タイトルどおりですが、
鉛フリー用の半田ごてで鉛入りのハンダを使うと
どうなるのでしょうか?
半田ごてが痛みますか?

A 回答 (2件)

こんにちは。


おっしゃっているはんだこてがどのようなものか分かりませんが,分かる範囲で。
鉛フリーはんだは,鉛入りはんだよりも融点(溶ける温度)が高いです。したがって,鉛フリーはんだが溶ける温度で使えるはんだこてならば,鉛入りはんだも当然溶けますから,問題なく使えると考えてさしつかえないと思います。鉛入りはんだを使ったからといってこて先が痛む心配はないでしょう。
ちなみに,もしもおっしゃっている半田こてに温度調節機能がついているならば,不必要に高い温度での使用はされない方がよいと思います。熱により部品にダメージを与える可能性があります。
    • good
    • 0

鉛入りの半田と鉛フリーの半田は道具に問題があるのではなく、環境問題で問題があるのです。


鉛は有害ですからね。

どっちに使っても大差はありません。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q自動測定とGPIBインターフェースについて

「自動測定とGPIBインターフェース」という題で500字~700字でレポートをまとめることになったのですが、よくわかりません。どのように書けばいいですか?
よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

「自動測定とGPIBインターフェース」、何だか無茶苦茶な題名ですね。
主旨がはっきりしない。

GPIBは伝送方式のひとつですので自動とは直接関係は無い、もちろんGPIBは計測関係を主眼に置いた方式ではあります。

自動計測の方はCPU側で定時リクエスト命令等を出して測定値を取得して記録するなどソフトウエアの話であって、伝送方式は関係ないです。
RS-485などを使っても自動計測は出来ます。

このページ(およびページ右側の自動計測ソフト、太陽電池の計測)などから、ネタを拾って作文してみますか。
http://www.ssunrise.co.jp/knowledge/gpib_connect.html

回答になっていないかもしれませんが参考まで。

Q【半導体のハンダ付けについて質問です】 質問1: 機械溶接でのハンダ付けは理にかなっていますが、個

【半導体のハンダ付けについて質問です】

質問1:
機械溶接でのハンダ付けは理にかなっていますが、個人で既存の既製商品に追加で基盤ハンダ付けする場合はハンダ付けは適していないのでは?

ハンダ付けの特徴はハンダは浸透性があって、微細な機械溶接なら半導体にハンダを使うメリットがありますが、追加で個人で半導体に溶接する場合、ハンダは逆に既存の半導体回路基盤内部に浸透するする恐れがあるのでハンダ付けは間違いだと思います。

質問2:

半導体=ハンダ付けが当たり前というか常識になっているので半導体にハンダ付けしますが、ハンダの膨らみは薄ければ薄いほど良いのでは?

こんもり山のように雨滴、水滴のようにふっくら盛るのは間違いでベターと平らに塗る方がハンダ付けは上手いと言えるのでは?

工学と科学はバカなので物理学で質問します。

Aベストアンサー

最近はマンガにも出て来ますが半田付けにコテなど使いませんよね、既にハンダは流してあり熱風を当てるだけ。後から付け加える事は無視されて居ます。ICからLSIの世界にコテは馴染みません。今の半田付けは凸では無く凹です。

Q比表面積自動測定機での吸着量の値は?

いつもお世話になってます。
比表面積及び細孔径分布の自動測定機において、試験後、比表面積や細孔容積等は分かるのですが、各RHでの吸着量(または総質量)を知りたく測定データをいろいろ見ているのですが、それらしい表示として、
isotherm Dateという欄で、各RHの隣にVolume@STPという項目があるのですが、そこにはRH30にて7.85cc/gとあります。
実験試料の初期質量0.9gに対して考えると、0.9g*(1+7.85cc/g)=7.965gとなり、これを総質量と見ると吸着率は785%となり明らかにおかしい値になります。
もちろん値からして細孔容積でもないので、このIsotherm Linear(等温吸着線)における縦軸の値は何を示しているのでしょうか?そして、吸着量はどこを見ればよいのか分かる方いましたら教えてください。

Aベストアンサー

STP cc ってのは,標準状態,つまり0℃,1atm での気体体積 (cc) って意味です.気体吸着での吸着量を STP 体積 (STP m^3 とか) で表わすのは,一般的に行われていることです.
7.85cc ってことは,7.85×10^-3 L ÷ 22.4 L/mol = 3.50×10^-4 mol,
水ならば 1mol=18.0g なので,6.30mg ということ.

Q鉛フリーガラスについて

教えてください。鉛入りガラスと鉛フリーガラスに光をあててときにその光反射率が両者に差があると聞いています。なぜ、鉛入りと鉛フリーで光の反射率が違ってくるのですか?

Aベストアンサー

透明体の反射率というのは屈折率によって決まり、屈折率が高いほど反射率も高くなります。ごく簡単には下記urlの反射率のところの式です。
鉛ガラスでは屈折率が高くなりやすいので反射率も高くなりやすいと思います。

ところでこのような答えでよろしいのでしょうか。もし屈折率と関係なく酸化鉛が反射率に効いてくるという話があるのなら(金属鉛が表面に浮いてくるとか??)、是非私も知りたいです。

参考URL:http://www7.big.or.jp/~cgi19786/ngf/interglad_6/glossary/G01_50on.htm

Q融点降下・・・ (・・?)ナゼ?

こちらの過去質問もいくつか見たんですが解らなかったので教えて下さい。

 結晶が推定化合物かどうかを確かめる際に混融試験をやりますよね。その際,標品と同じ化合物なら融点は変わらないけど,異なる化合物だったら融点が降下(融点降下)しますよね。

 質問は,「この融点降下がなぜ起こるのか?」です。結晶の融点より標品の融点が高ければ,混融試験で融点が上がってもいいように思うんですが。なぜ降下?

Aベストアンサー

混融試験で2種類の異なる物質の結晶の接触面の分子に注目します。
両結晶が融けきった溶液の状態では周りに十分な異分子があり固体との
境界温度は十分な凝固点降下になってます。まだ、混融前の結晶では
その分子の周囲には同じ結晶内の分子と接触している異分子があります。
したがって、その分子が周囲の分子から受ける相互作用で、液体・固体の
境界温度は十分な凝固点降下の効果に比べ約半分と考えられます。
  ( 固体・液体関係なく周囲の分子配置だけに着目すると、異分子との
  相互作用が片側半分と考えて、です。)
ただ、これは観念的なミクロな状態での話でごく一部が融けた時点で、
十分混合し、凝固点降下の効果は大きくなり液体状態を保つ温度に余裕が
でき、融解熱を奪いながら周囲を融かすため、温度が下がり、むしろ、
マクロな状態で観測される温度はほぼ十分な凝固点降下に近い状態です。

もし、統計力学を理解していれば、個々の分子のエネルギー分布を使って
説明することによりミクロな状態からマクロに観測される温度の説明が
スマートになりますが、無理でしょう。

これで理解できなければ、授業料を払ってもらって教えている先生に尋ねて
下さい。数千字程度では理解できないでしょうから。

混融試験で2種類の異なる物質の結晶の接触面の分子に注目します。
両結晶が融けきった溶液の状態では周りに十分な異分子があり固体との
境界温度は十分な凝固点降下になってます。まだ、混融前の結晶では
その分子の周囲には同じ結晶内の分子と接触している異分子があります。
したがって、その分子が周囲の分子から受ける相互作用で、液体・固体の
境界温度は十分な凝固点降下の効果に比べ約半分と考えられます。
  ( 固体・液体関係なく周囲の分子配置だけに着目すると、異分子との
  相互作用が片側...続きを読む

Qハンダ付け作業で

ハンダ付け作業でプロパノールはどのような用途で使用するのでしょうか?
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

たしか.
洗浄
液体ペースト等の希釈

Qポリマーの融点について

ポリマーハンドブックや高分子データ・ブックなどでポリマーのガラス転移温度や融点を調べているとき、けっこう融点が記載されていないポリマーがあることに気づきました。(ガラス転移温度はほとんど全部記載されてました。)なんで融点が存在しないのでしょうか?また、文献によってガラス転移温度や融点の値がまちまちな理由もよくわかりません。

Aベストアンサー

1.ポリマーは次の2つに分類されます
・結晶性高分子(一般的な固体状態で結晶部分と非晶部分が混ざったもの)
  例:ポリエチレン、ポリアミド
・非晶性高分子(一般的な固体状態でほぼ非晶部分のみで形成されるもの)
  例:ポリカーボネート

2.Tg、Tmの定義
・Tg(ガラス点移転)…非晶部分の分子鎖が自由に動ける温度
・Tm(融点)…結晶部分の分子鎖が自由に動ける温度

上記1.2.より結晶性高分子にはTg、Tmが存在し、非晶性高分子はTgしか存在しません。

≪値がまちまちな理由≫
主な理由は分子量によってTg、Tmが異なるからです。
分子量大きい、つまり分子鎖一本の長さが長いとTg、Tmは高くなります。
(分子鎖が長いと、からみあって、なかなか自由に動けないイメージ)
結晶部分と非晶部分の占める割合や形態によっても変わります。

Q高温半田について

400℃ぐらいまで加熱できるヒーターを配線しようと思っているのですが、
半田をつかって固定しようと思っています。
それぐらいの温度に対応できる半田ってあるのでしょうか?
(銀ロウ付けするしかないのでしょうか?)

Aベストアンサー

融点400°Cのものはありませんが、380°Cのものはあります。下記に載っている表を参照して下さい。

参考URL:http://www.genma.co.jp/products/pb-free01/index.html

Q金属の融点について

金属の融点について、
アルカリ金属などの金属は融点が低いのに、
他の金属は融点が高いのはなぜですか?
また、金属結合のイメージ的に、そんなに融点が高いのが分かりません。
共有結合のシリカとかよりも高いのがあるのが、よくわかりません・・
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

まず、金属の融点はざっくり言えば結合を構成する電子の数で決まります。

アルカリ金属は完全に閉殻したアルカリ金属イオンを原子1個あたり1個の電子で
繋いでいるような形になっています。これに対して、その隣のアルカリ土類金属では
原子1個あたり2個の電子が繋いでいます。そのため、アルカリ土類金属はアルカリ金属より
融点が高くなっています。また、金属原子の半径が大きくなると最外殻の電子軌道の
電子密度が下がり、結合が弱くなるために融点が下がる傾向があります。(例外有り)

融点が高い金属は遷移金属元素に多く見られますが、これは遷移金属のd軌道の
電子が多いために結合が強くなりやすいという理由が挙げられます。もうひとつの理由として、
このd軌道というのは電子が密集した部分とまばらな部分があり、隣接する原子の
電子が密集した部分同士で結合を作ることによって、結合の電子密度が上がります。
これによって遷移金属の中でも、特に6族元素の周辺は高い融点を示します。
d軌道の電子が増えて閉殻に近づく(11族周辺)と、今度はd軌道内で電子対を作れるように
なるので金属結合に使われる電子が減少し、融点が低くなってくる傾向にあります。

13~15族の典型金属元素も同様に、p軌道の電子が増えて閉殻に近づくために
結合に使われる電子の数が減って融点が下がる傾向があります。

ただし、例外が2つあります。
ガリウム(融点30 ℃)と水銀(融点-38 ℃)です。

ガリウムの固体は複数の結晶構造が入り混じった構造をしており、
原子間の距離(=結合距離)が短いものと長いものが混ざっています。
長い結合は切れやすいため、低い融点を示す原因になっています。

水銀や原子番号が1小さい金は、相対論効果という現象によって特殊な性質を示します。
原子中の電子は、エネルギーが低い(=内側にある)軌道から満たされていきますが、
原子番号が大きくなるにしたがって原子核の電荷が大きくなるために
原子核周辺の存在確率が特に大きいs軌道の電子は軌道が収縮し、
電子が光速と比較できるくらいの速さで運動するようになります。
光速に近い速さで運動する物体の質量は相対論によって増大するため、
電子の質量は増大します。質量の増大によって、本来電荷のみによって収縮する以上に
軌道が収縮し、s軌道の電子は原子の内側に隠れてしまうことになります。

さて、水銀の電子配置は [Xe] 4f14 5d10 6s2 ですが、このうち最も外側にあるはずの
6s軌道の電子が内側に隠れてしまうため、水銀の最も外側にある電子軌道は
4f軌道と5d軌道になります。そしてこの軌道は両方とも閉殻しているために、
自由電子を出すことができず、原子間の引力が極めて弱い(希ガスに近い)ために
水銀は常温で液体、しかも沸点も異常に低いという非常に珍しい性質を示します。

余談ですが、水銀よりも原子番号が1小さい金は、希ガスに似た性質である水銀から
電子を1個剥ぎ取った電子構造をしています。そのため、ハロゲンに似た性質を示します。
金が酸化されにくい(=電子を剥ぎ取られにくい)という性質はこれに由来しています。
さらに電子を放出しやすい金属であるセシウムを金と1:1で混ぜて融解すると
合金ではなく、金化セシウムというイオン性の化合物を生じます。

まず、金属の融点はざっくり言えば結合を構成する電子の数で決まります。

アルカリ金属は完全に閉殻したアルカリ金属イオンを原子1個あたり1個の電子で
繋いでいるような形になっています。これに対して、その隣のアルカリ土類金属では
原子1個あたり2個の電子が繋いでいます。そのため、アルカリ土類金属はアルカリ金属より
融点が高くなっています。また、金属原子の半径が大きくなると最外殻の電子軌道の
電子密度が下がり、結合が弱くなるために融点が下がる傾向があります。(例外有り)

融点が高い...続きを読む

Qハンダ付けが上手くいきません。

ハンダとか使うのがほとんど初めての初心者です。
質問が2点あります。
1.簡単なスイッチのようなものを作ろうを思って
いるのですが、ホームセンターで買った普通の工作用の
コードを先端を剥いてヤニ入りハンダを使いハンダ付け
をしました。だいたいが上手くハンダ付け出来たのですが
電卓や電話機などの基盤にある黒い配線?(上からボタン
が押されると通電する箇所)の所にハンダが付きません!
そもそもここにハンダ付けできるか判らないのですが
付くのでしょうか?また、付かないのであれば別の方法
でつける事は可能でしょうか?
2.上記に関連でハンダペースト(ハンダ付け促進剤)
と言うものを見つけました。もしかしたらこれを濡れば
ハンダが付くようになるのでしょうか?
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

そこにはハンダは乗りません。
あれは炭素などの導電性樹脂が塗ってあります。

ハンダは熱で下地の金属と融合することで固着します。
が、「黒い部分」ではそういう作用が起きないので、ハンダ付けは無理です。

ああいうところとの接続は圧着ですね。
圧力をかけて密着させるくらいしかありません。

ハンダペーストは金属表面の酸化皮膜を取り除いてハンダが付きやすくするものです。
そもそもハンダの付かない物質にいくら使っても無意味です。


人気Q&Aランキング