OSを変更する時(例えば98→2000)アップグレード版製品と単体製品(こちらの方が値段高いですよね)がありますが機能の相違、安定性等違いは有り得ますか?

A 回答 (4件)

機能や安定性に関しては同一です。


違いは、ライセンスの形態が異なります。
アップグレードはすでに下位バージョンのライセンスを取得している物に対して、供給される物で、Daifukuさんがおっしゃるように新規インストールをする場合は下位バージョンの正規ライセンスディスクを要求します。

対して、新規インストール版は商品に対し、新規のライセンスが一つ付きます。パソコンの性能などが許しさえすれば、winが導入できるPC全てに導入できます。

これらの違いは、標準で下位のライセンスを有するか?
それとも、全くの新規ライセンスかの違いです。
まあ、パッケージ内容もアップグレードと新規ではちょっと違うでしょうけど(マニュアルとか、起動ディスクのFDが付属するかどうかなど・・・)
OSのCD-ROMのシステム内容は同一です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しい解説有難うございます

お礼日時:2001/09/18 15:16

 機能は同じ!! 要は値段の違い! と 使い方に制限がある↓


 アップグレード版は 今までWindows OSを何かしら使っていた人の為に、マイクロソフトが感謝を込めて その今まで使っていたOSを使う事で 新規インストール~アップグレードまで出来るようにして もちろん 通常版より値段も安くしている物と思えば良いです! つまり 言うなれば "お得意さん用!"ですね。これら Win98用 WinNT用のアップグレード版で2000の新規インストール または アップグレードを行うには 当然 Win98 WinNT4.0などのCD-ROMがそれぞれの場合で必要!!
 そして、今までWindows以外のOSを使っていた人や 初めてWindows OSを使う人は アップグレード版より高い値段の通常版を買う必要があるわけです!
 マイクロソフトの商売っ気を出した市場戦略とも取れますね(^_^)v
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます 

お礼日時:2001/09/18 15:18

XPだとどうかわかりませんが、質問のケースの場合、HDDをフォーマットして新規に2000をインストールする時に


98のCD-ROMのチェックが入ります。ここでドライブに98のCD-ROMを入れなければ2000のインストールを継続できません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます

お礼日時:2001/09/18 15:15

違いは無く、前のバージョンを使っているユーザーへのサービス分の割引です。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます

お礼日時:2001/09/18 15:14

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング