人気マンガがだれでも無料♪電子コミック読み放題!!

 この度、積水ハウスのビーフリーで新築することとなり、先日棟上が終わったのですが、採光の為にどうしても窓(若しくはガラスブロック)を追加したいと考えています。
 営業担当の方に聞いてみると「新しく窓つきの外壁を工場で作成してこないとできない。」と言われました。追加したい箇所は耐力壁ではないので、何とか今ある外壁をくりぬいて窓の追加はできないのでしょうか。
 

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 お気持はよく分かります。

しかし、こういう小回りがきかないという点もプレハブ住宅という建築のマイナスの特性として確かに存在します。

 まず、現在組み込まれるはずの壁に窓など開口部を設けるということについてですが、一般的にこのような開口部のない壁でも、鉄骨構造の場合は耐力壁ということではないものの、壁の内部にはブレスという、木造建築の筋交いに相当する斜めの鉄材が入っていることが多いものです。この場合はここに開口部を作るとブレスを切断せざるをえず、建物の構造強度が一気に下がってしまいますので、この場合は完全にあきらめざるを得ないと思います。

 もしブレスが入っていない場合ですが、理論上はこの部分を切り開いて窓などを作ることは不可能ではありません。ただし、壁材というものはいろいろな素材を重ねた複雑なものですので、切り開きにはかなりの手間がかかることが予想されること、また、サッシなども一般市販用と異なり積水専用仕様になっているのではと思います。さらに、こうした工事によって万一雨などが浸入した場合、水分が壁材の中を通って鉄骨構造部分に達し腐食などを引き起こす可能性も否定できません。こうしたことから積水側としてはおそらく消極的な態度になるものと思いますし、場合によってはこの部分については保証範囲から外されるのではと心配します。

 もうひとつの方法である、新しく開口部を持った壁材に交換するという件、これについても不可能ではないものの、やはり壁一枚の余分なコストと、それに加えて輸送料、交換費用、不要になった壁材の処理費などがかかるものと思われます。と同時に、このようなプレハブ構造の家屋ですと1階の壁材を組み込んだ後2階の壁材を乗せるという工法を採りますので、早めに決断しなくては後々の工程に影響が生じ、ここにもまた余計なコストがかかることと予想します。

いずれの方法にしろ、この問題は早急に解決する必要があります。というのは、どの方法にしろ、次第に組み上がって行くにつれてそれだけ作業が難しくなる、組み上げた後から壁材を交換する場合には壁材を外し難くなる、さらに、目地に詰めたパテが硬化しはじめている、内装に取り掛かれない、壁材の風化によって色が揃わないなどといった問題も起こりえますので、このあたりについて積水側の意見をよくお聞きになってよく検討され、どの方法で進めるかを早急にご決定になったらと思います。
    • good
    • 0

住宅メーカーさんは、これがあるので大変ですね。


基本的には、大量生産で、良い物を安く(?)を売りにしているようなので、建設中に変更があれば、かなりの抵抗が予想されます。
もちろん、建築には無理なことはありますが、ほとんど無理というものはありません。
ただ、金額をかければという前提です。

大手メーカーさんは、信用はありますが、契約もきっちりとしているため、逃げ道も少ないです。
契約書によく目を通して、検討されることを進めますが、この事例の場合、追加料金なしでの変更は大変困難だと考えられます。
    • good
    • 0

積水の壁の中は結構複雑ですよ。



石膏ボード、遮音材、グラスウール、内装材などが入っています。
開口希望部分に鉄骨が通っていたらその時点でもう無理です。

鉄骨の構造は各開口ごと違います。
開口に沿って鉄骨が通っていて、そこに窓枠をはめ込んで加工します。

窓枠をはめるのなら鉄骨も加工しなければいけないので、いちからその壁部分を作り直すしかないでしょう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

御回答ありがとうございます。現在は外壁を建てただけでで、素人なのでよく分からないのですが、耐力壁ではない部分なので、鉄骨も通っていない箇所です。それでも無理なのでしょうか?設計担当にもう一度聞いてみることにします。

お礼日時:2005/04/08 16:04

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q築30年のセキスイハウスの軽量鉄骨。リフォーム出来る?

S52築のセキスイハウス製2階建ての実家を今度、完全に取り壊して新築を建てようか、リフォームしようか迷っています。
資金の関係上できればリフォームしたいのですが、もう30年以上が経過している軽量鉄骨って今後、20年も30年も耐えうるんでしょうか?

最近のリフォームは新築みたいに出来ると聞き、骨組み以外は改築したいと考えています。出来ればベタ基礎じゃないのでベタ基礎にしたいのですがそれはリフォームじゃ無理かな?

築30年の軽量鉄骨のリフォーム、実用性はあるんでしょうか?
詳しい方教えてください。

Aベストアンサー

メーカーの軽量鉄骨の住宅は構造計算で安全が保証されています。
当時の建築基準法の強度計算では現在の基準が満足出来ないと思います。木造などでは、筋交いを増やしたり、基礎を補強したりして耐震補強できますが、メーカーのユニット住宅では難しいでしょう、建物全体で保つように設計されていますので。

ベタ基礎の件ですが、何故ベタ基礎にされようと思っているのでしょうか、ベタ基礎にすれば建物の自重が増えるので、圧密沈下の恐れがある場合もあるのです。何でもベタ基礎にすれば強度が増えるというわけでもないのです。

私はセキスイハウスの者では無いので、ひょっとするとセキスイハウスに相談すれば補強方法について何らかの技術があるかもしれません。
一度相談されてみればどうでしょう。
(まあ、新築を進められそうですがね)

Q新たに窓を取り付けたい

我が家の居間は窓の数が少なく、
日中でもあまり明るくありません。

そこで、新たに窓を取り付けたいと考えています。
小さい窓で、開閉出来なくても良く、
ただ明かりを取り入れられればそれで良いのです。
この様な窓を取り付けてもらう場合、
費用はいくら位掛かる物なのか?

分かる方がいらっしゃいましたらお願いします。

Aベストアンサー

窓を付けたいとの事ですが、木造の場合で言いますと、開口を開けて下地をし窓を取り付けますが、実際には窓より大きめに開口しないといけません。それで窓を取り付けると窓の周りに外部で最低30ミリ内部でも最低10ミリくらいは隙間が開きます。その隙間をどうするかです。
外部がモルタルのときはモルタルで補修するのか(この場合塗装も必要になります)それとも隙間が隠れるくらいの板やサイディングを上から張るのか?外部がサイディングの場合は、窓付近のサイディングを張り替えるのか、隙間が隠れるくらいの板やサイディングを上から張るのか?にもよります。
内部にしても同じです。クロスであれば、張り替えたり隙間が隠れるくらいの板か何かを貼る等色々です。
一番安く済ますには、隙間を隠すくらいの板や何かを貼るほうがいいかと思います。これだと大工以外の業者は必要ありませんし、工事期間も1~2日で済みます。料金は20万前後かと思います。窓にも寄りますが。
現場を見ないと分かりませんが、業者に見積もりを出してもらって下さい。大きい業者は、高く取る可能性がありますので、知人に信頼できる大工さんはいませんか?これが一番安くなると思います。

窓を付けたいとの事ですが、木造の場合で言いますと、開口を開けて下地をし窓を取り付けますが、実際には窓より大きめに開口しないといけません。それで窓を取り付けると窓の周りに外部で最低30ミリ内部でも最低10ミリくらいは隙間が開きます。その隙間をどうするかです。
外部がモルタルのときはモルタルで補修するのか(この場合塗装も必要になります)それとも隙間が隠れるくらいの板やサイディングを上から張るのか?外部がサイディングの場合は、窓付近のサイディングを張り替えるのか、隙間が隠れるく...続きを読む

Qセキスイハウスでの増築について

いつもお世話になっています。

15年前に積水ハウスの軽量鉄骨・プレハブで建てました。

子供も大きくなったので、増築してみようかと、とりあえず建てたときの営業さんに連絡して、リフォーム部門を紹介していただきました。

増築部分は木造でしたいのですが、セキスイのようなハウスメーカーで建てると割高という意見をよく見かけます。実際どうなんでしょう?タダでさえ増築は割高なので、できれば安くできると嬉しいのですけど。

今の所セキスイとしか話をしていないのですが、あい見積もり?は、やはり何社かするべきでしょうか?知識が無いので、うまく判断できるか自信が無いのですが・・・。

ひとつ、気になることがあります。リフォーム部門の人が「新築主義のセキスイも最近ようやくリフォームにも目を向けるようになった」っておっしゃったんです。ということは、あまり増改築の実績が無いということでしょうか(不安)?
アドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

不動産系の専門家です。(以下、長文です)

>ハウスメーカーで建てると割高
やはり大手ハウスメーカーは地場工務店やリフォーム専門会社に比べると、金額的には割高となるかもしれません。
しかしながら、工事後の保証年数や内容は、他社に比べると優れているとも言えます。

また、積水ハウスでは『家のカルテ』のようなものが社内的に存在しており、新築時の設計図や工事手順・状況などの資料が保管されています。これは大きな優位点(プラス要素)となるでしょう。

仮に他社が増改築工事を請け負ったとすると、いくらかの情報は手に入っても、やはり最初に建てた会社程ではありません。
つまり、ある程度は『手探り』で工事しなければならない部分もある、ということです。

>あい見積もり?は、やはり何社かするべきでしょうか?

気になるのでしたら、他社ハウスメーカー、地場工務店、リフォーム専門会社など数社に『あい見積もり』を取られれば良いかと思います。
その際、単に金額だけで比較するのでなく、工事期間やその後の保証制度の内容など、さまざまな点について見当してみてください。

>リフォーム部門の人が「新築主義のセキスイも最近ようやくリフォームにも目を向けるようになった」っておっしゃったんです

これは本当です。
積水ハウスに限らず、大手・中堅のハウスメーカー各社では、ここ2年内くらいに本格的に『リフォーム市場』に参入してきました。

それまでは、地場工務店や大工さんを除き、本格的に増改築(リフォーム)を手がける住宅メーカーは少なかったと思います。
なぜなら、新築に比べ、増改築(リフォーム)の方が単価や総額が低いので、工期や手間暇かかる割には利益率が低かったからです。

しかしながら、環境問題に配慮して『50年住宅』や『30年程度で建替えしなくてもすむ家』を各メーカーが開発したり、行政が中古住宅市場の流動化を図るために『住宅性能表示制度』や『既存住宅保証制度(旧 中古住宅保証制度)』等を整備しはじめたため、10年前に比べると、着実に増改築(リフォーム)工事件数が増えてきました。
これにより、多くの金融機関では、増改築のための住宅ローンなど新たな商品開発を行っています。
もちろん、『少子高齢化社会』や『超低金利時代』『不景気の長期化』などが影響していることは、言うまでもありませんが...。

住宅販売の営業マンは、意外と素人あがりで知識や経験不足の人が多いのですが、piyopiyohiyokoさんのところにきた営業マンは、少なくとも社内事情をきちんと把握している方のようですね。
試しに住宅展示場などで『御社の住宅保証制度や増改築制度について詳しく教えて欲しい』と聞けば、いかに無知な人が多いかわかります。

なお、積水ハウスでの増改築工事実績ですが、同社はこれまで系列会社で主に増改築工事を請け負っていましたが、積水グループ全体として増改築(リフォーム)に力を入れるため、母体である積水ハウスがリーダーシップをとるようになった…のが昨年の話です。
ですから、グループ全体での実績は、地場工務店とは比べ物にならないくらい多いです。

多額の費用を投入しての工事ですから、くれぐれも金額だけで選ばず、色々な点を他社と比較し、決定してくださいね!
なお、『営業マン(担当者)の知識幅・情報量』というのも、そのうちの一つだと思います。

不動産系の専門家です。(以下、長文です)

>ハウスメーカーで建てると割高
やはり大手ハウスメーカーは地場工務店やリフォーム専門会社に比べると、金額的には割高となるかもしれません。
しかしながら、工事後の保証年数や内容は、他社に比べると優れているとも言えます。

また、積水ハウスでは『家のカルテ』のようなものが社内的に存在しており、新築時の設計図や工事手順・状況などの資料が保管されています。これは大きな優位点(プラス要素)となるでしょう。

仮に他社が増改築工事を請け負っ...続きを読む

Qハイムはハイムじゃなきゃリフォームできないんですか

積水ハイムの中古を検討しています。
積水ファミエスの人に構造に手をかけるリフォームはうちでやらなきゃ保障はできません。といわれました。
これってどういうことなんでしょうか?
見積もり見たらかなり高い感じなんでできたらほかのリフォーム業者と合い三つしたいんですけど。
まだローン審査売買契約まで進んでないのでほかの業者は中に招き入れられないんです。
洗面台とかトイレを動かすとか風呂はファミエスに頼んだほうがよいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

築15年のハイムを普通の業者さんでリフォームして今年引っ越しました。
リフォームしたのはほぼ全部。水周りの移動や取替え、ユニットバス
のサイズアップ、キッチンも移動に取替え。内部の間仕切り壁は
ごっそり取っ払ってもらいました。
(外部はまったくさわっていません。)

それでも保障は切れてません。

住宅の壁は、家を支えている壁と、ただの間仕切りのためだけの
壁に分かれます。家を支えている壁には太い柱やすじかいが入っています。
ただの間仕切りの壁には支えになるような柱はありません。

”構造に手をかけるリフォーム”というのは家を支えている壁や柱を
取り除いたり移動させたりするリフォームを言います。

セキスイハイムの家は軽量鉄骨造で、ユニット工法という建て方で
建てられています。鉄骨で組まれた四角い骨組みが幾つか組み合わされて
出来ています。四角い積み木が積まれているような感じです。
浴室の下には浴槽を支えるための梁が入っています。
それらの鉄骨の柱や梁を切断すると、構造上多大なダメージを与えることに
なります。それではメーカーは安全を保障することができなくなるので
積水ファミエスのリフォームをお奨めしてきたのでしょうね。


我が家のリフォーム中に発生した問題は以下の3つでした。
(1)他の方がおっしゃるように、ユニットバスの床下に構造部材があり
 浴室と脱衣室に15センチほどの段差が生じました。

(2)キッチンフードのダクトがとり回しづらく、ぐにゃっと曲げてなんとか 
 納めてもらいました。

(3)階段が特殊な構造で、取り除くはずの壁が残ってしまい、トイレの
 間取りが変更になりました。

(1)の浴室の段差は悩みました…。
「年取った時にどうする?」って思ったのですが、たかだか15センチの
段差を上れなくなるほど弱ったときは、2階建ての家に住むこと自体が
無理になるということなので、気にしないようにしました。
今では3歳の娘もなんなく上り下りしています。

それ以外はスムーズにリフォームできましたよ。
内部の間仕切り壁に筋交が入っていたり、構造壁になっていたりする
木造よりも、ずっとリフォーム向きだと感じました。
だって、外壁と階段周りの壁以外は全部動かせますから。
ハイムで構造部材までさわるリフォームって言ったら、よっぽどの
事情だと思います。


リフォームって、どんな物件でもなんらかのアクシデントが途中で
発生すると思います。壁が抜けないとか、窓の位置が合わないとか
排水管が詰まってるとか…。木造ならシロアリや土台などの腐蝕などの
心配もしなくてはいけません。軽鉄造のハイムはその点、シロアリなどの
心配が無かったので気が楽でした。

ちなみに私は、仕事でたくさんの木造住宅の設計をしてきましたが、気が
付いたら軽鉄造の家に住んでいました…。
木造の家に比べると家の中がやや寒い気もしますが、住んでいる土地柄も
あるので単純には比べられませんね。

いいお家が見つかると良いですねー!

築15年のハイムを普通の業者さんでリフォームして今年引っ越しました。
リフォームしたのはほぼ全部。水周りの移動や取替え、ユニットバス
のサイズアップ、キッチンも移動に取替え。内部の間仕切り壁は
ごっそり取っ払ってもらいました。
(外部はまったくさわっていません。)

それでも保障は切れてません。

住宅の壁は、家を支えている壁と、ただの間仕切りのためだけの
壁に分かれます。家を支えている壁には太い柱やすじかいが入っています。
ただの間仕切りの壁には支えになるような柱はありません。

”...続きを読む

Q軽量鉄骨と木造住宅で迷ってます。

積水ハウスで約50坪の2階建てを今年都内に建てようと思ってます。 
軽量鉄骨での外壁や頑丈なイメージ、エアキスが気に入るが結露が心配。  
木造住宅でのぬくもりやあたたかさなイメージ、木が好きだがシロアリが心配。

軽量鉄骨のメリット、デメリット。
木造住宅のメリット、デメリットを教えてください。

どうぞご意見を聞かせてください。

Aベストアンサー

積水の元主任技能者です。


デメリット
木造は職人によってばらつきが有り場合によっては致命傷になる。

建築中の雨程度は平気だが濡れるのは気になる。

木の良さを出しやすいが多少の狂いは絶対出る。

メリット
税金が安い。
奇抜な形でも可能。
寒冷地では暖房費が安くなる。
増築が誰でも出来る。


デメリット
軽量鉄骨は寒冷地では寒く感じる。
和風建築が似合わない。
税金が高い。
4t車が入らないと高くつく。


メリット
技術と品質が一定である。
積水なら間違えが無いほど材料がきっちりしているので間違えようが無い。
基礎幅が広いのが魅力。
ほかのHMより鉄骨の精度がよく基礎の精度が良いと柱や壁の垂直水平がすんなりでる。
30年前の鉄骨がいまだにさびていない(電着塗装の為)
同メーカなら増築も出来る。

Q後悔してます

もう変更はできません。北西からキッチン、ダイニングがあります。今更になって北東からキッチン、ダイニングにすればよかった~と毎日後悔してます。東は田んぼ、西は売り地です。南道路です。
間取りを決めるときにはわたしの頭の中には朝日という言葉がイチミリもなかったのです…。
でも、東キッチンにしていたとして、朝日が欲しい冬の朝に東の窓からちゃんと光が入るのかな?とも思います。
皆さまのご自宅はどうですか?
東か西にキッチンがあるかたや専門家のかた、ご意見ください。

Aベストアンサー

東にダイニングキッチンを設け東からの朝日に憧れているようですが、東日も実は夏はとてつもなく暑く日焼けはするし、温暖化で更に暑いし、良いことありません。
我が家は↑で後悔している者です。
ヨシズや簾を付けても入ってきますし困っています。
理想は東側に窓無しが良いと思います。

西キッチンの西日同然で夕日に当たりながらの準備など同様です。

キッチンの理想は北窓のみです。

もし北以外に窓つけるなら極小で十分です。

北窓は必ず必要です。
しかも北窓は夏は日が回りこむので斜めに日が入ります。

今では直射日光を避けてファイバーで天井に日を誘導する手法もあります。
これは遮光も随時任意自由にできます。
温かさも感じます。

ですから
北窓のみで十分です。

Q新築リビングが暗い

新築で、1週間前に引っ越しました。
隣りも住宅なので、日当たりが良い明るい暖かい家にしたい!とお願いし、間取りが決まってからも、日当たりは大丈夫か?暗くないか?と念を押して確認していましたが、日当たりは大丈夫ですよ。と言われ、安心していたのですが、いざ住んでみると、昼間も照明を付けないと少し暗いです。
全く日が入らないというわけではないのですが...。

アイランドキッチンの前にダイニングテーブル。その前に窓。ダイニングテーブルから向かって右側に長いリビングです。リビングには、壁の上の方に横長の窓があるくらいです。
そこだけが本当にガッカリし、ショックでたまりません。
リフォーム以外に、なんとか少しでもリビングを明るくする方法はありませんか?
自分なりに調べて、日が当たるところに姿見鏡を置いて光りを反射させるというのはやってみようと思います。
他にも自分で出来そうなことは全てやってみようと思っているので、どうか宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

付けると、付けないときより室内が明るくなる「アカリナ」と言う採光ブラインドがあるそうです。

http://j-net21.smrj.go.jp/develop/energy/company/2013011002.html

また、窓ガラスに貼り付けるだけで太陽光を効率的に取り入れて室内を明るくする「DNP採光フィルム」と言うものもあるそうです。

http://www.dnp.co.jp/news/10117500_2482.html

部屋が明るくなると良いですね。

Q軽量鉄骨造一戸建ての寿命

積水ハウスの中古住宅(築18年)の購入を考えています。
空家だったので中も外もじっくり見てみましたが
素人目で見た限りでは、中も外もまだまだしっかりしていていました。
地盤も、丘陵地を積水ハウスが開発分譲したところと
いうことでとてもしっかりしているように思いました。

ただ不動産屋の営業マンが
「鉄骨造だから木造に比べて丈夫です!!」
とあまりにも連呼するので
逆に「ホンマか?」と疑ってしまいました。

一般的に軽量鉄骨造の家って、大きな補修(構造的なもの)
をせずに、どれくらい住めるものなんでしょうか。

あるいは、何年おきにこれくらいの費用をかけて
補修すれば長持ちする、というようなことでも
いいです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

その昔、積水ハウス軽量鉄骨造の平屋に住んでいました。築26年まで住みました。
(今残ってたら築31年なんですが、5年前建て替えました)

取り壊すキッカケは
猫を飼っていたので壁紙など爪でバリバリにされた事
台所の流しの前の床が湿気で腐り、落ちそうになっていた事。
戸の建て付けがあちこち悪くなっていた事です。

取り壊す時に解体業者の方に言われましたが、鉄骨の柱はまだ
全然しっかりしていたそうですよ。(素人目ですが、私にもそう見えました)

台所の床が腐ったのは、長年ちょっとずつこぼれた水で湿っていたの(だろう)という事と
元々土地が田んぼを埋めたてたところだったので、湿気が多かったセイだと思います。

戸の建てつけも蝶番部分が錆びてきて膨れたり、引き戸の下についている
車輪が磨耗していびつになっていることからのようでした。
(その部分だけ直せば住めたのにと思いましたが、私が戸主ではないので(^^;)

そのお家は手入れは必要かもしれませんが、まだ住めると思いますよ。
補修が必要だろうと思う部分は上に書きました、床(耐久性)と内壁(美観)
戸の建てつけですかね。
ワックスかけたり、油さしたりで耐久性はぐんと上がると思いますよ。

あ、屋根はトタンですか?うちは錆びて穴が開いて押入れに雨漏りしましたよ。
(数年に一回ペンキを塗ってたら、防げたようですが)
屋根がトタンだったら、雨がふったらバラバラと音がします。
慣れれば風情として楽しめる程度ですが(^^)
私は雨の音が好きだったので、今の家は殆どしないので残念です。

あと、これは建て替えないと判らなかった点なのですが
今の家は前の家に比べて気密性が高いので、冬温かく夏涼しいです。
冬の事ですが、暖房を切って寝て、次の日の朝起きたら温かく感じます。
(昔の家に比べて)あれ?今年は温かいねって言ってたら、外は雪。
それで中が温かいんだと気付きました。この点は大きい利点でしたね。
前の家では、1度暖房を付けに起きて、また暖まるまで布団に戻る感じでしたから。

他の点での不満は得に有りませんでしたから、前の家に手を加えてまだまだ
住めば良かったのにと思っています。
でも、親もどんどん年をとることだし、冬温かい家はやっぱりよかったのかも?
(断熱工事ができるんならそれの方がいいかもしれませんが)

どちらの地方かわかりませんが、断熱という面でも覚悟が必要かもしれません??

あまり役に立たない話でしたね(^^;(思い出話みたいになっちゃった)
他の方の回答も待ってみてください。

その昔、積水ハウス軽量鉄骨造の平屋に住んでいました。築26年まで住みました。
(今残ってたら築31年なんですが、5年前建て替えました)

取り壊すキッカケは
猫を飼っていたので壁紙など爪でバリバリにされた事
台所の流しの前の床が湿気で腐り、落ちそうになっていた事。
戸の建て付けがあちこち悪くなっていた事です。

取り壊す時に解体業者の方に言われましたが、鉄骨の柱はまだ
全然しっかりしていたそうですよ。(素人目ですが、私にもそう見えました)

台所の床が腐ったのは、長年ちょ...続きを読む

Q軽量鉄骨の間取り変更(大変こまってます。)

築45年軽量鉄骨2階建て住宅(軸組み工法だそうです。)に住んでいます。
リフォームを考えているのですが、以前増築してもらった
工務店さんが言うには、軽量鉄骨住宅は増改築に不向きだそのことで、既設勝手口からの取り合いで増築をしました。
今回リフォームするにあたり間取り変更を考えています(西面、和室・リビング・洋間の3間(約20畳)が可能でしょうか?ちなみに我が家の筋交い?ぶれす?は外周にしか入っておらず、今話を聞いている工務店さんは通柱を残せば(露出)、可能とのことでした。
しかし、気になってネットで調べてみると、軽量鉄骨は
間取り変更しやすいとかかれていたり、変更に向かないというのもあり、かなり半信半疑です。
筋交い・ブレスのない内部壁というのは構造上の強度に含まれないのでしょうか?
また柱(木)とC構との間に体力壁をつけるけんとうもしています。(露出させた柱ろ壁財)構造上のヒントいただけますようによろしお願いいたします。

Aベストアンサー

築45年
プレハブなのか、近くの工務店等が建てたのかは不明ですが、
お金をかけてリフォームし、後何年使えるのでしょうか。
それは置いておくとして。

工務店が建てたのなら
補強は比較的簡単でしょうが、軽量鉄骨は厚さ3~4ミリ程度です、錆などの構造劣化が心配です。

プレハブなら
新築時点でも20畳の部屋は無理だったと思います。

柱を抜くためにはその柱が負担してた荷重をどう処理するか問題が発生します。

当時と今では構造基準が大幅に違います。
安全に住まうには、かなりの構造補強を覚悟してください、

構造に詳しい設計士さんに相談することを提案します。

Q窓の追加で明るくなるか‥

こんばんわ。いつもお世話になっています。
去年、東南向きの土地に新築しました。
2回目の冬になり、リビングの暗さが、やはり気になっているので、
リフォームで改善が見込めるかどうか、相談させてください。

・11月から1月になると、午後の日差しが翳って暗くなり、12時を過ぎると照明を付けています。
・南西側の家の敷地が高く、0.5階分あがっており、やや日当り難い。
・2階にある縦長のLDKで、並びは北からKDL続いて和室です。
 LD部分で18畳程度あります。
・LDK東南側に大きめの吐き出し窓があります。
 あとは、縦繰り出し窓がひとつです。
・LDKと和室の境界は壁です。
 和室入り口はLDKとは面していません。
・LDKの南西側は、廊下やこども部屋のドアになっており、
 採光が望めません。

現在考えているリフォームは、東南の吐き出し窓の上部に、
窓を追加して、午後の明るさをとる。という方法です。
天井高さは3Mあり、窓が設置できます。

設計段階で、暗いのは困ると訴えたのですが、
和室側の窓からの光がリビングに直接入ることはないし、
明るさはあまりよくならないと、担当に言われたこともあり、
和室側の壁上部に明り取り欄間などを設けることを
しませんでした。
トップライトは、構造上取り付けできないと
そのときいわれました。

ちなみに、ミサワホームです。

こんばんわ。いつもお世話になっています。
去年、東南向きの土地に新築しました。
2回目の冬になり、リビングの暗さが、やはり気になっているので、
リフォームで改善が見込めるかどうか、相談させてください。

・11月から1月になると、午後の日差しが翳って暗くなり、12時を過ぎると照明を付けています。
・南西側の家の敷地が高く、0.5階分あがっており、やや日当り難い。
・2階にある縦長のLDKで、並びは北からKDL続いて和室です。
 LD部分で18畳程度あります。
・LDK東南側に大...続きを読む

Aベストアンサー

庇で遮られることはなければ、直射日光の明るさではないでしょうが、今よりは明るくなると思います。
でも、その工事は可能ということでしょうか。気密性や耐久性を犠牲にする要素はありませんか。
私が質問者の立場だったら、けっこう費用がかかるので、夏場まで熟慮しますけど、・・・これは余計でした。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング