ここのカテゴリーが妥当かどうかわかりませんが、教えて下さい。
下請業者と約款を交わす時、印紙を貼りますが、印紙は一枚は
弊社が貼ってもう一方を下請業者の方に貼ってもらうようにしています。
しかし、時々業者のかたで印紙 を貼らず弊社の分だけ返してくるところがあります。相手方に連絡すると私のほうはコピーでいいです
と言われましたが、まずいのでは・・・。
こちらは印紙の添付したものがあるのでいいんですけど。
コピーでいいのでしょうか?

A 回答 (3件)

仕事柄(経理担当)よく同様の質問を受けるのですが、


私の場合は、取り敢えず自分側の契約書が税法(印紙税)上
OKということで済ませることが多いです。
(相手の方はそちらで考えて下さい、というスタンスです。)
2部作成し甲乙両者で1部ずつ保管する旨を記載している
パターンが多いかと存じますが、その場合には例えどちらか
一方が2部ワープロ作成したとしてもお互い記名捺印していれば
両者が1部ずつ作成したことになるのではなかったかと思います。
ただ、本社の税務担当部署からは、「相手さんに税務調査が入った
場合は相手さんの納税義務違反になるから、教えてあげたほうが
親切ですよ」と指示されています。
また、逆に相手の方が2部共印紙を貼付してくれているときも
たまにあります。
向こうはサービスのつもりのようですが、1部分の金額を
お返しするようにしております。
ご参考になれば幸いです。
    • good
    • 0

相手方がコピーでよいというのでしたら、印紙を貼ったものをそのままコピーして、それには印鑑は押さないで、相手に渡して大丈夫です。



相手が、それで印紙税法違反にはなりません。
ただ、そのコピーに印鑑を押してしまうと、正式な書類となって、印紙が必要になります。
    • good
    • 1

よくありません。

コピーは正式書類ではあり得ませんから。
約款は書類をやりとりする「双方」が貼る物です。
ですが、その約款をどこかに提出しなくてはならなくなったり、
業者の会社に監査が入ったりするなど特別な事情がない限り対外には出ないので
貼付されているのか第三者にはわかりえないので
印紙代の節約と思って貼らない方を時々おみかけします。
73831さんのお手元には印紙を貼った約款も有りますし、業者さんには
親切に連絡をされていますから、あまり気に病まない方がいいと思います。
そういう業者のかたはそれ以上言っても効果はないと思いますし。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QExcelの変更履歴についてお願いします

★(1)ツール→(2)変更履歴の記録→(3)変更箇所の表示 にて事前に設定した場合のみ『変更履歴の確認』が可能なのでしょうか?
★Excelの保存データの変更履歴を確認できる方法はあるのでしょうか?
★もし変更履歴の確認方法がある場合、履歴を消去する方法はありますか?

よろしくお願い致します。
(WindowsXP,Excel2002を使用)

Aベストアンサー

エクスプローラーでExcelファイルを右クリックしてプロパティを見てください。
作成・更新・アクセス日時等がわかります。

概要タブで表示されるのは、Excelファイル内の情報です。

Q収入印紙 例えば領収書に貼る収入印紙は、何に対する手数料なのでしょうか? 収入印紙は租税や手数料

収入印紙

例えば領収書に貼る収入印紙は、何に対する手数料なのでしょうか?

収入印紙は租税や手数料の徴収のために国が発行する証憑であるということ
というのはサイトで見ましたが、手数料が発生する意味がわかりません。

どなたか教えて下さい。

Aベストアンサー

他の回答により、手数料ではなく税金(印紙税)だという説明に理解されたと思うのですが…では「なぜ税金をかけるのか?」です。それは税金確保のために取れるところ(お金がからむ契約)から取っておこう、ということでしょう。
印紙収入は年に10,350億円あり、たばこ税より多く、酒税や自動車税よりも少ない程度です。結局はなぜ、たばこ・お酒・自動車に税をかけるのか、という話と同じようになってきます。

QWord変更履歴の解除

XPではWordの変更履歴の操作が2000よりわかりづらくて困ってます。

1)Wordで[ツール]-[変更履歴の記録]で作業後、すべてをクリアするために[表示]-[変換履歴]で削除挿入マークを取り外し、保存するのですが、それを開くとまたカラフルなマークが出てきてしまいます。[クリア]を選ぶと書式までクリアされてしまいます。変更した箇所だけを決定して変更履歴を出さないようにするにはどうしたらよいのでしょうか。

2)変更履歴の各変更箇所を一括ではなく、一つ一つ確認しながら決定か無視かを決めるにはどうするのですか?

Aベストアンサー

Word2002の変更履歴ですよね。
変更履歴のツールバーに「変更の承諾」というのがあります。
レ点のマークの付いたやつです。
そこの横に小さな▼があるので、それをクリックすると、選択したところだけの変更の承諾か、すべての変更を承諾するかを選べます。
または変更箇所で右クリックすると、そこでも変更の承諾を決めることが出来ます。
これでどうでしょう?

Q元請業者と下請業者の取り分

お世話になります。
主人が自営業で土木一般をしています。宅地造成や公共事業などです。
私はこの業界の常識・知識もほとんどわからず、経営についても無知ですので質問させて下さい。

タイトル通りなのですが、元請け業者と下請け業者の取り分の割合はどれくらいが妥当なのでしょうか?

例えば、

1000万円の工事を元請け業者から依頼されたとします。
材料費や人件費等の経費を全て差し引いた後、現場終了時点で100万円の純利益が出たとします。

依頼をもらった元請け業者と下請け業者(主人の会社)が、50万円ずつ折半ではおかしいですか?

元請業者4割・弊社6割でもいいのではないか、と思ったくらいでしたので、主人が元請業者7割・弊社3割 くらいが妥当かなと言った時に、ビックリしました。私が甘いのでしょうか・・・?
主人独自の美学も含まれているのですが、ビジネスとなると美学よりシビアになる事も大切だと思うのですが・・・

以下の事も考慮して頂ければ幸いです
●元請け業者が弊社に依頼してくれるからこそ仕事があり、この依頼がなければ収入がないも同然(と言っても過言ではない)
●あくまで工事の依頼は元請業者による営業力・入札によるもので、もちろん元請業者にもリスクはある
●元請け業者に中間マージンを多く取ってもらうことにより、弊社に依頼してもらうメリットを明確にできる
●不景気で仕事の依頼が少ないからこそ、低予算・迅速・丁寧を実現すべきだ(そうでないと業界を生き残れない、という主人の考え)
●会社員から自営業になって5年ほど、腕を買ってもらっている元請会社も増えてきている

等です。
建設業界以外の一般的なビジネスの常識でも構いませんし、建設業界独自の暗黙の認識でも結構です。
知識がないのが今後一番困るので皆さんのお知恵をお貸しください。
よろしくお願いいたします。

お世話になります。
主人が自営業で土木一般をしています。宅地造成や公共事業などです。
私はこの業界の常識・知識もほとんどわからず、経営についても無知ですので質問させて下さい。

タイトル通りなのですが、元請け業者と下請け業者の取り分の割合はどれくらいが妥当なのでしょうか?

例えば、

1000万円の工事を元請け業者から依頼されたとします。
材料費や人件費等の経費を全て差し引いた後、現場終了時点で100万円の純利益が出たとします。

依頼をもらった元請け業者と下請け業者(主人の会社)が、50...続きを読む

Aベストアンサー

A元請とは注文主から直接仕事を引き受けること。また,その業者。
B下請とは請け負った人から,その仕事の全部または一部をさらに請うこと。又受。

A・Bの関係は簡単に割り切れない場合があります。2+3=5にならない場合があります。
よって折半と言うのは,後腐れがなくよいように思いますが●印のように物事が運ばないのが現状です。
でも下から2番目の●の内容大変気にいりました。

私は思います。あまりAにおんぶにだっこでも,いけない。そうかと言って,いいなりでもいけない。A・B間を天秤に乗せてコントロールすることが大切です。

商売は割り切って事が運べば問題はないのですが,時と場合・事と次第では臨機応変に振る舞う事も考慮してA・B間を何時も安泰にすることです。

Qワードの変更履歴の消し方?

ワードで変更履歴を使って文章を作成しましたが
変更履歴の消し方がわかりません
データで渡すときに変更履歴が残っては困ります
誰か消し方を教えてください

Aベストアンサー

[変更履歴]ツールバーの[変更の承諾] の横に
表示された矢印をクリックし、
[ドキュメント内のすべての変更を反映] を
クリックすると、最終版のみの状態になります。

Q弊社は関係会社を外注業者として取引しており、毎月外注費の支払いを行って

弊社は関係会社を外注業者として取引しており、毎月外注費の支払いを行っています。
その外注業者へ今後毎月30万円 「片付け清掃荷卸手伝い」 として支払うこととなりました。
その際、勘定科目は雑費がいいのかなと思っていますが、もっと適切な科目があれば
ご教授いただければと思います。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

「雑費」は、一般的に営業外費用として計上されます。

質問では、外注費の「片付け清掃荷卸手伝い」が本業にどの程度関連しているのかはわかりません。

本業と関連があるとすれば、「一般管理費」に計上したほうがいいでしょう。


本業と関連がある場合とは、小売店など、清潔さがお客さんの購買意欲に結びつく場合などが考えられます。
また、工場などでの清掃荷卸は、製造間接費として「製品原価」に含めることにもなるでしょう。


結論として、「片付け清掃荷卸手伝い」を雑費に計上するのは不適当かもしれません。

Q変更履歴オンでのワイルドカードの置換について

変更履歴をオンにした状態でワイルドカードの置換を行うと,変更履歴がオフの状態と違う結果になります.

環境:Word2007,Windows 7
   ※Windows 8,Word2013でも同様の結果になりました.

例) 変換対象文字列:「を併せると」
   検索する文字列:([!合])併せ([!も])
   置換後の文字列:\1あわせ\2

置換結果)
   変更履歴オフ:をあわせると
   変更履歴オン:をるあわせと

ワイルドカードの記述の仕方がよくないのでしょうか.
お手数ですが,変更履歴をオンにしたまま正しく置換される方法をお教えいただきたいと存じます.
よろしくお願いいたします.

Aベストアンサー

No.1の回答者です。

No.2で説明した私の手順やフォーラムモデレーターが行ったと思われる
手順と、質問者さんの手順の違いが判りました。
変更履歴を記録する手順の問題だと思います。

変更履歴を記録していない状態のテキストが書かれた文書が用意されて
いて、変更履歴の記録を実行後に置換をしたためですね。この場合は、
置換を実行した段階で置換後の文字列を挿入し、検索する文字列を削除
する手順になっているためのようです。
ワイルドカードを使わなくても、挿入+削除の組み合わせで置換された
結果が表示されますよね。

私やフォーラムモデレーターがした手順は、変更履歴を記録した文書に
テキストを入力し、挿入された履歴を記録してから置換を実行する手順
をしたために、挿入されたテキストへの置換の場合は単純な置換になる
ためですね。質問者さんが示した手順の(2)と(3)が逆にしたときの動作
だと問題なく置換されるということです。

このような動作がある以上、[変更履歴の記録]をしたままの置換をする
のは問題が起きやすくなるのだと思います。

変更履歴の記録を有効にしたままワイルドカードでの置換を使う場合、
ワイルドカード以外と置換したい文字列とでは、ワイルドカードの対象
文字列が先に置換され、その後ろにワイルドカードの前後にある文字列
を挿入する仕様みたいです。そのため、
  変更履歴オン:をるあわせと
にような組み合わせでの置換になるようです。

このようにワイルドカードの使い方の問題もありますが、置換する手順
として変更履歴の記録をしてからの実行には問題があるのです。


一応、ワイルドカードのみにしての置換なら、挿入+削除の組み合わせ
で置換後の文字列が挿入された後ろに検索する文字列が削除する履歴に
することは可能です。
【手順】(Wordは立ち上がっている前提です)
(1)「あわせ」を事前にクリップボードにコピーしておきます。
(2)「を併せると」と入力(この時点では変更履歴はオフです)
(3)変更履歴をオンにする
(4)置換ウィンドウに以下を入力

  検索する文字列:([!合])併せ([!も]) 
  置換後の文字列:\1^c\2

(5)置換のオプションのワイルドカードをオンにする
(6)変更履歴の表示は「すべての変更履歴」にしておく
(7)置換の実行

これで挿入履歴の「をあわせる」+削除履歴の「を併せる」の組み合わせ
での置換が実行されます。
これを研究して、VBAに組み込んでみてはいかが。

No.1の回答者です。

No.2で説明した私の手順やフォーラムモデレーターが行ったと思われる
手順と、質問者さんの手順の違いが判りました。
変更履歴を記録する手順の問題だと思います。

変更履歴を記録していない状態のテキストが書かれた文書が用意されて
いて、変更履歴の記録を実行後に置換をしたためですね。この場合は、
置換を実行した段階で置換後の文字列を挿入し、検索する文字列を削除
する手順になっているためのようです。
ワイルドカードを使わなくても、挿入+削除の組み合わせで置換された
結果が...続きを読む

Q何故、印紙を貼るのか?

同じような質問がありましたが、小生の求める回答と違いますので、再質問です。何故、印紙を貼るのか、その税金の目的が良くわかりません。商売として、最終的に利益が上がれば法人税を払いますし、消費税も受け取って、後で払います。赤字でもこの場合は、取引の際に印紙代として払わなくてはなりません。また、銀行振込では不要で、領収書を発行する時に必要というのも何故か、良くわかりません。
この辺のこと、詳しく解説お願いします。

Aベストアンサー

ご回答になるかどうか判りませんが、、、、

この印紙税はいかにして商業という新しい産業に対して課税するのかということから発明されたものです。
つまり、その昔は日本でも年貢のように生産産業に対して課税するのが基本でした。
しかし、経済規模が大きく、多様になると「商業」という大きな経済活動が生まれましたが、これに対してうまく課税する方法として生まれたといういきさつがあります。
この方法は個々の事業者を完全に把握していなくても商取引で必ず発生する契約書、領収書から取り立てるため、効率的だったんですね。

しかしながら、社会のシステムが整備されて個々の事業者に対する課税をきちんとできるようになり、また個人であってもきちんと把握できるようになった現代では重要度は年々下がってきています。
また最近に見られる電子取引では領収書などはありませんので、これに対しては課税されません。

つまり昔は非常に効率の良い経済活動に対する課税だったわけですが、現在ではその意義が薄れてしまっていて、ご質問者のような疑問が生まれているわけです。

いいかげんなくしてしまってもよくなったこの印紙税がまだあるのは、新税の導入というのが政治的に大変難しいものであり、また既存の税率を上げることも大変ですから、利益ではなく取引総額にかかっているこの税金をまだ手放したくないという当局の思惑だけで存続しているのでしょう。
実際印紙税の廃止議論というのは既に電子取引などが出始めた頃から何度か議論されています。

ただ、現在東京都石原知事が導入して問題となっているような、純粋に利益に欠けるだけではなく、外形的な課税も必要ではないか?という議論はあり、この印紙税を廃止するとしても変わりのものが何らかの形で必要になるのでしょうね。
(外形的な課税は、要するに経済活動をその国、その地方で行っている以上、その国、地方の法律、条令に守られていて、さらにはいろんな形でメリットも享受していたりする=つまりいろんなサービスを享受しているわけですから全く0円というわけには行かないだろうという話です)

では。

なお大雑把な印紙税の歴史は下記URLをどうぞ。

参考URL:http://www5b.biglobe.ne.jp/~unokazuo/chishiki.htm

ご回答になるかどうか判りませんが、、、、

この印紙税はいかにして商業という新しい産業に対して課税するのかということから発明されたものです。
つまり、その昔は日本でも年貢のように生産産業に対して課税するのが基本でした。
しかし、経済規模が大きく、多様になると「商業」という大きな経済活動が生まれましたが、これに対してうまく課税する方法として生まれたといういきさつがあります。
この方法は個々の事業者を完全に把握していなくても商取引で必ず発生する契約書、領収書から取り立てるため...続きを読む

Qワード2003の変更履歴をデフォルトで非表示にしたい

ワード2000では「変更箇所を画面に表示する」のチェックボックスをオフにして保存すれば、次回ファイルを開いたときには変更履歴は表示されません。
ところが、ワード2003では、ファイルを開くと必ず変更履歴が表示されます。
これを2000と同様にファイルを開いたときに表示させないにはどうすればよいのでしょうか?
いったんファイルを開いた後に表示を止める方法は理解していますが、ファイルを開いた瞬間に変更履歴が表示されないようにしたいのです。
(とある事情で、複数のファイルを一括印刷させなければならないので、変更履歴が表示されるのは困るのです。)
また「すべてを反映する」とすれば、変更履歴がなくなるため表示されなくなることも理解しておりますが、変更履歴は残しておきたいのです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ツール-オプション-セキュリティタブの
ファイルを開くときまたは保存するときに非表示のマークアップを表示する
のチェックボックスをオフにしてみはいかがでしょうか。
http://support.microsoft.com/kb/831771/ja

Q貼った収入印紙について

領収書に貼った収入印紙、もし書き間違えたとかでその領収書が使えない場合、印紙はパーですよね。

切手みたいにどこかで買い取ってくれるとかってのはないですよね?

また、原則書き間違えた場合は、日本線で消して訂正印を押すのが正しいですよね?
丸々消してしまったら駄目ですよね?
そもそも領収書の書き間違えで訂正してもいいものでしょうか?
何となく見た目汚いし相手に悪くて出来ないのですが。

Aベストアンサー

既にご回答のあるとおり、未使用の文書に貼付した印紙は、税務署から手数料のかかることなく還付されます。領収書であれば、相手に渡さない限り「未使用」に該当し、印紙に消印をしていても還付されます。


剥がして別の文書に使用することも、消印前かつ文書の作成前であれば、可能ではあります(印紙税法基本通達63条)。ただし、印紙の印刷面を破いてしまった場合には、使用できません(金額面を毀損していない限り、印紙取扱所で有料で交換してもらうことはできます)。

なお、消印後の印紙や、文書の作成後かつ消印前の印紙については、剥がして再利用することはいずれもお勧めできません。なぜなら、そのような印紙は、もはや納税額を表象する印紙としてカウントされず(63条1項)、印紙税納付の効果を発しないからです。つまり、そのような印紙を貼っている文書は、その分だけ印紙を貼っていないものとみなされます。とはいえ、そうでない印紙(新しい印紙や、消印前かつ文書の作成前に貼り付けた印紙)と区別しにくいため、バレにくいとはいえます(特に消印前の印紙:お勧めはしません)。


それから、既にご回答のあるとおり、郵便局で有料で交換してもらうこともできます。ただし、毀損した印紙(剥がした印紙はこの一種です)や文書から切り離した印紙は交換できません。そのため、いったん文書に貼り付けてしまった印紙については、文書に貼り付けたまま郵便局へ持ち込めば、交換できます。

既にご回答のあるとおり、未使用の文書に貼付した印紙は、税務署から手数料のかかることなく還付されます。領収書であれば、相手に渡さない限り「未使用」に該当し、印紙に消印をしていても還付されます。


剥がして別の文書に使用することも、消印前かつ文書の作成前であれば、可能ではあります(印紙税法基本通達63条)。ただし、印紙の印刷面を破いてしまった場合には、使用できません(金額面を毀損していない限り、印紙取扱所で有料で交換してもらうことはできます)。

なお、消印後の印紙や、文書...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報