「教えて!ピックアップ」リリース!

1. 真善美のみなもとは 同じひとつであるという仮説を述べます。自由なご批判をお寄せください。

2. ふるくは哲学の相場としてそのように決まっていました。あらためてこの説をどのようにみちびいたかを述べます。

3. まづすべては ひとが《生きる》ということに始まると言ってよいと思われます。

4. そこから 相対的な主観真実とそれを超える普遍真理の問題が生まれ 主観真実には――ほかの人の主観真実とのカカハリにおいてそれぞれのよしあしや確かさをめぐって――問題がないかという問題が生じます。いわゆる善および負の善(つまり悪)という問題がからまって来る。



5. 真理は 善悪の彼岸に置かれているはずです。あらゆる人の主観真実をすでに超えているはずです。ゆえに真理は 至高の善(スムム・ボヌム)であると言われます。

6. では 美はそれらとどういう関係にあるか? どこに位置しているのか?

7. 善と悪という相対的な価値をあつかう主観真実をたずさえて生きるとき――神ならぬ人間はそのようにしか生きることがかなわないと思われるとき―― 広く善悪観をめぐる主観真実としての何をとうとび 複数の《何》のあいだでいづれの真実に重きを置くか?・・・ここが 美学の生じるところだと考えられます。

7-1. 美をめぐる感性に善悪や真偽の問題がからまって来つつ その二項対立を超えたところを問い求めるというようにして。

8. 人びとの集まり・つまり家族や組織ないし社会にとっての状態や情況に従うというようなかたちにおいて 社会人一年生としてやむを得ずいくぶん悪の要素をも採り入れるといったことが その人の美学として選択されるかも分かりません。実際問題として余儀なくされることがあるかと考えられます。




9. さて 生きることは そのこと自体に意味があるといういみで《善》だと考えます。ふつうに《よい》ことであるでしょう。よりよく生きる以前の《生きる あるいは ともに生きる》にとうとぶべき意味があり これを善と呼ぶこととします。

10. 何をしてどう生きるかというよりも 生きること自体に意義を見出すとすれば おそらく確かに その善をひとつの基準として 世の中には・またひとの思いや振る舞いには 善にかなうこととそうではないこととが見出されて来ます。

11. 掛け替えのない善と言ってよい存在そのものを抹殺することは 負の善です。善の損傷です。

12. あるいは むさぼらないことは 生きることにとってふさわしく善であり むさぼることはこの善に逆らうことであるゆえ 負の善である。負の善は 善を傷つけることであり その結果は善(生きること)の部分的な欠けだとなります。

13. 《善の損傷・欠如》 これを使い勝手がよいように《悪》と名づけるわけです。

14. つまり 悪は どこかに悪なるものが存在していてそれが起こるのではなく そうではなく善(存在ないし生きること)があってそれを損傷する行為として 起きるものである。




 

15. さて ひとの感性には 善も悪もありません。

16. 感性は 第一次的な知覚そのものを言います。

17. われわれは記憶という倉庫の中からあれこれの知識としてのモノゴトを見つけ出して来て 為そうとする行為の選択肢を考えますが このときその選択肢の内容については むしろおのが心(つまり 精神の秩序作用としての記憶)に逆らうことを思ったりそれをおこなおうとしたりする。このときには われらが心もしくは感覚は 困ります。動揺を来たします。胸騒ぎが起き 顔が赤らみ 言葉もしどろもどろになります。

18. これは 言わば《やましさ反応》です。これによって 第一次的なかたちにおいて善かそうでなくなるところの悪かが決まると捉えます。つまり ワタシの主観真実としてです。

19. このヤマシサ反応としての感性を認識した上で言葉に表わし(概念とするなら それなりの知性とし)その知性としての主観内容が ほかの人びとにとっても同じであると認められたときには 主観が共同化したと考えられる。ワタシの主観真実に いくらかの普遍性があると認められるという意味である。

20. この限りで 人間にとっての・共通の常識としての《善もしくは悪》が いちおう 決まります。
(共同主観≒常識として成ります。絶対的にただしいとは決まりませんが)。

21. 人間の知性が経験的にして相対的であるかぎりで この善悪観も 相対的なものです。

22. しかも 基本的なかたちで一般に 《うそ・いつはりを言わない》が善であり(わが心にさからっていない であり)  《うそ・いつはりを言う》が善の損傷(つまり悪)だというふうに おおよそ人類のあいだで決まっています。






23. 話が長くなっていますが このとき《真理》は 人間の善悪観が 普遍的なものであると言いたいために 無根拠なるものを根拠として――つまり 公理としてのごとく――持ち出して来た想定としての基準です。主観真実の相対性を超えるものとして想定している。

23-1. じつは 実際に具体的には人間が人間どうしの間で当てはめて使うことの出来ない物指しである。しかも 物指しとしては 想定されている。

23-2. それでも想定しておくのは ただただ相対性なる経験世界だけだと言ってしまい見てしまうなら 世の中は 押しなべてのっぺらぼうの世界にしかならないからである。顔がのっぺらぼうだというのは 心において主観真実としての善や悪やを考える意味が無くなる。

23-3. 言いかえると 《相対性》ということは すでに《絶対性》なるナゾを想定したことをみづからの概念の内に含んでいる。つまりじつは 相対的な人間の真実は 絶対なる真理をみづからの内に想定済みである。

24. そして話を端折るならば 《美を見る眼》は この真理をわざわざ人間の言葉にして表わそうとする神学にも似て・しかも言葉を通さずに・つまりは感性をつうじて あたかも真理にかかわろうとするときの心の(ということは身の神経細胞もがはたらいている)動きだと考えます。


25. 実際には 真理は 想定上のナゾですから 表象し得ません。それでも《生きる》ことにおいて どことなく・そこはかとなく 人はこれを問い求めているのではないであろうか。

26. ひとの世界にウソ・イツハリがあるかぎり そしてカミという言葉があるかぎり 生きることに善悪観は伴なわれざるを得ず その善悪をめぐる人間の持つ理念や規範をも超えてなおうつくしきものを見たいという美についての渇きは必然的なことだと見ます。しかも 自然なことであると。

27. けれども・しかしながら・そうは言っても その美は ひとによって異なり千差万別ではないのか? 一般理論などは考えられないのではないか?





28. それは 生きた過程としてのそれぞれの人の《善の損傷の具合い》によって そのときその場で どういう美のかたち〔をとおしてナゾの美ないし真理〕を求めているか これが違って来るという事態が考えられます。

29. 審美眼は その人の生きた歴史によってあらたにいろんな風に形作られ その人の美学もその過程にそってあらたに作られていくと見ます。初めに想定されているところの真理ないしわが心にしたがう善(善悪観)から離れることもあり得ると捉えるわけです。道草を食ったり脱線したり。

30. それは 過去に侵して来たウソ・イツハリの性質や度合いによって変わるのではないか? 早く言えば 破れかぶれの心の状態になったときには 毒を食らわば皿までという美学がつちかわれるほどです。




31. 一般的には かたちのととのったものを人はうつくしいと感じ このかたちをつうじて 心の内なる精神の秩序としての美ないし真理を見ようとしているものと思われます。

32. そして 人がどう生きたかにおいて善の損傷のあり方(つまり どれだけ・どんな内容のウソ・イツハリを言ったか)が人それぞれでしょうから それらに応じてそのときその場では どういうかたちに美を感じるか――それをつうじて善の損傷が癒やされるべきところの美を感じるか―― これが千差万別になると思われます。

33. すなわち おのれの善――生きること――の傷つき方に応じて人それぞれに 美と感じる対象が違って来る。同じ一人のひとでも 歳とともに違って来る。

34. 早い話が かたちの整わない醜いものにも 美を感じ それとして癒されるという時と場合があるかも知れません。

35. すなわち 真理と善(もしくは 善悪の彼岸としての非善・超善)については 十人十色とは言わず おおかたの共通の内容が――想定じょう――共有されると思われます。けれども美は それこそ千差万別ではないかという問いに対して答えようとして以上のように考えたものです。






36. 人はウソをつくからには一たん真理や善から離れた過程にあって 善の損傷の具合いに応じて その傷がどう癒されるかという過程をあゆむ。われに還り わたしがわたしであると成る。そのありさまは 人それぞれである。

37. そしてその違いは 言わば巡礼の旅路というべき人生をあゆむ人間にとって そのときどきの巡礼の寺院としてのごとく 美の感覚に違いが現われるというものだ。こう考えこう捉えるなら 美学にも十人十色の差を許容しつつ しかもそれでも大きく広く 普遍性がある。

38. 真善美は 一体である。このように考えることが出来ると思いますが どうでしょう。

A 回答 (33件中1~10件)

仰るように、天国の世界は極めて、主観であり、閉じた世界であり、と同時に地獄も覗かねばなりませんので。



天国に価値意識を持つことは地獄への誘いにもなるのですね。

ですから、普段からの平常心を保つことが大事ですね。

繰り替えすようですけれど。

天界を目撃したことは、引きかえに天使と瑕を遺すことにも繋がったのだと思います。

天使の存在を瑕とするならば、ですね。☆彡
    • good
    • 1
この回答へのお礼

★ 天界を目撃したことは、引きかえに天使と瑕を遺すことにも繋がったのだと思います。
☆ 繰り返しますが これが 主観内部で起きて主観内部に――主観真実として――とどまる神観です。

貴重な神体験です。と同時に 外出無用なのです。ほかの人には 基本として 主体相互のあいだのへだたりと同じ間隔があります。


むろん 表現は自由であり 中にはそれを聞いた人が 同じような体験をしたと発見する場合さえあるかも知れない。

けれども そこまでなんです。それぞれの主観真実として それぞれ自由に携えてゆきます。(極端には 捨てることも自由です)。



あるいは 文学として・虚構作品として成り立たせることも 自由であり あり得ます。

けれども 小説等がそうであるように そのストーリや出来事が そのまま他者とのあいだで 哲学の話し合いとして 扱われることはないです。

虚構の世界から 現実の場へと いちど翻訳(あるいは 相転移)することが 必要です。

お礼日時:2022/11/12 20:47

貴殿は頑なに此の世以外、思考の外にあるのは何か、意味があってのことですか❓

    • good
    • 1
この回答へのお礼

誤解があります。

★ この世以外 思考の外
☆ というような《以外や外》という認識は あやふやです。

この世を超えているところ あるいは 思考を超えている場です。

《超えている》からこそ 自己の心身の外だけでなく 内にも やどる何ものかがある。

この何ものかは 真理であり道であり生命です。

わたしたちの原動力のみなもとであると思います。

お礼日時:2022/11/20 10:42

真・善・美 は、神に通じている意識かと思われます。

    • good
    • 1
この回答へのお礼

★ 意識
☆ を超えています。


意識を超えたなにものかが ふとわが心を突き抜けて通って行った。これを何とか意識して捉えて あとは――あてずっぽで――人間の相対性にもとづく言葉(つまり シルシ)として 真善美とあらわした。


われわれ人間は これを:
★ 神に通じている意識
☆ と見なして――反対意見にも考慮しつつ―― 生活現実をともに生きるために 言葉として用いコミュニケーションを図っている。


すべては 仮象です。
★ 神に通じている
☆ といったのぞみが 仮象をささえている。



空の空なるかな すべて空なり――と言われても 文句言えない。無神論との共存を心にインストールせずばなるまい。

お礼日時:2022/11/20 04:03

宇宙の全てを創造した神が、真善美愛の存在なら、これらは神から来ているという事になりますな。



人間が神の子ならね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答をありがとうございます。


★ 人間が神の子ならね。
☆ ですか。まぁ――このことも――論理的で しごくごもっとも。


そうですね。そういった条件(前提)というのは 煮詰めてみれば神についての人間の忖度のようなものなんですよね。


【Q:神論のエセンスは これだ】
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/13051804.html

☆☆ ~~~
12. 忖度のいろいろは こうだ:

① その属性として:
  〔つねに真偽をまぬかれない人間の主観真実を超えた〕真理
  〔善悪を超えた善悪の彼岸としての〕至高の善(スムム・ボヌム)
  〔相対的な美醜を超えた〕美

  〔愛憎を超えた〕愛(アガペー)
  〔真理がすべてにおいてすべてであることを実現させる〕全知全能

② 絶対性からそれを擬人化して:絶対者

③ 全知全能なる絶対者を物語化して:創造主(非経験と経験世界とは
              絶対のへだたりがあることを言っている)
~~~



☆ この真善美の質問は 美が なんで人びとそれぞれによって千差万別なのか? ――この疑問について考えてみたものでした。

お礼日時:2022/11/18 01:31

きょうの潮流 2022年11月16日(水)



ゴッホ、セザンヌ、黒田清輝、青木繁等々。古今東西の少なからぬ画家たちが自画像を残してきました。作品は見る側と深く対話するように語りかけてくるものがあります

▼テレビの自画像を克明に描いたドラマが現れました。フジ系の「エルピス」。舞台はテレビ局。長澤まさみふんする落ち目のアナウンサーが主人公で、えん罪事件を追っていきます

▼平然と飛びだすパワハラ、セクハラ発言。慣れっこにもなっている職場で、ヒロインはセンセーショナルな報道がえん罪に加担することになったと気づきます。自身が取材したものを独断で放送しようと挑む姿は、ウクライナに侵略するロシアのテレビ局で反戦を訴えた女性ディレクターのことが思い起こされます

▼原発汚染水をめぐる状況は「コントロールされている」。安倍元首相の演説をそのまま流して、東京オリンピック開催になだれ込んでいく。描かれるのはテレビのありのままの現状です。自画像を映すことは業界ではタブーとされてきたことでもあります

▼ドラマは6年前から企画が始動。渡辺あやが脚本を手がけ、キャスティングも進んでいましたが、当時女性プロデューサーが所属していたTBSに受け入れられませんでした。プロデューサーが関西テレビに移籍して、今回の放送にこぎつけたといいます

▼沈黙して、やり過ごしたくない。制作陣の並々ならぬ覚悟を感じます。記録(視聴率)に残るより、記憶に残るドラマを。結実するかどうかは、視聴者に委ねられています。
「真善美のみなもとは 同じひとつであるか?」の回答画像31
    • good
    • 1
この回答へのお礼

あたらしいウゴキのようです。

お礼日時:2022/11/16 13:34

きょうの潮流 2022年11月15日(火)



物価高騰による国民の生活苦。米中間選挙では与党・民主党の苦戦予測が伝えられたものの、大勢の判明は遅れ、上院で引き続き民主党が多数の見通しに。共和党圧勝を阻んだ裏に何があったのか

▼18歳から29歳では、63%が民主党に、35%が共和党に投票したとの出口調査です。選挙戦終盤で民主党による「民主主義を守れ」との訴えが若者に響いたとの指摘も出ています

▼ペロシ下院議長の夫が襲撃された政治暴力に、トランプ派を台頭させてはまずいとの危機感が広がったとの見方も。フロリダ州で下院初当選のマクスウェル・フロスト氏(25)は、初の「Z世代」議員と注目されています

▼フロスト氏は「命のための行進」の組織責任者でした。17人が犠牲になった同州での高校銃乱射事件(2018年)の生存者が立ち上げた銃規制を求める草の根の取り組みです。「社会・人種・経済の正義へ、一緒にたたかおう」との呼びかけに若者たちがこたえました

▼女性たちは、中絶の権利を取り戻すために動きました。自分の体のことは自分で決める、と半世紀前に勝ち取った権利が、右傾化した最高裁に覆され、違法とする州法が復活した州も

▼今回、州の住民投票の項目に押し上げ、中絶の権利を州憲法に明記することを決めた州がいくつか。南部ケンタッキー州では、州憲法違反にしようとした住民投票案を否決しました。対話を重ね、人々を投票所に向かわせる草の根の努力なしには実現しない結果です。民主主義の底力が示されました。
「真善美のみなもとは 同じひとつであるか?」の回答画像30
    • good
    • 1
この回答へのお礼

あたらしい世代が 少しづつその言い分を世間にあきらかにし始めた。

お礼日時:2022/11/15 18:25

地元の天候、急激に悪くなりましたが。

「真善美のみなもとは 同じひとつであるか?」の回答画像29
    • good
    • 1
この回答へのお礼

はい うかがっています。

お礼日時:2022/11/15 18:23

残念ながら、私が神観の持主で、神に選ばし、人間だとしても。



自然災害を起こす以外、能の無い人間ですけれど。

「真善美のみなもとは 同じひとつであるか?」の回答画像28
    • good
    • 1
この回答へのお礼

出来る限りの応答は 何度もしています。

ですから 同じコメントを繰り返すことになります。


神観とは どういうものか。これについて しっかりと把握してもらえれば ありがたい。

お礼日時:2022/11/15 18:22

一つ報告します。


悠仁親王の結婚相手を外国人にしても何の問題もないですよねという
コーナーは運営が利用規約違反という理由で削除されました。
まあ、初めから認められるはずない話ですから、
コーナーごと消えれば、廃案と一緒ということですから、
よかったですな。
提案者には良き薬となったでしょう。

悠仁親王の結婚相手は
紀子さん自身は
自分と似たような外国の大学もでるなど、かなりレベルの
高い日本人女子を探すように計画されているみたいですが、
それが望ましいでしょう。

まあ、さらに旧宮家や旧皇族摂家系のお嬢さんだと
理想なんですが、これは雲の上の人が考えること。
我ら庶民がいくら案じてしょうがないでしょうね。

ではまた。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

★ 悠仁親王の結婚相手を外国人にしても何の問題もないですよねという
コーナーは運営が利用規約違反という理由で削除されました。
まあ、初めから認められるはずない話ですから、
コーナーごと消えれば、廃案と一緒ということですから、
よかったですな。
提案者には良き薬となったでしょう。
☆ 規約違反は どういう内容なのかが気になります。



★ 悠仁親王の結婚相手は
紀子さん自身は
自分と似たような外国の大学もでるなど、かなりレベルの
高い日本人女子を探すように計画されているみたいですが、
それが望ましいでしょう。
☆ それで特に問題はないと思いますが。


★ まあ、さらに旧宮家や旧皇族摂家系のお嬢さんだと
理想なんですが、これは雲の上の人が考えること。
我ら庶民がいくら案じてしょうがないでしょうね。
☆ その前に 文仁氏のほうが――紀子氏とともに――問題なように思います。豪壮な邸宅の問題もしかり・・・。

お礼日時:2022/11/15 13:15

元々、ユビキタスの語源とは、



ユビキタス は、遍在をあらわす言葉。 至高の存在が遍在するという点について、宗教体系によって考え方は異なる。キリスト教、ユダヤ教、イスラム教などの一神教では、神と宇宙は別のものだが、神はどこにでも存在している。

という

意味なんですけれど。


普通に考えて、神の再来が

今の時代、

神の國の再来を予見するとはとても思えず。

私が神の再来だとしても。

別に私でなくとも、神は良かったんだと思います。

それよか。

特別❓でもないですけれど。

変わった人生になって、困りましたけれど。


(;´д`)トホホ
「真善美のみなもとは 同じひとつであるか?」の回答画像26
    • good
    • 1
この回答へのお礼

まだ神観は さだまっておられなしようにお見受けしました。

じっくりすすまれたし。

お礼日時:2022/11/15 13:12
1  2  3  4 次の回答→

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するカテゴリからQ&Aを探す


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング