プロが教える店舗&オフィスのセキュリティ対策術

米国では共産主義者取締法などが作られるくらい共産主義者は危険視されているようですが、日本では同じような法律を作らなくて大丈夫なんですか?

A 回答 (6件)

共産党だったら


「公安調査庁は共産党を破壊活動防止法に基づく調査対象団体としています」
だそうですよ。

まぁ 共産党=共産主義者ではないけどね。
    • good
    • 0

アメリカも日本も同じ民主主義国家です、民主主義は言論、思想の自由は保証されているので共産党でも迫害されません、でも嫌いな人は多いです、それは中国やロシアや北朝鮮のような独裁的な面があるからです、民主主義ではなく独裁主義になれば、言論が統制され、政府を批判すれば罰せられます、黙って政府の言う事を聞かなければなりません、そんな国になるのは嫌なので民主主義を守るのです。

    • good
    • 0

共産主義取り締まり法が出来た瞬間に民主主義の崩壊じゃないか。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

民主主義国家米国で民主的に法律が作られて民主的に維持されていて崩壊していないので日本でも大丈夫もかもしれません(?)

お礼日時:2022/09/04 20:48

作った方が良いです。



社会主義を超えて、共産主義に至れば
国家は否定されます。

国家があるから戦争になるのだ
搾取が発生するのだ。

だから、共産党の最終目的は日本国の
解体なのです。
それも階級闘争で、つまり暴力革命です。

こんな物騒な政党を認めてよいのか
疑問があります。



■共産党を認めている日本は奇異 「ニューヨークタイムズ」

日本のように議会で共産党が活動している国は、
実は先進国では稀有なのです。

欧米ではほとんどの国で、共産党は国会に議席を持っておらず、
それどころか活動を禁じられている国すらあります。

非合法化している国は、アメリカ、スペイン、
韓国など約40カ国にも及んでいます。
違法ではないが制限している国は、西ドイツなど多数あります。


☆米国では。
1950年のマッカラン国内治安維持法や
1954年の共産主義者取締法などにより
実質的に非合法化されています。
    • good
    • 1

まあ力不足か




だめだったなあ。国葬反対に復活せぬか。
    • good
    • 0

米国では、この法律は1950年代に成立し、現在も維持されています。



日本では、憲法で、信仰(信教)の自由が保障されているので、
同じような法律は成立しません。
公共の利益に反する行動があれば、別な法律で罰せられるだけです。

なお、岸信介首相(当時)はこの考えを持ち、
同じ考えを持つ韓国統一教会(当時)と手を結び、
その思想が孫の安倍晋三首相(当時)まで引き継がれてきた、
と報じられています。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング