それぞれの方法のかんたんなせつめいや、長所、短所など何でもいいので、教えてください。おねがいします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 モーメント法とFDTD法についてお知りになりたいということは、アンテナ解析にご興味があるものとお見受けします。

解説が長くなるのでとりあえず詳しく知っているFDTD法について解説します。
 FDTD法(Finite Difference Time Domain Method)は、マクスウエルの方程式の時間空間に関する微分を差分に置き換えて差分方程式を得て、この差分方程式をもとに電界と磁界を時間軸方向に交互に計算していく手法です。
 まずFDTD法では、電磁界の各成分をマクスウエルの方程式を満足する位置関係で空間の離散点に配置します。すなわち、参考URLの図のように、辺中央に電界が位置し、面中央に磁界が位置するような直方体によるユニット・セルを考え、このユニット・セルによって解析領域全体を分割します。このようなユニット・セルを提案者の名をとってYeeセルと呼びます。(1) つぎに、
 ε∂E/∂t+σE+J=rotH
 μ∂H/∂t=-rotE
から得た差分方程式について、t=0における電磁界を零とし適当な時間刻みを考え、電界Eに駆動条件を与えます。こうして得た電界Eの値をもとに磁界Hを求め、その結果を使って電界Eを求める・・・というように電界と磁界を交互に計算していくと、適当な繰り返し回数を経て初期の目的の電磁界の計算値を得ることができます。
 FDTD法はマクスウエルの方程式をそのまま差分式にするので、有限要素法や境界要素法に比べて理解しやすくプログラムが簡単に書けます。また解析空間の媒質も有限要素法ほどではないにしても、形状や材料定数に関して柔軟にモデリングできます。さらに陽解法というベクトルマシンに好適なアルゴリズムなのでベクトルマシンの性能を十分に発揮でき、有限要素法のように巨大な連立一次方程式を解く必要がないので所要メモリが少なくてすみます。いいことずくめのようですが、特別な吸収境界条件が必要であったり、分散性媒質の取り扱いが難解であったりすることは短所かもしれません。下記の参考文献で勉強してみてください。

参考文献:
(1)K.S.Yee,"Numerical Solution of Value Problems Involving Maxwell's Equations in Isotropic Media",IEEE Trans.Antennas Propag.,14,4,pp.302-307,May,1966.
(2)宇野,"FDTD法による電磁界およびアンテナ解析",コロナ社,1998.
(3)A.Taflove"Computational Electrodynamics",Artech House,1995.

参考URL:http://www.ap.tu.chiba-u.ac.jp/~medical/num_anal …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が送れて申し訳ありません。
ほんとに詳細な説明、ほんっとにありがとうございます。
おしえていただいた参考文献も学校の図書館で探してみます。ほんとにほんとにありがとうございました。

お礼日時:2000/12/30 00:44

私もまだ勉強中です。



モーメント法
線状素子のみで構成されたアンテナ、
または
板状素子をワイヤグリッドでモデル化したアンテナの

「表面上の電界分布を求める方法」

もっと上手く説明できたら、また書きます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

表面上の電解分布を求める…

う~ん・・・僕もまだまだ勉強しないと・・・

ほんっとにありがとうございます♪

お互いがんばりましょう!

お礼日時:2000/12/30 00:50

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q誘電率(ε)と誘電正接(Tanδ)について教えてください。

私は今現在、化学関係の会社に携わっているものですが、表題の誘電率(ε)と誘電正接(Tanδ)について、いまいち理解が出来ません。というか、ほとんどわかりません。この両方の値が、小さいほど良いと聞きますがこの根拠は、どこから出てくるのでしょうか?
また、その理論はどこからどうやって出されているのでしょうか?
もしよろしければその理論を、高校生でもわかる説明でお願いしたいのですが・・・。ご無理を言ってすみませんが宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

電気屋の見解では誘電率というのは「コンデンサとしての材料の好ましさ」
誘電正接とは「コンデンサにした場合の実質抵抗分比率」と認識しています。

εが大きいほど静電容量が大きいし、Tanδが小さいほど理想的な
コンデンサに近いということです。
よくコンデンサが突然パンクするのは、このTanδが大きくて
熱をもって内部の気体が外に破裂するためです。

伝送系の材料として見るなら、できるだけ容量成分は少ないほうがいい
(εが少ない=伝送時間遅れが少ない)し、Tanδが小さいほうがいい
はずです。

Q誘電率の周波数依存性

物質の誘電率がある特定周波数と共振して急激に増加する
という現象はありますか?
また、それに関する情報を教えていただけたら幸いです!

Aベストアンサー

あります。

http://hr-inoue.net/zscience/topics/dielectric1/dielectric1.html

QFDTDにおけるPML吸収境界条件について

現在FDTDを用いた光導波路解析アプリケーションを作っているのですが、
吸収境界条件に用いたPMLがうまくいきません。
PMLの、解析領域と接している内側の四角から発散してしまいます。論文や参考書
をトレースして、なんども見直したりしたのですがどうもうまくいきません。
なお、PMLはYeeアルゴリズムを用いています。
どなたかご教授願います。

Aベストアンサー

 困りましたねえ。ご質問の内容だけではどこに問題があるか判然としません。私の経験をもとに思いつくままに原因と思われることを書いてみますので、ご参考になさってください。

1.バグがある
 インデクスの範囲指定に間違いがあって保持データを
 破壊しているとか、PML領域内のσを与える際の距離の
 とり方がおかしいとか。これはもう、asamakenさんの
 努力に委ねるしかありません。
2.PMLの理解、離散化に間違いがある
 これについては、何度も見直したということですから
 大丈夫ですよね。
3.PML領域と通常領域の界面の処理に問題がある
 界面における電磁界の値をPML処理と通常処理で交互
 に上書きしていませんか?

 ちなみに、私はPML(Yeeアルゴリズムです)、MURともに用いたことがありますが、ソルバはきちんと動作しています。うーん、これでは回答とは言い難いですね。申し訳ない。(^.^)

Q波長(nm)をエネルギー(ev)に変換する式は?

波長(nm)をエネルギー(ev)に変換する式を知っていたら是非とも教えて欲しいのですが。
どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

No1 の回答の式より
 E = hc/λ[J]
   = hc/eλ[eV]
となります。
波長が nm 単位なら E = hc×10^9/eλ です。
あとは、
 h = 6.626*10^-34[J・s]
 e = 1.602*10^-19[C]
 c = 2.998*10^8[m/s]
などの値より、
 E≒1240/λ[eV]
となります。

>例えば540nmでは2.33eVになると論文には書いてあるのですが
>合っているのでしょうか?
λに 540[nm] を代入すると
 E = 1240/540 = 2.30[eV]
でちょっとずれてます。
式はあっているはずです。

Q偏微分の記号∂の読み方について教えてください。

偏微分の記号∂(partial derivative symbol)にはいろいろな読み方があるようです。
(英語)
curly d, rounded d, curved d, partial, der
正統には∂u/∂x で「partial derivative of u with respect to x」なのかもしれません。
(日本語)
ラウンドディー、ラウンドデルタ、ラウンド、デル、パーシャル、ルンド
MS-IMEはデルで変換します。JIS文字コードでの名前は「デル、ラウンドディー」です。

そこで、次のようなことを教えてください。
(1)分野ごと(数学、物理学、経済学、工学など)の読み方の違い
(2)上記のうち、こんな読み方をするとバカにされる、あるいはキザと思われる読み方
(3)初心者に教えるときのお勧めの読み方
(4)他の読み方、あるいはニックネーム

Aベストアンサー

こんちには。電気・電子工学系です。

(1)
工学系の私は,式の中では「デル」,単独では「ラウンドデルタ」と呼んでいます。あとは地道に「偏微分記号」ですか(^^;
その他「ラウンドディー」「パーシャル」までは聞いたことがあります。この辺りは物理・数学系っぽいですね。
申し訳ありませんが,あとは寡聞にして知りません。

(3)
初心者へのお勧めとは,なかなかに難問ですが,ひと通り教えておいて,式の中では「デル」を読むのが無難かと思います。

(4)
私はちょっと知りません。ごめんなさい。ニックネームは,あったら私も教えて欲しいです。

(2)
専門家に向かって「デル」はちょっと危険な香りがします。
キザになってしまうかどうかは,質問者さんのパーソナリティにかかっているでしょう(^^

*すいません。質問の順番入れ替えました。オチなんで。

では(∂∂)/

Qコンダクタンスはなぜ必要なのでしょうか?

現在大学で電気回路について学んでいますが、コンダクタンスを考える理由が分かりません。
抵抗で十分じゃないでしょうか?
何か奥が深い理由でもあるのでしょうか?
ネットで探してみましたが、ネットには的確などうやら書き込まれていないようです。
知っている方、回答お願いします。

Aベストアンサー

それは計算が楽になるからです。

並列回路を取り扱う時に抵抗を使うと合成された値を求めるのに割り算を必要とします。
コンダクタンスを使えば足し算で済みます。

同じような概念にレンズの焦点距離とジオプトリーが有ります。
複数のレンズを組み合わせた時の焦点距離を求めるのには割り算が必要ですが、ジオプトリーでは足し算で済みます。

Q波数のイメージとその次元

題名の通り、波数のイメージとその次元がどうも食い違ってしまうと言いますか、ちょっと納得できないので質問します。
波数の定義は、k=2π/λ(または、本によってはk=1/λ)で与えられています。ここで、私は波数は2πという単位の長さを波長で割っているのであるから、これは単位長さ当たりの波の数だと考えました。大学の先生に聞いてもあやふやな答しか返ってきませんでした。(大学の先生はいろんなこと知っているけど、あまり考えていないの?(疑))
その後、いろいろ調べて「波数は空間周波数とも言える。」と書いてあるのを見つけました。普通、周波数と聞けば、単位時間当たりに何回振動するかだけど、これは時間ではなく空間で与えているだけかと思って納得してしまったのです。
でも、それでは波数の次元は無次元になってないとおかしいではありませんか。
しかし、本で調べたところ、波数の次元はm^-1ではありませんか。
波長の次元はmとして、2πの次元は無次元でないといけません。では、これは角度でradなのでしょうか?
そうすると、先ほど納得したイメージではつじつまが合いません。2πを長さと考えてイメージを作ったのですから。
「波数を定義すると便利だから。」というのを聞いたことがあるのですが、波数のイメージはもてないのでしょうか?(波数っていうぐらいだから、波の数じゃないの?)

題名の通り、波数のイメージとその次元がどうも食い違ってしまうと言いますか、ちょっと納得できないので質問します。
波数の定義は、k=2π/λ(または、本によってはk=1/λ)で与えられています。ここで、私は波数は2πという単位の長さを波長で割っているのであるから、これは単位長さ当たりの波の数だと考えました。大学の先生に聞いてもあやふやな答しか返ってきませんでした。(大学の先生はいろんなこと知っているけど、あまり考えていないの?(疑))
その後、いろいろ調べて「波数は空間周波数とも言える。...続きを読む

Aベストアンサー

おっしゃるとおり波数のイメージは>単位長さあたりの波の数
でまったくOKです。
ですから次のように考えてはいかかでしょう?
10m中に波が5回あるとき波数を求めるには、5(無次元)÷10(m)ですね。
ちゃんと次元もm^-1となるのはすぐに納得されると思います。
この時、先に波長2mが分かっていたらこういう求め方もできます。
波長は波1回あたりの長さだから10(m)÷5(無次元)として求めますが、
この式は波数とちょうど逆数の関係にあるので、波数=1/2mと求められます
ここで注意していただきたいのは1mを2mで割っているのではなく、2m(波長)の逆数をとっているという点です。
波数の定義の式も2πmや1mを波長で割ったのではなく、波長の逆数に2πをかけたもの、波長の逆数そのもの、と捉えるのが正しいのです。

もうひとつ波動関数の式 y=Asin(wt-kx)との関係から捉えるのも重要です。
(y:変位,A:振幅,t:時間,x:基準点からの距離)
sin()の中は位相で角度(無次元)なのでw,kの次元はそれぞれt,xの次元の逆数とするのです。ここでkを波長λを用いて求めると2π/λ(rad/s)となります
波動の式としてy=sin2π(wt-kx)の形をもちいた時には2πが消えたk=1/λとなるわけです。
長くなりましたが少しでも直感的理解の助けになれば幸いです。

おっしゃるとおり波数のイメージは>単位長さあたりの波の数
でまったくOKです。
ですから次のように考えてはいかかでしょう?
10m中に波が5回あるとき波数を求めるには、5(無次元)÷10(m)ですね。
ちゃんと次元もm^-1となるのはすぐに納得されると思います。
この時、先に波長2mが分かっていたらこういう求め方もできます。
波長は波1回あたりの長さだから10(m)÷5(無次元)として求めますが、
この式は波数とちょうど逆数の関係にあるので、波数=1/2mと求められます
ここで注意していただきたいのは1mを2...続きを読む

Q時間領域、周波数領域とはなにか

タイトルそのままですが時間領域、周波数領域について教えてください。
また、その違いについても

Aベストアンサー

時間的に変化する波は、周波数の異なる多数の正弦波の集合(和)として表すことが出来ます。

このためx軸に時間、y軸に波の高さを取ったものを時間領域。
x軸に周波数、y軸にその周波数の波の強さを取ったものを周波数領域と呼びます。

1つの波を時間的変化としてみるのが時間領域、周波数の集まりとしてみるのが周波数領域ということになります。

Qフリーの3次元電磁界シミュレータありませんか?

3次元的な形状で高周波特性を解析できるフリーの電磁界シミュレータはどこかに無いでしょうか?
あと、モーメント法について勉強したいと思っています。電磁界シミュレータでソースが公開になっているものはないでしょうか?
何か参考になるものがあれば教えてください。

Aベストアンサー

ここに並んでいるものでよければフリーです。Unixで動作するものはソースコードが見られると思います。プログラミングを勉強するのでしたら、他人のプログラムを解析するよりも、書籍のサンプルを拾ってきた方がわかりやすいですよ。

参考URL:http://emlib.jpl.nasa.gov/EMLIB/files.html

QdBμV/mとdBμVとdBm

教えてください!
dBμV/mとdBμVはどういう関連があるのでしょうか?
また、数値的に換算できるのでしょうか?
dBμV/mをdBmに換算するにはどのように計算すればよいのでしょうか?
仕事上知りたいのですが理系ではない自分は理解できません・・・
どなたかお教えください!!!

Aベストアンサー

dBμV/mは電界強度です 空間の電波の強さを示します /m 1mあたりを意味します

dBμVは電圧です 1μVを基準にしたときの電圧です
20dBμV であれば 10μV になります

dBμV/m と dBμV は 他の条件を仮定しないと換算できません

なお dBm は1mWの電力を基準にした電力を示します 負荷抵抗・インピーダンスを仮定すれば 電圧としても求められます


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報