半導体やアナログ回路についての勉強をはじめたばかりの者です。本を読んでいると、PN接合の接合部がキャパシタンスのような役割を持つ、とあります。キャパシタンスの役割をもつのであれば、直流電流は流れないのではないかと不思議に思っていろいろ調べたのですが、私のキャパも超えたらしいです(笑)。どなたか教えていただけませんでしょうか?ここで詰まってしまって回路の勉強も手につかなくて…。よろしくお願いいたします。

A 回答 (1件)

おっしゃる通り、順方向電圧を掛けた時は電流が流れてコンデンサーにはなりません。

逆方向電圧を掛けると、電流が流れず、PN接合面がコンデンサーになります。
但し、逆方向電圧の大きさによって空乏層の厚みが変わりますので、キャパシタンスが変化します。これを応用したのが、バリキャップ(可変容量ダイオード)です。バリキャップには当然極性があります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます。なんとなくはわかるのですが(認めざるをえない?)、順バイアスをかけたとしても接合付近ではドーピングされた原子の電荷があるので、その影響はどうなのでしょうか?0.6V以上の順バイアスを与えると、空乏層の電界に打ち勝つほどのエネルギーを得ることができるから電流は流れる、という解釈でいいのでしょうか?バンド図で説明しているのがほとんどですが、空乏層自体の幅は変わらず、PN双方の伝導体が近づいて電子が障壁を乗り越える…と説明がありますが、空乏層があること自体変わりは無いと…。コンデンサとかいてあっても、純粋なコンデンサでは無いということで間違ってないでしょうか…。長々とすみません…。

お礼日時:2001/09/17 14:39

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QPN接合について

PN接合で、理想的な接合理論から電流密度を求める式はどんな式ですか?教えてください。

Aベストアンサー

#1から追伸

「電流密度を求める式」は理論的に以下の式です。
J=enC(exp(-φ/KT))(exp(eV/KT)-1)=enC{exp(V-φ)/kT -1}
J:電流密度 e: 電荷 n:は半導体内のキャリア密度 φ:バンドギャップ
V:印加電圧 K:ボルツマン定数 T:温度K C:定数
#1では1を引いてませんでした。1は普通無視しています。
参考まで

Q進相コンデンサと直流回路の変形

聞きたいのですが通常のコンデンサと進相コンデンサとは何が違うのでしょうか?位相と関係があるのは分かるのですが・・・。

それに、また素朴ですが直流回路を交流回路に変える方法っていくつぐらいあるのですか?一つはスイッチを使うのが思いつくのですが、その他の方法がなかなか思いつきません。何かありますか??

恐縮ですがよろしくお願いします(m_m)

Aベストアンサー

進相コンデンサには「普通のコンデンサ」が使われます。
インダクティブな負荷に並列につないで力率を改善します。
電流と電圧の位相を合わせて無効電力を減らすのですね。
あと交流回路に使いますので、ユニポーラコンデンサは使えません。
ノンポーラコンデンサを使います。

直流から交流ですか、これはおっしゃるとおりある種のスイッチング回路しか
手段はありません。ノイズとか位相とかいろいろな品質を整えるためには結構ハードルが高いものではあります。

Q電気工学(半導体整流回路)

 大学のレポートの中で
”高電圧回路、大電流回路それぞれに適する回路は何か?”
”半導体整流回路の装置の内部損失とは?”
という問いがあったのですが どうしてもそれだけ解りません。
 この2問について説明できる方、1問でも宜しいのでレスお願いします。授業で
レポートの模範解答なんてものをやってくれないもので・・・

Aベストアンサー

半導体の素子としては
シリコン整流器最大電流密度200A平方cm
電圧1000~1500V
ゲルマニウム整流素子100A/平方cm
電圧300~400V
セレン整流素子0.3A/平方cm
電圧28A~35V
[単相半波整流回路]リプル含有率が大きいので平滑回路を良くする必要がある。[単相全波整流回路]↑より出力電流が大きくリプル含有率が小さくなり変圧器が直流磁化されないが、中性点を必要とする。(部品を選ぶ必要があり、場合によっては特別注文になるってこと)[単相ブリッジ整流回路]全波整流回路と同じだが、中性点を必要としない。[単相倍電圧整流回路]出力直流電圧はほぼ2倍だが、出力電流はあまり、大きくない。[3相半波整流回路]電源が3相なのでリプルが少なく、変圧器の電流が1方向なので直流に磁化され大電流に不適当、[3相全波整流回路]3相ブリッジになるので整流は波形が6層になるのでリプルは1段と小さくなり各整流器の逆電圧が低くなり、半導体整流器には非常に多く用いられる
交流電圧の高圧の定義は?何V以上?
大電流とはどのくらいのプランで使うつもりで?
ちなみに、高圧の場合は、高圧に耐えうるか、ある程度の時間印加して、絶縁破壊のない事と基準が定められている(例として電気設備技術基準第1章総則第15条)
後は自分でね

半導体の素子としては
シリコン整流器最大電流密度200A平方cm
電圧1000~1500V
ゲルマニウム整流素子100A/平方cm
電圧300~400V
セレン整流素子0.3A/平方cm
電圧28A~35V
[単相半波整流回路]リプル含有率が大きいので平滑回路を良くする必要がある。[単相全波整流回路]↑より出力電流が大きくリプル含有率が小さくなり変圧器が直流磁化されないが、中性点を必要とする。(部品を選ぶ必要があり、場合によっては特別注文になるってこと)[単相ブリッジ整流回路]全波整流回路と同じだが、中性点を必要としない...続きを読む

Q微分回路の理論式 画像の積分回路の理論式の導出手順を参考にした微分回路の理論式を求めてほしいです。

微分回路の理論式

画像の積分回路の理論式の導出手順を参考にした微分回路の理論式を求めてほしいです。

Aベストアンサー

回路? 単なるコンデンサーの電圧と電流の関係式ですよ。

オペアンプの入力側に抵抗 Rs が、出力側に静電容量 C のコンデンサーを接続した積分回路なのではありませんか?

微分回路を作りたければ、静電容量 C のコンデンサーを入力側に、抵抗 Rs を出力側にすればよいのです。
↓ こんな構成に。
http://www.nteku.com/opamp/opamp-differential.aspx

そうすれば、
 Vout = -Rs * Ic = -Rs * dQ/dt = -Rs * d(C*Vc)/dt = -Rs * C * d(Vin)/dt
です。

Qコイルについて質問です。 よく電磁弁などで、直流で作動させる物がありますが、コイルは直流には無抵抗に

コイルについて質問です。
よく電磁弁などで、直流で作動させる物がありますが、コイルは直流には無抵抗になりますよね?
なぜ直流電磁弁は作動するのですか?

Aベストアンサー

電磁弁で使われるコイル(ソレノイド)は抵抗で動いているわけではない。
電磁石になることでソレノイドの中心にある鉄心(プランジャ)を引き込んでいるのです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報