今度、エステサロンを開業する事になりました。イタリア語で(美肌)(若さ)は、何て言うのか教えて下さい。出来ましたらスペルと発音(カタカナで)もお願いします。店名にしたいのですが。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

フランス語では kobeccoさんが答えてくれましたが、フランス語のPeau Blancheは イタリア語ではPelle Bianca(ペッレ・ビアンカ)、jeunesseは giovinezza(ヂョヴィネッツァ)に なりますね。

でもねえ、フランス語でもイタリア語でも すでに使っている人もいるでしょう。韓国語とかタイ語とかヒンディー語などの方が、文字も変わっていて新鮮だと思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございました。良きアドバイス感謝しています。

お礼日時:2001/09/19 23:06

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q外国語で店名を検討しています。 ヘアーサロンをオープンするのですが、なかなか響きの良い雰囲気のあ

外国語で店名を検討しています。


ヘアーサロンをオープンするのですが、なかなか響きの良い雰囲気のあるネーミングが浮かびません…

以前「プーラヴィータ」という名前も考えたのですが、近くにお店があり断念致しました。

こんな感じの挨拶のような温かみがあり、耳馴染みの良い外国語をご存知の方、おられましたら教えてください。

ちなみにサロンはは個室の完全予約制の隠れ家的プライベートサロンです!

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

Pura Vida はスペイン語ですよね。
フランス語なんかが響きが良いかと思います。

A bientôt(ア ビヤント)またね
Avec plaisir(アヴェック プレズィ-ル)喜んで
porte bonheur(ポルトボヌール)幸せを運ぶ
mon tresor(モントレゾール)私の宝物
la vie belle(ラヴィベル)素晴らしい人生
étoile(エトワール)星
clair (クレール)透明、清らかなイメージ
lumiere(リュミエール)光

どうでしょうか。気に入った言葉が見つかると良いですね。
参考にしてみてくださいね。

Qオンラインのカタカナ語辞典や発音がわかる辞典

いつもお世話になっております。

オンラインのカタカナ語辞典でおすすめなものを
教えてください。
例えば、近くのンションがコレードという、
名前がついています。
このコレードがたとえば、何語でどんな意味なのかを
カタカナで調べられるようなものはありませんでしょうか?
似たような質問をみつけたのですが、そのサイトでは
(sankeiやyomiuriのONLINEサイト)ないもので
何かありましたら教えてください。
またはオンラインで
なければ、世の中にカタカナ辞典という
辞典はあるのでしょうか?

たとえば「アルデンテ」は何語でどんな意味などなど。

また、英単語があったときによむとができないもの
があったとき、英語辞典をみても発音記号でかかれていると
読めません(勉強不足ですが。。。)
嘘っぽくてもよいので、なんとなくどう読むかを
カタカナでかいてあるような辞典のサイトはありませんか?

教えてください。

Aベストアンサー

参考
http://dictionary.www.infoseek.co.jp/

Q英語堪能な方へ。スピーチ中のカタカナ英語の発音は?

英語能力は、とてもとてもですが、
英語通の人から「発音がきれい」と言われたことがあり、
内心嬉しいです。    笑

で、人前で演説する立場になったのですが、
スピーチする文の中に「カタカナ英語」がある場合。
(たとえば、「スクーリング・サポート・ネットワーク事業」とか
「カリキュラムサポートセンター機能」とか、
ま、いろいろあるのですが。。)

テレビなどで、「洋顔」(笑)な人や、
バリバリのアナウンサーなどが、
ニュースの中の英語を美しい発音を交えて、
解説しているのを聞くと、
「ああ、ほんとは、ああ言う発音なんだ」と思うと共に、
「なんか、違和感だな~」って感じてます。

そう言った場合は、英語堪能な方は、
どう発音されているのでしょうか?
きちんと英語に準じた発音ですか?
それとも日本で一般的に読まれるような
「カタカナ英語」でしょうか?

よろしくお願い致します。(^^)

Aベストアンサー

英語圏帰国子女です。
日本語の文中に出てくるカタカナ語は、ちゃんと(?)カタカナ読みします。
人間は、言語に合わせた音域で聞いていると思いますので、「日本語だ~」と思って、日本語音域で聞いているときに、突然英語音域の言葉が混じると、「え?今なんて言ったの?」ってなってしまうと思うんですよね。外国語の音域に慣れてない方なら、なおさら。
タダでさえ理解しづらいカタカナ語を聞き取りにくく発音して、話をややこしくする必要はないと思うんですよね~。
個人的には、英語読みでしゃべる人を見ると「日本語しゃべってるときまで、英語の発音がいいってのをひけらかさなくたっていいじゃん」と思ってしまいますね。「ちゃんと日本語しゃべれよ」と^^;。
在外期間が長くてつい出てしまう人とか、そういうのが“芸風”ってな人なら、いいと思いますけど。TPOもあるでしょうしね。

Q韓国語で【결혼 축하합니다】これをカタカナで発音を書くと何になりますか? 例えば【안녕하세요】はアン

韓国語で【결혼 축하합니다】これをカタカナで発音を書くと何になりますか?
例えば【안녕하세요】はアンニョンハセヨとこんな感じで発音を教えて下さい。早めにお願いします。

Aベストアンサー

すでに回答がついていますが、
  결혼 축하 합니다
(キョロンチュカハムニダ)

実際の感じは
キョロンッチュカァムニダ

결혼は「結婚」
축하は「祝賀」

結婚おめでとうございます。

発音は、ここで試すとよいです。
http://www.acapela-group.com/

Q長い英単語は、どう覚えてますか? 発音もしっかり覚えたいのですが、発音記号などがよくわかりません。

長い英単語は、どう覚えてますか?

発音もしっかり覚えたいのですが、発音記号などがよくわかりません。

長い英単語の覚え方や発音記号の覚え方で参考になるサイトや皆さんがやられてることで、効率のいい方法などありましたら教えてください。
どうぞ宜しくお願いします。

Aベストアンサー

まず、長い単語といって、そんなに覚えられないほど長い英単語というのは覚えがないです。何かの単語クイズ(スクラブル・ケーム)でもするなら別ですが。だいたいは、分けて書けば大した長さにならないはずです。

英語ネイティブが読みも単語も覚えにくいと言われる単語にこんなものがありますが、見ればすぐわかる単語で、

otolaryngology (耳鼻咽喉科)
口語では、ネティブでさえ、これをそのまま使うということはまずありえません。
(なんというかというと、ENT =[E]ar,[N]ose, [T]hroat と言います。)
ただし、正確には、"oto(耳)-rhino(鼻)-laryng(喉)-ology(学)" 鼻が抜けています。

どの程度の長さの単語をおっしゃっているのか分かりませんが、コツは分割して、部分・部分で覚えられば問題はないのです。

もう少し例をあげますと、受験単語でないものも含まれていますが、
recommendation ->recommend+ation 推薦
antiarrhythmic -> anti+ar-rythm+ic 不整脈
sphygmomanometer ->sphygmo+mano+ meter 血圧計

ただ、私は、これは単語の綴りを覚えるためで、その語源や語根がどうだといって覚えるほど、有用性はないと思います。

英単語は、目と耳は分離して覚えていることもあります。聞いたことがある単語で読みも言えるけれども、単語の意味が出てこないというものと、読めて意味は言えるけれども、発音が分からないというものがあります。

それと、発音記号の問題なのですが、日本の学校で教わる発音記号というのは、主に「ジョーンズ式」と呼ばれるもので、とても発音記号と呼べるものではありません。カタカナ表記と大差あるものだとは思いません。少しでも、音声学で、IPAの原音の表記の実際を勉強したことがある人間なら、無意味だと気がつくかと思います。それは、逆に日本語の音声表記を厳密にしてみようとした時に、表現方法を知らないことに気がつくはずです。丸口母音とか平口母音とか、「ん」の鼻音とそうでない違いとか、ラ行では、口蓋に舌を弾くようにして発音する「硬口蓋弾き音」と言われ、独特なものが含まれています。

学校教育では、ネイティブの発音を実際に聞けないので、それに代わるものとして、発音記号は、一種の信仰のようなものなってしまったものだと思います。読めれば発音できるし、相手にも伝わると思い込んでいる人たちも多いようです。

http://www.rondely.com/zakkaya/hatu/boin.htm#am
ここに対比がありますが、私にはどちらも同じことです。発音記号は、その符号の訓練を経なければ、表記だけで再現などは不可能です。

communication は、ケミニケーションと聞こえてくるし、secretary (米国の放送では、セケタリー)と聞こえてきます。一体、発音記号のどこをどう読めば、そのような発音になるのか分かりません。だから、発音は音を聞いて覚えるしかない、発音記号はあまりアテにはしないということが重要ではないかと思っています。

自分で聞いたものが、その発音だと思います。
"What You Hear Is What You Get" だと思います。

『おとなの基礎英語』で、ものまねタレントの福田彩乃さんが、英語ネイティブの発音をそっくりコピーしますが、その感の鋭さには一目に値します。

遠山顕さんの『ラジオ英会話』などでは、その日の学習事項に、発音、リズム、イントネーション、リダクションのコツを教えています。

類推が聞くものがありますが、一般論として、聞いたことがない発音は正しく発音できないはずです。

英語の発音・イントネーションを解説したサイト
http://www.pronunciation-english.com/

なお、単語は、常に増やしていこうと、毎日の努力や習慣が必要だと思います。私は食べるほうの「カブ」という英単語を長い間知りませんでした。『ハウルの動く城』に出てくる、「カブ」ですが、"turnip" といいます。学習単語で見ていくと、意外に身の回りの単語がおろそかになりがちなのです。電子辞書で発音がついたものもあればねインターネット辞書サイトでも発音が分かりますから、なるべく聞いて再現するようにしたほうがよいです。

ただ、単語が知らなくて英会話を妨げるものではないにしても、継続して勉強し続けていく必要があります。私は、英会話の練習として、森沢洋介さんの『瞬間英作文』の考え方が良いと思っています。

『瞬間英作文トレーニング』
http://amazon.jp/dp/9784860641344

方法は以下にあります。アマゾンで批判している人たちは、本当の意味を知らないのです。別に、その本で練習しろということではなのです。文法も、この方法で学ぶのです。決して暗記することではありません。
http://mutuno.o.oo7.jp/05_training/05_training02.html

最後に、英会話学校は刺激にはなっても、そこで上達していく人は非常にレアケースだと思います。一種の緊張状態の中で英語を使うから良いのだと思います。

まず、長い単語といって、そんなに覚えられないほど長い英単語というのは覚えがないです。何かの単語クイズ(スクラブル・ケーム)でもするなら別ですが。だいたいは、分けて書けば大した長さにならないはずです。

英語ネイティブが読みも単語も覚えにくいと言われる単語にこんなものがありますが、見ればすぐわかる単語で、

otolaryngology (耳鼻咽喉科)
口語では、ネティブでさえ、これをそのまま使うということはまずありえません。
(なんというかというと、ENT =[E]ar,[N]ose, [T]hroat と言います。)
ただ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報