CODを測定する試料水に硝酸銀水溶液と硫酸を加えます。存在する有機物を酸化する為に必要量より過剰の過マンガン酸カリウムを加え,加熱。そこに過剰量を還元させるために必要な量より過剰のシュウ酸ナトリウムを加え,この過剰量を過マンガン酸カリウムで逆滴定します。これが普通なんですが,この操作を簡略化し最初の過マンガン酸カリウムの過剰量をいきなりシュウ酸ナトリウムで滴定するといけないようなのですがなぜなんでしょうか?

考えられること
【その1】通常のやり方で計算すると最初に消費した過マンガン酸カリウムの量と最後に滴定した過マンガン酸カリウムの量が同じになるので計算が楽。(過マンガン酸カリウムとシュウ酸ナトリウムの規定度と加えた量が同じ場合。)
【その2】通常のやり方の方が滴定の際,色が見やすい。
【その3】省略するとpHの関係から水酸化物かなんかが沈殿する?
【その4】何らかの理由でCODがうまく測定できない。

それと,シュウ酸ナトリウムを使うのもポイントなんでしょうか?別に水酸化ナトリウムのような強塩基でも良いのでしょうか?

分かる方いましたら教えてください。よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 酸化反応させると過マンガン酸の還元物質である二酸化マンガンが、かなり生成します。


 この二酸化マンガンにより、滴定に以下の不都合が生じます。
(1)二酸化マンガンと蓚酸の反応速度が遅い。
 反応が遅いと滴定Overし易いです。
 最初に100℃で過マンガン酸と反応させた余熱を利用して過剰蓚酸と反応させます。
(2)二酸化マンガンの茶褐色により終点の変色が判別できません。
 以上のため、過剰蓚酸で還元して溶液を透明にしてから、再度、過マンガン酸カリ溶液で滴定します。
 終点の変色判別は、「着色→無色」よりも「無色→着色」の方が簡単な事も、この操作方法が有利な理由の一つだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

おお!これぞ正に求めていた回答です!

なるほど,二酸化マンガンによって還元する速度が遅くなるというのは知りませんでした。確かに,反応が遅いと滴定オーバーしてしまいますね。それと,やっぱり滴定の色の変化ってのはあってたのですか。

大変参考になりました。本当にありがとうございました。

お礼日時:2005/04/23 15:09

>この操作を簡略化し最初の過マンガン酸カリウムの過剰量をいきなりシュウ酸ナトリウムで滴定するといけないようなのですがなぜなんでしょうか?


 いけないと思われた根拠は、なんですか。それに、書き込まれた方法では、過剰しか出てこず、計算が困難です。

1)サンプルに、硫酸加えて酸性にし、一定量の過マンガン酸カリを加え、加熱して、サンプルを酸化する(過マンガン酸カリが消費される、不足の場合は、一定量を追加)
2) サンプルが冷えたら、残っている過マンガンカリウムをシュウ酸で滴定する。
 これが、普通の操作で、書き込まれたような面倒なことはしません。

>それと,シュウ酸ナトリウムを使うのもポイントなんでしょうか?別に水酸化ナトリウムのような強塩基でも良いのでしょうか?
勘違いをなさっています。シュウ酸ナトリウムは、中和でなく、過マンガン酸カリの還元のために用います。NaOHでは、還元できないのでは。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答していただいてありがとうございます。

いけないと思ったのは,幾つかの本にこのやり方が載っているからです。なぜこうしなきゃいけないんだって感じたもので。

それと,一番最後のは勘違いしていました。ありがとうございました。

お礼日時:2005/04/23 15:02

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QCoDゴーストの推奨スペックを教えてください

CoDゴーストを友達とする事になり先日予約をしたのですが、CoDゴーストの推奨スペック、最低スペックがわからずキャンセルしよか悩んでいます。

いざとなれば最悪はグラボを買い替えようと思ってるのですが、ゲーム以外の用途で便利なのでノートPCを購入予定でして、あまりお金を使いたくありません。

そこでお聞きしたいのですが、CoDゴーストの最低スペック、推奨スペックはどの程度なのでしょうか?
BF4はGTXの660が推奨スペックだと聞き、今までのCoDとBFのスペックを見る限りCoDはそこまで高くならないかな?と考えているのですが、どうでしょうか?

設定は最低設定にするつもりです。

回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

まだ発表されてないみたいですね。

まあ、予約しなくても買えるだろうから心配ならキャンセルしたら?

Q酸化還元滴定法のよる、過マンガンカリウムとシュウ酸ナトリウムについて

過マンガンカリウムは不安定な物質なので、シュウ酸ナトリウムから2次ファクターを求める実験をしたのですが、過マンガンカリウムの0.1Nの水溶液をビウレットに入れて滴定するとき、シュウ酸ナトリウム0.1Nの溶液を10mlを秤り取り、50%硫酸を加えるのですが、硫酸を10ml加える理由は何でしょうか?

シュウ酸ナトリウムに水素はないので脱水目的ではないと思いますが、溶液を酸性にするためでしょうか?
しかしシュウ酸ナトリウム自体がすでに酸性だと思うので、それも違う気がします。

過マンガン酸カリウムを還元させるときに発色を促進したり反応を早めたりするためとかでしょうか?

Aベストアンサー

過マンガン酸ナトリウムは強酸性でないとMn^2+にまで還元されません。
シュウ酸だけではプロトン数は不足します。
詳しくは、大坂教育大学付属天王寺高校 岡博昭先生のページ、↓をご覧下さい。
http://www.tennoji-h.oku.ed.jp/tennoji/oka/08ko-060.html
シュウ酸との反応が書いてあります。

QCODゴースト北米版

アマゾンでPS3のCODゴースト北米版を買おうと思うのですが、北米版でもPS4に移った時に1000円でPS4のが手に入るでしょうか。

Aベストアンサー

北米版が本日届きました。
パッケージに「10$でPS4版へアップグレード可能」というシールがあったため、北米アカウントを作ってそこでドルのギフトコードを買う必要がありそうです。
そのため1000円で購入することは難しそうです。

Qシュウ酸と過マンガン酸カリウムの酸化還元滴定

この操作で滴定をするとき、滴定の初めのほうでは滴下した過マンガン酸カリウムの色の戻りが遅いのはなぜなのでしょうか?
いろいろなサイトをまわったところ
「Mnイオンが触媒となり反応が速やかになる」ということはわかったのですが、いまいちピンときません。
もう少し具体的に教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

Mn2+がない状態では反応が遅い為に、加熱しなければ進まないというのが普通の説明のようです。つまり、滴定をはじめた当初は、MnO4-ばかりで、Mn2+(あるいはMnSO4)は生じていない為に、反応が遅く、加熱しなければ反応が進むのに長い時間が必要であるということです。

ひとたび、Mn2+が生じれば、それが触媒となり反応がすみやかに進むようになるということです。
ただ、Mn2+がどのように触媒作用を示すかということについてはあまり書かれていないようです。想像ですが、Mnはいろいろな酸化数をとるので、ひとたび生じたMn2+がMnO4-によって再酸化されたりすることによって、電子の移動が(すなわちMnO4-による酸化が)すみやかに起こるようになるということだと思います。

Q淀川のCODについて質問です。

淀川のCODについて質問です。
CODは水がきたなければ値が大きくなるのですよね。
1月と7月のCODを比べた時、
なぜ1月のほうがCODの値が低くなるのですか?
7月のほうが草とかの光合成のおかげで
CODの値が低くなるのかなと思ったのですが。
なぜだか教えてください!

Aベストアンサー

水の中で微生物の光合成が盛んになると水はきれいになる、と誤解されておられるようにお見受けしますが、実は逆で、汚くなるんです。

水の中を漂いながら光合成を行う微生物(大ざっぱに「藻類(そうるい)」とか「藻(も)」などと呼ぶこともあります)は、二酸化炭素と水分子などを取り入れて光合成を行い、自分の体を大きくしたり、子孫を残したりするわけですが、これは炭酸ガスと水を原料にして有機物を生み出していることに他なりませんから、CODを増やすのです。一般に光合成は水温が高いほど活発になり、また昼間の時間が長くなれば当然光合成量は増えますから、1月より7月の方が水のCODは高くなるのです。

確かに、微生物が光合成のときに炭酸ガスと水分子以外に、水の中に溶けている窒素やリンなどの富栄養化物質を取り込む、ということはあります。しかし、光合成によって生み出された有機物(COD)の大部分は元々が炭酸ガスや水だったわけですから、汚くなる、と言う方が正しいのです。

なお、正確にCODが増えたり減ったりする原因を探るには、溶けている物質には細かくどんなものがあるか、とか、その水がどこから来た水か、などを専門家に詳しく分析してもらう必要があります。

水の中で微生物の光合成が盛んになると水はきれいになる、と誤解されておられるようにお見受けしますが、実は逆で、汚くなるんです。

水の中を漂いながら光合成を行う微生物(大ざっぱに「藻類(そうるい)」とか「藻(も)」などと呼ぶこともあります)は、二酸化炭素と水分子などを取り入れて光合成を行い、自分の体を大きくしたり、子孫を残したりするわけですが、これは炭酸ガスと水を原料にして有機物を生み出していることに他なりませんから、CODを増やすのです。一般に光合成は水温が高いほど活発にな...続きを読む

Q(1)シュウ酸ナトリウムと過マンガン酸カリウムの反応式を書く

(1)シュウ酸ナトリウムと過マンガン酸カリウムの反応式を書く

(2)過酸化水素と過マンガン酸カリウムの反応式を書く

(3)シュウ酸ナトリウムと過マンガン酸カリウムおよび、過酸化水素と過マンガン酸カリウムの反応を、電子の授受が明らかになるように、酸化反応と還元反応の2つの反応に分けて示せ

教科書を見てもわかりません↓
どなた教えていただけませんか?

Aベストアンサー

(1)では酸化剤:過マンガン酸カリウム(還元反応)、
還元剤:シュウ酸ナトリウム(酸化反応)になります。

行うべき行程は下記のとおりです。

(1)酸化還元反応が行われる物質間の酸化数を算出し、
参加する物質と還元する物質を明白にする。
※ポイント;酸化数が上昇⇒酸化、下降⇒還元です。
酸化数は化学の教科書に出てくるでしょう。

C2O4^2- ⇒ CO2
2x+(-2)×4=-2 x+(-2)×2=0
x=+3 x=+4
酸化数が上昇するので酸化反応になります。

MnO4^- ⇒ Mn^2+
x+(-2)×4=-1 x=+2
x=+7
酸化数が減少するので還元反応になります。

(2)酸化還元される元素に着目し、その元素の数を合わせます。
C2O4^2- ⇒  <2>CO2
MnO4^- ⇒ Mn^2+ ※加算なし

この場合CO2の炭素元素に着目し、左辺の炭素数2に合わせます。

(3)それぞれの反応式にH2O、OH^-を加え、両辺の酸素元素数を合わせます。
C2O4^2- ⇒  2CO2 ※加算なし
MnO4^- ⇒ Mn^2+ + <2H2O>

(4)H^+を加えて、両辺のH元素数を合わせます。
C2O4^2- ⇒  2CO2 ※加算なし
MnO4^- + <4H^+> ⇒ Mn^2+ + 2H2O

(5)e-を加えて両辺の電化数を合わせます。この過程によりいわゆる
半反応式が完成します。
C2O4^2- ⇒  2CO2 + <2e->
MnO4^- + 4H^+ + <e-> ⇒ Mn^2+ + 2H2O


(6) (5)で完成した半反応式の電化数を合わせます。
今回の場合では還元側のシュウ酸の電子数にマンガンの電子数を合わせたほうが楽です。

C2O4^2- ⇒  2CO2 + 2e- ※変化なし【基準】
2MnO4^- + 8H^+ + 2e- ⇒ 2Mn^2+ + 4H2O ※両辺を2倍にする

(7)両方の半反応式を足して、電子が消滅したら酸化還元反応式が完成します。
C2O4^2- + 2MnO4^- + 8H^+ ⇒  2CO2 + 2Mn^2+ + 4H2O



(2)と(3)の一部もこの要領で解けると思います。
詳しくは高校化学1Bを確認してください。

(1)では酸化剤:過マンガン酸カリウム(還元反応)、
還元剤:シュウ酸ナトリウム(酸化反応)になります。

行うべき行程は下記のとおりです。

(1)酸化還元反応が行われる物質間の酸化数を算出し、
参加する物質と還元する物質を明白にする。
※ポイント;酸化数が上昇⇒酸化、下降⇒還元です。
酸化数は化学の教科書に出てくるでしょう。

C2O4^2- ⇒ CO2
2x+(-2)×4=-2 x+(-2)×2=0
x=+3 x=+4
酸化数が上昇するので酸化反応になります。

MnO4^- ⇒ Mn^2+
x+(-2)×4=-1 x=+...続きを読む

QゴーストリダクションをONにすると画質が・・・

Victorのテレビ(29KB3)を購入し、ゴーストが出ていたので
ゴーストリダクションをONにするとゴーストは改善されるのですが
色が薄くなり、全体的にザラザラした画面になってしまいます。
(どのチャンネルでも同様です。)

ゴーストリダクションはそもそも、そういうものなんでしょうか?

Aベストアンサー

うちのゴーストリダクションチューナーもそのようになっているチャンネルがあります。
うちの場合は、アンテナが送信場所のほうを向いていないことで電波が弱くなっているために起きているのではないかと考えています。
ゴーストリダクションを入れていないとゴーストにより画面がぼやけ、
見かけはノイズが無い様に見えます。
しかし、ゴーストリダクションを入れるとそのぼやけが取れ、くっきりとした画面になります。
その段階でもとより入っていたノイズが見えてしまうのではないかと思います。

他の送信場所のほうにちゃんと向いているアンテナで受信しているチャンネルでは、
多少のゴーストがでるものの、ゴーストリダクションチューナーは
ある程度のゴーストは修正し、くっきりとしたきれいな画面を見ることが出来ます。

Qシュウ酸ナトリウムと過マンガン酸カリウムの反応

【問題】純粋なシュウ酸ナトリウムを三角フラスコにはかりとり、精製水に溶かした。
ここに硫酸を加えて80℃に加熱し、あらかじめビュレットに入れておいた過マンガン酸カリウム水溶液を滴下した。

このとき、シュウ酸はどういう状態なのですか?
シュウ酸ナトリウムは、精製水に溶かした時点で即ほとんどが電離して、シュウ酸イオンの状態になると思いました。そして少しずつシュウ酸(COOH)2として過マンガン酸カリウムと酸化還元反応を起こすものと思いました。

しかし、解答では、シュウ酸ナトリウム(COONa)2と過マンガン酸カリウムの反応式になっています。
なぜでしょうか?

Aベストアンサー

No.2のご回答にありますように、本質としては、シュウ酸ナトリウムが反応したと書いても、シュウ酸が反応したと書いても正しいと思います。

すなわち

(1)シュウ酸ナトリウムに硫酸を加えるとシュウ酸と硫酸(水素)ナトリウム?になった。
(2)硫酸酸性で、シュウ酸に過マンガン酸カリウムを加えると、シュウ酸が酸化されて二酸化炭素等になり、過マンガン酸カリウムは硫酸マンガンになった。

の2つの反応の内の(2)のみを表すか、両方をまとめて表すかといった違いです。

ただ、強いて言うならば、始めに加えたのがシュウ酸ナトリウムである以上、シュウ酸ナトリウムを出発物質とした、すなわち(1)(2)をまとめた書き方をする方が好ましいと思います。

QCOD値

排水のCODを下げる為、酸化処理を行いました。
30分後測定してみると、処理前よりもCOD値が跳ね上がっていました。
処理前120ppm 処理後200ppm
その後、処理を続けて目標値まで低減できました。

酸化するとCODが上昇するという事があるのでしょうか?

Aベストアンサー

オゾン酸化で反応初期におけるCOD増加現象は知られており、一例を(1)、(2)のURLでご覧下さい。
引用文献も取り寄せると良いと思います。

(1)産業廃棄物中間処理施設の排水を対象とした促進酸化法に関する基礎的検討
 (反応初期の跳ね上がり現象例)
http://www.kurekan.co.jp/aop.pdf

(2)技術開発促進事業終了報告書
 (ホルマリン濃度の増加の例)
 http://www.rite.or.jp/Japanese/kenki/gijyutu/report/syuryohoukoku/kurabo_r.pdf

(3)産業技術総合研究所
オゾンを用いた難分解性有機物の分解
 (BOD5/TOCの増加) 
http://www.aist.go.jp/NIRE/hist/1997-01/nire_WWW/publica/news-96/96-11.htm
オゾンと生物処理の併用による難分解性化学物質の処理
http://staff.aist.go.jp/hiro.ichikawa/OzoneBio/ozone.html
難分解性溶存有機物 難分解性溶存有機物(オゾン無し)
http://www.nies.go.jp/kanko/kankyogi/13/13.pdf

以下は参考まで
(4)Effects of Ozonation on COD Elimination of Substituted Aromatic Compounds in Aqueous Solution
 (オゾン酸化生成物例:低分子有機物(これ以上酸化されない))
http://journals.tubitak.gov.tr/chem/issues/kim-99-23-1/kim-23-1-4-96023.pdf


COD(Mn)法では酸化されず、測定値が低い物質が(5)に少し記載されています。欧米では排水にはCOD(Cr)法を採用しています。COD(Cr)でも測定すれば初期値が高くなり差が縮まるかもしれません。

(5)COD(Mn)法のいい加減さ(表1)
http://homepage3.nifty.com/junko-nakanishi/zak226_230.html

オゾン酸化で反応初期におけるCOD増加現象は知られており、一例を(1)、(2)のURLでご覧下さい。
引用文献も取り寄せると良いと思います。

(1)産業廃棄物中間処理施設の排水を対象とした促進酸化法に関する基礎的検討
 (反応初期の跳ね上がり現象例)
http://www.kurekan.co.jp/aop.pdf

(2)技術開発促進事業終了報告書
 (ホルマリン濃度の増加の例)
 http://www.rite.or.jp/Japanese/kenki/gijyutu/report/syuryohoukoku/kurabo_r.pdf

(3)産業技術総合研究所
オゾンを用いた難分解性有機物の分解
...続きを読む

Qシュウ酸水溶液と過マンガン酸カリウム水溶液の反応について

 シュウ酸水溶液に過マンガン酸カリウム水溶液を加え温める反応について質問です。
 ここで過マンガン酸カリウム水溶液は硫酸酸性でないければならないということですが、
 
 (1)硫酸酸性とはなんですか?
 (2)なぜ「硫酸酸性」でないとダメなんですか?

 ご指導よろしくお願いします。

Aベストアンサー

(1) 「硫酸で酸性にした」という意味です。簡単。

(2)この反応ではシュウ酸と過マンガン酸カリウムの反応量の比が大事です。酸性にするのはこの反応にH^+が必要だから。
ただ、酸性にするのに酸なら何でも良いのでしょうか。
シュウ酸と過マンガン酸カリウムが反応するところに酸自身が割り込んで反応してしまう(=酸がシュウ酸を酸化したり、過マンガン酸カリウムに酸化されたり)するとこまります。
ということでどちらの働きもない硫酸が用いられます。
塩酸や硝酸ではどうなるでしょうか、お考えください。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング