私の実家の家の事ですが、私の家は 父が 他界しており、母は、別に新しい彼氏が出来て、その人と 実家で暮らすようになりました。が、その相手も家族があり、息子もいます。最近になり、その相手が、離婚していた事がわかりましたが、息子の籍は、抜いていないです。で、母は入籍したいと言いだし、もしも入籍して、そのあと母が先に、他界した場合、その土地と家の権利はどうなりますか?今の名義は、土地が、妹と私で、半分ずつで、建物は、母半分と妹、私で、4分の1ずつになっています。また、母が他界したあと、その相手(彼氏)を家から、追い出せますか?妹は、追い出すと言ってますが、できるでしょうか?どうか、分かる方、宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

>母は入籍したいと言いだし、もしも入籍して、そのあと母が先に、


>他界した場合、その土地と家の権利はどうなりますか?

お父様の相続の際の分割協議書と土地建物の相続登記が済んでいるという理解でいいですか。
入籍したあとお母様が他界されると
まず、住居としてお住まいになっている義父さまが、居住権を主張されますので、それと
遺言がない限り、建物所有権の1/4を持たれることも加味して追い出しは困難でしょう。
それならどうするか。
持分割合の家賃請求を行うことになります。

ただやっかいなのは、法定地上権の発生です。1/4の持分といえども、土地全体に
法定地上権が出てしまいます。もちろんその地上権の義父さんの持分は1/4
ですから、追い出すにあたって、家屋の資産価値が1200万円としたら、(築10年35坪相当)
300万円。
さらに土地の価格が2000万円としたら、借地権割合を70%として1400万円。
法定地上権の義父さん持分は 350万円。
法定で争うと、いまのままでは、合計650万円ほどを支払ってさらに引っ越し代ほか
を持ってあげないといけなくなります。

>相手の人(彼氏)は、どうも、それが、狙いで、母は、だませれているような気がして、
>それを、予防するには、どうすれば、いいでしょうか?

相続放棄は一番明快ですが、当人(義父さん)がその気がなければ駄目。
そこでお母さんを説得できるなら、遺言で、義父さんの持分をゼロにしてもらいます。
実は預貯金とかもいろいろありますから、ぜひ遺言は書いてもらったほうがいいです。
ただし、遺言に、すべて持分は義父さんに・・と書かれてもそれは甘んじて受け入れる
べきだきと私は思いますけどね。

まず、すべきことは登記簿の再確認。登記はちゃんとしてありますですよね。
あとは、義父さんの法定地上権を消すには、家屋の持分の生前贈与を受けておけば
いいです。
持分時価600万円でも固定資産税評価額でいきますからおそらく400万
150万円の基礎控除で250万円 税額15%で37万5千円
トラブルで弁護士雇うこと考えたら安いでしょ。

ただ、お母さんのお気持ちをできる限り尊重して差し上げるのを忘れないでください。
    • good
    • 0

 土地については、あなたと妹さんが各2分の1で変更がありません。

またあなたや妹さんに万一相続が発生した場合、あなたや妹さんにお子さんがいるのであればその土地をお母様の彼氏に当該土地を遺贈する旨の遺言書を書かない限り問題はないでしょう。(そんなことはありえないでしょう)
 建物については、お母様が入籍後死亡した場合、お母様の彼氏にお母様の持分の半分(計4分の1)が、法定相続分となります。またその彼氏の子供は、連れ子なので、持分を取得しませんが、お母様と養子縁組をした場合話が変わりあなたや妹さんと同じ割合の相続分が発生します。(相手に息子一人いる場合 各12分の1)
 ただ今回あなたがたにとって都合がいいのは、お母様の彼氏が仮に相続人となっても建物の持分を取得するに過ぎないことです。(つまり対策が立てられるのです。)
 例えば、建物が古くなればいずれ取り壊すでしょうからそのときお母様の彼氏には、建物の所有権がなくなってしまいますし、あなた方が承諾しなければその土地の上にお母様の彼氏名義の建物を建てることができません。また建物を持分に応じて買い取ることもできますが、建物が古くなればなるほど金額を減らすことができます。
 もし建物がそんなに痛んでなくて取り壊しまで相当の年月を要するのであれば、賃料を請求することも可能です。

 次に上記の対策では困るということであって且つお母様の協力が得られるのであれば、贈与によってあなた方の名義にすればいいと思います。相続時精算課税制度の要件を満たしていれば、原則として一人2500万円まで非課税なので、その建物が築浅で相当に大きくない限り贈与税はかかってこないでしょう。(例えばマンション1棟まるごと等)ただお母様に相当の資産があり相続税が発生するようであればこれを使うと損するので注意が必要です。(参考 お母様の相続人あなたと妹さんのみの場合 相続財産7000万円を超える場合に相続税が課せられます)
    • good
    • 0

書き忘れましたが、遺言で義父さん相続ゼロになっても、遺留分でその法定相続の分の


半分は主張できます。
ですから、さきほどの例の半額、325万円くらいは渡してあげないといけません。
というか、お母さんがお世話になった人だから、そのくらいのお礼は子供として
当然という気もしますけどいかがですか。
まぁ これが田園調布か松涛の豪邸なら、話は別。
金額がおおきすぎます。
今から弁護士入れて対策会議です。
    • good
    • 0

土地に関してはそのままですが、建物についてはお母さんの持ち分(1/2)がその男性の方が1/2、あなたと妹さんで1/2を半分づつになります。



従って相続後は
 土地 あなた1/2  妹1/2
 建物 あなた3/8  妹3/8  男性2/8
という風になります。
一応建物に権利が残りますので、男性はある程度は住む権利を持つことになります。

結婚(入籍)の段階で権利放棄の書面を作ってもらってはいかがでしょうか。
これに同意しないとなると問題だと思いますが、そのときには改めてお母さんと相談されてもいいのではないでしょうか。

この回答への補足

ありがとうございます。あと、もうひとつ質問あるのですが、相手の人(彼氏)は、どうも、それが、狙いで、母は、だませれているような気がして、それを、予防するには、どうすれば、いいでしょうか?そのあとも、相手が、他界した後
その息子も出てきそうですし、もちろん、息子に今度権利が出てくると思うので、今1番するべきことは何でしょうか?父が残した、土地などが、知らない、いやな、人に取られていくのが、とても残念でなりません。宜しくおねがいします。

補足日時:2005/04/05 16:33
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q借地権の更新料は払うのが当然ですか?

祖母が住んでいる借地権の付いた家についての質問です。50年間住んでおりますが、地主のおばぁちゃんが亡くなり娘さんが管理することになりました。更地にするか継続して住みたいのなら更新料を払って欲しいと云ってきました。金額はまだ聞いてませんが今まで更新料は一度も払ったことはなく、知り合いの不動産やに聞くとマンションなど短期に貸す場合は更新料は払うが、、借地のように長期間の賃貸の場合は更新料は払わなくてもよく、自動更新になると言われました。ホントでしょうか?

Aベストアンサー

1.地主であるおばあさんが亡くなり、その娘さんが土地を相続したということは、地主のおばあさんの持っていた権利も義務も全てそのまま相続したということです。
 ですから、相続による場合は、土地の所有者が変わったから契約を更新するという意味合いはなく、地主であるおばあさんの持っていた「土地を貸す義務」も、「地代を受け取る権利」もそっくりそのまま娘さんが引き継ぐことになります。ここにおいて、契約更新という考え方は、借地法にはありません。

※借地法は平成4年に改正されて、借地借家法になりました。今回はそれ以前の借地契約なので、旧法の借地法が適用されます(今回の事案に関して言えば、法改正の影響はありません)。

 ですから、借地契約書に特約があれば別ですが(50年間請求が無かったのだから、無いのでしょう)、借地法では、地主の相続の場合に、更新料や名義書換料を徴収できるという規定はなく、また、実務上も考えられないと思います。
 結論として、借地契約書に特約がない以上、更新料や名義書換料の類を地主に支払う必要はなく、支払わないことをもって債務不履行にはならないと思います。

2.しかし、質問文を拝読してひとつ気になったことがあります。「(祖母は)50年間住んでおります」と書かれていますが、その間、地代は適正な水準に改訂されてきたのでしょうか。

 借地法で保護される「借地権」とは、「建物の所有を目的とする地上権又は土地の賃借権をいう」と規定されています。
 例え地代を支払っていても、土地の固定資産税額(年額)程度の低廉な地代(年額)の場合には、賃貸借とは認められず、借地権が否定される場合があります。この場合には、有償の賃貸借ではなく、無償の使用貸借となり、建物は「使用借権」によって土地を利用していることになります。

※借地人は、市町村役場で土地の「固定資産税評価証明書」を取ることができますから、参考として、取られておくといいと思います(手数料として500円程度が必要です)。

 さて、更新料を拒否された地主の娘さんが今後、取るであろうと推測される手段は、以下の2つです。
(1)地代が安いので、借地権は存在しないと主張し土地の明け渡しを要求してくる。
 地代(年額)が土地の固定資産税額(年額)程度であれば、「借地権はない」といわれても反論できないと思います。この場合には、使用借権で土地を利用することになりますが、使用借権は借地権ほどの強い権利ではないのです(借地人が死亡すれば使用借権は消滅するので、相続されない=民法599条)。

 しかし、弱い使用借権であっても、建物が存在する限り、あるいは借地人である祖母が生きている限り、地主は「建物をどかせ」とは言えないのです。

(2)地代の値上げを行う。
 地代の増減は地主、借地人のどちらからでも、いつでも請求できますから(借地法12条1項)、もし、地代が安すぎる場合には、地代の値上げを通告してくる可能性があります。ひとつの目安として、固定資産税額(年額)の概ね3倍程度が、借地権が認められる地代(年額)の適正水準だと思います。

 なお、この値上げに不服なら、地代値上げを拒否すれば、地主の娘さんは裁判所に提訴することになると思います。祖母は従来の地代の金額を支払い続ければいいのですが、裁判所が値上げ後の地代を適正だと認める判決を下した場合、旧地代と新地代の差額分に年10%の利子を付けて地主に支払うことになります(借地法12条2項)。

1.地主であるおばあさんが亡くなり、その娘さんが土地を相続したということは、地主のおばあさんの持っていた権利も義務も全てそのまま相続したということです。
 ですから、相続による場合は、土地の所有者が変わったから契約を更新するという意味合いはなく、地主であるおばあさんの持っていた「土地を貸す義務」も、「地代を受け取る権利」もそっくりそのまま娘さんが引き継ぐことになります。ここにおいて、契約更新という考え方は、借地法にはありません。

※借地法は平成4年に改正されて、借地借家法...続きを読む

Q新築の家を、半分は投資目的、半分は後の居住目的で建てることの是非

現在、私は、都内の通勤に便利な社宅に住んでいます(妻と小さい子供2人)。
但し、環境が決してよくなく、いつまでも社宅に住めないことから、不動産購入を考えています。
但し、マンションより一戸建てと考えており、かつ妻の実家(近県のとある郊外)があまり遠くないところで探していた結果、妻の実家の近く(現在は2時間の通勤時間)に家を購入することで話が進んでいます。
ここ数年内に新線の駅がすぐそばに出来ることが確実になっており、それに合わせて住もうとしています(通勤時間は30分短縮)。
それまでは、ある著名な紹介会社を経由し賃貸に出そうとしております。駅が出来てから、土地、中古購入も考えましたが、今目をつけている物件ほどいいものは出ないと考えています。
ただ、その紹介会社さんにお話を伺ったところ、下記のように言われました。
・最初から、賃貸目的で郊外に家を建てる人はいない(笑われました)
・但し、需要はあるので、借り手はすぐにつく(新築なので、若干の上乗せはできる)
・3,4年後に、賃貸を止めて自ら住むと、その痛み具合に驚くひとが多い(賃貸する人は、家を労わらない)
・新線が出来ても、決して都心への通勤に便利なところではないので、地価はそれほどは上がらない
・高齢化が進んでいる地域なので、新線開通時には、現在検討している場所ほどでなくても、悪くない中古物件がでる。更地にして新築してもよし。
なお、著名な紹介会社なので、こちらが住むと決めた時期に戻していただけるものと考えています(未確認)。
また、賃貸収入の運用利率は年間5%弱(地価上昇分は含まず)です。
今、妻が特に、「その痛み具合に驚くひとが多い」というところで悩んでいます。後に住むとした場合、それはただの中古ではなく、「(痛みの激しい)賃貸物件の中古」なので、「(一般の)中古以下」です。
皆さんの率直な意見をいただければ有難いです。

現在、私は、都内の通勤に便利な社宅に住んでいます(妻と小さい子供2人)。
但し、環境が決してよくなく、いつまでも社宅に住めないことから、不動産購入を考えています。
但し、マンションより一戸建てと考えており、かつ妻の実家(近県のとある郊外)があまり遠くないところで探していた結果、妻の実家の近く(現在は2時間の通勤時間)に家を購入することで話が進んでいます。
ここ数年内に新線の駅がすぐそばに出来ることが確実になっており、それに合わせて住もうとしています(通勤時間は30分短縮)。
...続きを読む

Aベストアンサー

これから新線が通じるという場所ですと、「それほど上
がらない」というよりも、、、
今でも既に、山手線から30分、駅から徒歩15分/バスと
いうような場所でしたら、初めて家を買う30歳代の人に
も手が届く新築物件がたくさんありますから。

ですからご自身でお住まいになるときのことを第一に考
えたほうが良いかと思うのですが、すると新築で貸して
しまうのはもったいないですね。

>今、妻が特に、「その痛み具合に驚くひとが多い」というところで悩んでいます。
これは、計算では割り切れないことですね。
現金なら、そして、今買っても後悔しないくらい良い物
件なら、買って、暫くは週末に庭の手入れに通ったほう
が安心ではないですか?

さもなくば、どのくらいの通勤時間が掛かるのかわかり
ませんが、引っ越して、新線が通るまでがんばって通勤
するというほうが、、、、先に買いたいという事情があ
る場合は、それが普通ではないかと思います。

Q借地権の更新料と地代の違い

借地権20年の期限が来て、貸主から契約の更新料を請求されました。最初に契約をした時点では口頭でも書面でも更新料については取り決めていません。力関係から言って何がしかを払うしかない、と思っています。これから契約書を作ります。

そこで不動産所得からの控除に関して更新料でなく地代の値上げとして支払うとどうかな、と思いつきました。

借地権の更新料と地代は法律上はどう違うのでしょうか?

Aベストアンサー

#2

あなたもその不動産から不動産所得を得ているわけですね
その場合なら、更新料は前払い金として一括計上し、毎年償却分を控除できるんじゃないでしょうか
まあ、地主さんも、毎年どこかから更新料が入るというような大地主でなければ、所得は毎年平均的に入ったほうが税金上有利ですから、更新料無しにしてその分地代を上げてくれ、という交渉もできなくもないと思いますが

Q自分の土地を半分に分筆する時に隣人と境界点を確認する必要があるのでしょ

自分の土地を半分に分筆する時に隣人と境界点を確認する必要があるのでしょうか?

単純に自分の土地を半分にする時、元の土地の全周囲の隣人に立ち会ってもらって
境界点を確認する必要があるのでしょうか?

それをしなくてすむ書類などはあるのでしょうか。
例えば過去に何かを行っている記録があってそれがあれば不要とか。
教えて戴けましたら助かります。

Aベストアンサー

たしか平成8年までは隣地に接していなければ分筆は部分的な測量でもよかったようなのですが、今では切った部分の土地と残りの分と両方測量しなければいけなくなったはずです。今回も半分なら両方測量しなければいけないでしょうから隣地に必ず接するでしょうし立ち会いは免れないと思います。
この法律が施行される前は、分筆部分の面積は測量するが残地の面積は測らないので分筆部分の面積は現状と合っていても、残地は登記されている全体面積から引き算したものと現実的には面積が違い、ひどい時は2倍くらい違うというひどい登記状態もあったようです。それでも昔の資料をもとに土地家屋調査士さんや測量士さん等をはさむでしょうからたいていは穏便に行くとおもうのですが・・・。

Q25年前の借地契約更新。借地更新料・賃料の決め方について

(1)
25年前の借地契約を要求されましたが契約しなくてはなりませんか。
25年前は地主、借地人共に双方の父親が契約すべきでしたが共に死亡しており契約更新がなされたいたか否か判りません。


経過は下記のとおりです
(1)昭和36(1961年)6月6日=借地契約締結。更正証書契約
期間=20年間 昭和56年(1981年)まで。証書有り
地主:現地主の父親
借地人:現借地人の父親

(2)昭和56年(1981年)の契約書無し、借地更新料の領収書も無し。 期間=平成13年(2001年)まで

(3)昭和60年(1985年)頃 地主の父親死亡
平成5年(1993年)借地人の父親死亡

(4)上記両親死亡後に借地料金の値上げ要求があり新賃料にて支払い中。

(5)平成18年(2006年4月)現地主より25年前の更新契約の申し出有り。


(質問)
アパート等では解約期間が過ぎると同一条件で自動更新がなされたものと見なされますが、借地の場合はこのようなことはありませんか。


(参考)
上記両人の間に他の借地契約物件が有ります。
(1)昭和27年(1952年):契約・契約書有り
(2)昭和47年(1972年):更新・契約書有り
共に両方の親が契約者
(3)平成4年(1992年): 更新・契約書無し、更新料の領収書のみ有り。新地主(子)から旧借地人(親)宛に発行。

上記のとおり契約書無しで更新料のみの支払いで更新している可能性も有ります。



(2)
借地更新料の標準的な決め方を教えてください。



(3)
借地の賃料の決め方を教えてください。

上記更新料、賃料は住居用に利用の場合とアパート等に利用の場合では違いがありますか。


以上宜しくお願い致します。

(1)
25年前の借地契約を要求されましたが契約しなくてはなりませんか。
25年前は地主、借地人共に双方の父親が契約すべきでしたが共に死亡しており契約更新がなされたいたか否か判りません。


経過は下記のとおりです
(1)昭和36(1961年)6月6日=借地契約締結。更正証書契約
期間=20年間 昭和56年(1981年)まで。証書有り
地主:現地主の父親
借地人:現借地人の父親

(2)昭和56年(1981年)の契約書無し、借地更新料の領収書も無し。 期間=平成13年(2001年)まで

(3)昭和60年(1985年)頃 ...続きを読む

Aベストアンサー

>アパート等では解約期間が過ぎると同一条件で自動更新がなされたものと見なされますが、借地の場合はこのようなことはありませんか。

借地法では「法定更新」という規定を置いています。このほかには「合意更新」「契約更新」があります。

第6条〔法定更新〕借地権者借地権の消滅後土地の使用を継続する場合に於て土地所有者か遅滞なく異議を述へさりしときは前契約と同一の条件を以て更に借地権を設定したるものと看做す此の場合に於ては前条第一項の規定を準用す
(2)前項の場合に於て建物あるときは土地所有者は第四条第一項但書に規定する事由あるに非されは異議を述ふることを得す

第5条〔合意更新の場合の借地期間〕当事者か契約を更新する場合に於ては借地権の存続期間は更新の時より起算し堅固の建物に付ては三十年、其の他の建物に付ては二十年とす此の場合に於ては第二条第一項但書の規定を準用す
(2)当事者か前項に規定する期間より長き期間を定めたるときは其の定に従ふ
三省堂 『模範六法2001平成13年版』

>(2)借地更新料の標準的な決め方を教えてください。

常識に従うよりないでしょう。私でしたら1992年の更新料を基準に考えます。質問者がそれとと同額で構わないなら、同額にすればよいでしょう。

下のHPによれば、裁判所は借地権価格の5%位が妥当と言っているようです。

http://homepage1.nifty.com/lawsection/tisikibako/kousinnryou.htm

ただ借地権価格を地主、質問者共によく把握していない可能性があるので、ヤブヘビ(つまり借主から値上げを言い出すこと)になる可能性が残ります。借地権価格を双方どのように合意しているかきちんと調べておいて5%理論を持ち出すとよいでしょう。

地主からみて5%議論により更新料が大幅に下がってしまう場合は「何を今更」という感想を持つでしょう。良く話し合うことでしょう。

(3)借地の賃料の決め方を教えてください。

上と同じで、私でしたら1992年の更新料を基準に考えます。質問者がそれとと同額で構わないなら、同額にすればよいでしょう。

こういうことを一番知っているのは国税庁でしょう。国税庁はこういっています。
http://www.nta.go.jp/category/tutatu/kobetu/souzoku/880/01.htm

他の人の地代と比べてどうなのが気になるのでしたら統計を探すのがよいでしょう。以下のhPはその例です。

http://www.nta.go.jp/category/tutatu/kobetu/souzoku/880/01.htm

私の知人は、地主から更新を拒否されて困っています。こうなると大変です。

地主が善意なら、あまり屁理屈や無理難題は言わず、早期円満に合意されるのがよいと私は思います。

>アパート等では解約期間が過ぎると同一条件で自動更新がなされたものと見なされますが、借地の場合はこのようなことはありませんか。

借地法では「法定更新」という規定を置いています。このほかには「合意更新」「契約更新」があります。

第6条〔法定更新〕借地権者借地権の消滅後土地の使用を継続する場合に於て土地所有者か遅滞なく異議を述へさりしときは前契約と同一の条件を以て更に借地権を設定したるものと看做す此の場合に於ては前条第一項の規定を準用す
(2)前項の場合に於て建物あるとき...続きを読む

Q家の相続について教えてください。 今、一人暮らしで相続人もすでに他界している場合、もし家主に万一が

家の相続について教えてください。

今、一人暮らしで相続人もすでに他界している場合、もし家主に万一があった時は家の処分は居住地の役所が行うのでしょうか?

あと、そうなった場合は競売物件などになるのでしょうか?

知識が無いので、ご存じでしたら教えてください。

Aベストアンサー

債権者の申し立てによって相続財産管理人が選任され処分されます。

固定資産税の滞納が生じますので、市役所が裁判所に申し立てる可能性はあります。

http://www.courts.go.jp/saiban/syurui_kazi/kazi_06_15/

Q借地権の更新料

借地権の更新料についてです。
 現在の借地は1955年ごろ借りました。何回かの更新手続きを経て現在も地主より借りています。この度家のリフォームをしましたので、今後も駆り続けるつもりです。
 そこで、更新料のことでお聞きしたいです。
 先日、母親(80歳)が「50年が経過したのだから、今後は更新料はいらない。地代だけ払えばいい。」といいました。このことについてどうなのでしょうか。不動産関係の知識がありませんので教えてください。
 よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

法律上の規程は何もありません。
したがって
「50年が経過したのだから、今後は更新料はいらない。地代だけ払えばいい。」と言うような決まりもありません。

民法や借地借家法において、更新料の規定はありません。
賃貸借契約において、更新料を支払うという契約をしていない限り支払う義務はないと言えます。
ただし、更新料の支払いが慣習的に行われていれば、民法げ規定されているため、契約で更新料の支払いを定めていなくても、更新料を支払う義務があると言えます(民法92条)。

最高裁判例を出してきて、更新料の支払義務がないと言う人がありますが、全て否定されたのではなく、
「契約がない」「商習慣ないし事実たる慣習が存在するものとは認められない」場合に 支払う必要がないとされたものです。
現実問題として、過去の契約更新の際に更新料を支払っているのであれば、支払わなくて良いとは言えないでしょう。
 

Q親(母)が妹の家賃を払い続けています。

幼稚な問題かもしれません。
個人的に悩んでいるので質問しました。この先、親にむけて何か良いアドバイスをしたいのです。

私は今年で30歳です。
24になる妹と21の弟がいます。
3人とも実家を離れて暮らしています。
私は会社員で、同棲中の彼氏と月12万の家賃を半分ずつ払ってます。
弟は私立大の2年生で、大学院進学を希望しており、月の家賃6万は親が負担しています。

問題は妹ですが、
社会人2年目にして、家賃7万5千円と、通信費(携帯など)を、全額親が負担しています。
妹は美容系の仕事で、仕事の材料費がかさむことと犬を飼っていることを言い訳に、生活が困ると母に訴えています。
社会人になってからいままで、家賃全額その他諸々の支払いは母に負担させています。
妹の手取りは16、7万
材料費は月に2、3万円らしく、生活は厳しいかもしれませんが、家賃全額は無理でも少しは払えると思うのです。
私は長女らしく、親に負担をかけないように生活してきました。手取り14万で家賃が5万の一人暮らしも、やりくりしていました。
(毎日計算していましたが(*´-`))

これまで何回も、この件について両者に指摘しましたが、いつも話をはぐらかされます。
母は「分かった!」と言い張り、妹は不機嫌になり、まともに話ができません。
父にも訴えているのですが、父が直接に家賃を払っている訳ではないので、決定的な抑止力になっていません。

母には月10万ほどの収入があります。
私は、自分の道で収入を生み出せる母に、バランスがあっていい人生だと、憧れています。
子供のためにお金を使うのは親の愛かと思いますが、このお金が妹の自立を腐らせている気がするし、母も「あのこが、やってけないって言うから」「あれでも頑張ってるから」と言って、私の進言は少しも理解してくれないのが辛いです。

母には、自分のためにお金を使ってほしいのです。妹のことも大好きなのですが、たまにこのことが引っかかり喧嘩してしまうので、お節介なのかなと、自己嫌悪になる時があります。

母と妹の関係に、焼きもちもあるのだと思います。
上手なアドバイスや、考え方をご享受ください。
長文失礼致しました。

幼稚な問題かもしれません。
個人的に悩んでいるので質問しました。この先、親にむけて何か良いアドバイスをしたいのです。

私は今年で30歳です。
24になる妹と21の弟がいます。
3人とも実家を離れて暮らしています。
私は会社員で、同棲中の彼氏と月12万の家賃を半分ずつ払ってます。
弟は私立大の2年生で、大学院進学を希望しており、月の家賃6万は親が負担しています。

問題は妹ですが、
社会人2年目にして、家賃7万5千円と、通信費(携帯など)を、全額親が負担しています。
妹は美容系の仕事で、仕事の材料...続きを読む

Aベストアンサー

お母さんは妹さんの面倒を見てあげたいのではないですか?

ダメな子程可愛い なんて言葉がありまして
しっかりした、手のかからない子供よりも
「この子は私が面倒を見てあげなきゃ」と 思える子供に
つい手を差し伸べたくなるのです
しかも
手がかかる事が日常になってしまっているので
その事に違和感を感じないのです

とりあえず

母親の稼ぎの使い道は、母親が決める事で
母親は妹の為に使う事に疑問を持っていません
残念ながら
干渉は無意味と言えるでしょう

妹さんが母親にねだっているように
あなたも母親にねだってみてはいかがです?
母親も、妹さんの事を引き合いに出せば
許容できる範囲なら応えてくれると思いますよ

ねだったお金は、自分の為じゃなくて
母親の為に取っておけば良いです

Q借地権売買時における借地更新料の扱い

25年満期の借地権の上に自宅を建て、現在家族が住んでおりますが、定年(2年後)後は田舎生活をするためにこの借地権を売却してどこか郊外に一戸建てを購入しようと考えております。 さて、そのようにする場合の借地権の売却時期なのですが、借地契約更新前に売却すべでしょうか。 更新時期も2年後です。つまり契約更新まで2年間しかないのですが、これは借地権の売買価格には影響しないのでしょうか。 更新時にはおおむね借地権価格の5%程度の更新料が必要との地主側の不動産屋は言っております。 借地権価格は約3000万円との見積もりがありますがそうすると更新料に150万円要することになり、更新前後で借地権売買価格が変わらないのであれば、更新前に売却すべきかとも考えますが、どうするのが有利なのかわかりません。 どなたかお教えいただければ幸いです。

Aベストアンサー

売買において、新たな買主がどういった条件で借地の契約を地主と結ぶのかが問題です。

(1)売り主の契約期間をそのまま継承する場合。
(2)売買してから新たに20年なり25年の借地契約をする場合。

(2)の場合は、更新前に売却すれば、更新料は浮きますが、(1)の場合は売却代金から、更新料÷契約期間×経過年数に相当する金額を差引いた額で売却することになると思われます。

購入後に建物を建て直す場合の規定も関係します。

(1)建替えの時はいかなる場合も承諾料が必要。
(2)購入後一定期間は建替え承諾料の免除がある。

(2)の場合は建替えを前提にした買主も見込めるが、(1)の場合は、建替え前提の買主にはその分値引き交渉の対象になります。

借地価格が3000万円だとすると、結構大きな土地でしょうか?

正直、土地値で3000万円だと、都内城東地区では所有権が十分に買えます。

物件によりますが、地主サイドの業者の言う額で、そのまま売れるとは思わないでいた方が、無難だと思います。

Q土地売買についてど素人によきアドバイスを…その2

土地の売買に関することで、いくつか教えてくだい。
まず、ことのなりゆきですが…私の父が畑だった土地を宅地とし整備し売ることになりました。間に『建築コーディネーター』なる人、Aさん(有限会社)が入り工事が進みました。ところが、Aさんにお金を払ったのに、工事は遅々として進まず1年以上たってやっと半分くらい進んだところで、この4月にAさんは、破産してしまいました。Aさん破産の情報を父は6月になって、面識のない他の被害者、Bさんからの突然の電話で知りました。現状、被害者はCさんもいることがわかっています。Bさん・Cさんには、4月中旬にAさんの弁護士から破産した旨FAX連絡を受けていたようです。全くのド素人なので、どうしたら良いか分からないので、Bさん・Cさんと同じ弁護士にお任せし、手続きを進めてていくつもりです。工事費の半分はドブに捨てたも同然になりましたが、土地をこのままにしておいても仕方ないので、弁護士さんに紹介してもらった工事会社に見積もりを出してもらい、たぶんそのまま工事もお願いすることになるでしょう。以上が概要です。
【質問2】再工事ですが、弁護士紹介の工事会社だと、2者は悪くいうと癒着していて、また工事になにか問題でもおきた時に、こちらに不利になるのではと心配です。父は途中からの工事なので、受けてくれるところがあまりない と言います。そういうものなのでしょうか?また、安心できる工事会社を紹介してくれる公的機関のようなものはないでしょうか?場所は、神奈川県です。

土地の売買に関することで、いくつか教えてくだい。
まず、ことのなりゆきですが…私の父が畑だった土地を宅地とし整備し売ることになりました。間に『建築コーディネーター』なる人、Aさん(有限会社)が入り工事が進みました。ところが、Aさんにお金を払ったのに、工事は遅々として進まず1年以上たってやっと半分くらい進んだところで、この4月にAさんは、破産してしまいました。Aさん破産の情報を父は6月になって、面識のない他の被害者、Bさんからの突然の電話で知りました。現状、被害者はCさんもいることが...続きを読む

Aベストアンサー

工事会社については、複数の会社から見積もりを取るべきですし、途中からの工事と言っても、仕事が欲しい会社はいくらでもあるでしょうからやってくれるところはあるでしょう。しかしお父様もあなたもこういうことに関しては素人の方のようですが、そのような方が工事会社と折衝、また工事の監督をするのは難しいことだと思います。安い値段でやってくれるところもいくらでもあると思いますが「安かろう悪かろう」でも困りますし。
問題のAさんのような建築コーディネーター?で信頼のできる人がいればいいんでしょうが。現状のままで土地を売ると言う選択肢はないのですか?その場合は開発業者などに売ることになるだろうし、そういう事情なら足元を見られて買い叩かれるかもわかりませんが、素人の方がご自分でされるのは大変ですから、売ってしまった方が楽なのではないかと思いますが。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報