仮定します。いろいろな生物のDNAを調べれば、生物全体の系統を描くことができます。これは最近になって、DNAの分析技術が発展してはじめて可能になりました。

◇◇◇

ネズミ、バッタ、カタツムリ、ミミズなどは誰でも文句なしに動物だといいます。また、マツ、スギゴケ、ゼンマイは誰でも植物に分類するでしょう。さて、シイタケやアオカビはどうでしょう。キノコ・カビ類は菌類と呼ばれています。伝統的に、これらは植物に入れられてきました。

ところが、DNAで調べると、意外にも菌類は植物より、動物に近い親戚であることがわかりました(ただし、その差はわずかです)。こうなると、菌類を植物にするのは無理があります。菌類を動物界でも植物界でもない「菌界」という分類にするのが理にかなっています。

◇◇◇

さて、アメーバとかゾウリムシは動物、植物のどちらでしょうか。伝統では、とりあえず動物の一種にしていますが、これは動物の親戚なのでしょうか?
ところが、DNAでみると、動物・植物・菌類が分かれるよりも、ずっと古い時代にその祖先から分かれたらしいのです。動物・植物・菌類が分かれるよりずっと古い時代に分かれたこんな生物はたくさんあって、その子孫はそれぞれに繁栄しています。ミドリムシとか、おなじみのコンブやワカメもそうです。さすがに、こういう生物を動物だの植物だの呼ぶのは系統でいえば無理があります。そこで、この種の生物を(互いに近い親戚かどうかは関係なく)全部ひとまとめにして、原生生物と呼んでいます。

◇◇◇

細菌は、上で説明した生物(まとめて、真核生物といいます)とは細胞のつくりが全く違います。真核生物も遠い祖先は細菌と共通と考えられますが、分かれたのは非常に古くて十数億年前のようです。伝統的な分類では、細菌を便宜上、植物に入れてきましたが、細菌は細菌でまったく別のグループと考えるのが適当です。

生物を「動物界」「植物界」「菌界」「原生生物界」「モネラ界(細菌)」と分ける(五界説といいます)のが一応便利であるため、よく使われています。しかし、細菌にも真性細菌と後生細菌(古細菌)があるとか、原生生物はいろんな生物を遠い親戚なのにごっちゃに放り込んでいるとかの問題があり、さらに新しい分類が提案されています。
    • good
    • 1

見た目でわかりやすいので粘菌はいかがですか?


光合成はしませんので植物のカテゴリーには入らないのですが、
胞子→単細胞アメーバ→移動体→子実体→胞子
という生活環の中で、移動体は多細胞のアメーバ様、子実体は強いていうならキノコ様の姿をしています。
    • good
    • 0

分類法によっては「植物でも動物でも無い生物」は存在しません。

二界説という考え方では植物と動物しか存在しません。(植物に含めるか、動物に含めるかは説によって考えが異なります。植物と動物に強引に分けてしまおうとするのは可能ということです。ウイルスは自分の力で増殖できないので(他者の力を借りる)、非生物と扱うのが一般的)

最近では五界説という考えが広く受け入れられています。
その考え方では、
「植物界」(種子植物・シダ植物・コケ植物 など)、
「動物界」(セキツイ動物・原索動物・キョクヒ動物・節足動物・軟体動物・環形動物・輪形動物・線形動物・扁形動物・腔腸動物・海綿動物 など)、
「菌界」(カビ・キノコなど)、
「原生生物界」(原生動物、ラン藻以外の藻など)、
「モネラ界」(細菌、ラン藻)の三つに分けます。
五界説の考え方では、カビ・キノコ・原生動物・藻・細菌などは動植物に含みません(しかし五界説の考え方にもいろいろ種類あり)。
どの生物とどの生物が仲間かさえ理解できる人なら誰でも好きなように、生物を分類できるということです。
どんな分け方にも一定の理由がないといけませんが…

補足ですが、ミドリムシは独立栄養生物なので一般的に植物(二界説の考え方)か原生生物(五界説の考え方)として扱われます。
また、自分で動くすべての生物→動物
という考えは誤りです。 

参考URL:http://www.max.hi-ho.ne.jp/lylle/seibutu_bu.html
    • good
    • 0

 ウイルスはそもそも生物かどうかの議論がされるほどの存在です。

自力で自分の複製を作ることができず、他の生物の複製機能を乗っ取ることで増殖します。
    • good
    • 0

単細胞生物がそれにあたるんではないでしょうか。

↓に解説があります。原生生物というんだそうです。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8E%9F%E7%94%9F% …
    • good
    • 0

細菌類、藻類、菌類は?



 藻類、菌類て昔は、植物の仲間としてきたらしいけど
現在では植物界に含めない。

植物の定義て
・光合成をする(独立栄養)
・非運動性
・堅い細胞壁をもつ

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/æ¤&#14 …
    • good
    • 0

ミドリムシ

    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q動物と植物の定義

過去に質問されていそうな質問だと思ったのですが、見つからなかったので、質問します。

動物と植物の定義を教えてください。

素人なりにいろいろ考えました。
1)植物は光合成をする生物
2)動物は自らの意志で移動ができる生物
3)動物は他の生物から栄養を得る生物
ですが、自分の中では全て否定されました。

1)まず、菌類、細菌は光合成をしない。菌類、細菌類が植物に分類されているのかは知りません。しかし、動物ではないと思うので。(動物でも、植物でもないのですか?)菌類、細菌が植物ではないとしたら、これは、反論にはなりません。
でも、1)の定義なら、ミドリムシは植物だと言い切れます。しかし、言い切ってはいなかったと思います。

2)サンゴは動かない(と思う)。サンゴはなぜ、動物なんですか?
ミドリムシが動物だと言い切れる。(これは1)と同様)

3)食虫植物は他の生物からも栄養をとる。
確か、木に寄生して栄養を奪う植物がいた。(ラフ何とかだったような)

Aベストアンサー

そもそも、全ての生物を動物と植物の2界に分けるというのは、生物の系統に関する一つの説であって、この説に無理があるんですよ。二界説(生物を植物界と動物界にわける)での植物と動物の定義は、細胞壁の有無できめます。
しかし、細胞構造や、栄養の取り方、生態系における役割の違いを考えると、二界説に無理があることは、一目瞭然です。
そのため、現在では生物を5つの界、すなわち、原核生物界(モネラ界)、原生生物界、植物界、菌界、植物界に分ける5界説が主流です。
分類というものは、そもそも、人間が扱いやすいように作ったものですから、完全な分類というものに無理があるのかもしれませんね。
FROM 16KI

Q磁石につく金属とつかない金属

磁石に鉄、コバルト、ニッケルなどはつきますがアルミニウム、金、銀、銅などはつかないのはなぜか理由を知っている方は教えてください。

Aベストアンサー

原子を構成する電子のスピンが関係しています。
スピンとは電子の自転運動に相当し、スピンによって電子そのものが磁石としての性質を持ちます。
電子のスピン同士はお互いを打ち消し合う性質を持ちますが、鉄、コバルト、ニッケルはすべて打ち消し合わずに3d軌道と呼ばれる電子軌道にスピンが余ります。
このような物質が強い磁界に入り込むと、余ったスピンにより、強磁性体(磁石)に吸い寄せられます。
すべてのスピンが打ち消し合う物質の場合は、スピンが余っていないので、強磁性体(磁石)に吸い寄せられる事はありません。

Q四次元というのはどんな世界ですか?

そもそも我々の住んでいる世界は三次元ですか、四次元ですか?
三次元の世界とは縦横高さのある空間の世界だと思います。
これに時間の概念を足せば四次元になるのでしょうか?
我々の世界にも時間があるので、四次元といってもいいのでしょうか?
それとも四次元とは時間とは無関係の世界なのでしょうか?
あるいは時間と空間を自由に行き来できるのが四次元なのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>そもそも我々の住んでいる世界は三次元ですか、四次元ですか?

4次元であると考えると都合がいいというのが
現段階の結論です。

 100年ほど前、スイスのチューリッヒ工科大学
のミンコフスキー教授が物理学的な4次元の理論というのを
考えました。物理的な計算をするのに、縦、横、高さ
方向以外にもう1つ方向があるとして計算すると
うまく計算できることがあるというもので、
彼の教え子の一人が、4次元時空の理論と
して有名な相対性理論を完成させた、アルバート・
アインシュタインでした。
 彼は、リーマンという数学者が作った、
曲がった空間の幾何学(現在リーマン
幾何学と呼ばれています)を使い、4次元の
空間が歪むという状態と、重力や光の運動を
あわせて説明したんです。これが相対性理論。

>これに時間の概念を足せば四次元になるのでしょうか?

 物理学的にはそうです。

 相対性理論の話に関連付けて説明するとこんな感じです。
例えば、下敷きの板のような平面的なもの(数学的には
これを2次元空間と言ったりします)を曲げると
いう動作を考えてみて下さい。下敷きに絵が書いて
あったとして、曲げながらそれを真上から見て
いると、絵は歪んで見えます。平面的に見て
いても下敷きという2次元空間が歪んでいる
ことが感じ取れます。
 2次元的(縦と横しかない)な存在である下敷きが
歪むには、それ以外の方向(この場合だと高さ方向
ですが)が必要です。

 19世紀に、電気や磁気の研究をしていた学者たちが、
今は小学校でもやる砂鉄の実験(紙の上に砂鉄をばら撒いて
下から磁石をあてると、砂鉄が模様を描くというやつです)
を電磁石でやっていたときに、これは空間の歪みが
原因ではないかと直感したんです。
 電磁石の強さを変えると、砂鉄の模様が変化します。
これを砂鉄が動いたと考えず、砂鉄が存在して
いる空間の歪みが変化したのでは?と考えたんです。

 3次元の空間がもう1つ別な方向に曲がる。
その方向とは時間という方向だということを
証明したのが、相対性理論だったんです。


>あるいは時間と空間を自由に行き来できるのが四次元なのでしょうか?

 4つ目の方向である時間は、存在していても
その方向に、人間が自由には移動する方法は
現在ありません。時間方向を自由に動ける機械と
いうのは、タイムマシーンのことなんですが。

 日常生活を考えてみたとき、縦、横といった
方向は割りと自由に動けます。1時間ちょっと
歩けば4kmくらい楽に移動できますが、
道路の真中で、ここから高さ方向に
4km移動しろと言われたら、人力だけでは
まず無理でしょう。
 飛行機やロケットといった道具が必要と
なります。
 時間方向というのは、このように存在していても
現在のところ自由に移動できない方向なんです。

 例えば、人間がエレベーターの床のような
平面的な世界に生きているとしましょう。

 この場合、高さ方向を時間と考えて下さい。

 エレベーターは勝手に下降しているんです。
この状態が、人間の運動と関係なく、時間が
経過していく仕組みです。

 人間もほんの少し、ジャンプして高さ
方向の移動に変化をつけることができます。

 同様に時間もほんの少しなら変化をつける
ことができます。

 エレベーターの中で、ジャンプすると
ほんの少し下降を遅らせることができる
ように、時間もほんの少し遅らせることは
できるんです。




 

>そもそも我々の住んでいる世界は三次元ですか、四次元ですか?

4次元であると考えると都合がいいというのが
現段階の結論です。

 100年ほど前、スイスのチューリッヒ工科大学
のミンコフスキー教授が物理学的な4次元の理論というのを
考えました。物理的な計算をするのに、縦、横、高さ
方向以外にもう1つ方向があるとして計算すると
うまく計算できることがあるというもので、
彼の教え子の一人が、4次元時空の理論と
して有名な相対性理論を完成させた、アルバート・
アインシュタイン...続きを読む

Q細胞壁は原核細胞に存在する?(センター生物Iの質問です)

旧課程履修者です。

生物IBで「細胞壁は植物細胞のみに存在する」と習い、今日まで来ました。

代ゼミライブラリー「センター・マーク標準問題集 生物I」 大堀求/著 という問題集で、

「細胞壁は、植物細胞と原核細胞に存在する」

と解説しています。初耳です。

しかし、参考書で文英堂「理解しやすい生物I・II【新課程版】」 水野丈夫・浅島誠/編著 では、「原核細胞は細胞膜を外側の構造として持ち...」と書いてあり、イラストもありますが細胞膜が外側の構造となっていて、細胞壁は描かれていません。

また、学研 「きめる!センター生物IB」(田部眞哉/著)は、旧課程ですが「細胞・組織」のところは一緒ですので参照したところ、文英堂「理解しやすい生物I・II【新課程版】」と同様に、「細胞壁は植物細胞にのみ存在する」とし、原核細胞は「細胞膜」を持っていると書かれています。

大堀氏の解説が間違っているのでしょうか?堂々と赤字で強調しています。新課程版の参考書と齟齬があるので困っています。

Aベストアンサー

原核生物も細胞壁を持ちます。アオカビから発見されたペニシリンという抗生物質はご存じですよね。これは細胞壁を作らせないことで細菌の繁殖を防ぎます。ヒトの細胞には細胞壁はありませんから,選択的に効果が出るわけです。この様な話は,授業で出ませんでしたか?

○下記URLはベニシリンのお話です。
http://www.keddy.ne.jp/~scitech/medicine/medicine/how_to_work.htm

参考URL:http://www.keddy.ne.jp/~scitech/medicine/medicine/how_to_work.htm

Qなぜ単なる「塩酸」ではなく「うすい塩酸」を使うのか?

中学生に質問されて困っております。
どなたか、わかる方おられましたら、教えてください。

中学校の実験などで、よく「うすい塩酸」なるものがでてきます(例えば、石灰石とうすい塩酸で二酸化炭素が発生するとか、亜鉛とうすい塩酸で水素が発生するとか)が、あれは何故「うすい」という表記が常についているのですか?濃い塩酸ではダメなのですか?濃度が違うと、異なる反応になってしまって、目的とする反応が得られないのでしょうか?あるいは、濃い塩酸だと危険極まりないから?

付け加えて、濃いとかうすいとか、どのように定義されているのでしょうか?そちらもわかればお願いします。

わからなくて困っています。どなたか助けてください。

Aベストアンサー

仰るとおり、「危ないから」です。
濃い塩酸とうすい塩酸では反応は変わりませんが速度(激しさ)が変わります。試薬として市販されている「塩酸」は35~37%程度の濃塩酸です。濃塩酸は塩化水素ガス(有毒)を放ちますし皮膚に付くとやけどを起こす事があります。石灰石や亜鉛との反応を観察させるにはうすい塩酸(5~10%)で充分だし濃塩酸だと発泡が激しくてこぼれることが考えられます。試薬瓶にはわざわざ"濃"塩酸なんて書いてありませんから、そのまま使うことが無いようにわざと"うすい"塩酸と表記するのでしょう。濃い、うすいと云うことに特に定義は有りません塩酸がなぜ35~37%で売られて居るかというとこれ以上濃くならない"飽和濃度"(温度、圧力により変化)だからです。

Q物質の分類を教えてください!

物質 純粋な物質 混合物 原子 分子 有機物 無機物 金属 非金属 化合物 単体これらはどうやって
分けられるのですか?
頭の中でごちゃごちゃに
なってしまい整理したいのです。
めんどくさいと思いますけど
例も教えてください。
お願いします!!

Aベストアンサー

物質→純物質+混合物

純物質→化合物+単体

化合物→非金属化合物+金属化合物

非金属化合物→有機物+無機物

金属化合物→無機物

単体→原子→陽子+中性子+電子

Q原核生物

青カビ、ゾウリムシ、大腸菌、酵母菌、ネンジュモ、アオコ、シイタケ

この中から原核生物を3つ選べという問題なのですが

教科書には具体的な生物の例がなく困っています。

予想では大腸菌、酵母菌となにかだと思うのですが...

この中のどれが原核生物だと思いますか?

回答お願いします。

Aベストアンサー

思うとか、思わないとか....クイズじゃないなぁ。
確(しっか)り覚えちゃいましょう、
説明
■原核細胞:細胞膜以外の二重構造を持たない細胞のことで、核、葉緑体、ミトコンドリア等の細胞内小器官が存在しない。尚、核の代わりに核様体、葉緑体ではなくチラコイドのみの器官を持っています。
■真核細胞:核、葉緑体、ミトコンドリア等の細胞膜以外の二重構造を持つ細胞のこと。

で、生物の例ですが.....
■原核生物:原核細胞のみから出来ている生物で、細菌類とラン藻類の2種類のみ。
 細菌類~大腸菌、肺炎双球菌、乳酸菌、根粒菌、亜硝酸菌、硝酸菌等
 ラン藻類~ユレモ、ネンジュモ、アナベナ、アオコ、スイゼンジノリ、アイミドリ、クロオコックス等
■真核生物:真核細胞を持つ生物のことで、菌類、細菌類以外の全ての生物ですが、真核生物の体内に原核細胞を持つ場合が在ります、例えば赤血球等です。

※気を付けなければいけないモノに、"酵母菌"が在ります。酵母は(細胞)核を持ち, 大きな分類では菌界 (キノコやカビの仲間) で、真核生物です。嘗(かつ)ては細菌の仲間と思われていたので酵母菌と呼ぶことが偶(たま)に在ります。

さぁ、以上から3っつ選べますね........、大腸菌、ネンジュモ、アオコ。

思うとか、思わないとか....クイズじゃないなぁ。
確(しっか)り覚えちゃいましょう、
説明
■原核細胞:細胞膜以外の二重構造を持たない細胞のことで、核、葉緑体、ミトコンドリア等の細胞内小器官が存在しない。尚、核の代わりに核様体、葉緑体ではなくチラコイドのみの器官を持っています。
■真核細胞:核、葉緑体、ミトコンドリア等の細胞膜以外の二重構造を持つ細胞のこと。

で、生物の例ですが.....
■原核生物:原核細胞のみから出来ている生物で、細菌類とラン藻類の2種類のみ。
 細菌類~大腸菌、肺炎双球...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報