つまらない質問なのですが、牛乳石鹸は牛の骨が使われていると聞いたのですが、本当でしょうか?

A 回答 (3件)

石鹸の中にコラーゲンを添加してあるものがあるそうです。


コラーゲンの原料は動物の骨です。ですから.場合によっては牛の骨が使われているかもしれません。
    • good
    • 0

牛乳石鹸の成分です。


石ケン素地  香料 乳脂  ステアリン酸  水  
酸化チタン  エデト酸塩

乳脂が入っているから、牛乳石鹸なのでしょう。

骨のようなものは入っていませんね。  

参考URL:http://www.cow-soap.co.jp/seibun/f_seibun.html
    • good
    • 0

「ミルク成分」配合で、牛乳石鹸という名前がついたらしいですよ…



だから、「骨」とは関係ないでしょう。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q牛乳石鹸での洗髪について。

質問をご覧いただきありがとうございます。
私は牛乳石鹸で洗髪をしているのですが、
洗い始めに髪がギシギシしてしまいます。
そこで、いつもピュアナチュラルというシャンプーで髪を洗い、
一旦流し、その後に牛乳石鹸で頭皮を洗います。

ここで質問です。
洗い始めに、シャンプー以外で髪の指通りを良くする方法はないでしょうか?

Aベストアンサー

指通りを良くするには、洗髪前のブラッシングが有効です。

毎日洗髪をしているのでしたら、2度もシャンプーをしたら
洗い過ぎで油分が無くなり、余計にギシギシになってしまうので1回で充分です。

シャンプー後は石鹸リンス・レモン・酢などでサラサラになりますよ。

Q【化学】「石鹸には油脂と塩基が必要」だそうです。 牛の尿石鹸には石鹸に必要な油脂と塩基が足りないと言

【化学】「石鹸には油脂と塩基が必要」だそうです。

牛の尿石鹸には石鹸に必要な油脂と塩基が足りないと言う。

丁度、牛脂があるのでこれで神戸牛、松坂牛の草しか食べていない和牛の尿に牛脂を足して油脂はカバー出来ると思う。

で、塩基って何ですか?

塩基って塩を入れたら良いですか?

神戸牛尿石鹸は放牧牛の尿と牛脂と伯方の塩を入れたら牛尿石鹸の完成ですか?

塩基の説明と塩基の石鹸に使う塩基のオススメを教えてください。

Aベストアンサー

>塩基って何ですか?

簡単に言うと、ブレンステッドの定義によれば「塩基とはプロトンH+を相手から受け取ることのできる物質」のことです。

>塩基って塩を入れたら良いですか?

質問の意味が分かりませんが、多分良くないと思います(笑)

>神戸牛尿石鹸は放牧牛の尿と牛脂と伯方の塩を入れたら牛尿石鹸の完成ですか?

完成しないと思います。(笑)

>塩基の説明と塩基の石鹸に使う塩基のオススメを教えてください。

塩基の説明は先にしました。石鹸に使う塩基のオススメは、水酸化ナトリウムです。

Q牛乳石鹸って?

つまらない質問なのですが、牛乳石鹸は牛の骨が使われていると聞いたのですが、本当でしょうか?

Aベストアンサー

石鹸の中にコラーゲンを添加してあるものがあるそうです。
コラーゲンの原料は動物の骨です。ですから.場合によっては牛の骨が使われているかもしれません。

Q本当に合成洗剤よりも石鹸の方が身体に安全ですか?

宜しくお願いします。

他のカテで同様の質問をしたのですが、回答がつかなかった為、
改めて、こちらのカテで質問させて頂きます。

カテ違いでしたらスミマセン。


合成洗剤よりも石鹸の方が身体に安全、という話がありますが、
その話は本当に根拠のある話なのでしょうか?

石鹸の方が、すすぎに時間がかかるような気もしますし(すすぎ残しの心配)、
本当に石鹸の方が身体に安全なのか疑問に思っています。

どなたか詳しい方、教えて下さい。

ご回答お待ちしてます。

Aベストアンサー

石鹸の成分をご存知でしょうか。
天然の油脂をアルカリで加水分解したものです。
テンプラ油の廃油を使って石鹸を作るというニュースはよく見かけるものですからテンプラ油も石鹸の材料になるということは理解できるはずです。牛肉や豚肉の脂でも作ることができいますが植物油を材料にしていることが多いです。普通に食物として摂取している油脂が材料になっています。単に「天然に存在する材料」というのではありません。

油脂は高級脂肪酸のグリセリンエステルです。生物由来の油脂の脂肪酸は枝分かれがありません。炭素の数が偶数です。体内で油脂が代謝される場合もこの条件が前提になっています。合成された枝分かれのある脂肪酸は代謝のプロセスにうまく乗ることが出来ません。

合成洗剤の出始めたころ、洗剤を含んだ下水が流れこんだ川が泡で覆われてしまって大きな問題になりました。その当時の洗剤の主成分がアルキルベンゼンスルホン酸のナトリウム塩でした。ABSといいます。枝分かれが多くて生分解が遅かったのです。その後枝分かれの少ない直鎖型のABSに変わりました。LASといいます。かなりましになっています。それでも下水に流れた石鹸が1時間で分解されるのに対してLASは1日かかるというぐらいの差がありました。最近はこのLASも使わなくなっているようですね。洗剤の箱を見ると成分の1つに石鹸分(脂肪酸ナトリウム)という表示がありました。

洗浄に使った海面活性剤は必ず洗われたものの上に付着して残ります。食器を洗えば食器に残ります。シャツやタオルを洗えばシャツやタオルの上に残ります。料理に食器を使えば口に入ります。石鹸でも合成洗剤でも必ず口に入ってくるという前提で考える必要があるでしょう。

天然の油脂と同じものを合成で作ることは出来ません。普通に作れば多分収率は%のレベルだろうと思います。コストと時間をかければもう少し上がるかもしれません。でもppmのレベルで不純物をコントロールすることは出来ないだろうと思います。でも生物に対する影響はppmレベルで効いてきます。ppmのレベルで含まれている物質のコントロールは製造方法を変えることでしかダメだろうと思います。
主成分が同じでも不純物が異なれば別のものだと考えるほうがいいようです。

石鹸の成分をご存知でしょうか。
天然の油脂をアルカリで加水分解したものです。
テンプラ油の廃油を使って石鹸を作るというニュースはよく見かけるものですからテンプラ油も石鹸の材料になるということは理解できるはずです。牛肉や豚肉の脂でも作ることができいますが植物油を材料にしていることが多いです。普通に食物として摂取している油脂が材料になっています。単に「天然に存在する材料」というのではありません。

油脂は高級脂肪酸のグリセリンエステルです。生物由来の油脂の脂肪酸は枝分かれがあ...続きを読む

Q牛乳石鹸

「牛乳石鹸、良い石鹸」のCM、牛のマークでおなじみの牛乳石鹸。

これって「赤箱」「青箱」ってあるのですが、何か違いがあるのでしょうか?
(白箱もあったかな?)


ご存知の方、教えて下さい。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

赤箱はしっとりとした洗い上がり。
青箱はさっぱりとした洗い上がり。

Q牛乳パックの牛乳は飲む前に振るのが常識ですか?

飲むときにジュースは振らないと沈殿します。オレンジジュースでもなんでも振って飲みます。
なぜ牛乳は振らないで飲めますか?
下に栄養分(カルシウム)が沈殿しませんか?均等にカルシウムがありますか?
もしかして牛乳パックは飲む前に振るのが常識ですか?

Aベストアンサー

市販されている大半の牛乳は「ホモジナイズ」という、脂肪の粒を細かくする処理がなされています。
普通、ホモジナイズされた牛乳では成分は分離しません。

ホモジナイズされていない牛乳(ノンホモジナイズ牛乳(ノンホモ牛乳))では、脂肪分(クリーム)が浮いてきます。
振って飲むか、クリームを別に利用します。

というわけで、脂肪分は分離しますが、カルシウムが分離するという話は聞いたことがありません。

Q牛乳石鹸がうまく泡立たない…オススメの泡立て法を教えてください

ここで薦めてもらって洗顔用に牛乳石鹸の赤箱を買ってきたのですがうまく泡立ちません。
洗顔クリーム(市販の男性用)を使っていたときは手に1~2cmくらい出して泡立ちネットを使って時間をかけてやると結構きめ細かい泡が両手で隠せないほどできたんですが牛乳石鹸だとどんだけやっても気泡が明らかに見えるくらいの泡しかできませんでした。
せっかくいいのを使ってるのにこんな泡じゃダメですよね。
何かいい石鹸の泡立てかたってありますか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私はそんな良い石鹸ではないのですが、固形の牛乳石鹸を使っています。
石鹸を泡立てるときに、例えば手が汚れていたりすると菌でうまいこと石鹸は泡立ちません。
なので石鹸を泡立てる前に手を石鹸で洗って「キュッ」とさせます。
あとは、泡立てる時に水の分量が多いか泡立てネットのアミ?!の目がその石鹸には大きいということが考えられます。

泡立てネットで石鹸を泡だてる時に、一度ネットをぬらした後に絞って石鹸をつけます。そしてくるくると泡立てつつ またネットを絞ると結構水が出てきます。泡立てて水を切る、の繰りかえしを2、3回するとキメの細かい泡ができます。

あとオススメなのですが、東急ハンズに売っている 「美肌コロコロ 美男美女」という泡だってネットは物凄くキメの細かい泡が上記の泡立て方でできますよ。

Q【化学】「石鹸には菌は1つもいないんでしょうか?」 それとも石鹸の表面や中には菌がうじゃうじゃ繁殖し

【化学】「石鹸には菌は1つもいないんでしょうか?」

それとも石鹸の表面や中には菌がうじゃうじゃ繁殖しているのですか?

石鹸は殺菌作用があるので菌はいない気がします。

ボディー用の固形石鹸の話です。

液体タイプは液体石鹸に菌は繁殖しませんがボトル上部に出来る空間に菌が繁殖してカビが発生しますよね。カビだけなのでしょうか。

Aベストアンサー

石鹸は、基本は「界面活性剤」です。2つのもの(たとえば「親水性」のものと「親油性」のもの)を混ぜ合わせ、溶け合わせるもの。

追加で「殺菌作用」のある物質を加えれば「殺菌」効果も持ちますが、「界面活性剤」だけであれば殺菌効果はありません。
石鹸の成分には「動植物性油脂」が含まれますので、生物にとっては「栄養」になりえます。なので、カビが生えたり菌が繁殖したり、昔であればネズミにかじられたりしたものです。

Q牛乳石鹸の青箱

3年前には洗顔、体洗う石鹸として愛用していたんですが、無添加にこだわりだし使わなくなりました。

アイボリー石鹸が手ごろな値段で手に入らなくなり、牛乳石鹸の青箱に戻ろうと思うのですが、成分で危ないものとかは、入っていたりしませんよね?
(私の知る限りではエデト塩が刺激物質という以外は、ないと思うのですが)

以前は完全無添加生活でしたが、今は髪は牛乳石鹸社の無添加シャンプーを使っています。

Aベストアンサー

危険とまでは言い切れないのですが、香料に敏感な人にとって
香料が刺激物質になることがあると思います。
その他の成分は、主に石けんかすをできにくくする為に入れてある、と
聞いたことがあるんですが、その効果は実はあまり期待できないという意見もありました。

前に使ったことがあって、特にトラブルを感じなかったのであれば
神経質にならずに思い切り使える、使いやすい石けんのひとつだと
私自身も愛用しております。なんといっても安いですし。
でももしも「完全無添加」タイプにこだわりがおありでしたら
積極的に薦める商品でもないかもしれません。
私はそのあたりを割り切って使用しています。香りも嫌いではありませんし。
質問者様の参考になれば幸いです。

Q【化学・尿】尿で石鹸を作ったらどうなりますか? 尿には尿素が含まれているので尿で作った石鹸には抗菌作

【化学・尿】尿で石鹸を作ったらどうなりますか?


尿には尿素が含まれているので尿で作った石鹸には抗菌作用があると思います。

さすがに人間の尿で石鹸を作ったら誰も使いたがらないので草食動物の牛の尿で作った石鹸を作ったら良いと思います。

人間の尿と違って尿に糖分も含まれてないだろうし放牧牛の尿石鹸売ってたら買いますか?

多分、放牧牛の尿石鹸には抗菌作用があるので人間の身体を洗う石鹸として問題ない気がします。

ダメですかね?

本当は人間の尿石鹸が作りたいんですけど甘い糖分入り尿石鹸だと体を洗って甘い匂い付きになるかも。甘い匂いがするなんて良くないですか?

ちゃんと洗えるならですけど。

Aベストアンサー

石鹸の主成分って何だか知ってますか?

脂肪なんですよ。
尿に脂肪、どの位入っているでしょうか?

わからない、あるいは嘘だと思ったら、クラスの先生に聞いてみよう。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報