ついに夏本番!さぁ、家族でキャンプに行くぞ! >>

いつもお世話になっております。

ものの本によると、十二単は、現在の金で1~2億したと言いますし、昭和天皇の時だったか大正天皇の時だったか、忘れましたが、新調したときは8億円したとか聞いています。宮家用ですので、安物の十二単じゃダメなんでしょう。安物で一億ねぇ。

1,それにしても高い・・・。もともと儀式用ですし、あんまり、高いので、王朝時代でもそうそう着なかったそうですし、江戸時代は、宮中の女房といえども、宮家や摂関家を除けば、儀式用はレンタルで、あるいは普通の武家風のかいどりを着ていたということです。
なんでこんなに高いのでしょうか? 一体、どこにそんなに金がかかっているのか、着物音痴の私には分かりませんが、女房装束の作成過程には、普通の武家風の着物とは比較にならないような複雑な制作過程があるのでしょうか?どこに一番お金がかかるかご存じでしょうか? いくらなんでも絹代だけで一・二億もするとは思えないのですけど・・? 特殊な職人への人件費なんでしょうか?

2,あと男性の束帯の値段です。女房装束の値段は時々聞きますが、男性の装束は値段を聞きません。こっちは現在の金額で、いくいらくらいしたのでしょうか? もちろん貨幣価値が違うとは思いますが、気軽な目安で結構です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

男性の装束についてはわかりませんが、十二単が高いことには理由があります。


小袖、下袴、袴、単衣、袿、打衣、表着、唐衣、裳と幾重にも重ねている上、大変に貴重な染料が使われていたというものです。
身分によって使用できる色も限られていましたし、またそれなりの身分がなければ、珍しい染料も手に入らなかったようです。

また染め方に有名なもので「友禅染」というものがありますが、和紙に描いた色模様を絹地に捺染し、水洗いした後で、細かい文様を筆で彩色するという高等技術を駆使したもので、複雑な色柄や文様は、完成するまで数年を要するという、手の掛かったものとなっています。
物によっては値段のつけようがないほどの高価になるようですね。

そして刺繍もまた豪華絢爛です。
江戸時代にはあまりにも豪華な衣装が作られ、こぞって華美になっていく傾向がありましたので、それを幕府に禁止されたほどです。
絹糸だけでなく、金糸・銀糸をふんだんに使い針の刺し方により、微妙に色彩が変化し、繊細な美しさを表現することができたようです。
これも仕上げるのにかなりの期間を要するので、手間隙も材料費も大変に高価となるのでしょうね。
とは言っても安いもので1億とは…腰が抜けます^^;
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

そうか、染料!
すっかり忘れていたけれども、特別な染料はそうですね。紫貝という染料などは、十二単に使ったかどうか知りませんけど、ローマ皇帝やエジプトのクレオパトラが使ったそうですが、これまた信じられないくらい貴重で高価だったと、テレビの特集でやってましたので、染料はでかいですねぇ。

あはは。貧乏になれているので、頭が変になりそう~。こっちは、一枚500円のセーターなのにぃ。

刺繍や金糸銀糸も、今とは確かに違いますね。
値段はやはり1~2億はするようです。今それに触れた本を見ましたら、やはりそうなんだそうです。大正か昭和天皇の時に現在の金で8億というのは、記憶違いかもしれません。3億かもしれません(汗)。

お礼日時:2005/04/09 06:57

絹糸も、昔は白いものを集めるだけでも大変だったようで、真っ白な絹は、ものすごく高かったようですよ。


それから、宮家へ納めるものは、同じデザインの物を他に納めるわけにはいかないはずです。
織文様も一点ものですし。。。
ということで、生地自体にもそれなりのお金がかかっていると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
そうですね、白い絹もそれはそれで高価だと思います。宮家には一点ものということで、付加価値がたくさんつくのでしょうね。

お礼日時:2005/04/14 21:28

あまり詳しいことは分かりませんので、装束を販売しているお店(URL↓)があるので、参考までに、いくらぐらいで買えるかを調べてみました。



十二単の一揃い
【唐衣、裳、衣(五領)、単、打袴、襪、帖紙、檜扇(衵扇)、小袖、表着、打衣(晴の正装の場合)】
のうち、値段の書いてあるものだと
唐衣・裳で25万、袴22万、衣(袿)39万、檜扇(衵扇)10万弱、で、単・表着も正絹だと数十万するでしょうから、合計だと300万以上ですね。
これらは縫いはミシン、染は化学染料だと思いますし、最高級品というわけでもないでしょうから、宮家用ともなると高くなるんでしょうが…
それにしても億とは…
すいませんが俄には信じがたい額です。
どういう換算なんでしょうかね。

(2)ですが、男性用は衣服だけならそうでもないようです。
直衣【垂纓冠、袍、指貫、檜扇、単】のセットで50万ほど。
衣、下袴を加えても100万は行かないでしょう。
束帯だとこれに下襲(28万)、平緒(13万)、飾太刀 、石帯、笏 、襪が追加。(袍は文官なら縫腋袍に、袴は大口袴+表袴になりますが大体同じと見ました)
ただ石帯、太刀は豪華な装飾がしてあると聞きますから、これらだけで衣服の値段を軽く超えてしまう可能性がありますね。

参考URL:http://www.yusoku.com/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

そうなんです。俄には信じられないのですけど、やっぱり億はするらしいんです。下の方にも書きましたが、8億は記憶違いのような気がしますが、やっぱり1億から2億は普通にしたんだそうです。染料は一つ、大きいなとは思いますが、それにしても高いですね。でも、今思い出しましたが、比叡山や高野山の高僧の袈裟でも、最高級品は一千万円くらいしますので(これも汗出まくりだー)、あり得ない話ではないと思います。こっちは、刺繍がすごくかかってるみたいです。名刹の柱にかかっている絹の柱なんどを見ると、「うーん、この鈍色が母親の帯にちょうどいい柄かも」などと思ってしまったりします・・。最高級品の帯とかでも、そうですね。普通の庶民は友禅染の振り袖100万そこそこ(「そこそこ」かよ、とか思いますけど^^)で我慢しますけど、上は帯だけで数百万しますよね。

うー・・・たかっ。

お礼日時:2005/04/09 07:07

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q十二単は平安時代の貴族はどの感覚で着ていたのですか

十二単というと平安時代の貴族のお姫様の衣装で、お雛様でも目にします。
今でも皇族の方が儀式を行うときなどで見ることもあります。
平安時代で十二単を着るというシチュエーションはどんなものだったのでしょうか?
今の時代でいうと、ドレス感覚だったのでしょうか?

Aベストアンサー

現在十二単と呼ばれている服装は部屋を与えられた女房が、目上の方の前に出る時に着た正装です。長袴をはき、単、五衣、打衣 表着、唐衣を着て、裳をつけて、桧扇(ひおうぎ)を持ちます。
日常はもう少し簡略化された袿(うちき)と呼ばれる姿で過ごしていたとされています。
普段着とは言え、たっぷりと布地を使って何枚も重ねて着ますので、現代感覚からすれば相当に豪華です。
逆にバタバタ動き回ることは難しかったでしょう。

洋の東西を問わず布というものは貴重品でした。
上流階級ほど、この貴重な布をふんだんに使います。
一種のステイタスです。
中世の西洋絵画の貴族の女性も裾の長いタプリとしたスカートに重ね着をしています。

詳しくは下記をご参照ください

平安装束体験所:装束体験【十二単】
junihitoe.jp/taiken/itm/jyunihitoe.html
抜粋
十二単と申しますのは通称です。正しくは、昔は、「女房装束」、「裳唐衣」、「唐衣裳姿」などと呼ばれておりました。現在の正しい呼び方は、「五衣、唐衣、裳」といいます。そして特に皇后陛下の十二単は、「御五衣、御唐衣、御裳」と申し上げます。
ではどうして十二単と呼ばれるようになりましたかといいますと、初めて十二単という言葉が出てまいりましたのが、「源平盛衰記」の中で、壇ノ浦に身を投げる建礼門院平徳子の装いを、「弥生のころなれば藤がさねの十二単を召されたり」とかかれております。裳唐衣の正装ではなくてたくさんの衣装をお召しになられることを、十二単と呼ばれたのではないかといわれております。十二単と申します響きの美しさから皆様に好んで用いられるようになったようです。

平安装束体験所:装束体験【袿】
junihitoe.jp/taiken/itm/uchiki.html
袿(うちき)は平安時代の女房たちの日常着です。長袴をはき、単、袿を着ます。
袿は、「うちきるもの=はおって着るもの」からきた名称です。宮廷、公卿の夫人の服装には晴れの装束、褻(け)の装束がありまして、袿姿は褻の装束です。褻の装束というのは宮中の儀礼の服でないということで、日常に着ている装束です。

参考
女性 - 装束・貴族の生活・風俗博物館~よみがえる源氏物語の世界~
www.iz2.or.jp/kizoku/shozoku2.html
着付けの写真があります。

現在十二単と呼ばれている服装は部屋を与えられた女房が、目上の方の前に出る時に着た正装です。長袴をはき、単、五衣、打衣 表着、唐衣を着て、裳をつけて、桧扇(ひおうぎ)を持ちます。
日常はもう少し簡略化された袿(うちき)と呼ばれる姿で過ごしていたとされています。
普段着とは言え、たっぷりと布地を使って何枚も重ねて着ますので、現代感覚からすれば相当に豪華です。
逆にバタバタ動き回ることは難しかったでしょう。

洋の東西を問わず布というものは貴重品でした。
上流階級ほど、この貴重な布を...続きを読む

Q十二単は12枚じゃないと聞きました。その名の由来は?

平安時代の女性の服装で、
十二単(じゅうにひとえ)というのがあったはずですが

それは12枚着るから十二単なのではなく、
服を『十二分』に着るからという話を聞きました。

それは本当なのでしょうか?
12枚着ることもあればそれより多いことも
少ないこともあるのだと思いますが・・。

正しい名前の由来を教えてください。

Aベストアンサー

十二単の十二は「たくさん」とか「多い」という意味で実際に12枚は着ていないそうです。

正式名称は「裳唐衣(もからぎぬ)」と言います。
裳着(現在でいう女子の成人式)や新年、公式の歌合せなどの行事の時などの正装です。
長袴、単衣、五衣(いつつぎぬ5枚単衣をかさねる)、表着、唐衣、裳の合計10枚着用します。これで20Kgあるそうです。
最高記録は16枚らしいです…着るのはホント身分の高い方だけですね。動かなくてもいい身分の方だけですね。女官が着てたら仕事が出来ない…

普段は半分くらいしか着なかったそうですが…
考えただけで酸欠おこしそうです

正式な衣装ではなく、褻の装束として単+袿十二枚の十二単というものもあったそうです…
ここまでくると、ただ単の上に重ねていくだけになり、布もしっかりしているので、体にドシっとかかってくるというより、人は人、着物は着物で立っている(座っている)という状態になったようで。脱ぐのも抜け殻のように出るみたいだったそうです。

参考までに…

Q着物のお値段教えてください

こんにちは。私は26歳の女性です。

昨日、名古屋の呉服やさんで呼び止められて、お着物を購入してしまいました。
しめて60万円ほどなのですが、こんな高い買い物をしてしまったことに迷いが生じています。
着物に対して詳しくないので、妥当な価格か教えていただけませんでしょうか。

【内容】
・つけさげ訪問着(絹画廊・辻が花) 198.000円
※ハイテクミシン仕立付。胴裏は縦糸絹100%、横糸ポリ100%の羽二重使用
・袋帯(絹画廊・辻が花) 128.000円
※手かがり仕立付。
・長襦袢(絹画廊・辻が花) 58.000円
※ハイテクミシン仕立付。
・パール帯留 68.000円
・重ね衿 3.465円
・絹・三分紐帯揚S(三分紐中国製) 12.390円
・帯留要三分紐(中国製) 8.400円
・特選ストール 39.800円
・フォーマルバッグ 19.800円
・装履 13.650円
・刺繍半衿 1.995円
小計  525.241円
消費税  26.259円
合計  551.500円

【店員さんのコメント】
・光沢があって品のある優しいお色味(ピンク系)の着物だから、何歳になっても着られる。
・小物の色を変えるだけで、通年着られる。
・不祝儀以外ならどこへでも着ていける良い品物。
・生地自体が辻が花。色は67色使っていて、絞りは型どおりに糸を通して絞っている。散らしてある金は純金。
・金額としては、これ以上はひけないくらいのお値段。

・・・帰宅したら、彼にめちゃくちゃ怒られました「貯金してから買え!」って。
彼の言うことはもっともだと思いつつも、お茶会などに着ていく着物が欲しかったこともあり迷っています。
※今は、いつもピンクの蝶々柄の小紋を着ています。祖母が若いときに買ったお着物です。

補足が必要でしたらいたしますので、どうかご回答お願いいたしますm(__)m

こんにちは。私は26歳の女性です。

昨日、名古屋の呉服やさんで呼び止められて、お着物を購入してしまいました。
しめて60万円ほどなのですが、こんな高い買い物をしてしまったことに迷いが生じています。
着物に対して詳しくないので、妥当な価格か教えていただけませんでしょうか。

【内容】
・つけさげ訪問着(絹画廊・辻が花) 198.000円
※ハイテクミシン仕立付。胴裏は縦糸絹100%、横糸ポリ100%の羽二重使用
・袋帯(絹画廊・辻が花) 128.000円
※手かがり仕立付。
・長襦袢(絹画廊・辻が...続きを読む

Aベストアンサー

オークションでお安く落としてはちまちまといじるのが好きなおばちゃんです。
自分でするので、「手縫い」のありがたさがよくわかっていないのですが
ミシンで縫った辻が花というところで実に胡散臭いです。

あのネ、ハイテクミシンがどれほどのものかはわかりませんが、ふるい物を解いていると実によくわかるのですが、絹は、生地と糸が古くなると一体化してしまいます。
縫い目は細かくないです。
デ、絹の繊維の糸同士が擦れ合うようにして、自分の相方として、布地の位置決めをしている感じです。
縫っていると運針、特に、ちりめん系統はア・・生地が自分でなじんで糸を運んでいるとわかります。
断っておきますが、私はプロではありません。
しかし、いじっている数がたぶん素人にしては、半端でないと思う。

それと、辻が花は絞りを用いるので生地のでこぼこが本当なら、
すごくミシンでペタンコに縫うにはそぐわないです。
それと、裏に交織物を使うところが実に陳腐。
安物売りの手口、そのまま。
化繊が入ると、生地として吸湿性がないので、きていて暑い。
見かけはわからなくても、着るとわかる。
私は全部、交織の裏は張り替えます。

交織を使うと、妙に張りが出て、本当は、ちりめんや、シボのあるものにはツッパラかって、相性が悪いです。
それに、裏に正絹を使ってもそんなに値段としてそんなに変わりません。
胴裏、すそ回しで両方で1万ぐらいから、あります(正絹)

もう少し、目を肥やしてから、単品でお買いになったほうが懸命です。
今から、キャンセルできるなら、キャンセルすべきです。

裏も、正絹で作られないような辻が花に意味がないです。

小物とセットというのも無駄です。

ネットのオークションでいいから、半年は、見るだけで値段を知るべき。
それから、小物を買うのでも十分。
どの程度の品物かわかりませんが、価格としてもいい値段です。
何もあせって、いっしょに買うこともない。

それと、通年着られるという話も、袷なら、ご存知でしょうが、10-5月の範囲。
他の方も書かれていますが、辻が花に刺繍襟はゴテゴテして余り、
いい趣味とも思えません。
そういうセンスの店での「セット」というのがどうも、お勧めできない。

好みでしょうが、辻が花はあっさりした志向ではないので、あきます。

たくさんいろいろ持っていて、辻が花の濃い感じは捨てがたいですが、
これしかハレ着がなくて、ちょいちょい回数着ると、アーまたあれかというほど、存在感。

オークションでお安く落としてはちまちまといじるのが好きなおばちゃんです。
自分でするので、「手縫い」のありがたさがよくわかっていないのですが
ミシンで縫った辻が花というところで実に胡散臭いです。

あのネ、ハイテクミシンがどれほどのものかはわかりませんが、ふるい物を解いていると実によくわかるのですが、絹は、生地と糸が古くなると一体化してしまいます。
縫い目は細かくないです。
デ、絹の繊維の糸同士が擦れ合うようにして、自分の相方として、布地の位置決めをしている感じです。
縫...続きを読む


人気Q&Aランキング