Apple IDログイン機能メンテナンスのお知らせ

Quasarという天体現象があります。天文スケールからすると、ごく狭い領域から銀河が放出するよりも高エネルギーの放射を行っている(行っていたか)現象ですが、現在、超大質量ブラックホールを取り巻く降着円盤がブラックホールに落下する際に開放されるエネルギーが源だとして、定説となっていますが、過去には、色々な仮説が立てられていました。代表的と思われる二つの説を紹介すると、
①宇宙に残っていた反物質と常物質の対消滅 ②銀河スケールからすると密集する複数の恒星が連鎖的に超新星爆発を起こした(恐らく1~2個の超新星爆発から放射される輻射エネルギーが近隣の恒星を不安定にしドミノ倒し的に連鎖爆発するのでは?)
という仮説です。
現在は、先に述べたように超大質量ブラックホールがエネルギー源ということで、放射される電磁波のスペクトル分析からも強力に支持されているということですが、それはそれとして、複数の恒星(多分数十個の太陽)が連鎖爆発する現象自体が、Quasarとは関係なく観測されたことはないのでしょうか?

A 回答 (1件)

>複数の恒星(多分数十個の太陽)が連鎖爆発する現象自体が、Quasarとは関係なく観測されたことはないのでしょうか?



私の知っている限り確認された事例はないです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2022/11/13 15:15

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!