ディーゼル車はなぜ環境に悪いのでしょうか?普通乗用車とは違った意味で環境に悪いのでしょうか?恥ずかしながら、普通の乗用車とディーゼル車の違いが分かりません(使う燃料が違うということでしょうか?)。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

ディーゼルエンジンで今一番問題になっているのが排気ガス中のパーティクル(微粒子)です。

ディーゼルエンジンではエンジン内部に空気だけを吸い込みピストンによって高い(ガソリンエンジンの数倍~10倍程度)圧力に圧縮します。こうすることでシリンダーの中の空気は数百度の温度になり、そこに燃料(軽油または重油・自動車用は軽油)を霧状にして吹き込むことで燃焼させます。この時燃は空気に接した部分から順次燃焼していくため、ガソリンエンジンのように十分空気と燃料を混合してから燃焼させる場合と異なり、部分的に空気と燃料の割合が狂う部分が出てきます。また、燃料の霧の大きさが大きいと、燃料の霧の外側では十分な空気(酸素)がある状態で燃焼であっても、中心部分では酸欠状態という事も起こります。特にアクセルを強く踏み込んだ(大量の燃料を噴射した)時にはこの現象が強く起こり、大量の黒煙を吐き出すということが起こるのです。ディーゼルエンジンでも燃料を噴射する際に霧を非常に細かくする、燃焼室(エンジンの中で実際に燃料が燃える部分)の形状を工夫する、一度にすべての燃料を噴射せず数回に分けて噴射する、噴射するタイミングを最適にするなどの改善(多くは電子技術を応用した電子制御によって可能になった)などで、新型車パーティクルの量は非常に少なくなってきています。ただし、一旦発生してしまうと除去が難しい(現時点では研究段階)というのが現実です。また、上記のような対策が施されたディーゼルエンジンでも整備の状況が悪いと非常に大量の有害物質を排出する可能性があります。ガソリンエンジンでも整備状況の悪いエンジンでは大量の有害物質が出る場合がありますが、一部(高出力を得るために故意に改造した)などの場合を除き、非常に調子が悪くなり実用に耐えないでしょう。

ディーゼルエンジン自体は熱効率(燃料の持つエネルギーを有効に力に変える効率)も高く、定常回転(一定の回転数で回し続ける)で使用する用途では、ガソリンエンジンより排気ガスの点でも有利なのですが、自動車用のように始終回転数が変わり、負荷の変動が大きな用途では問題があることも確かです。現に船舶や定置用発電機などのエンジンはほとんどがディーゼル(一部ガスタービンもある)でガソリンエンジンはまず使われません。
    • good
    • 0

都市部での幹線道路の沿道で二酸化窒素の環境基準の達成率が低く社会問題になっています。

ディーゼル車が問題となっているのは、ガソリン車に比べて窒素酸化物(NOx)の排出量が多いためです。最近のディーゼル車は直噴式のエンジンが多く使用されており、これらはN0xの排出量が大きいと言われています。都市部の二酸化窒素対策で指定地域(東京周辺、大阪周辺)ではディーゼル車は登録出来ない様に規制されています。(略称 自動車NOx法)
また、使用燃料が軽油で、炭素数が多いため黒煙が発生しやすい事も問題となっています。黒煙にはベンゾピレンなどの発ガン性物質も含まれています。
日本ではNOx対策を優先して取り組んでいるため、黒煙対策が遅れています。黒煙とNOxの両方の対策をこなすのは技術的に難しいようです。
いずれにしても、経済性に優れたディーゼル車をもっと普及させるためには、これらの対策が不可欠です。
また、騒音もガソリン車と較べて大きいようです。
    • good
    • 0

以下の参考URLサイトには関連質問の回答がありますが、参考になりますでしょうか?



さらに
http://www.kankyo.metro.tokyo.jp/dno/
(ディーゼル車No作戦)
http://www.kankyo.metro.tokyo.jp/dno/forum/01/in …
(DPFシンポジウム --微粒子除去フィルター開発の最前線--)

http://www.nmoc.co.jp/pr/kanpo/contents05.html
(各種エネルギーのエネルギー密度の比較)
http://www.nedo.go.jp/nedo-info/caddet/maxi/zenb …
(燃料系統)
http://www.nedo.go.jp/nedo-info/caddet/maxi/zenb …
(排出)
http://www.asahi-net.or.jp/~wx7s-yngd/h/hwk0134. …
(自動車代替燃料)

ご参考まで。

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=106640
    • good
    • 0

runaさんのご意見に賛成です。

東京都がディーゼル車規制の進め方を誤って都内がガソリンエンジンのトラックで溢れかえったりしたらと想像するとぞっとします。
    • good
    • 0

みなさん回答のとおりですが、一言、軽油エンジンのフアンとしていいたいです。

燃費の面で優れてるので、すす対策さえすれば環境にはとてもよいエンジンです。どなたか発言されてましたが、ヨーロッパでは軽油エンジンが増えているようです。日本からの輸出車も軽油車が多くなっています。日本のマスコミの軽油車バッシングは納得できません。また、それに合わせた、軽油の値上げが進んでします。それより不要な大排気量ガソリンエンジン(普通乗用車)を規制したほうがいいのでは。広大な土地柄に居住してるものですから・・・。
    • good
    • 0

ディーゼル車のよい点も上げておきます。


ガソリンエンジンは通常キャブレターで燃料と空気を混合して供給するために燃料が濃いと酸素不足を起こし不完全燃焼を起こします。
また、点火プラグによる点火タイミングミスが起こることがありますのでナマガストなり炭化水素が出てしまいます。

こういった点でディーゼルエンジンは一酸化炭素や炭化水素がガソリン車よりずっと少ないです。
    • good
    • 0

10年ほどの前のカペラディーゼルターボ(インタークーラー)は、


ヨーロッパでディーゼルを見直すきっかけになったと聞いたことがあります。
    • good
    • 0

日本では最近目の敵にされているディーゼル車ですが、ヨーロッパでは見直され始めています。

というのも、ディーゼルエンジンは燃費がよい、ということは二酸化炭素の排出量が少ない点で温暖化防止に有効だと考えられるからです。
ただし、ディーゼルエンジンは回転数を上げにくく(asucaさんの回答を参照)街中での加減速の多い走行やスポーティーな走行には向かないので日本での普及は難しいと思います。
個人的に燃料電池車が普及する前に現在環境保全に一番役に立ちそうなのは上高地や立山のバスに使われているディーゼルエンジン+モーターのハイブッリッドエンジンじゃないかと思います。これだとエンジンはいつもほとんど一定の回転数でよいので常に効率のよい燃焼が出来ます。
    • good
    • 0

まずは燃料の違い。

ガソリン車はガソリンでディーゼルは経由です。
次に点火方式の違い。ガソリン車は燃料と空気が混ざった物を圧縮したときにプラグで点火します。
ディーゼルの場合は圧縮すると空気が高温になることを利用してその熱の所に燃料を噴射して燃焼させています。

この燃焼形式だと、燃料が噴射されるときはシリンダーの中は当然高温になっていますがそのときに燃料の一部が酸素と混ざるよりも早く熱のために分解されて炭素が分離して微粒子になってしまいます。
そのためにアクセルを急にふかしたりした場合混合が間に合わずに炭素の微粒子が黒い煙となって出てしまうんです。これが問題にもなっています。

また、燃焼時間がガソリン車に比べて長いためにNOxが出やすくなってしまうんです。
    • good
    • 0

ガソリンエンジンとディーゼルエンジンは、使う燃料も違いますし、エンジンの仕組みも異なります。


ガソリンエンジンはガソリンが燃料。
ディーゼルエンジンは軽油(ディーゼル油)が燃料。

ディーゼルが環境に(というより直接人体に)悪いと言われる理由は、ディーゼルエンジンが出す粒子状物質(DEP)…早い話がススです。
ディーゼル車が出す黒煙の正体がこのススで、軽油が高温で燃焼した時に出る多環芳香族炭化水素が主な成分です。
なお、ガソリン車もススは出しますが、その量は排気量あたり1/100程度です。
(実際はディーゼル車は排気量の多い業務車両に主に使われているので、排出量の差はもっと大きい)

DEPは喘息性気管支炎、気管支喘息、慢性気管支炎、肺気腫、肺がんなどの原因になると言われています。
実際、大型トラックの通行量の多い主要な産業道路の沿道では多くの呼吸器疾患の患者が出ており、都がディーゼル規制に踏み切った直接の理由もこれです。

参考URL:http://home.hiroshima-u.ac.jp/er/Book_Index/EV_D …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qトンネル工事に女性が参加できなくなった時期について

明治期の新聞に、鉄道のトンネル工事の事故現場から、そこで働いていた女性が救出された、とありました。
トンネル工事に女性が入れなくなったのは、いつごろからなのでしょうか。
ご存知の方がいらっしゃったら、教えてください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

去年だったのか今年だったのは忘れましたが、トンネル工事に携わる女性陣をNHKで放送をされていましたが。
http://www.news-postseven.com/archives/20160319_392145.html
女性の現場監督者もいれれば、現場で肉体を汚して働いている女性もいます。

Q日本と欧州のディーゼル車は違うのでしょうか?

先日、ドイツに行く機会に恵まれました。
色々な話があるのですが、その中でディーゼル車の事で教えてください。

以前から、欧州ではディーゼルエンジンが良く利用されていると聞いておりましたが、全くその通りでした。
ミュンヘンのタクシーは8割がたベンツでディーゼルのようでした。気にして乗った時はわかりましたが、走っているのを見てもほとんどわからないほど静かでしたし、排気ガスも臭くありませんでした。バスにも乗りましたが、同様でした。
さて、日本に帰って成田からリムジンバスに乗ったら、その臭いこと臭いこと、全く別の乗り物のように感じた次第です。
そこで思った事です。
1:軽油といっても処理方法が異なるのか
2:ディーゼルエンジンの中身で異なる部分があるのか
3:単なる気のせいか

日本で厳しい規制を受けているディーゼルエンジンですが、あちらでは燃料処理や排気ガス処理をもともとしっかりやっていたので問題とならなかった。一方こちらはやることをやらないまま問題が大きくなってしまったのではないか。というのが小生が感じた事なのですが。どうでしょうか。

近々、報告会があり、その際に少し触れたいので質問しました。ディーゼルエンジンの話はトピックスとしては少々古いですが、お詳しい方にご教授いただきたいと思います。

よろしくお願いします。

先日、ドイツに行く機会に恵まれました。
色々な話があるのですが、その中でディーゼル車の事で教えてください。

以前から、欧州ではディーゼルエンジンが良く利用されていると聞いておりましたが、全くその通りでした。
ミュンヘンのタクシーは8割がたベンツでディーゼルのようでした。気にして乗った時はわかりましたが、走っているのを見てもほとんどわからないほど静かでしたし、排気ガスも臭くありませんでした。バスにも乗りましたが、同様でした。
さて、日本に帰って成田からリムジンバスに乗った...続きを読む

Aベストアンサー

「あちらでは燃料処理や排気ガス処理をもともとしっかりやっていたので問題とならなかった。一方こちらはやることをやらないまま問題が大きくなってしまったのではないか。」判断が少し性急すぎるのではないかと思います。

(1)燃料の問題について
・1:軽油といっても処理方法が異なるのか
#1さんご指摘のようにヨーロッパは低硫黄軽油です。ヨーロッパのようにほぼ一斉に低硫黄に出来ればよいですが,軽油は国際取引されるものですから,アジアで日本だけが低硫黄化することは,再処理等の問題が生じ難しい点があると思います。(やっと重い腰を上げましたが…)

・税制上の問題もあります。ガソリンは国税で道路建設という目的税も含まれます。軽油は地方税です。

(2)技術的な問題について
・2:ディーゼルエンジンの中身で異なる部分があるのか
#1さんご指摘のようにヨーロッパはドイツ・ボッシュ社が開発したコモンレール方式です。しかし,実は日本もトヨタのアイシン精機はコモンレールを製品化していまして,ヨーロッパに輸出されている車にはコモンレールのディーゼルが搭載されています。なぜ日本で売らないのかは,単純に買う人がいないからです。国民性が原因です。

・ディーゼルが本当に環境に優しいのか
実はこれが一番の問題です。ディーゼルは環境に決して優しくはありません。効率は確かに20%程良くなります。ですからCO2排出量は少なくなります。しかし,圧縮比が高く燃焼温度も高いですから,多量のNOxを排出します。あまり知られていないことですが,ヨーロッパ(特に北欧)は酸性雨の被害の典型的なモデル地域です。
日本は東京等の密集した大都会を抱え,人体に有害なSOx,NOxの削減をCO2排出量の削減より優先した施策は,一概に間違いとは言えないと思います。ただし,あまりに産業界の要望を受け,トラックの排出ガス規制が遅れたことは失政と思いますが…

世界が注目する車がトヨタから発売されます。ディーゼルのハイブリットです。ハイブリットはエンジン回転をあまり上げませんから,CO2排出量は少なく,NOxも多くは排出されません。現在発売されている車の中で最も環境に優しい車のようで,あまりに注目されすぎて発売が延期になったという話も聞きますが…

何かの参考になりましたなら…

「あちらでは燃料処理や排気ガス処理をもともとしっかりやっていたので問題とならなかった。一方こちらはやることをやらないまま問題が大きくなってしまったのではないか。」判断が少し性急すぎるのではないかと思います。

(1)燃料の問題について
・1:軽油といっても処理方法が異なるのか
#1さんご指摘のようにヨーロッパは低硫黄軽油です。ヨーロッパのようにほぼ一斉に低硫黄に出来ればよいですが,軽油は国際取引されるものですから,アジアで日本だけが低硫黄化することは,再処理等の問題が生じ難しい...続きを読む

Q技術が発達した現在ではトンネル工事で死人が出ることはないのでしょうか?

TVで黒部の太陽を見てたのですが黒部ダム(黒四ダム?)を建設する時に大町トンネルを貫通するのに苦労し、多数の死人が出たそうですが、技術が発達した現在では大規模なトンネル工事でも昔みたいに何十人も死人が出ることはないのでしょうか?。東京湾アクアラインのような長い海底トンネルでも死人が何人も出たという話は聞かないですしトンネル工事も安全になったのでしょうか?。

Aベストアンサー

シールド工法やコンピュータによるシュミレーション技術は進みましたが、最後の確認をして現場で掘り続けるのは人間ですし、急な出水崩落、火山や温泉帯の場合爆発という危険もあります。厚生労働省の統計のアドレスを載せて置きますので見ていただけるとわかると思います。

参考URL:http://wwwdbtk.mhlw.go.jp/toukei/kouhyo/indexkr_37_3.html

Qバイオディーゼル燃料について

原料となる廃油は、菜種、大豆、コーンなどいろんな原料由来の油があると思うのですが、これらの違いは、問題ではないのでしょうか?
それらは、成分(元素記号)自体が違うのだと思うのですが、こういったものの混合廃油を精製して、バイオ燃料を作ろうとするとどういうことが起こるのですか?

集めた廃油をろ過して不純物を取り除き、単純に大きい熱量を必要とする電力会社とかで燃やした方が、余分な工程もなく、不要な生成物が出ないので、良いように思うのですがどうなのでしょう?

Aベストアンサー

原料の油によって多少の性状の差が出ますので、流動点など性能に直結する項目では、添加剤(流動点降下剤)等で調整を行います。
そういった意味で廃油利用には困難さが生じます。
製造に際しては、どの油に対してもメチルエステル化という同じ処理をしますので、原料油毎に多少異なった性状の製品が得られます。
潤滑油の廃油等を燃やす事は公衆浴場等ですでに行われており、仰る様にそちらの方は手間要らずです。但し、バイオ燃料使用の目的はカーボンフリーであり、大企業にとっては植物由来100%のものを使用しなければ意味がありません。つまり重油の使用数量が減っても、その替わりに燃やすものが100%食用油であると言う証明が必要です。
その場合、食用油の廃油だけを集めるコスト・規模に対し、重油の値段レベル等が「ボランティア」でなければ合わないと言う問題や、タンク内のバイオ分腐敗によるノズルの詰まり等の可能性もあります。
軽油は消費規模が一台ごとには知れており、リッター32.1円と言う軽油税分について、大企業が行えば脱税と判断されかねない使用法も、個人ベースでは見逃されている実情もあります。

原料の油によって多少の性状の差が出ますので、流動点など性能に直結する項目では、添加剤(流動点降下剤)等で調整を行います。
そういった意味で廃油利用には困難さが生じます。
製造に際しては、どの油に対してもメチルエステル化という同じ処理をしますので、原料油毎に多少異なった性状の製品が得られます。
潤滑油の廃油等を燃やす事は公衆浴場等ですでに行われており、仰る様にそちらの方は手間要らずです。但し、バイオ燃料使用の目的はカーボンフリーであり、大企業にとっては植物由来100%のものを使...続きを読む

Q井荻トンネル工事の車線規制は終了しましたか

 井荻トンネル近隣住民ではないですが8月か9月に利用予定あります。埼玉から中央道へいくのに、大泉ICからカンパチ-甲州ー調布IC
と行きたいです。車線規制は平成17年3月20日~平成18年6月までということでしたが、工事完成して車線規制は終了したのでしょうか。東京都建設局のサイトではどこにも「工事完成」との記述はありません。
 5/28に南田中トンネル完成とのことですが、これは建設局に問い合わせたら、井荻トンネル工事の車線規制とは別とのことでした。

Aベストアンサー

工事はわかりませんが、私はいつも埼玉から中央道へ行くのには、大泉--石神井公園のほう--富士街道--田無--武蔵境通りで調布に行きます。
(環八を通る理由があるのなら失礼いたしました。)

Q普通に売っている飲み物を捨てたら環境にどう悪い?

環境には悪いことだと思っています。
でもどのように悪いことかはわかりません。たとえば土に捨てると土壌汚染が起きるとか、清涼炭酸水を捨てると酸性雨が降りやすくなるなど、このように書いていただけるとありがたいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

一般的な清涼飲料水の環境負荷は水同然と考えて差し支えないと思います。
富栄養化は基本的にはリンのみが決定的原因であり、清涼飲料水はそれをほとんど含みません。
その意味では果汁比率の高いものは気をつける必要があります。

環境負荷を気にしなければならないほどpHが偏っているものは人体に有害であり、まずくて飲めないでしょう。
溶けている炭酸ガスも呼気に混じって出て行く程度のものであり、問題ないと考えていいでしょう。
問題があるほど濃度が高いのなら、飲んだ人が二酸化炭素中毒になってしまうでしょう。

参考URL:http://www.lbri.go.jp/omia/38/38-2.htm

Q1年前の倉敷市海底トンネル工事中の大事故のその後

一年程前岡山県倉敷市で最大手ゼネコンの鹿島が元請の海底下トンネル工事で大事故があり何人もの作業員が犠牲になりました。海底下の事故であり当時は何もすることが出来ず、その後海底を浚渫してシールド機(トンネル掘削機)を取り出すことになり、 一ヶ月ほど前やっとシールド機が海上へ引き上げられたとの簡単なニュース記事をインターネットで見ました。

私自身以前ゼネコンに勤め大小いろんなタイプのトンネル工事に従事しましたが、現在は転職し海外在住です。このような次第でこの事故原因解明には大きな関心がありますが、やはり鹿島も自社の汚点になるような情報はあまり出したくないと見え同社のホームページを見ても事故原因については触れられていません。もしどなたか情報があれば教えていただけるとうれしく思います。特に以下の点に関心があります。

1)シールド機が回収されて一ヶ月位経ったと思いますが、原因については何か分かってきているのか?
2)事故当時安物の韓国製セグメント(トンネル掘削後取り付けられるコンクリート製の板)が原因のように言われてましたがこれについてどうなったか?
3)事故当時行方不明作業員が全員は見つかってはいなかったと思いますが、こちらのほうはどうなったのか?
4)事故の起きたトンネルの代替のトンネルは掘られたのか?
5)鹿島は事故の後役所の指名停止や、労基からの処分をうけたのか?

その他お知りのことがあれば教えてください。どうかよろしくお願いします。

一年程前岡山県倉敷市で最大手ゼネコンの鹿島が元請の海底下トンネル工事で大事故があり何人もの作業員が犠牲になりました。海底下の事故であり当時は何もすることが出来ず、その後海底を浚渫してシールド機(トンネル掘削機)を取り出すことになり、 一ヶ月ほど前やっとシールド機が海上へ引き上げられたとの簡単なニュース記事をインターネットで見ました。

私自身以前ゼネコンに勤め大小いろんなタイプのトンネル工事に従事しましたが、現在は転職し海外在住です。このような次第でこの事故原因解明には大き...続きを読む

Aベストアンサー

ttp://www.geo-yokoi.co.jp/News/Mizusima_Sield.htm
水島シールド事故の教訓
(13/08/28)の図
筆者による考察

ttp://www.asahi.com/area/okayama/viewphoto_okayama.html?area-pg/OSK201308240091.jpg
シールドマシン内側より
ttp://photo.sankei.jp.msn.com/kodawari/data/2013/08/23kurashiki/
シールドマシン内側より

Qバイオディーゼル燃料を、灯油の代わりに使うと?

BDFを、ストーブの灯油のかわりに使うと、有害ガスを発生しますか?
私の住んでいる国では、灯油が1リットル200円以上しますので、経済的には、あまり変わらないと思います。(今日のレートで計算すると、1リットル当たり243円です)

Aベストアンサー

石油ファンヒーターは、危ないような気がする。
気化器の設定温度は(たぶん)灯油にあわせて設定されているはずなので、
混合の場合、BDFが気化されずにミスト状態で燃焼部に送られるので、不完全燃焼がおきやすくなりそうだ。
混合でない場合、気化自体がされないので、着火しないような気がする。

※ 20年前の修士論文が石炭燃焼だが、文系就職したので、勘レベルでしか考えられないが、念のため。

Q夜間のトンネル工事について

 市が発注するトンネル工事で24時間作業することを考えています。しかし、騒音規制法では特定建設作業を実施する場合、24時間の作業は認められていません。そうなると24時間作業はできないのでしょうか?高速道路の建設などは24時間やっていると思うのですが・・・どうか宜しくお願いいたします。(作業地域は騒音規制法の第3種地域です)

Aベストアンサー

法律の専門家ではないので、意見です。
トンネルの中は、ある意味治外法権的な面があるので厳密には関係ない部分がありますが、一応、地上と同じ法律を適用するのが通常でしょう。

24時間作業については、シールドマシンをゴリゴリしてダンプが昼間と同じように往来する作業は、やってはいけません。

24時間の作業は、内装などの計装作業に限られます。 つまり17時に入坑して朝までトンネルから出ないような作業に限られます。

住民には、安眠を邪魔しないほうが懸命です。意義を唱えられると作業がとまりますよ。

Q人間が作ったものは、どうして「人工のもの」として、環境に悪いだの、悪く言われることが多いのですか?

人間が作ったものは、どうして「人工のもの」として、環境に悪いだの、悪く言われることが多いのですか?

例えば、アリは、土に穴を掘りますよね。
私たちが知らないだけで、アリが土に穴を掘ることで、他の生物たちの生態系に影響しているかもしれませんよね。たぶん、全くどんな生物にも、全く影響しないことはないんじゃないかと思ってます。このとき、アリが土に穴を掘ることは、私たちから見ると自然の一部で、それによって他の生物たちになんらかの影響が出たとしても、それは弱肉強食で、自然淘汰されても、これが自然の流れだから仕方がないなと感じると思います。

話を人間に戻します。

人間も動物です。人間の作るものも、どんなに科学的なものであれ、自然界にもともとないものをつくったとしても、私は自然のものと同じだと思えて仕方がありません。
人間には知能があり、いろんな物事を抽象化して考える能力がとても優れているので、いろんなものが作れてしまいますが、コンピュータにしたって、自然界の一部と思っています。

自然界に、もともとある生態系に悪いといいますが、これらを破壊するのは、人間に限ったことではなく、自然界でよく起こることだと思います。

人間が関わると、自然が自然でなくなるとは思いません。

ここでふと脳裏をよぎるのは、生態系などに影響するから、二酸化炭素の排出を抑えようと考え、それを実行することも、人間の知能ゆえのものでしょうが、自然の範疇だろうと思います。

要は、人間が関わると自然界に悪いと捉えるのではなく、良い悪いは、置いておいて、このような変化をもたらすけれども、その変化をそのまま見過ごすのか、そのまま見過ごさないのかではないでしょうか?

そのまま見過ごすかどうかを決めるのに、どうしても判断基準がいるので、良い悪いで暫定的に判断しようとしているのだと思いますが、自然界のことを、人間にとって良い悪いで決められてしまって、自然界がかわいそうに思えるときもあります。

だって、二酸化炭素が増えて温暖化が進み海面が上昇することで、今まで以上に繁栄する生き物もいるでしょうから。

人間が作ったものは、どうして「人工のもの」として、環境に悪いだの、悪く言われることが多いのですか?

例えば、アリは、土に穴を掘りますよね。
私たちが知らないだけで、アリが土に穴を掘ることで、他の生物たちの生態系に影響しているかもしれませんよね。たぶん、全くどんな生物にも、全く影響しないことはないんじゃないかと思ってます。このとき、アリが土に穴を掘ることは、私たちから見ると自然の一部で、それによって他の生物たちになんらかの影響が出たとしても、それは弱肉強食で、自然淘汰されても...続きを読む

Aベストアンサー

No.6です。”この回答へのお礼”ありがとうございます。また、No.7も見ました。ご意見は分かります。同意する人もいるでしょう。
でも、現在の人間が介入した自然はやはり不自然である、と考えます。それは、繰り返しになりますが、数があまりにも多いからです。もし地球の表面積が今の5倍、あるいはそれ以上あればまた違うかもしれませんが。
他の動物、例えばライオンのような大型肉食獣が仮に100億になってしまったとします。そうなると、エサとなる草食動物が激減し、大型肉食獣は大幅に減少、絶滅寸前になるかもしてません。その結果、反動で草食動物が激増、エサとなる植物が壊滅状態となり、大量の糞と合わせて人間以上に環境への影響があるかもしれません。でも、これはあり得ないでしょう。ここに至る前に個体数の抑制が働きます。
ですが、人間には個体数の抑制がいまだに働いていません。やはり、不自然な状態と考えます。人口を10億以下に減らす? これは無理でしょうね。結果として、環境負荷を低減する方向になるのだと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報