看護師、調理師、理学療法士、歯科衛生士、消防士、弁護士、理容師など、師と士が付く職業は多くありますが、これらはどのような理由で使い分けられているのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

簡単に言えば「士」は「資格をもつ者」という意味で


弁護士、公認会計士、税理士、代議士、設計士、建築士、栄養士、介護福祉士など。

「師」は「先生。人を教え導く人」の意味と
「専門の技術を職業とするもの」の意味があり、
医師、薬剤師、漁師、猟師、美容師、手品師、ペテン師、サギ師などにも使われます。

広辞苑にも載ってますし、HPで調べてもみるといいですよ。他の意味が聞きたかったのならすみません。
    • good
    • 2

No.2の方がうまく答えられていますが



「士」は、武士などのとおり、お上に仕える、といった意味もあります。

また、バスは運転手、電車は運転士だそうです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

まとめてお礼を申し上げさせていただきます。ありがとうございました。勉強になり感謝しております。

お礼日時:2005/04/26 00:11

「師」が使われるのはどんな場合で、「士」が使われるのはどんな場合とある程度傾向を整理することはできるかもしれません。

また、漢字の意味・由来から理屈をつけることもできるでしょう。しかし、それでは、かえって思い込みによる誤記の原因になりますので、次のように割り切った方が良いと思います。

「その資格・職業について定めている法律に、その字が使われているから」
    • good
    • 0

 こんばんは。



 下記のサイトはどうですか(5番です)。
 ついでに「○○司」の違いも載ってますよ。

http://www.kyoiku-shuppan.co.jp/kokugo/tebiki.ht …Q5 「・・・士」「・・・師」「

参考URL:http://www.kyoiku-shuppan.co.jp/kokugo/tebiki.ht …Q5 「・・・士」「・・・師」「
    • good
    • 0

士:男子。

特に、学問・道徳を修めた男子についていう。

師: 技術・技芸などを表す語に付けて、その道の専門家であることを表す。

学問か、技か、という違いだと思います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QJチャンネルに出ていた気象予報士の名前を知りたいんですが・・・

テレビ朝日で昨日の17:30~ニュース番組内で天気予報解説していた予報士の方はなんていうお名前なんでしょうか?

いつもアナウンサーとか予報士の名前と顔を一緒に覚えようとするんですが、天気図に気を取られてしまって上手くいかないんです。(>_<)

Aベストアンサー

確か「船木正人」さんだと思います。

Q看護士と看護師の漢字の使い分けを知りたいのです。

看護士と看護師の表記についてお尋ねします。
かんごしを漢字にて表記した場合、「し」の字の使い分けが知りたいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

まだ、看護師が看護婦と呼ばれていた時代に、男性が「看護婦」はおかしいということで男性は「看護士」女性は「看護婦」と呼ばれていました。
今は、男女とも看護師となっています。

参考URL:http://www.infosite.co.jp/nurse/10gatu/kanngosi.html

Q答弁書の担当弁護士に知らない名前が・・

今回の答弁書の担当弁護士に、これまでの担当弁護士の他にもう1名、
知らない名前が追記されていました。

担当弁護士とは定期的に会って相談していましたが、
追記されていたこの方は会ったこともなければ、
形式上(メールなどでも)追記されることも聞いたことがありません。


私の仕事上では、こういった知らない名前の者がいきなり出てくるような
ことはまずありえないし、まずは挨拶くらいは会って当然だと思うのですが、
弁護士の間では、こういうことはよくあることなのでしょうか?
なんとなく、部下なのかな?とは思いますが、実際にどういったことをしたのかすら知りませんし・・

Aベストアンサー

弁護士名は、通常は1つの弁護士事務所と契約して訴訟等の対応をお願いしています。

よく、1人しか話していないのに「弁護士名が2人」になっているということが多々あります。

これは、1人であれば弁護活動が「急病」「冠婚葬祭」等で出廷できない場合があっても、裁判所等へ弁護人として登録をしておけば問題なくピンチヒッターとして活動ができるからで、それによって弁護士費用が増加することはありません。

私も現在医療事故裁判で原告となっていますが、弁護士は最初の契約では2名でしたが、今現在は5名まで増えています。

Qこれらの言葉の使い方(使い分け)について

・愚昧
・愚鈍
・魯鈍
の三つの単語について教えてください。
辞書を引いた限りでは、三つとも同じような用法で使われるみたいなのですが
使い分ける場合、どういった判断基準で使い分けるべきなのでしょうか?
あと、これらの言葉は、普段、会話の中ではめったに使うことはないのでしょうか?(ある程度の知識人を相手とした場合)

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

おっしゃるように、似た意味で用いられます。しかし、回答としては相違点を挙げてみましょう。

「愚昧」
おろかでものの道理にくらいこと。
たとえば、明治の文明開化の世になっても頑なに合理的な思想を拒み、訓詁の学に終始する漢学者(これを(a)とする)。

「愚鈍」
頭の働きがにぶく、無知なこと。
用例の(a)は、旧時代的な知識や教養は持ってるが、いかにも古くさく、今となっては物の道理の分からない人ということである。よって、「愚鈍」というより「愚昧」であろう。

「魯鈍」
知能検査で、「普通人-魯鈍-痴愚-白痴」と分類していたそうだ。しかし、今どき「軽い知恵遅れ」などと口にしたら、舌禍事件になったりする。つまり、「魯鈍」は障がい者差別を連想させる言葉なので、ボキャブラリーから外しておく方がよい。

Qテニス三銃士の名前を教えてください!

 フランスのテニス三銃士の名前が出てきません。
 ラコステはそうですよね。
 フレッド・ペリーも入ってますか?
 ラコステ以外の二人の名前を教えてください。

Aベストアンサー

幾つか他にもページを見つけましたので、紹介しておきます。
四銃士のようですね。

参考URLの他にも、

http://www.ne.jp/asahi/hp/hanafusa/rghistory.htm

といったところが。

参考URL:http://neutron.elcom.nitech.ac.jp/member/h10/mkoba/www/devil/biograph3.html

Qこれらの読み方 これらの違いについて

閲覧 有り難うございます。

皆様は【日本】を『ニホン』と読みますか?それとも『ニッポン』ですか?
お札には『ニッポン』と有った気はしますし、バレーボールの応援で『ニッポン』と言っていることを、良く耳にします。また、外国人が【日本】のことを、『ニッポン』あるいは『ニッポン人』と言っていることも耳にします。『ニホン』と『ニッポン』、どちらが正しいのか気になっています。

また、『障碍者』と『障害者』はどう違うのですか?最近は『障害者』を『障がい者』と書かれるようにもなって来ました。
無知な私に教えて下さい。

私は理解力の乏しいところが有ります。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

すでに回答があるように日本の一般的な呼び方についてはざちらでもよろしい、固有名詞についてはきめられていれば決められている方。
国名は直接決めているものはないがローマ字表記されているものはNIPPONになっています。

障碍者と障害者は本来「障碍者」と書きますが「碍」の字が当用漢字(後に常用漢字)に採用されなかったので公文書等で使用できなくなりこの時に発音が同じで似た意味の「害」の字に置き換える事になりました。
その後「害」にマイナスイメージがあることからこの字を使用せず「ひらがな」で「障がい者」を使用することが増えてきました。

Qタワーリングインフェルノの消防士の人の名前は誰でしたっけ? 俳優さん

タワーリングインフェルノの消防士の人の名前は誰でしたっけ? 俳優さん

Aベストアンサー

Paul Newman。こっちも忘れたらあかんよ~。

この巨頭2人が出たため、裏方では色々と苦労があった。どっちをメインにするか、で。Newmanの方が年上だが、勢いはMcQueenだったのだろうか。日本ではMcQueenの方が人気があったので、格は上で宣伝等もされました。

Qこれらの疑問文受け答える時これらの答え方正ししか

これら疑問文を受け答えるときは、これらの答え方で正しいでしょうか
A
あなた「は」今どこにいる?
わたし「が」今家にいるよ。

B
人「は」飛ぶこと「が」できるか?

人「が」飛ぶこと「が」できません。
人「が」飛ぶこと「は」できません。
人「は」飛ぶこと「は」できません。

C
先生「が」そこまでするの「が」普通ですか?

先生「は」そこまでするの「が」普通です。
先生「は」そこまでするの「は」普通です。
先生「が」そこまでするの「は」普通です。


もし正しければ、
Aの会話文における
「わたしが今家にいるよ」と「わたしは今家にいるよ。」は
ニュアンス的にどんな違いがあるのでしょう?

Bの会話文における
「人は飛ぶことができません。」と「人が飛ぶことができません。」と
「人は飛ぶことはできません。」と「人が飛ぶことはできません。」は
ニュアンス的にどんな違いがあるのでしょう?

Cの会話文における
「先生がそこまでするのが普通です。」と「先生がそこまでするのは普通です。」」と
「先生はそこまでするのが普通です。」」と「先生はそこまでするのは普通です。」」は
ニュアンス的にどんな違いがあるのでしょう?

これら疑問文を受け答えるときは、これらの答え方で正しいでしょうか
A
あなた「は」今どこにいる?
わたし「が」今家にいるよ。

B
人「は」飛ぶこと「が」できるか?

人「が」飛ぶこと「が」できません。
人「が」飛ぶこと「は」できません。
人「は」飛ぶこと「は」できません。

C
先生「が」そこまでするの「が」普通ですか?

先生「は」そこまでするの「が」普通です。
先生「は」そこまでするの「は」普通です。
先生「が」そこまでするの「は」普通です。


もし正しければ、
Aの会話文における
「わ...続きを読む

Aベストアンサー

まず、「は」と「が」の基本的な用法を把握しておくと良いでしょう。
「は」は主題提示(または主題宣言)、「が」は動作や状態の主体の特定です。
他にも色々ありますが、この基本的な用法から敷衍されたものにすぎません。

A
<あなた「は」今どこにいる?>

(ア)
これは、「あなた」に関して述べますが・・・、という意味の構文になっています。
答える側は、「わたし」に関して述べる、という構文で返答する必要があるわけです。
・わたし「が」今家にいるよ。
は誤り。
・わたし「は」今家にいるよ。
と言います。

(イ)
<今、誰が家にいるの?>または<今、家に誰もいないの?>という質問であれば、
・わたし「が」今家にいるよ。
と言うことができます。

B
<人「は」飛ぶこと「が」できるか?>

(ア)
まず、A と同じく、「人」を主題にして述べている構文と解釈することができます。
この場合、「飛ぶことに関してはできない」というニュアンスにしたければ、
・人「は」飛ぶこと「は」できません。
と言います。
「できないのは飛ぶことだ」というニュアンスにしたければ、「できない」ということの主体を特定するために「が」を使って、
・人「は」飛ぶこと「が」できません。
となります。

(イ)
もうひとつ、「(飛ぶことが)できるかどうか」に重点を置いている、と捉えることもできます。
この場合、「人」は主題ではなく、「飛ぶ」という動詞の主体と位置づけられますから、
・【人「が」飛ぶこと】「は」できません。
という表現になります。
【人「が」飛ぶこと】が主題として提示されているわけです。
質問自体は「人は」ですから、「人は~」で返すのが普通ですが、人について述べるというより、飛ぶことができるかどうか、に重点を置いた質問である、と聞き手が解釈した場合、このような構文になります。
・【人「が」飛ぶこと】「が」できません。
という表現もできます。
これは、まず「できない」ということを言いたい文です。
何が「できない」のか、と言えば、その主体は【人「が」飛ぶこと】です、といったニュアンスになります。
猛吹雪でジャンプ競技が中止になる場合などが想定できるでしょう。
「なんで中止にするんだ」
「この吹雪では、人が飛ぶことが出来ないからです」
その時々のシチュエーション次第で、どの表現も可能です。

C
<先生「が」そこまでするの「が」普通ですか?>

この文の骨子は「普通ですか?」です。
「普通」という状態の主体を、「が」を使って、『先生「が」そこまでするの(こと)が』、と特定している構文になります。
(ア)
まず、<先生「が」そこまでするの(こと)>を、確定した事柄と判断して答える場合です。
『先生「が」そこまでするの(こと)』についての質問ですから、それを主題として提示しつつ答えるのがもっとも自然であり、
・先生「が」そこまでするの「は」普通です。
となります。
相手の言ったことを鸚鵡返しに繰り返して、疑問詞「か」だけを削除することで答えにすることもできます。それが、
・先生「が」そこまでするの「が」普通です。
です。

(イ)
次に、「先生というものは」のように主題提示して、自分の意見を述べたい場合です。
相手の定めた、『先生「が」そこまでするの(こと)』という構図を一旦崩し、「先生(というもの)は」と、新たに主題提示し直すわけです。
その後、「そこまでするの(こと)」も主題として扱いたければ、
・先生「は」そこまでするの「は」普通です。
のように言います。
一文で、主題が2度提示されていることになりますが、最初の主題「先生」の範疇で述べていることになります。
「先生というものは、それで普通なのだ」と、あくまで先生について述べたい意図の場合は、
・先生「は」そこまでするの「が」普通です。
となります。

どの文も、主題提示の「は」で示されるものに最も重点が置かれていることになります。
最後の例文、
・先生「は」そこまでするの「が」普通です。
の場合、先生について述べることに最も重点を置いていることになります。
その範囲内で、「(先生にとって)普通なのは、そこまですることだ」と述べている構図です。
「は」がひとつも無い文の場合は、「が」に続く述語部分に、その都度、重点が置かれることになります。
逆に「は」が複数ある場合は、最初の「は」で示されているのが最も中心的な要素になります。
  

まず、「は」と「が」の基本的な用法を把握しておくと良いでしょう。
「は」は主題提示(または主題宣言)、「が」は動作や状態の主体の特定です。
他にも色々ありますが、この基本的な用法から敷衍されたものにすぎません。

A
<あなた「は」今どこにいる?>

(ア)
これは、「あなた」に関して述べますが・・・、という意味の構文になっています。
答える側は、「わたし」に関して述べる、という構文で返答する必要があるわけです。
・わたし「が」今家にいるよ。
は誤り。
・わたし「は」今家にいるよ。
...続きを読む

Q弁護士の名前にアメリカでつけるべきprefix 

弁護士の名前にアメリカでつけるべきprefix(Mr. Dr. など)がありましたら教えてください。

Aベストアンサー

米国の弁護士との通信や交渉を何度かやってきているものです(米国での裁判・仲裁経験もあります)。

No.2のかたのいわれるように Esq. (Esquire)ですね(used as an honorific usually in its abbreviated form, especially after the name of a lawyer)。Paul Churchill, Esq. という書き方で(スペルアウトしたものは見たことありませんが)、例えば文書のcc先や手紙の宛名のときに書かれたりします。もちろん、Mr. も多いですが。もちろん、話すときに、Paul Churchill, Esq. という表現は聞いたことがありません(あくまでも文書での「弁護士であることを示唆するための言葉担っている感じです)。「彼は弁護士です」は He is a lawyer. He is an attorney(at law までは聞いたことなし). He is a counsel (to ABC company) で、He is an esquire.は聞いたことも読んだこともありません(この表現だと「英国貴族」のように取られるのでは?よって、そういわないと思います)。弁護士への呼びかけは、最初紹介されたら、後はfirst nameが普通です。

ついでに、米国の弁護士の名刺はLawyerでなく Attorney at Lawがほとんどです(弁護士とは5名くらい知り合いがいて、知り合った人は10名くらいになりりますが、Lawyerと書いてある人は皆無です)。日本では「先生、先生」といってますが、あくまでも法律アドバイスを行うビジネスプライヤーの一人、といった感じですね。でも、弁護士はそれなりの社会的位置づけですね、米国でも。

米国の弁護士との通信や交渉を何度かやってきているものです(米国での裁判・仲裁経験もあります)。

No.2のかたのいわれるように Esq. (Esquire)ですね(used as an honorific usually in its abbreviated form, especially after the name of a lawyer)。Paul Churchill, Esq. という書き方で(スペルアウトしたものは見たことありませんが)、例えば文書のcc先や手紙の宛名のときに書かれたりします。もちろん、Mr. も多いですが。もちろん、話すときに、Paul Churchill, Esq. という表現は聞いたこと...続きを読む

Q「参加」と「参画」、「食事療法」と「食餌療法」

最近、ニュースなどで目にするようになった「参画」や「食餌療法」などの表記の仕方は、いつごろ使われだしたのでしょうか?私が子供の頃は確実にこんな表記はありませんでした。

なぜ言い換えが必要になっているのでしょうか?パソコンの変換もでてこないし… 

個人的には前の書き方の方が意味が伝わりやすいような気がするし、(慣れてるせいもあるでしょうが)「食餌療法」なんて字面的になんか
「なに食わされるんだろ…」
って感じしません?「餌」って…。。。

それとも全く別の意味とか?

言葉の事情にお詳しいかた、ご存知でしたら教えて下さい。

Aベストアンサー

まず、
参加……仲間に加わること
参画……計画や立案に携わること
で、関わり方が異なります。

あと、「食餌」は、「病気の時の食べ物」や「医療の立場としてみた際の食べ物」という意味があるようです。

あと、「餌」に、「動物の食べ物」という意味をつけたのは、日本の独特の使い方で、本来の漢字の意味では、「軟らかい食べ物」ということのようです。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング