痔になりやすい生活習慣とは?

 ドラマのカテにしようかとも思いましたが、歴史に詳しそうなこちらで質問させていただきます。

 先日スペシャルのあった「大奥」がとても好きでした。全話もれなく見たのですが、一つ疑問点があります。

 徳川2代将軍が生涯に一度浮気したお静(雛形あきこ)との間に子供が出来、ナレーションで「将来、徳川にとって重要な人物になる…」と言っていた気がするのですが、その後のドラマでは出てきませんでした。

 どこが事実でどこがドラマだけの話か、詳しいことが分からないのですが、お静との間に出来た子が誰か、徳川とはどんな関係でどんなことをしたのか、教えていただきたいと思います。よろしくお願いします。

A 回答 (2件)

徳川秀忠とお静の間の子は「保科正之」幼少名は幸松丸


といいます。
正室「お江与の方」に頭の上がらなかった秀忠は、正之を正式には認知せず、正之は見性院(武田信玄の二女)に養育されることとなります。
武家の男子は、7歳から学問と武芸の稽古を始めなければならず、見性院は、最も信頼のおける信州高遠の城主「保科正光」に正之を託しました。
正之は、保科正光の養子となり、寛永8年(1631)、21歳で高遠藩主となります。
三代将軍家光は、正之を実弟として、最上山形、続いて会津の城主とし、幕政にも重く用いました。
1669(寛文9)年に隠居し、1672(寛文12)年12月18日、62歳で没しています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧に回答していただき、ありがとうございます。歴史にはあまり詳しくないのですが、歴史に基づきドラマを構成していたのですね。ドラマでは省かれてしまったのが残念です。

お礼日時:2005/04/19 15:05

ドラマは見てませんが、2代将軍秀忠の子供というと、会津若松の藩主「保科正之」になるかと思います。


俗に言う「隠し子」で、信州高遠のの城主「保科正光」の養子に出されますが、実弟の駿河大納言「徳川忠長」を切腹させた3代将軍家光が、唯一残った自分の肉親ということで正之を気に入り、会津に23万石で封じます。
そして臨終の席で長男家綱の後見に指名、明暦の大火災では陣頭に立って事態の収拾をし、上杉家の断絶に際しては吉良家から養子を入れることで半地召し上げで済まし、眼病で引退するまで幕政を看た名君です。
彼の「家訓十五ヶ条」は会津家を将軍家への滅私奉公に向かわせ、幕末の奥羽戦争に繋がりました。

http://www.city.aizuwakamatsu.fukushima.jp/j/yuk …

参考URL:http://www.tsurugajo.com/history/hoshina.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

歴史は正直中学止まりで大嫌いだったのですが…少し興味を持ち始めました。お答えいただき、ありがとうございました。

お礼日時:2005/04/19 15:08

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qお万の方って実在するんでしょうか?

大奥2章のお万の方って実在するんですか?
町屋から春日局が女たちを側室にいれたのは分かりますが実際に尼であった女性を入れてのでしょうか?
いまさらですみませんが教えてください。

Aベストアンサー

当初、家光が女性に興味を示さなかったため、男装の尼を引き合わせたところ、興味を示したので側室にした。と読んだことがあります。このエピソードが正しいかどうかはともかく、実在はします。下記ページ参照。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%B8%E5%85%89%E9%99%A2

Q大奥 何故、お万は子供を産んではいけないのですか?

大奥を見て、疑問に思っていた事が2点あります。
1点目
春日の局は、「お万様にお子が産まれる事はあってはならない」と言っていました。
お万が懐妊した時、春日の局は流産させる為に必死に薬を持ったり策を巡らせたりしていました。
上様は、流産させる事には反対しながらも、「子供は男とは限らない」言っていたし、懐妊を知った時は、ただ驚いただけで、顔は引きつっていて、子供が産まれる事を、そんなに喜んではいませんでした。
お万が解任したとき、お万の父?が、大奥に来たのと、関係が有るのでしょか?
根回しをしてお玉が産んだ事にした最終回。そんなに複雑な政治が関わっていたのでしょうか?

2点目
将軍を、「上様」と呼んでいたり、正室である貴子の彼や、側室お楽の家族は、「くぼうさん」と呼んでいたりしてますが、単に呼び方が違うだけでしょうか?
上様は、お万の父を嫌っていましたが‥‥何か因縁みたいなものがあるのでしょうか?

Aベストアンサー

回答と言うより、蛇足です。

既に回答されていますが、幕府?徳川家?将軍?には「皇室や公家の血を混ぜてはいけない」とする不文律があったとする俗説があります。
所詮は娯楽番組での作り話なので、そうゆう時代背景があったとの想定でドラマが作られた、としか言いようがなく、その意味では深く詮索するだけ無駄です。

しかし、私は「血を混ぜてはいけない」とする不文律について個人的に興味津々なので、以下にコメントします。興味がおありになれば、読んでやって下さい。

この不文律は皇族・公家出身の御台所がほとんど出産していないことからの、単なる後付の解釈です。
但し、幕府勢力の中に、皇室や公家と血が混ざることの嫌悪感を抱いていた者がいたのは事実だと思います。ただ、毒を盛るなどの実力行使を実際に組織的に大奥で行っていたとするのは話の飛躍も甚だしいです。側室同士の女の争いのレベルの話なら、敢えて否定はしませんが。

例えば、家綱の危篤に際して皇族(有栖川宮)から将軍を迎えようとの案も出ています。主張したのは幕閣トップの大老・酒井忠清です。

今の日本は一応階級はないですが、それでも片方が「ええとこ」の坊ちゃん・嬢ちゃんの場合は、両家の「つりあい」が問題になる場合がまだあります。
将軍の場合、親藩か譜代の大藩か外様の大大名の娘を御台所とするのが「つりあい」ですし、将軍の権力をもってすれば、大名の娘を側室に所望することなどは、容易であったはずです。それをしなかったのは、言うまでもなく将軍の母方の実家による政治介入を恐れたからです。
外戚政治を防止するためには、正室・側室が実力の低い家の娘であれば良い訳です。オスマン(トルコ)帝国では、皇妃は奴隷商人から買っていたという話すらあります。
大奥は、側室の供給源としてうってつけの制度です。中下級役人にすぎない旗本や町人の娘に女中奉公させ、その中からお手がついたら上廊(側室)に昇格という制度ですから、誰にお手がついても外戚の心配はありません。
更に、日本では丁度よいことに、実力は失ったが権威だけはある皇室とその臣下の公家という階級がいたので、そこから正室を調達すれば、将軍の妻が一般大名の妻に見劣りすることもありません。
なお、側室にも公家の娘がいますが、これは御台所が京都から連れてきた(呼び寄せた)侍女にお手がついたものです。「お万」など一部例外もいますが。

もし、将軍に「公家の血を混ぜてはいけない」とする不文律が本当にあったとすると、梅渓通条という公家の娘から生まれた「家治」は闇に葬られたはずなのですが、これをどう説明するのでしょうか。
家治は家重の長男として生まれ、幼名も通例どおり竹千代と名付けられるなど、何の妨害もなく世継とされています。
家治自身も皇族の姫宮(閑院宮倫子女王)を御台所に迎え、2人の姫が生まれています。このことから、家治の場合はあくまでも例外とコメントされる場合も見られます。しかし、例外の理由は示されていません。

更に、慶喜の母も皇族の姫宮(有栖川宮吉子女王)です。慶喜の将軍就任には妨害が入りましたが、母が皇族だからという理由が語られるのを聞いた記憶はありません。母が‥ではなく水戸は‥というのなら、聞いた記憶が有りますが‥

なお、あまり知られていませんが、家宣の場合も公家出身の正室(近衛熙子)が男女1人の子を産んでいますが、これは甲府藩の時代のことなので、あっさり例外だと言われそうですね。
実は江戸城に入ってからも、大五郎・虎吉という2人の男子を産んだ公家出身の側室(園池季豊の娘 お須免)がいます。もし大五郎が4歳まで生きていたら、家継の兄にあたるので将軍になっていたのかもしれません。


蛇足の蛇足ですが、後水尾天皇の皇子女が闇に葬られていたという話がありますが、こっちの方は恐らく事実でしょう。
後水尾天皇には徳川和子の入内の前に1男1女がいましたが、それ以後12年間は徳川和子の子しか産まれず、その後25年間に6人の女官から25人の子が産まれるという明らかに不自然な皇子女の出生をしていることから、絶好の小説ネタになっています。

幕府の立場からは、徳川和子の産んだ皇子に皇位継承させるまでは他の女官たちの子は闇に葬るという「12年間」の行為の証拠と見て取れます。

一方、朝廷の立場は極めて明確です。皇位継承は堂上公家の娘から生まれた皇子に限定され、徳川はその身分ではありません。これは皇室の不文律ですが、実に良く守られています。例外は下記の通り。
六条天皇  外祖父は伊岐致遠 神官出身の下級官吏 後白河院に歯向かった二条天皇を退位させるために擁立された幼帝
安徳天皇  外祖父は平清盛  (平清盛一族を新興の堂上公家と見るなら例外にはあたらない)
後円融天皇 外祖父は紀通清  石清水八幡宮の社僧 足利義満のいとこ。母が姉妹。
明正天皇  外祖父は徳川秀忠 
光格天皇  外祖父は岩室宗賢 医師        皇位断絶の危機。聖護院門跡を継承する予定であったが、急遽還俗して即位。
古代は除いています

明正天皇による八百年ぶりの女帝復活は、徳川系皇室を目論む幕府に対する「1代限り」の意思表示であることは言うまでもありませんが、その前提として、徳川和子の産んだ2皇子の夭折があります。
いくら徳川憎しと言っても、後水尾天皇が自らの手で皇子を始末したとは考え難いので、朝廷勢力の誰かが天皇の意向に関係なく2皇子を手に掛けた可能性は大ですね。

回答と言うより、蛇足です。

既に回答されていますが、幕府?徳川家?将軍?には「皇室や公家の血を混ぜてはいけない」とする不文律があったとする俗説があります。
所詮は娯楽番組での作り話なので、そうゆう時代背景があったとの想定でドラマが作られた、としか言いようがなく、その意味では深く詮索するだけ無駄です。

しかし、私は「血を混ぜてはいけない」とする不文律について個人的に興味津々なので、以下にコメントします。興味がおありになれば、読んでやって下さい。

この不文律は皇族・公家...続きを読む


人気Q&Aランキング