いま、私はうつ病と全般性不安障害で週1で代々木にある病院に通院しています。大学に籍を置いてはいますが、起き上がるのも辛く通えていません。精神科医には4年ほどお世話になっています。

最近になって初めて医療費に負担減(32条)や障害者年金等に存在を知りました。しかし、ネットで色々調べてみてもよく把握できず、地元の役所に伺っても、32条と障害者年金等では担当者が違ったりする様で、トータルで理解してる人が居ない様で、明確な回答が返って来ませんでした(親切ではありましたが)。

一生懸命汗水垂らして頑張っておられる方々には申し訳ないのですが、母子家庭(親元は離れてますが)で苦しい生活してますので、可能な限りは援助受けたいと思っております。

受けられる可能性のあるサービスが何でどの程度のものか、教えて頂けたら幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

32条も障害年金も申請に際し医師の診断書が必要ですので、医師への相談は必須です。


その相談に際し、医師が図々しいと思い、その後の治療で冷たい対応を取ることは
ありません。
通われている病院に「ソーシャルワーカー」or「精神保健福祉士」がいれば、その人に相談することも可能です。
いずれにしろ、精神科に32条、障害年金の相談は付き物ですので、冷たい対応をとる
病院はないと思います。

ただ、32条については、現国会にて審議されている障害者自立支援給付法(仮称)が
成立すると廃止されるので、お早めの申請をおすすめします。
ちなみに32条の有効期間は2年間で、自己負担は総医療費の5%となります。

障害年金は制度変更の予定はないので、まず32条の方を申請し、その後取り組まれるのがよろしいかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。32条はこの秋にでも変更になるのではと言われてるようですね。ご指摘のように早めに医師に相談してまたいです。障害年金はどの程度の症状で何級とかわかりやすい基準でもあると助かりますね。医師から言わないという事は、自分の症状は該当しないのか、などと考えてしまします。

お礼日時:2005/04/21 02:41

#2です。


年金については、うつ病で実際に支給された方の体験HPがあります。(参考URLに示しました。)

実際の診断書等もありますし、よくまとめられているので大変参考になると思います。

参考URL:http://tebu2.hp.infoseek.co.jp/nenkin/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

2度の回答ありがとうございます。こういう経験者のお話は大変ありがたいです。精神病の患者は、病気による苦しみのほかにも、経済的な不安、周囲の偏見・無理解等々で本当に辛い立場におかれて、些細なことで傷つけられて居り、言いたい事も言えない状態に追いやられていると思います。ですのでこういった経験者を読むと少しホッとします。経験者の方は是非積極的に発言して頂きたいですね。

お礼日時:2005/04/21 23:10

32条は精神科通院医療費公費負担制度と言って、精神科に通院していれば比較的受けやすいのですが、精神障害者年金については、結構厳しいみたいです。


私も32条は適用されていますが、障害者年金は受けていません。
障害者年金の等級については、下記のURLを参考にしてみてください。

参考URL:http://www.hosp.go.jp/~kamo/seido/techo00.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。参考URL的確に記述されてますね。助かります。初診から6ヶ月以降のようですね、申請可能なのは。僕の場合、去年の4月から今年の2月まで見てもらった病院では、医師はあまり話をせず、薬を処方しだけ、しかし僕にはその薬が効果を示さず、そのためこの期間殆ど寝たきりの生活をしてました。その後心理療法士の勧めにより、病院を替え今に至ってます。それ以前も、薬の処方だけで、2~3年通院してました。この期間はどう判断されるのでしょね。失った時間が多すぎて絶望してます。

お礼日時:2005/04/21 06:41

私は第32条を摘要されています。


現在は就労しており、病状も極めて軽度です。
私がなぜ第32条の適要を受けられたか説明
いたします。私の通院している心療科は私の
知人です。当時私は無職で収入も無く、困窮
しておりました。適用は平成16年の10月
頃からです。第32条の適要は医師からの進
めです。自分自身そのような制度があること
をしりませんでした。医師側から善意でもち
かけられたものでした。手続きは医師側で用
意してもらい、役所に書類を持っていくだけ
で摘要されました。その時の役場の対応は、
障害者認定より第32条の摘要のほうがしや
すく、はいはい、そうですか程度の応対です
べてしてくれました。その時のメリットは、
自己負担金がゼロというものでした。しかし
今は制度が厳しくなり、適要も難しく、自己
負担もゼロではなく、5%(厳密な数値はし
りません)くらいの負担しなくてはなりませ
ん。一度、経済状況を医師に告げて第32条
の適要をたのんでみてはどうですか?
今はかなり難しいようですが、話してみない
と進展はしないと思います。
ちなみに、第32条が適要されるとほぼ永遠
に適要されるようです。
障害者年金についてはよく知らないのでお答
えできませんが、受給は第32条より難しい
と思います。
あまり参考なならなくて申し訳ありません。
物事が良い方向に進んでいくことを願って
います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご丁寧な回答ありがとうございます。初めての利用だったので回答あるのか不安でしたので、うれしかったです。嫌な顔されたらどうしようとか考え、医師に言い出しにくいのですが、思い切って32条について頼んでみようと思います。障害者年金についても、担当医さんが詳しいと助かります。図々しいとか思われ、その後の治療で冷たい対応取られないか、といった不安がありますが・・。

お礼日時:2005/04/20 21:02

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング