はじめまして。私は29歳になる男性です。大学卒業後、大手スーパーに入社し、そのうちその仕事が認められて責任のある仕事に就かせていただきました。その頃からプレッシャーも大きくなりうつ状態になり病院に行き、薬を飲みながら仕事をしていました。しばらくして地方への転勤が決まり、体調が良くないのとこれ以上上司に迷惑はかけられないと思い病気のことを言わずに退職しました。それから1年後、営業職に就き仕事をしようとしましたが上司のパワーハラスメントにあってまた体調を崩してしまい2ヶ月で退職してしまいました。それからすぐに大手スーパーに入社しました。しかし以前いたスーパーと違ってシステムも違うし、給料も思っていたより少し下がってしまいました。それからです、また、体調を崩し薬を飲みながらやっと仕事をしている状況でした。そして、いつも最初のスーパーをやめなければ良かったとうじうじ思うようになり、生きているのも辛くなりました。そして、休職をしました。そして復職しましたがやはり体調が戻らないのと前のスーパーのように活躍できないもどかしさから退職してしまいました。
現在、家が建材関係の仕事をしているのでそれに関連した職業訓練校に通っています。体調の方は完全ではないです。そして、未だに最初のスーパーを辞めなければよかったと後悔の日々です。体調のことを考えると家を継いだ方がよいと思うことがあります。でも、あまり家の仕事に興味はありません。しかし、長男で両親も70歳代なので将来のことを考えると継がなければならないのかとも思います。そして、宙ぶらりんの無職という状態が自分でも許せません。本当は友達みたいに元気にサラリーマン生活をするのが夢でした。しかし、体調のことも考えると無理なのかなと思い不安でたまりません。どうしたらよいでしょうか。アドバイスをよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

こんばんは。


短大卒業後入社した会社に今も勤め続けている30代も後半の女性ですが、やはり不安な毎日を送っております。全然回答にはならないかとおもいますが、感じたことを述べさせて下さいませ。

大手スーパーにて責任ある仕事に就くことができた、退職一年後に営業職へ、そして再び大手スーパーへと2度も転職に成功された、ということだけでも私は質問者さんを尊敬いたします。元々実力のあるかたであるが為に、最初の辞職に対する後悔の念に苛まれ、現在の宙ぶらりんな状態のご自分をを認めたくないという悔しい思いを人一倍なさっているのではないでしょうか。しかし後悔しても時間は逆戻りしてくれません。また、サラリーマン生活も、定年まで上司の顔色を伺いつつ同僚達と戦いながら小さな世界で生き延びる為には、仕事だけでなくある程度世渡り上手さも必要ですし、色々大変ですよね。

でも、質問者さんはまだまだお若いですよね。うらやましい限りです。ですので、職業訓練校に通いながら、体調を整えながら、どうしてもお家を継ぎたくないと思えてきたならば、辞められて興味の持てる資格取得や就職活動をなされたら良いかと思うのですが、いかがでしょうか。
あまり思いつめないで、お体大切になさって下さいね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。ぜんぜん回答になってないことはありませんよ。温かい言葉に励まされます。kijitoranekoneko様も不安に思っているのですね。僕はここに相談して自分だけが悩んでいると思っていましたが多くの人が悩みながら頑張っているのを見てこの困難を乗り越えられるような気がしてきました。kijitoranekoneko様も体調にはお気をつけください。温かいアドバイスありがとうございました。

お礼日時:2005/04/24 14:18

ANo.2 takoshima です。



--------------------------------------
病院の方なんですが今、薬をいただいて睡眠もしっかりとれています。
ただ、仕事をするとなると出来るかどうか不安です。
>極端かもしれませんが、元気になって、最初の大手スーパーへの再就職を考えてもよいのではないでしょうか?
というアドバイスには驚きました。そういう考えもあるんだなと。
いろいろとアドバイスしていただきありがとうございました。
--------------------------------------
どういたしまして。

「大手スーパーに入社し仕事が認められて責任のある仕事に就いた。」
「地方への転勤が決まり、体調が良くないのとこれ以上上司に迷惑はかけられないと思い病気のことを言わずに退職した。」
のことなので、体調が良くなればそういうのも良いと思ったのです。
" 責任のある仕事に就いていた " のであれば実績もありますし、train707様のやる気が伝えられれば、良い方向にいくかな?
というわけです。
ただ、
「"出戻り"ということになるので、会社によっていろいろ考えも違うと思いますので...」
一応、そのことは肝に命じておいてください。

私がいた会社は、出戻りの多い会社でした。田舎ということもありましたが、評判が悪かった人も出戻りして、グループリーダー
になちゃってたりしてましたよ。
就職活動をしてわかったのですが、福利厚生が整っており、田舎のわりには普通の給料ですし、気楽な感じもしますし、
まぁ...出戻りの気持ちもなんとなくわかりました。


「仕事をするとなると出来るかどうか不安です。」
ですが、人それぞれ、大なり小なり不安を抱えているものでしょうし...
体調を整えながら、マイペースで行きましょうよ。

と...自分にもいい聞かせてます。

この回答への補足

最初の会社は出戻りできないことを思い出しました。辞める時、上司から一回辞めてしまうと何があっても戻れないよと引き止められたことを思い出します。

補足日時:2005/04/26 21:55
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度の回答ありがとうございます。最近も最初のスーパーにいた頃のことを思い出し、辞めなければよかったと思うと同時に今の自分の不甲斐なさに嫌気がさしてしまうときがあります。しかし、結局はいつかは家を継ぐが継がないか結論を出さなければならない時が来ることを思うと少しだけそのときが早まったと考えるようになりました。今すぐに結論を出すのは出来ませんが体調のことも考えたとしても今年中には結論を出さなければと思っています。焦り過ぎですかね?ぼちぼちやっていこうと思ってますが。takoshima様も就職活動をされているようですがどうでしょうか?takoshima様にとって最良の結果になるように陰ながら応援しています。アドバイスありがとうございました。

お礼日時:2005/04/26 22:13

私は現在37歳で、29歳のとき重度の鬱病を発病して、今も治療中での者です。

ですが、病気も随分よくなり、3年前からアジアの開発途上国の現地法人の管理部門長として、何とか働いております。

鬱病時における注意点の大原則として、重要な決定は先送りするという点があります。残念ながら、ご質問者さまは最初の会社を退職してしまったんですね。

私の経歴を下記に記します。

23歳 大手ゼネコン入社
25歳 東南アジア現地法人管理部門責任者とし赴任
29歳 鬱病発病
~  休職・復職を繰り返すこと4度。合計2年半自宅療養
33際 最後の復職
   結婚
34歳 大手製造メーカーに転職
   南アジアの現地法人に管理部門長として赴任後現在   に至る。(37歳)

私も迷惑をかけるので、何度も会社を辞めようと思いました。その度に主治医から自分から辞める必要はないと言われ、もっと図太く行きなさいとも言われました。その度に診断書を書いて休職して療養するように言われました。(当時失業率の高いなかで、メンタル系の病気での離職とその後の再就職の困難さを熟知した言葉だったと思います。)

それが、4度の休職・復職となると、もうどうでもいいやと開き直り、会社が解雇するまで辞めないと決め、復職中も1日ぶらぶらしてました。仕事もしましたが、全くやり気もないし、集中力もなくミスの連発でした。

入社2年で海外赴任に抜擢されたことは遠い、昔の話でした。でも、何故か解雇はされませんでした。

休職中は、比較的体調の良いときは、弟の内装業の手伝いをし、会社勤めともおさらばしようと思いましたが、長年サラリーマン生活をしてきた私には、体力仕事と職人として一人前になることが、それほど簡単なことではないと悟り、また海外で働けるサラリーマンに復帰したいと強く望みました。

結果、数年の闘病後、身体も回復してきましたが、休職中は昇給も昇格もなかったので、結婚して生活にも困っていたので、新天地を求め失業率過去最高5.7%といわれるなか、上場3社から内定をとり、転職しました。条件は前の会社より全てよい条件でした。休職・復職は繰り返しましたが、最初の会社に席がずっとあったので、履歴書には、休職の事実を伏せたので、経歴には傷はつきませんでした。

今の海外赴任も順調ではありませんでした。上司のパワハラや業績が悪く、仕事が辛いので何度も辞めようと思いましたが、何とか踏ん張って任期3年を満了しようとしています。

私の成功自慢話はいいとして、建材関係の仕事を継ぐのも、一国一城の主であるわけで、自分のやった結果が全て自分に返ってくるという、サラリーマンとしてしか生きられないと思った私には魅力ある仕事だと思いますよ。

また、元気にサラリーマン人生も歩むのもよしです。終わってしまった過去のことを思い出して、くよくよするのも鬱病の大きな症状の1つです。

とりあえず、建材の仕事は家業なので、ひとまず、リハビリがてらに行い、その後体調もよくなり、またサラリーマン生活をしたくなったら、35歳くらいまでは、経歴書をちょっとごまかせば、またサラリーマンとしてもやっていけると思いますよ。

頑張って下さい。それと、薬だけは、どんなことがあっても主治医の指示通りに服用してください。治ったと思っても、しばらくは続けないと、再発してしまったら、元も子もありませんので。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。otori-keisuke 様は海外で働き、体調の悪い時も会社を辞めず、現在も治療中にも関わらずお仕事を頑張っていらっしゃるということを尊敬いたします。僕も焦らず、体調を整え今後のことを考えていきたいと思っています。アドバイスありがとうございました。

お礼日時:2005/04/24 14:26

はじめまして。


昨日この質問を目にしました。この質問に対して、昨日からずーっと考えていました。
まず、私の近年の状況ですが、私もうつ病です。
-------------------
平成13年に発病。
平成14年は一年間休職。
平成15年は2~3ヶ月おきに休職。
平成16年10月に会社規則により退職。
-------------------
現在は無職です。2ヶ月前からやっと動けるようになり、少しずつですが、就職活動を開始しました。
年齢は、train707様より10歳ほど年上です。


train707様は、真面目で頑張り屋さんと感じました。
家庭のこともあるので、あまり参考になるかどうかわかりませんが、書かせていただきます。


> 現在、家が建材関係の仕事をしているのでそれに関連した職業訓練校に通っています。
> 体調の方は完全ではないです。
とのことですが、現在、通院されていますか? 薬は服用されているのでしょうか?
まず、通院されて、薬を服用されることをお勧めします。
また、睡眠はとれているのでしょうか?
寝られていないのであれば、主治医と相談の上、睡眠薬の服用を検討されてはいかがでしょうか?
うつの症状については、以上のことが気になっています。


仕事のことですが...それぞれの家庭により事情があると思いますので、なんとも言えませんが...
> 家が建材関係の仕事をしていて長男で両親も70歳代なので将来のことを考えると継がなければならないのかとも思います。
とのことですが、一人で悩んでいるのですか?
もしそうでしたら、両親であっても個々の人間ですので、将来について両親と一緒に考えてみてはいかがでしょうか?

それと、経緯をまとめますと。
---------------------------------------------------------
大手スーパーに入社し仕事が認められて責任のある仕事に就いた
うつ状態になり病院に行き、薬を飲みながら仕事をしていた

地方への転勤が決まり、体調が良くないのとこれ以上上司に迷惑はかけられないと思い病気のことを言わずに退職した

1年後、営業職に就き仕事をしていたが、また体調を崩してしまい2ヶ月で退職した

それからすぐに大手スーパーに入社した
以前いたスーパーと違ってシステムも違うし、給料も思っていたより少し下がってしまった

体調を崩し薬を飲みながらやっと仕事をしている状況になった
最初のスーパーをやめなければ良かったとうじうじ思うようになった
生きているのも辛くなった。

そして、休職した。
そして復職したが、体調が戻らないのと前のスーパーのように活躍できないもどかしさから退職した

現在、家が建材関係の仕事をしているので、それに関連した職業訓練校に通ってる
体調の方は完全ではない
未だに最初のスーパーを辞めなければよかったと後悔の日々

体調のことを考えると家を継いだ方がよいと思うことがある
家の仕事に興味はない
長男で両親も70歳代なので将来のことを考えると継がなければならないのかとも思う

宙ぶらりんの無職という状態の自分が許せない
本当は友達みたいに元気にサラリーマン生活をするのが夢だった
体調のことも考えると無理なのかなと思い不安でたまらない
---------------------------------------------------------
という感じですね。

将来のことは心配ですが、まず最初にやらなくてはならないことは、体調を整ましょう。
今の状態ですと、いろいろ考えても...自分を追い詰めてしまうことになってしまうと思います。
「宙ぶらりんの無職という状態の自分が許せない」 とのことですが、うつに対しては、何もしないで
いるのも有りと考えてください。"自分を責める必要はありません。"

また、過去のことは過去のこととして区切りをつけたほうがよいと思います。
「未だに最初のスーパーを辞めなければよかったと後悔の日々」
「以前いたスーパーと違ってシステムも違うし、給料も思っていたより少し下がってしまいました」
とのことですが、過去のことを考えたり、比較するより、まず、体調を整えることに専念してください。


まだ29歳ということは、これから今まで生きてきた以上に、仕事をしなければなりません。
先々心配は多いですが、うつでなくても皆心配なのです。
焦ることはないと思いますよ。ゆっくり、一歩一歩進んでいけばよいのです。
極端かもしれませんが、元気になって、最初の大手スーパーへの再就職を考えてもよいのではないでしょうか?
実績はあるのですから。

うまく書けませんでしたが、健康第一でいきましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。takoshima様もうつ病で今失業されているということでいろいろとご苦労なこともあるかも知れませんが、僕も失業中なのでお互いに焦らずやっていきましょう。さて、病院の方なんですが今、薬をいただいて睡眠もしっかりとれています。ただ、仕事をするとなると出来るかどうか不安です。
>極端かもしれませんが、元気になって、最初の大手スーパーへの再就職を考えてもよいのではないでしょうか?
というアドバイスには驚きました。そういう考えもあるんだなと。いろいろとアドバイスしていただきありがとうございました。

お礼日時:2005/04/24 14:08

こんにちは


 モラトリアムの最後のチャンスを迎えている。僕も
あなたと全く同じ状態ですから、お気持ちは良くわか
る気がします。焦りますよね。

『体調が悪いのはうつが残っている事と、ご自分の
環境適応能力の発揮のおかげ』と申し上げます。

 うつはなかなか治った事が実感しにくい病気です
よね。僕もそうでした。僕はせっかちなので、お!
ついに治ったか?と思って積極的に行動しようと
「意識的に」した。でも、それはも単に波が上だった
だけで低くなったらウツが顔を出す。そんなことを
3,4回繰り返しました。波があがっている時は、
ウツ病が発病する前より元気な事さえありますよね?
でも、そこで様子を見る事が大切なのです。そして
それは何回も気をつけなければならないから、ウツの
完治には時間がかかるのだと、僕は経験上感じて
います。
 焦りは禁物です。あと、薬を飲みながら5割ぐらい
のペースで仕事や勉強等を行うリハビリ期間も長めに
考えた方がよいです。とにかく、うつはあと一歩と
感じられるようになってからが、もたつくのでそれに
イライラすると僕のように焦ってしまいますよ。

 もう一つ、僕はウツを再発させてしまったのですが
(介護現場にて、職員間の人間関係と疲労蓄積で)
重くならずに済みました。何故か?それはストレスに
打たれ弱くなっているからです。すなわち、過度の
ストレスがかかると「命の危機さえ招く事」をあなた
の体が学んだのです。僕はうつを乗り越えた後、
攻撃的になった、前向きになった、大雑把になった、
自分を頼るようになった、などなど・・・になりまし
たが、どれもよくよく考えてみると、うつにはもう
なりたくない気持ちが働いています。(詳細省略)
ですので、うつから学べる事は本当に多いです。希望
をもって大丈夫です。うつは必ず治ります。

 ある年の11月。僕はふと空を見上げました。「空
って青いなぁ。綺麗だなぁ。」つぶやいていた。
すべて「自然と湧き上がった気持ちや行動でした」
そんな日があなたにもきっと来る。僕はそう思います
よ。僕もうつが残っているので、気をつけたいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます。hamontukai さんも同年代と書いてあったので心強いです。僕も将来のことを考えると憂鬱になりますが、今を一生懸命楽しめるように考えて行きたいです。お互いに焦らずやっていきましょう。

お礼日時:2005/04/21 20:16

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング