例えば、長島監督の有名な言葉「読売巨人軍は永遠に不滅です!」や全日本女子ソフトボール宇津木監督の「練習は裏切らなかった。」等のスポーツ選手の格言には著作権など何らかの権利が発生するのでしょうか?

ご存知の方いらっしゃいましたら教えて下さい。
宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 tgodaさん、こんにちは。


 結論から申し上げれば、これらの「格言」(……と言えるかどうかは、特に前者の言葉など、かなり疑問ですが……辞書で「格言」を引いてみてください)には、著作物性は薄いと思われます。

 著作権を云々する際には、まず、それが【著作物】であるかどうかが問題になります。
 【著作物】でなければ、著作権は発生しません。
 【著作物】は、著作権法的には「思想又は感情を創作的に表現したものであって、文芸、学術、美術又は音楽の範囲に属するもの」です。
 具体例としては、「小説、脚本、論文、講演その他の言語の著作物」や「音楽の著作物」などがあります。
 著作者が有名人であるか否かは、全く問題ではありません。
 tgodaさんが自分の疑問を伝えようと一生懸命書かれたこの御質問も、立派な著作物なのですよ(笑)。

 余談ですが、公表されているか否かも、完成されているか否かも、それが【著作物】であるか否かの認定には関係ありません。未完成のまま自宅の抽斗に仕舞ってある手紙でも、れっきとした著作物です。

 さて。
 もしも、先の「格言」が、その人が自分の講演などで使われたものであるなら、【言語の著作物】である恐れが出てきます。ですが、会話の流れの中で自然に出てきた言葉であるなら、著作物とは認定されにくいでしょう。
 ただ、用心の為……というか、マナーとして(笑)、引用する際には出典(誰がいつ言った言葉か、など)を明らかにした方が良いでしょうね。

 以上、御参考になれば幸いです。
    • good
    • 0

 場合によっては発生します。



 それは、言葉を言った本人が、文芸作品として言葉を作った場合です。
 世界で一番短い小説は俳句よりもっと短いですが、ちゃんと著作権があります。

 ですが、何となく「こんなこと言えばカッコよかろう」くらいの気持ちでぽろっと口をついて出た言葉には著作権はありません。
 通常は、格言の類は全てそうだと思います。
    • good
    • 0

そのような短い言葉では著作権は発生しません。


(俳句や短歌、川柳、詩として発表された場合は別です。)
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qタクシーに読売テレビと告げたが読売新聞社へ連れて行かれた!

京橋駅で迷子になり、仕方なくタクシーに連れて行ってもらうことにしました。

詳しい場所は知りませんが、近いことは分かっていたので
嫌な顔されると癪なので
「読売テレビなんですが、近すぎですか?連れて行ってもらえますか?」
とたずねました。
すると無言でうなずき、走り出しました。
少し走り出してから地図を開きだし、
「こっちでよかったよな…」と一人でぼやいています。
20分程度走り、「多分…、ここだと思います」
といって降ろされ(頼りない!)、ビルに入って受付に訪ねると「ここは読売新聞です」とのこと!
仕事の会議だったのに大遅刻です。大損害です。
そのまま別タクシーに乗って引き返しましたが釈然としません。
急いでいたのでそのタクシーから領収書を受け取りませんでした。

往復2400円、自腹を切るしかないのでしょうか。
タクシー会社に問い合わせましたが車体番号が分からなければなんともならず、運転手の日誌も残っていなければ打つ手立てがないとのこと。
こんな理不尽、どうにかならないのでしょうか。

Aベストアンサー

タクシーのナンバーも分からないですから、何ともしようがないですね。
しかし京橋駅付近に居て、読売テレビを読売新聞と聞き間違える(?)のもどうだか…
ちなみに京橋駅のどの辺に居たかにもよりますが、歩いても5分もあれば着いてしまいます (^^;)

先日7ヶ月の娘が夜中に熱を出して夜間診療所に行こうとタクシーを呼んだのですが、任せていたら、そんな道通るんかぃってなルートを… 1300円もかかって、帰りはワンメーターで帰って来ました。
運ちゃん任せはダメですな…

Q読売新聞の解約

7月から契約している読売新聞の解約を申し出たのですが、解約に応じてくれません。引越しすると言ってもじゃあ引越し先でも読んでくれと言われて解約してくれません。
弁護士に相談した所、景品は小包で返品して、ハガキに解約する旨の文章を書いて両面コピーしてそのまま出すように言われました。簡易書留や内容証明の方がいいのではと聞いたら、その必要はないと言っていました。
言われた通り解約する旨をハガキに書いて両面コピーしてそのまま出しました。景品は手付かずだったので、宅急便で返品しました。
これで解約出来るでしょうか?7月になったら読売新聞が配達されているなんて事にはならないでしょうか?

Aベストアンサー

期間の定めがある場合は正当事由がいります
期間の定めはない場合は、いつでもやめれます
書面で行うのがよいです

Q有名な格言の著作権。

たとえばパスカルのパンセみたく、3,400年前に亡くなった人の格言や著作には著作権はありませんよね。

この場合、そういった格言や名言を紹介した出版物の著作権って出版社にあるんですか?

また、格言を自著と偽って発表したり、作家が自作したものが偶然過去にあった詩作と酷似していた場合の法律的解釈を教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは。

基本的に死後50年経てば、著作権は消滅します。
したがって古い格言や名言には著作権がありません。

出版物そのままのコピーは出版社の著作権を侵害しますが、
1つを抜き出すのは問題ないと考えられます。

例)電話帳の番号一つ一つには著作権が無いが、
そのデータベースとしての順番には著作権があります。

後の質問では、著作権侵害には見て、コピーしたなどの事実が必要です。
したがって、偶然同じになって場合は著作権侵害になりません。
自分と偽った場合は裁判で見たという事実が立証されたら、著作権侵害(盗作)になるんじゃないでしょうか?

Q読売新聞の契約の押し付け

もう新聞は一切取らないので読売新聞を解約しようとしましたが、解約に応じてくれません。
引越しすると嘘をついてもじゃあ引越し先でも読んでくれと言われて応じてくれません。
頭に来て景品は着払いで宅急便で返品して、ハガキに解約する旨の文章を書き、両面コピーして販売店に送りました。
それでもダメな場合は、父方の伯父に契約を押し付けてしまおうと思いますが、いかがでしょうか?
というのも元はと言えばたまに伯父が来て新聞を持って行ってしまうので、取ってた次第です。本当は伯父には朝日新聞や毎日新聞がお似合いです。
もううちは新聞は一切取らないので、解約に応じない場合伯父に契約を押し付けてしまおうと思いますが、どう思いますか?

Aベストアンサー

>頭に来て景品は着払いで宅急便で返品して、ハガキに解約する旨の文章を書き、両面コピーして販売店に送りました。
景品貰ってるのは「新規契約」「契約更新」のどちらかですよね。
契約更新かな?
解約に応じない場合は
http://www.434381.jp/guide/#tel
ここに電話しよう!!
着払いの荷物 受け取り拒否で戻ってくるよ。
送料は用意しておこうね。
イライラは判るけど・・・無駄な行動は仇となる。

Q読売新聞解約出来るか

今読売新聞を購読してますが、産経新聞に変えたいので読売新聞を解約しようと思います。
以前も解約のためにあれこれ手を尽くしたのですが解約に応じてくれなくて、止む無く購読する事になりました。
どうすれば解約出来るでしょうか?
ちなみに契約は来月の3月までです。

Aベストアンサー

 販売方法は、各新聞社によって異なり、さらに、販売店によっても異なる場合があるようです。
 契約の解除をしたい特別な理由があっても、販売店の方にその理由が通らない場合、念のため、讀賣新聞の問い合わせセンターに申し出るのが、良いと思います。
 何故ならば、支払い拒否をする正当な理由があれば別ですが、質問者には正当に思える理由であっても、一般的には、正当な理由に当たらないとみなされた場合には、結局違約金のようなものも、加算されると、嫌ですものね。ただ、止むを得ない事情や正当な理由が無い場合には、年間契約をすることで、特別なサービスを受けた場合には(期間により、異なるプレゼント特典があるようなので)、そのサービスのことを処理することを相談すると良いと思います。
 日本では、紙面の購読者数が最も多い新聞社ですから、正当な手続きにより、契約変更をなさられた方が、今後、質問者にとっても良いと思いますが、如何でしょうか?
 どんな理由かおありになられるかがわかりませんし、特に、期間による購読料の変更が無い新聞ですから、期間を長くする理由が、一般的には、良くわかりませんが、最初に行った契約方法を含め、質問者の認識を、先ずは、正直に、讀賣新聞本社にお伝えになられ、相談為されると良いと思います。

<問い合わせ先一覧>
 http://info.yomiuri.co.jp/contact/

<讀賣新聞購読料等>
 http://www.434381.jp/guide/#price

<讀賣おためし新聞:1週間無料購読>
 http://www.434381.jp/trial/

 販売方法は、各新聞社によって異なり、さらに、販売店によっても異なる場合があるようです。
 契約の解除をしたい特別な理由があっても、販売店の方にその理由が通らない場合、念のため、讀賣新聞の問い合わせセンターに申し出るのが、良いと思います。
 何故ならば、支払い拒否をする正当な理由があれば別ですが、質問者には正当に思える理由であっても、一般的には、正当な理由に当たらないとみなされた場合には、結局違約金のようなものも、加算されると、嫌ですものね。ただ、止むを得ない事情や正当な理...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報