生命保険を見直したいのでアドバイスお願いします。

<プロフィール>
・35才 女性 既婚 事務正社員
・子供いません(1人はほしい)
・住まい 賃貸(今後も)
・夫婦両親共に持ち家
・夫の保険は親が支払っているため内容不明
 (姑生保勤務だった為。定年退職後、親戚に引継
  ぎ)

<生命保険の条件(よくわからず言ってますが)>
・主人は私が死亡しても生活の心配ないと思います
・(2)で葬儀代は補填できるのでは?
・(3)の保険は、解約した方がいいのでは?と思っていますが・・
・3年後も正社員で勤められるか自信ありません。パート収入に変わるかも
・子供ができないかもしれないので介護保険も考えたい
・病気・入院時にしっかり備えたい
・保険金額は一生変わらない
・70歳過ぎても病気・入院時の心配がない保険

<保険内容>
(1)個人年金 月額6400円
・保険種目     60才払済60才開始
・年金支払い開始  60才
・確定年金
・支払期間     10年
・年金額      80万

(2)特定疾病保障終身保険 月額4700円
・保険種目   65歳払済
・保険金    300万
・死亡(高度障害)300万
・特定疾病保険金額300万

(3)5年ごと利差配当付更新型終身移行保険
   月額 主契約 3900円
      特約  4600円 計8500円
・保険種目   10年満期 指定年齢40年後
・保険金額   1000万
・基本年金5回  150万

・特定疾病保障定期保険特約  100万
・障害保障特約        100万

・傷害特約  100万
・総合医療入院給付金  7000円
・女性医療特約  5000円
・特定難病    200万
・特定損傷    5万
・入院時保険料相当額給付  月額9000円

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

そですね。

(3)は解約。
あとはどこかで、医療保険を一つ終身保障で、保険料は終身払い~50才払いくらいの間で保険料との相談になります。
何でも(ケガ・病気)入院1日1万が理想ですが、掛け金を抑えたければ、入院5000円に女性特約みたいなので、もう5千円でるようするになど。をお掛けになれば十分かと。
あと、介護は老後になってからのものですので、老後の生活資金もかねて貯蓄をするのがよいと思います。
しかし、(1)は非常に利率がよさそうですね。契約日はいつですか?かなり前ですよね。

この回答への補足

あと夫の収入は私の収入の6割です。
私が現在勤めている会社で使い者にならなくなったら退職後、パートでもしようと思っています。

その時は2人合わせても、ようやく生活できる収入です。
ただ、私が死亡しても実家がありますので衣食住には困らないと思います。 以上補足でした(^.^ ;

補足日時:2005/04/10 10:59
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます!

>あとはどこかで医療保険を

これは生保で可能でしょうか?親戚とのつながりも
あるので・・・
生保は、主契約で成り立って、死亡保険金をまず契約しないと、特約の医療保険を
契約できないと思い込んでます。

>保険料は終身払い~50才払いくらいの間で保険料との相談になります。

~50才払いだと月々の支払いが高めだけど、早くに支払いが終了するという事ですよね?

>何でも(ケガ・病気)入院1日1万が理想ですが、

私もそう思います。実は今回保険を真剣に見直そうと思ったきっかけが、一昨日親戚から
(3)の保険の見直しについて連絡がありました。内容は「入院日額を8000円にして、
いらないものをはずす」という内容でした。

もちろん保険料もUP。「もうこれ以上は払えない」と伝えたら、とにかく説明したいので
会いましょうと言われましたが、年度初めで忙しいので1週間時間後連絡しますと伝えました。

>あと、介護は老後になってからのものですので、老後の生活資金もかねて貯蓄をするのがよい
と思います。
貯蓄ですね(- -;) 今は共働きなのでせっせと貯めていますが、今後パート収入からの貯蓄は期待
できないなあ・・・でも、これを保険で産出するよりも、貯蓄で補填した方がいいんですよね?

>(1)は非常に利率がよさそうですね。契約日はいつですか?かなり前ですよね。

はい!平成3年の商品です。年末調整の年金控除対象という理由で解約せずにいました。
良かったです!

ぜひ上記のご回答お待ちしてます。

お礼日時:2005/04/10 10:20

1日1万円給付


一泊目から支給で120日型
払い込み60才
でいいでしょう。
特定の保険会社を推薦することは、とりあえず控えさせていただきます。その条件を元に探して見てください。
保障内容がまったく同じなら保険料はどこもそれほど変わりません。それより担当者個人とか会社の対応などのほうが重要だと思います。
特定疾病終身保険は、基本は死亡保障です。終身保険なので解約金もけっこうたまります。終身保険にガン診断時や脳卒中・心筋梗塞で所定の後遺症が残ったときに、生前に死亡保険金額を払ってくれるという良い条件がプラスされているものです。ですからケガで万一死亡しても死亡保険金は支払われます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました!
大変勉強になりました。無知って恐いですね。
早速、(3)を解約し、新規加入手続きします。
お世話になりました。

お礼日時:2005/04/12 00:51

あなたは、とてもまじめな人でしょうね。


保険というのは予測がつかないことへの準備ですので、考えれば考えるほど答えがでなくなりがちです。
私の考えでは、将来保険料を払い続けることに不安を感じるでしょうから、やはり60才くらいで払い込みを終了したほうがよさそうですね。
1日万円が内容にかかわらず出る保険にはいればよいでしょう。基本は何で入院するかわかりませんので。またお年を召されてからは、ガンより骨折のほうが入院も長くなりがちですし。(だいたい保険料:月8000円くらい)60才払い込みの場合、死亡保障が100万円ついている保険がほとんどです。終身払いの場合は死亡保障のないものもあります。
ガンや、脳卒中などの場合は、特定疾病終身保険をもっておられるので、ほかの特約は必要ありません。
女性医療特約というような特約についても、基本はガンを中心に特定疾病を中心に保障したものですが、保険会社によってかなり支給内容がちがうので、どれがいいか非常にむずかしいですし。保険はシンプルなほうが良いと思います。まずは、何でも1万円
私の考えでは、1日1万円の医療保険をかければそれでOKです。(あとは1泊目からか5泊目からか、120日型が60日型かという部分をお考え下さい。これも私としては1泊目からで120日型をお勧めしますが)
今お掛けの(3)の掛け金分で掛けることができます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

今帰宅しました。ご回答楽しみに待ってました。

>将来保険料を払い続けることに不安を感じるでしょうから、やはり60才くらいで払い込みを終了
したほうがよさそうですね。

おっしゃるとおりです・・・

>ガンや、脳卒中などの場合は、特定疾病終身保険をもっておられるので、ほかの特約は必要ありません。
(2)の保険ですよね?これは《主契約》の欄に記入されているので、特定疾病で死亡したらおりる
死亡保険金と思っていました。

下記の条件でどうでしょう?

・医療保険 60才払済終身保障
・1日1万円 
・1泊目から
・120型

お礼日時:2005/04/11 21:00

こんな保険があります。


 アリコの「ばっちりたよれる終身医療保険」です。
 ガンと診断されたら100万円。生活習慣病(脳血管疾患・心疾患・糖尿病・高血圧性疾患)で20日以上入院したら50万円の一時金があります。
 入院一日の給付金は1万円。生活習慣病の場合、180日まで その他の病気やケガの場合、60日までの入院を保障します。
 35歳女性の場合、終身払いで月額6,435円でした。

参考URL:http://www2.bbweb-arena.com/aiu/alico_bat.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございました。
私もアリコは興味があります。検討してみます。

お礼日時:2005/04/11 20:32

医療保険の保険料の払い込みを早く設定すると高いが早く払い込みが終了します。

遅いと安いが長く払うということになります。早いほうが後々楽でしかも保険料の払い込み総額も安くできます。でも、保険を使わずあまり長生きしなければ、早くたくさん払った分が損ということになり、保険料は終身払いにしておけばよかったということになります。
一部の昔ながらの大手生命保険会社でも医療保険を主契約としてそれだけ加入できるところもあるようですが、だいたいは死亡保障を組み込まないと解約できないところが多いようです。
親戚関係というのも良くわかりますが、分散というメリットを理由に医療保険だけ外資系や損害保険会社系の生命保険会社などでかけられたほうが、納得いく保険を探しやすいとは思います。全部やめるわけではないので、そこまで気を使わなくてもよいと他人の私は思います。
あと介護について、老後の年金収入を事前にある程度予測し不足するなら貯蓄をしなければなりません。老後の貯蓄に絞れば年金保険などでの貯蓄も良いのですが、まだその前にお子様が生まれたら、学資金など老後の準備まえに必要な資金が発生するので、今は自由度の高いもので(途中降ろせる)貯蓄を考えたほうがよいとも思います。

この回答への補足

できれば~の条件は、よく解らず書いてます。
子宮がんになったら?乳がんになったら?
脳梗塞になったら?と考えると不安で・・・

アリコに「すべての病気、ケガ保障」とうたって
ますが上記の内容は網羅してるのでしょうか

補足日時:2005/04/10 23:15
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

・保険料の払い込み期間の件ですが、ある保険会社で試算してみました。
 もし80歳まで生存した場合は、65歳払い済みが支払い総額が一番
 多く、終身払いがお得でした。

・次に具体的に医療保険(終身)の提案をお願いしたいのですが・・・

できれば
・女性疾病・ガン・三大疾病?に対応している商品がいいです。
・入院給付金は7千円~1万円
・80才まで生存したと仮定して、終身~50才払い

お礼日時:2005/04/10 22:19

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q難病(特定疾患)でかかる先進医療費の負担について教えてください

妻は、難病(特定疾患)にかかり通院しています。生命保険には入っていますが、先進医療には入っていません。というのも、過去一年以内に手術を受けており、生命保険の見直しができないのです。難病ということで、原因も治療法も確立されていない病気のため、どのような治療、手術になるかわかりません。この場合の先進医療の治療費について、特定疾患の負担軽減や保健についてどのような扱いになるのでしょうか?

Aベストアンサー

私も難病(特定疾患)です。

治療法は手術以外にありません。

3.4年に一度の手術と3.4か月に1度の定期通院が必須です。

生命保険は加入自体を断れました。

難病情報センターのホームページは、ご存知でしょうか?http://www.nanbyou.or.jp/がホームページです。

あと各市区町村の障害福祉課でも色々と相談に乗ってくれますよ。

Q医療保険・がん特約・三大疾病特約について

医療保険・がん特約・三大疾病特約について

キュア、新エバー、健康のお守り、アリコで検討しています。自営のため傷病手当が出ないので、入院日額は1万円で考えてます。それぞれのメリット/デメリットを比較しているのですが、アドバイスお願いします。

キュア…七大成人病になれば120日まで保障/三大疾病一時金の特約は入院しない限り保険が下りない

エバー…手術範囲の拡大/長期入院特約は61日~120日の日額5000円の選択しかない・三大疾病特約は一時金ではなく日額5000円アップ

健康のお守り…三大疾病払込免除特約がある・ガンの場合日額2倍プランがある・七大成人病60日延長特約を付加すればキュアと同じ感じ・三大疾病一時金特約はキュアより安い(入院が必要かどうかが把握できていないので、どなたか教えてください。)/保険料が高い

アリコ…生活習慣病特約で一時金50万・ガン特約は初回のみ入院が無くとも保障される・先進医療特約の内容が充実している・保険料も割安/三大疾病特約がない

特に比較したいデメリットは三大疾病保障・ガン給付金についてです。アリコに三大疾病特約があればとても魅力的なのですが…。キュアの三大疾病一時金は入院が必要とのことですが、ガンの場合いきなり入院しない事もありますよね?入院しないという事は保障がない。でも入院が必要ない時点で医療費もそんなにかからないのでしょうか?高額医療の制度もありますし…

医療保険の特約ではなく、単独でガン保険や三大疾病保険(あるのかな?)に加入するべきですか?医療保険の日額を1万で考えているから単独で入るとムダが出る気がして。ガン保険も高いですし…

御意見宜しくお願いします

医療保険・がん特約・三大疾病特約について

キュア、新エバー、健康のお守り、アリコで検討しています。自営のため傷病手当が出ないので、入院日額は1万円で考えてます。それぞれのメリット/デメリットを比較しているのですが、アドバイスお願いします。

キュア…七大成人病になれば120日まで保障/三大疾病一時金の特約は入院しない限り保険が下りない

エバー…手術範囲の拡大/長期入院特約は61日~120日の日額5000円の選択しかない・三大疾病特約は一時金ではなく日額5000円アップ

健康のお守り…三大疾...続きを読む

Aベストアンサー

生命保険専門のFPです。

順番に行きましょう。
(1)CUREの七大疾病で、平均入院日数が60日を超えているのは、
脳卒中と慢性腎不全です。がんは入退院を繰り返す場合があるので、
平均は短いですが、全体として長くなる可能性があります。
七大疾病以外で長くなるのは、高齢になってからのインフルエンザや
慢性閉塞性肺疾患などの重篤な呼吸器疾患、それに骨盤や大腿骨などの
大きな骨折があります。
つまり、長期入院に備えるならば、七大疾病だけでは不十分です。
http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/kanja/08/dl/03.pdf


(2)新EVERの長期入院は、入院給付金日額と同額を付加できます。
つまり、基本が1万円ならば、長期入院特約も1万円まで付加できます。

(3)健康のお守りの三大疾病一時金は、入院が条件となります。
三大疾病払込免除特約は、終身払いでこそ威力を発揮します。
60歳払済ならば、保険料を払いこんでしまったら、この特約は
有名無実になります。
当然ですが、終身払いの方がこの特約の保険料は高いです。

(4)三大疾病とは……
がん・脳卒中・急性心筋梗塞です。
急性心筋梗塞は、虚血性心疾患の半分です。残りの半分は、狭心症です。
症状も手術の内容も似ていますが、狭心症は心筋壊死がないので、
死にません。
急性心筋梗塞の平均の入院日数は、65歳以上でも31日です。
治療費は高いですが、高額療養費制度の適用になるので、自己負担は
少なくて済みます。

脳卒中は、脳血管疾患の65歳以上の平均入院日数が118日なので、
長期入院となる典型的な疾患です。
入院中よりも、退院後の介護の方にお金がかかります。

がんは、総合的な治療をする典型的な疾患です。
入院もあれば、外来もあり、一概には言えないので、総合的な保障が
必要です。
抗がん剤が一般の方は想像ができないぐらい高いので、外来の自己負担が
一回数万円になるので、最初は何かの間違いと思う人が多いそうです。
http://www.ncc.go.jp/jp/ncch/division/pharmacy/pdf/HCN.pdf
がんに備えるならば、がん保険です。

(5)まとめれば……
急性心筋梗塞は、普通の医療保険で対応可能。
脳卒中は、1回の入院限度日数が少なくとも120日以上が必要。
むしろ、障害が残ったときの介護を考えて、介護保険が必要。
がんは、がん保険でなければ、十分に対応できない。
つまり、三大疾病保険(単独もあります)は、補助的な意味合いの
強い保険です。

(6)自営業ならば、「所得補償保険」を検討することをお勧めします。
良く似た名称に「収入保障保険」がありますが、似ているのは名前だけで
内容はまったく違います。

まずは、死亡保障。
次に、医療保険、所得補償保険を上手に組み合わせてください。
できれば、がん保険も組み込んでください。
余裕があるのならば、介護保険。
さらに余裕があるのならば、三大疾病保険。

ご参考になれば、幸いです。

生命保険専門のFPです。

順番に行きましょう。
(1)CUREの七大疾病で、平均入院日数が60日を超えているのは、
脳卒中と慢性腎不全です。がんは入退院を繰り返す場合があるので、
平均は短いですが、全体として長くなる可能性があります。
七大疾病以外で長くなるのは、高齢になってからのインフルエンザや
慢性閉塞性肺疾患などの重篤な呼吸器疾患、それに骨盤や大腿骨などの
大きな骨折があります。
つまり、長期入院に備えるならば、七大疾病だけでは不十分です。
http://www.mhlw.go.jp/toukei/saik...続きを読む

Q難病の医療費について

同居の娘(成人、国民健康保険)が公費負担対象の難病と診断されました。
娘は体調不良のため現在無職無収入です。
世帯主の私はサラリーマン(社会保険)で、私も持病が有り毎月かなりの医療費がかかっています。
現在、そこその収入があるので難病でも毎月の医療費の自己負担金が2万数千円なってしまうとの事ですが、両方医療費はとても払いきれそうにありません。
こういう場合は娘と私と世帯分離すれば難病の医療費の自己負担分が0になると聞いたのですが本当でしょうか?またその場合のデメリットはどの様な事が考えられますか?御分かりになる方がいらっしゃいましたら教えてください。

Aベストアンサー

#1です補足で
障害該当(病気から来る透析など)は障害年金も関係有るのでこれも一緒に聞いてください。http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9A%9C%E5%AE%B3%E5%B9%B4%E9%87%91

Q疾病医療特約・成人病医療特約

疾病医療特約  疾病入院給付日額  1万円
成人病医療特約 成人病入院給付日額 1万円

の付いた保険に入っています。

鼻血が何度も多量に長時間出て止まらなかったので
入院して完全に止まるまで見る様な場合
どちらかの特約に該当しますか?
1週間はかかる様子です。
診察の際、血圧の上が178あり 
担当医は「血圧が高いこと、激務が続いた事なども要因でしょう」と話していました。
鼻血が止まるのを待っている・・・様な状態では
高血圧とか成人病で入院したことにはならないのでしょうか。

それから、あと数年後に更新が迫っていて、更新後の保険料は高いので、その時点で保険を見直そうと考えていました。もし給付を受けられたとして、給付を受けてしまうと更新時に内容を見直す、または別の保険に入り直す際、不利になりますか?入院したという事実だけで給付は受けても受けなくても同じ条件なのでしょうか?また、入院した事があったり、血圧が高いと、別の保険(別の保険会社、または同じ保険会社の別の保険)に入る事は無理でしょうか?血圧は完治すると言うことが難しいような気がするので。

もっと早く見直しておくべきだったと、後悔しています・・・。

疾病医療特約  疾病入院給付日額  1万円
成人病医療特約 成人病入院給付日額 1万円

の付いた保険に入っています。

鼻血が何度も多量に長時間出て止まらなかったので
入院して完全に止まるまで見る様な場合
どちらかの特約に該当しますか?
1週間はかかる様子です。
診察の際、血圧の上が178あり 
担当医は「血圧が高いこと、激務が続いた事なども要因でしょう」と話していました。
鼻血が止まるのを待っている・・・様な状態では
高血圧とか成人病で入院したことにはならないのでしょ...続きを読む

Aベストアンサー

もちろん疾病医療の該当にはなりますが、問題は成人病医療特約に該当するかどうかですね。
私の見解では、「高血圧症」との診断がでて、成人病入院に該当すると思います。その判断は、医師が提出してくれる診断書で行ないますので、医師がつける病名によって行なわれます。現在血圧降下剤の投薬を受けていれば成人病ですね。一度約款と入院の病名を確認されると良いでしょう。

高血圧症であった場合、質問者様がおっしゃるように、しばらくは保障の見直し、新契約に影響がでるでしょう。目安として、高血圧症の場合は、治療後5年間は影響がでます。具体的には、保険料割増という条件と、成人病(生活習慣病)保険の取扱い不可という条件です。
しかし、質問者様もおっしゃっていますが、なかなか高血圧症は治りません。そこで、健康診断書のデータを提出して良好であれば無条件で契約できる会社もあります。

成人病に該当しなければ(ただの過労であれば)、もらえる給付金は1万円だけど、見直しができる。成人病であれば、もらえる日額は2万円だけど、新契約ができない・・・成人病に該当しなければいいですね。

もちろん疾病医療の該当にはなりますが、問題は成人病医療特約に該当するかどうかですね。
私の見解では、「高血圧症」との診断がでて、成人病入院に該当すると思います。その判断は、医師が提出してくれる診断書で行ないますので、医師がつける病名によって行なわれます。現在血圧降下剤の投薬を受けていれば成人病ですね。一度約款と入院の病名を確認されると良いでしょう。

高血圧症であった場合、質問者様がおっしゃるように、しばらくは保障の見直し、新契約に影響がでるでしょう。目安として、高血圧症...続きを読む

Qシェーグレン症候群東京で難病医療費等助成制度病理は

東京都在住の40台男性です。

シェーグレン症候群と診断され、二週間に一度、眼科受診しなければならず、東京都難病医療費等助成制度を利用しようと考えています。病気が本当につらいです(この病気は、男性はめずらしいといわれました)。

主治医の先生に聞きましたら、「申請には、必ず外科処置して、病理組織を提出しなければなりません」といわれました。しかし、東京都難病医療費等助成制度のホームページを拝見すると、病理組織は必須とは書いておらず、例えば5項目中2項目満たさなければならない、その5項目のひとつに病理組織がある、というような書き方でした。

特に、品川区でシェーグレン症候群の難病申請を提出して受理された方、涙腺や唾液腺を外科切除して必ず組織をとらなければならないのか、教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私は患者でなく、あくまでも想像ですが、
申請基準の1~4の2項目+5を満たすのが基準で、
どうして1を提出しなければならないのか?
という質問だと思います。
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/iryo/nanbyo/nk_shien/iryohi/84.html

4のSSB抗体が陰性なのではありませんか?
陰性の患者は、決してすくなくありません。
SSB抗体が陽性ならば、シェーグレン症候群の疑い濃厚ですが、
陽性率は、シェーグレン症候群の患者の40%しかない。
なので、陰性でも何の不思議もない。

となると、1、2、3となるのですが、
多分、眼科なので、2の検査ができないのだと思います。
なので、1、3、5しか選択肢がなく、
1の「2」が必須になっているのだと思います。

Q30代の保険で三大疾病特約は必要ですか?

主人の保険を新しく入り直そうと思っています。
解約→新契約で、余計なものを取り除き新商品に入り直します。
今まで(20代で契約)の時は三大疾病を付けていたのですが、
ここにきて本当に必要か悩んでいます。

なぜなら、他のガン保険に三大疾病(65歳まで300万、65歳以降半額)に加入しているからです。

それと三大疾病って、あまり若い人はかからない気がするのですが・・
今日のニュースで円楽さんが心筋梗塞?だそうなんですが、彼は80歳代でしょうし・・・

ただ、50歳代で、今の保険は更新になるのですが、その時に三大疾病を付けたら、すごく高くなるのでしょうか?
(若い時に三大疾病を付加していると、更新時に多少は金額的に楽なんでしょうか?

Aベストアンサー

なんの為に保険に加入するかを考えるといいかと思います。
生命保険は、万一のときに残されたご家族に経済的負担をかけないことが目的です。
死亡したときは、今回の話ではないので別として、
三大成人病になったときのことを考えてみてください。
まず、入院しますよね。
ガン保険についている三大疾病のついているガン保険に加入なさっているようですが、保険にもよりますが、多少の一時金は給付されますので、当座の費用は大丈夫でしょうし、入院給付金や高額療養費制度などによって入院に関してはまかなえるのではないでしょうか?
もし、終身なら必ず受取れるのでいいのですが、定期保険をご検討なら、あえて三大疾病による保険金は必要ないのでは?
また、脳梗塞などで寝たきり状態になったときや、半身不随になったときなどは、生命保険本体から保険金支払がされたり、保険料支払免除となるのである程度リスクは担保できるのではないでしょうか?

Qギランバレーは特定疾患ですが、医療費控除が無い。特定疾患の申請をしても、何か意味があるのでしょうか?

ギランバレーは特定疾患ですが、医療費控除が無い。特定疾患の申請をしても、何か意味があるのでしょうか?

Aベストアンサー

経験者です。

まず、特定疾患とは国が認めたいわゆる難病のことです。保健所に申請すれば、毎月の医療費(外来と入院の窓口への支払い分)が一定額以内ですみます。一定額はあなたの昨年の年収により決定されます。更新手続きは毎年必要です。

次に、医療費控除とはその年の医療費の合計が10万円を超した場合、税務署に申告すれば税金の還付が受けられます。これは難病のみならず、その年にあなたが負担した全ての医療費が対象です。通院のための交通費や宿泊費なども含まれます。

したがって、特定疾患の申請をしておき、12月末で医療費関係の合計額が10万円を超したら医療費控除を受けたらよろしいと思います。両方の恩恵が受けられますよ。

どうぞお大事になさってくださいね。

Q三大疾病特約とガン特約は必要ですか?

保険の見直しを行っています。
そこで、三大疾病特約を付けるか?
また、三大疾病特約をやめてガン特約のみにするか?
はたまた、特約は付けないか迷っています。
現状、脳卒中やガンになる可能性は有ると感じるので付加するつもりではいますが、
ノーマルな自己負担分のみ保証されれば良いと考えています。

三大疾病特約:ガン・急性心筋梗塞・脳卒中で所定の状態になられた場合に一括して診断給付金100万円
をお支払します。
ガン特約:診断されたとき100万円、入院10,000円、高度先進医療6~140万円、手術20万円

Aベストアンサー

一度、保険のパンフレット・約款などをしっかり確認してみてください。
脳卒中や心筋梗塞の欄に、「60日間以上症状が続いたと医師の診断があった場合」などと書かれている様でしたら、その保険に入る意味はあまり無いと思います。
(現在のほとんどの日本の保険会社の3大疾病特約にはどこかに小さく書いてあります)
脳卒中や心筋梗塞で60日間も入院することはほとんどありませんので。

ガンの場合は個室に入りたいとおっしゃる方が多かったり、入院後の通院で高価な抗がん剤を投薬受けたりすることが多いですので、ガンになられたら一泊あたり2万円程度は出るようにされることをお勧めします。

Q特定疾患の医療費について

特定疾患の医療費について疑問があります。
私はSLEで特定疾患受けていますが、
現在無職で
今年医療費があがり困っています。
特定疾患の申請をするときに
世帯主の収入で決まるので困ります。
私の父が世帯主で、毎月の医療費を払うのは私自信です。
働いたとしても、父のように稼げません。

特定疾患の医療費はどうやって決まるのでしょうか?
また、こういう意見はいえないのでしょうか?
私自身の収入で決めていただけるとだいぶん違うのですが・・・。

ご存知の方教えてください。
また、受けられている方のお話も聞かせてください。

Aベストアンサー

判断基準となるのは家計中心者の所得ですので、あなたが扶養家族となっているのでしたらあなたの收入は参考になりません。
家計を独立し、健康保険などもあなた単独で加入するようになればあなたの收入で決定されます

参考URL:http://homepage2.nifty.com/KOGEN/Kyoto/kiso/tokutei1.htm

Q特定3大疾病保障定期保険特約

問題集でわからないことがありました。

特定3大疾病保険金の支払いの対象ではない病気で死亡した場合(入院・手術なし)の保険給付の算定で、特定3大疾病保障定期保険特約の金額も計算に入れているのです。
どうして、計算に入れているのでしょう?

Aベストアンサー

「特定疾病保障特約」と「特定疾病保障定期保険特約」は別のものです。

特定疾病保障定期保険特約は、定期保険特約の一種ですから、当然ながら普通死亡の場合には死亡保険金が支払われます。それに加えて、約款に定める特定疾病の状態になったときにも特定疾病保険金が支払われるという、いわばオマケのついた定期保険です。ですから、定期保険特約よりは保険料も高くなります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報