プロが教える店舗&オフィスのセキュリティ対策術

大学の統計学の課題で分からない点があり、質問させていただきます!

等分散性の検定とT検定の問題なのですが、計算にはどちらも不偏分散が必要ですよね?

しかし、問題文には不偏分散が載っておらず、また標本の一覧も載っていないので自力で求めることができず、行き詰まってしまいました。

標本の数、標本平均、標本分散は載っているのですが、それらから不偏分散を求めることはできますか?

この場合はどのように解き進めれば良いのでしょうか?

A 回答 (1件)

標本分散は、偏差平方和をnで割っています。



不偏分散は、偏差平方和を(n-1)で割っています。


標本分散にnを掛けて偏差平方和に戻し、あらためて(n-1)で割り直してやれば、不偏分散になります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すごく基本的なことが頭から抜けてました...!笑
分かりやすい説明ありがとうございました m(__)m

お礼日時:2022/11/18 20:18

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!