【美大生が登場】色のユニバーサルデザインとは? >>

メイギムザ染色をする時に、メイグリュンワルド液のあとに水を足す理由を調べています。

メイグリュンワルド液が99%エタノールであるので、水を足してイオン化させ、染色するというところまで突き止めました。

メイグリュンワルド内の染色物質は(+)と(-)のどちらにイオン化するのでしょうか?

ちょっとマニアックな質問ですが、ご存知の方教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

僕はここらへんのことはちょっと苦手で、もしかしたら間違っているかもしれませんが、たぶん水を加えるのはRomanowsky効果を得るためだと思います。

Romanowsky効果とはpH6.3~7.3の水溶液中で青色の陽イオン色素(塩基性色素)アズールBと、赤橙色の陰イオン色素(酸性色素)エオジンYの混在している状態において、単に青や赤橙色のみでなく多種の色調が得られるという効果です。メイグリュンワルド液は塩基性色素のアズールBと酸性色素のエオジンYが純メタノール中に存在します。この2つの色素はメタノール溶液中では、両色素は結合したままの中性色素として存在し、このままの状態ではRomanowsky効果を得られません。そこで、水を加えてメタノール溶液を水溶液にするのです。水溶液にすると両色素は解離し、Romanowsky効果により多種の色調が得られるのです。染色手順としてメイグリュンワルド液をスライドガラスに滴下し2~3分おいた後に水を加えますが、水を加える前に2~3分おくのはメイグリュンワルド液中のメタノールで細胞を固定するためです。また、メイグリュンワルド液に水を足すよりもpH6.4~6.8のリン酸緩衝液を加える方が染色性は安定すると思います。もし、ご存知でしたらすみません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

親切な説明ありがとうございました。大変勉強になりました。

お礼日時:2005/05/15 01:33

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qライト・ギムザ染色について

WrightーGiemsa染色法についてどういう原理などがか書かれたHPなどを探していますが、詳細でなくても十分なのでご存知の方は教えていただけると嬉しいです。

Aベストアンサー

HPではないのですが・・・
自分の知っている知識としては血液標本の染色ですが。
血液標本はメタノール固定をし、塩基性色素で酸性物質を染め、酸性色素で塩基性物質を染めます。

Wright染色
・メタノールが入っているので固定もできる。
・塩基性色素のメチレンアズールで核のDNA、細胞質のRNA、アズール顆粒、好塩基性顆粒を青~青紫に染色する。
・酸性色素のエオジンでヘモグロビン、好酸性顆粒を赤橙色に染色する。
Giemsa染色
・アズールII・エオジンIIとアズールIIが含まれる。
・核はきれいに染まるが顆粒の染色性がよくない。

WrightーGiemsa二重染色法はライト染色後にさらにギムザ染色を行ないお互いの欠点を補って良好な染色性が得られます。

Qギムザ染色法について

塗抹標本の固定、染色を行う時にギムザ染色法を用いるとして、メイ・グリュワンド染色液にいれて固定した後にリン酸緩衝液で軽く洗ってから、ギムザ希釈液に入れて染色すると書いてあったのですが、どうしてリン酸緩衝液で洗うのでしょうか?わかる方教えてください。

Aベストアンサー

染料粒残存を洗い落とすということなのでしょうね。
20年前まで血液像や骨髄像を見ていたものですが
そのときは20枚ラックに入れて、ガラスつぼ使用、300枚ほど見ていたのですが今は染色法が変わったのでしょうか?
 標本を並べてやるよりは失敗がないです。
 MAY-GWLD液は粒子が結構粗いです。
もちろん#1さんの言うとおりですが、ギムザのほうでpH管理を
しっかりしていれば問題ないですね。
 私はMAI-GWLDにメタノールを少し入れて粒子の解離率と
血球の固定率を上げて染色していました。
 その時はP液では洗っていなかったかな。

 楽しくてだいじなお仕事がんばってくださいね。
今でもちょっと見てみたい仕事ですね。
 #1さんもがんばってね。
 ガンセンター、がん研とか逓信病院の教授とメタのことで
だいぶん討議絞られたことを思い出しました。
数をこなし、異常例に出会うことが実力を磨く世界ですね。

 文献にこだわらずベストを!

Q染色についての疑問なのですが、誰か教えて下さい。

病理学実習で行った最も有名で、1番popularなHE染色についてなのですが…
(1)今回実習で行ったのは、カラッチのヘマトキシリンだったのですが、他には、どんな種類が存在しますか?
(2)カラッチのヘマトキシリンを作ったときに、いろいろな物を加えました。それで、ナノですが、ヘマトキシリン液についての原理を知れば、入れた物質の役割が分かるのではないかと考えました。そこで、質問です!!ヘマトキシリン液の原理って、何ですか?
(3)染色には、退行性と進行性があり、退行性の染色液には、”分別”と言う操作が、必要って、文献に書いてあったのですが…分別には、どんな種類の薬品を使うのですか? 実習では、0.25%塩酸を用いました。
(4)試薬が、良ければ、色出しの操作は、不要みたいなのですが、色出しって、何なのですか?色出しには、どんな試薬が、使われているのですか?

だれでも良いので、こんな馬鹿な私に教えて下さい。

Aベストアンサー

実習の時に質問すりゃぁいいのに…ま、病理医にはわからんか。

私の場合普段はマイヤーの処方を薄い切片用にアレンジした「ダブ
ルマイヤー」を常用していますが、必要ならカラッチやギルも調整
します。ハリスは水銀を使うからパス。ワイゲルトの鉄ヘマトキシ
レンはHE染色用ではありません。

処方の基本は、「色素」+「酸化剤」+「媒染剤」です。酸化剤には
ヨウ素酸ナトリウムを常用します。これで無色のヘマトキシレンが
ヘマティン色素になります。媒染剤は金属イオンを添加して色ラッ
クを形成させ組織との結合を強くするもので、ミョウバンを使うと
青紫になります。ここで鉄を使うと茶褐色っぽい色になりますね。
最後に安定剤として抱水クロラールやグリセリンを混ぜて完了。色
ラックが正に帯電しているため、負に帯電するリン酸基やカルボキ
シル基と結合しやすいわけです。

分別ですが、上記の理屈で染まるからにはpHの影響ってモノを受け
るわけで、pHが4くらいだと結構なにもかも染まってくるんです。こ
れを、染めた後で塩酸アルコールなどでpHを下げて、リン酸基のと
ころだけ残してカルボキシル基のところを脱色してやるのが「分
別」という作業です。全体を染めてから要らないところを抜くから
「退行性染色」。逆に最初っから酸を加えてpH2とかの染色液を作
り、リン酸基リッチのところしか染まらないようにしたのが「進行
性染色」。カラッチが退行性染色の代表で、マイヤーが進行性染色
の代表です。

色出しってのは、ヘマトキシレンで染色した後でしばらく流水で洗
うステップですが、これはpHを上げています。すると水素イオンが
色ラックに干渉し難くなり、赤褐色から安定した青紫色になって、
褪色もしなくなります。

以上、藍染めと全く同じだよっていう話でした。

実習の時に質問すりゃぁいいのに…ま、病理医にはわからんか。

私の場合普段はマイヤーの処方を薄い切片用にアレンジした「ダブ
ルマイヤー」を常用していますが、必要ならカラッチやギルも調整
します。ハリスは水銀を使うからパス。ワイゲルトの鉄ヘマトキシ
レンはHE染色用ではありません。

処方の基本は、「色素」+「酸化剤」+「媒染剤」です。酸化剤には
ヨウ素酸ナトリウムを常用します。これで無色のヘマトキシレンが
ヘマティン色素になります。媒染剤は金属イオンを添加して色ラッ
クを形成さ...続きを読む

Qエステラーゼ染色について・・・

エステラーゼには特異性エステラーゼと非特異性エステラーゼがあり、染色法は単染色と二重染色があるということは解ったのですが。
白血病のFAB分類の鑑別時に単染色と二重染色はどのような異なった染まり方をするのでしょうか?又、二重染色があるのに単染色をする必要はあるのでしょうか?どうか教えてください。

Aベストアンサー

エステラーゼには、大まかにわけて
・好中球系で強陽性を示す(特異的エステラーゼ)
・単球系で強陽性を示す(非特異的エステラーゼ)
の2種類があります。
で、それぞれを染めるのが単染色、
同じ標本に両方の反応液を用いて2つを染め分けるのが二重染色です。
(単染色を2回行うような感じ)

引っ張り出した教科書によれば(^^;
二重染色の方が若干染色性が低下するそうです。
あと、単染色は封入を行いますが二重染色は乾燥させるだけなので、
標本の持ちは単染色の方が良さそうです。

病理は学生時代以来触れてないので ちょっと不安ですが
このくらいで参考になりましたでしょうか?

Q超生体染色!

網赤血球の染色方法であるブリリアントクレシル法やニューメチレンブルー法は『超生体染色』であるそうですが、この『超』生体染色とは何が『超』なのですか?普通の生体染色もあるのでしょうか?
よろしくお願いします!!

Aベストアンサー

一般に組織染色に用いられている染色物質のほとんどは、細胞膜を通過することができません。生体を生きたまま染色して観察する方法を生体染色といいますが、このため従来の生体染色で細胞を染めるためには、一旦色素(ニュートラルレッド、ナイルブルーなど)を飲細胞作用 (ピノサイトーシス)により、細胞内に取り込ませる必要がありました。

それに対して、ブリリアントクレシルやニューメチレンブルーは、細胞膜を直接通過して細胞内構造物を染色します。このため「超生体染色(supravital staining )」と呼ばれるのです。

Q吸光光度法の検量線について

検量線を作成し、データーにばらつきが生じた場合はどのようにすべきなんでしょうか。無理やり線でつなぐのかなと思っているのですが・・回答をお願いします。

Aベストアンサー

 検量線を引くための標準液は、0を含めて、6点取っています。標準液を調製しやすいように、例えば、0、1、2、3、4、5 mg/mlなど。これを5点検量(0は、普通対照に利用するので)と称しています。4点の場合もあります。
 基本は、グラフを書いて、1点がヅレていたら、それは無視して検量線を引く。2点ズレテイタラ、こりはヒドイので、やり直す、と言うのが教科書です。

 正確にするために検量線を2連(2回)して、その平均を取る、というバカな教えをする教員もいますが(それなら、2連より10連、100連の方が正確、と毒づいています)。
 
 実験のテクニックが難しくて、全体がばらつく場合もあります。この場合は、5点ではなく、10点とか、測定する回数を増やしたりして、信頼性を高めるしかありません。検量線は、もちろんパソコンで引きます。また、サンプルの測定も、一回だけではなく、数回測定して、平均値を去る必要があります。

 化学反応は、バラツキマセン。しかし、生物のサンプルは、個体差があるので、最低3回は測定して、平均と標準偏差を示します。例えば、血糖値を測定するときに、血液中のグルコースの測定は、ばらつかないので1回で十分。しかし、A、B、Cサンそれぞれの値は異なるので、ヒトの血糖値となると、最低3人は測定しなければなりません。
 同じサンプルを測定して、値がばらつくのは単に腕が悪いだけです。学生だと5%程度、慣れると2%以内、分析のプロだと0.5%の誤差でもウルサク言います。
データがばらつく原因を考え、検量線とサンプルの測定回数を決めてください。

>無理やり線でつなぐのかなと思っているのですが
測定した点をつないだりしているのでしょうか。それはヤリマセン。昔は、測定した点の近くをなるべく通る直線(場合によっては曲線)を、慣れを頼りに引いていました。今ではパソコンがあるので、回帰式を出します。これが検量線になります。最近は、機器に検量線を自動的に描き、濃度まで計算しているのが、普通です。
 回帰式の相関係数が、0.98以上あれば信頼していますが、0.95だとやり直すかどうか迷います。

 検量線を引くための標準液は、0を含めて、6点取っています。標準液を調製しやすいように、例えば、0、1、2、3、4、5 mg/mlなど。これを5点検量(0は、普通対照に利用するので)と称しています。4点の場合もあります。
 基本は、グラフを書いて、1点がヅレていたら、それは無視して検量線を引く。2点ズレテイタラ、こりはヒドイので、やり直す、と言うのが教科書です。

 正確にするために検量線を2連(2回)して、その平均を取る、というバカな教えをする教員もいますが(それなら、2連より10連、10...続きを読む

Q血液の染色法のライト染色なんですけど・・・

血液の染色法のライト染色なんですけど目的ってなんですか?何を染め、そして陽性だと何が分かるんですか?

Aベストアンサー

血液中の白血球を分類するために行う染色法の一つです。無染色のままでは種類分けができないのです。
白血球にはリンパ球、好中球、好塩基球、好酸球、単球の五種類があります。白血球が増えている場合に百個または二百個中のそれぞれの白血球の割合を調べることによって、増えたことの原因を特定することができます。
陽性とか陰性の判定をするものではありません。

増えたことの原因として何が考えられるかにつきましては下記サイトをご参照ください。

参考URL:http://www.shimonagaya.com/haemogram.htm

Qスルホサリチル酸法の測定原理

こんばんわ。

実は、スルホサリチル酸法の測定原理と試験紙法の測定原理を調べているのですが、ネット上でどこを探しても見つかりませんでした。

どなたか教えていただけませんか。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

下記参考URLなどによれば、

 スルホサリチル酸法:
  スルホサリチル酸と蛋白質が反応することで生じる沈澱を利用した比濁法
 試験紙法:
  pH指示薬テトラブロモフェノールブルーの蛋白質共存下での変色点変化を利用した比色法
  (本来の変色域:pH3~4→蛋白共存:pH2~3)
  (pH3で緩衝された試験紙が蛋白なしで黄色に、蛋白ありで青色に呈色)

、とのことです。


pH指示薬の変色点が変化するのは、それが蛋白質と結合することによると思いますが、それがどんな反応なのかはわかりませんでした。
(共有結合をつくるのか、電荷移動錯体をつくるのか・・・)

参考URL:http://www.hamt.or.jp/KENSA/VISITOR/TEST/U&S/u-tp.html

Q酵素の反応速度論

酵素の反応速度論についての実験をしました。Lineweaver-Burk plotやHanes-Woolf plotで解析し、Vmax,Km,Kiなどを求めました。
実験中は実験をただ進めることに集中してしまい、考えていなかったのですが、これら(Vmax,Km,Ki)の値から、酵素についての何が分かり、それを酵素科学の研究などにおいてどのように活用できるのでしょうか?どなたかご教示ください。よろしくお願いします。 

Aベストアンサー

エンドポイントアッセイ(終点分析法)は目的成分と試薬を反応させて、全てを生成物に変化させたあと、吸光度の変化総量を測定して、目的成分を定量する方法です。エンドポイントに達するまでの時間は、Km値が小さく、Vmaxが大きいほど短くなります。

レートアッセイ(初速度分析法)は目的成分と試薬を反応させて、その反応が進行しているときの速度を単位時間当たりの吸光度変化量として測定し、目的成分を定量する方法です。レートアッセイは1次反応領域で吸光度変化を測定するので1次反応領域が大きい方が適しています。従って、Km値が基質濃度より十分大きい必用があります。一般的に1次反応領域は[S]≦0.05Kmです。ゆえに、レートアッセイは全ての酵素で成立するわけではありません。また、用手法での測定は困難なので、自動分析法で使用します。

自分が知ってるのは医学の分野だけなので、知識に偏りがあるかもしれません。お役に立てればいいのですが…

Qオキシダーゼ反応ってどんなのでしたっけ?

細菌の同定に用いるオキシダーゼ反応ってどんな反応ですか?

手持ちの本に載っていなかったので教えてください。
たしか、細菌を2分する視標だとおもったんですけど。

これが陽性の菌と陰性の菌で何か違いがあるのでしょうか?

Aベストアンサー

細菌の同定に用いるのに「カタラーゼ反応」があります。
コロニーに過酸化水素水をかけて酸素の発生の有無を調べるやつです。
見当違いならすみません。


人気Q&Aランキング