こんにちは
まえから疑問なのですがタイヤの中に最近ガス入れたり流行ってますが
タイヤは全部中身がゴムやとどうなんですか?
うちが思うには・・・パンクせえへんからええのでは??(笑
何か問題があってチューブ入れたり空気やガス入れてるのでしょうか?

それとタイヤのゴムの厚さって何か規格があるのでしょうか?

よろしくお願いします

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

 人類最初の車輪は木や銅、鉄などの金属で非常に硬い材質でしたし、その後摩擦力やクッション性を考慮する様になっても、しばらくは皮ベルトやゴム板をクギで打ち付けただけのモノでしたが、しかしイギリスのダンロップさんが空気入りタイヤを発明し、ミシュラン兄弟が量産に成功すると、瞬く間に空気入りタイヤが常識となってしまいました。



 それほど空気入りタイヤにはメリットがあるのか?この話には、容易に思いつく乗心地の向上とゆぅ振動面のメリット他に、実はかなり運動力学的な理由があります。
 うぅ~む、ホントは目の前でグラフを書きながら御説明したいところなんですが・・・・文章での説明でどこまで御理解頂けるか・・・・。

 タイヤの性能と言ったらまずは摩擦力の事ですが、例えば旋回時の遠心力に耐える摩擦力は、タイヤがちょっと滑っている(=スリップアングルが発生している=タイヤの向きより外側に走って行く感じ)時に最大の力となります。
 これはゴムタイヤに限らず、転がりながら転がる方向と直角方向の力(=遠心力)に耐える物体(いわゆる車輪全般です)であれば必ずこの様な傾向を示しますが、ソリッドと空気入りではその特性がちょっと違います。

 転がっているタイヤに横方向の力(=旋回中の遠心力に相当)をかけて行くと、段々横滑りが大きくなりながら、横力に耐える力(=遠心力に耐える力=反力)が大きくなります。更に横力をかけて行くと、あるスリップアングルを越えたところで、タイヤがスパーッとほとんど真横に滑ってしまいます。ちょうど見た目には、静摩擦の世界から動摩擦の世界に入った感じです。中学の物理?で習った現象ですね(実際にはタイヤは回転しているので、学校で習った摩擦の世界とはちょっと違いますが、見た目はよく似ている、とゆぅ事です)。

 さて、ソリッドタイヤでこの実験をすると、スリップアングルが付き始めるといきなりスカーッと横に流れてしまいます(つまり、『踏ん張り』がほとんどありません)。ところが空気入りタイヤなら、ズリズリ滑りながらも執拗に反力を出し続けます。
 これから、ソリッドタイヤより空気入りタイヤの方が摩擦力の限界が掴み易く、しかも過大なスリップアングルが発生している状況でも、よりコントロールし易い事が容易に想像出来ます。
 これは中に空気が入っているタイヤ独特の特性で、この特性が無ければ、現代のクルマはブレーキを踏んだり旋回したりが大変不安定となり、『おっかなびっくり』な乗物となっていたでしょう。勿論、とうふ屋の小僧は峠の下りでドリフト勝負など出来ませんし、ハチロクが歴史に残る名車となる事もなかったでしょう!

 さて、ここまで読み進めると、ある点にお気付きだと思います。「それなら空気と同じ様な特性の合成樹脂を発明して空気の代わりに充填すればパンクしないタイヤが出来るのでは?」・・・・そこでミシュランは、ラリーレイド(パリ~ダカなどの長距離ラリー)に出場するバイク用に、ムースタイヤとゆぅモノを開発しました。
 これは「ムース」とゆぅ名の通り、カナダのトナカイを・・・・じゃなくて(^-^;)アワアワ、フカフカしたムース風の特殊な材料をタイヤにキッチリ押し込んだモノで、当然パンクしません。
 荷物満載でスペアタイヤなど積む余地がなく、ライダーは誰も極限まで疲労しきっているラリーレイドのバイクに於いて、パンクしないとゆぅのは大変な武器ですが、一般用ロードタイヤとして市販はされていない様です。恐らく、摩擦係数が高い舗装路では、やはり空気入りタイヤとは明確に違う特性のタイヤしか作れなかったのではないか?と思われます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございます
振動面やコストだけやないわけですね
旋回時の遠心力に耐える摩擦力は空気入りタイヤは踏ん張りが利くのに対して
ソリットタイヤは踏ん張りがきかへんわけですね
空気入りタイヤの反発力はタイヤの空気の力が関係しているわけですね
ソリッドは固いため反発力が無いわけですね

ムースタイヤ・・市販されてへんのですか
なるほど~
次回のラリーはバイクも要チェックします

また教えてください

お礼日時:2001/09/25 06:28

参考までに


荷役機械のフォークリフトやプラッターの場合、空気が入っていない全部ゴムのタイヤが一般的です。
タイヤの溝が減っても、タイヤの径が小さくなっても走り続けられます。乗り心地は確かに良くありませんが、フォークの動きがダイレクトで荷細かい荷役作業には有利です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございます
フォークリフトなどは全部ゴムのタイヤなんですか
面白そうですよね
一度乗ってみたいです(笑

そういえば公園などによくジャンボジェットのタイヤありますよね
あれも大きくて・・・でもあれは空気入りでしたね

また教えてください

お礼日時:2001/09/25 06:38

 すみません。

も一つ御質問がありましたね~。

>それとタイヤのゴムの厚さって何か規格があるのでしょうか?

 タイヤは、(財)日本自動車タイヤ協会によるJATMAとゆぅ規格があり、ゴムの厚さはJATMAの空気圧-負荷能力の規格に沿って決められています(ゴム厚そのものを規制する規格はありません。負荷能力がOKであればゴム自体は薄い方が乗心地上有利です)。

 負荷能力(=耐荷重)は普通、心材を重ねる枚数(プライ・レイティング)を増やして強化しており、乗用車系では4プライ、2~4トンクラスのトラックでは6~12プライ、更に大型バスや10t以上のトラックでは24プライ、なんてのもあります。
 プライ数が多ければ必然的にタイヤ全体のゴム厚も厚くなり、当然しなやかさが失われ、乗心地が荒くなり、路面追従性も損なわれます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

2回も有難うございます
よくタイヤのカタログ貰うのですが
乗用車用とRV用やトラック用などなど・・ありますよね
なんとなくRV用などパンクしにくくてええ感じの物が
多くて履き替えの時など試してみたくなります
トラックは乗用の2~3倍の厚さなんですね
しなやかさが失われるわけですか~なるほど

また教えてください

お礼日時:2001/09/25 06:34

車ではないのですが、自転車にはそのようなタイヤがありますよ。



タイヤの中身がウレタンのようなものになっていて、釘が刺さってもパンクしないのです。(空気が入ってないからパンクという概念がない)

中身がウレタンというのがポイントです。これなら柔らかいのでショックを吸収してくれますし、軽量です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございます
自転車のタイヤにウレタンですか
それええですねー
自転車ってよくパンクしますよねー
うちもウレタン入れてのってみようかなぁ~~

また教えてくださいね

お礼日時:2001/09/25 06:10

あと、スーパーボールみたいにポンポン跳ねて制御できなくなるかも。


ガスって、窒素ガスのことですよね。
窒素は、自然に抜けにくいということと、温度変化による膨張変化が小さいので、圧力変化が起きにくいというのが利点ですね。
でも、月に1度も空気圧チェックしない人が入れても、意味ないかも(笑)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございます
スーパーボール!!
あんな具合に車が跳ねたら・・楽しいですよね~~(笑

窒素ガスは圧力変化が起きにくいということですね
解りました
でも2000円位かかりますよねーー
勿体無いから・・・パスですよね

また教えてください

お礼日時:2001/09/25 06:07

私も以前、タイヤの中身が全部ゴムだったらいいのにと思った事があります。

そうしない理由は、クッションが悪くなる・重くなる・コストが高くなるって事だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます
やはり思ったこと在りますか~~(笑
パンクせえへんから自転車などやと便利ですよね~

重くてクッション性やコストが問題なんですか
なるほど!

また教えてください

お礼日時:2001/09/25 06:03

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q6月からの高速料金値上げ

6月からの高速料金値上げ

色々もめていますが、結局まだ見通しがつかないままなのでしょうか?
それとも6月から値上げは実施なのでしょうか?

Aベストアンサー

既にTVなどのニュースで報道されています。

6月の実施は無理と言う事です。
その先いつになるかは、既に、国土交通大臣は何も言わず、国会にゆだねる。とだけ言っており、事実上、投げてしまったという形になっています。

現実的に未だ審議にも入っていませんし、衆議院が終わっても参議院が有ります。
また法律で変わったとしても、次は、高速道路会社が対応するシステム変更を行わなければ対応できません。

ニュースなどの中では、来年の3月末までに決められればなんて話も出ているくらいです。
現実的に無茶な日程だったんですよね。

Qタイヤのパンク修理後の交換についてアドバイスを下さい。

タイヤのパンク修理後の交換についてアドバイスを下さい。
先日、家族にタイヤの空気抜けていないかと指摘を受けまして、ガソリンスタンドでエアーを入れに行ったら、やはりパンクしていました。

左後輪のタイヤの接地面にビスのようなものが刺さっていました。

その場でパンク修理を依頼し作業してもらい終わりました。
車のパンクは初めての経験なのですが、このまま乗り続けて宜しいものなのでしょうか?それとも至急交換するべきなのでしょうか?

安全面を取ったらもちろん後者だと思うのですが、資金不足で辛いです。

Aベストアンサー

裂けるようなキズとか、サイドヲールでも無く、単に刺さっていたビスを抜いた程度であれば全く問題無い。

Q煙草の値上げは6月から?

変な質問かも知れないのですが 今朝家の近所で煙草を今までの値段の280円で購入しました。
たまたま出先で煙草を買いに行ったら自販機で300円になっていてそのあたりではそこしかなかったのでそこで300円で購入。
変だ?と思ったけど 値上げは7月から?と聞いていた気がしたので。
それって変ですよね? それともそれが正しいのかな?
愛煙家の皆さんどちらなんでしょうか。
気になって仕方が無いです。

Aベストアンサー

>自販機で300円になっていて

その自販機の、お店のオーナー(所有者)。ひと月早めて、価格チェンジしたのか?
7月1日からなのに、 故意なのか、勘違いでセットしたのか
疑問が沸々・・・・
面倒だから、20円はいいや。 と諦めるか?
されど20円と思って、自販機連絡先に電話し、文句の一つも言ってみるか?

Q車のタイヤはチューブレス?

先日TVでジャパンラリーの放送でタイヤをホイールにはめるシーンを見たとき私が「車のチューブはさすがに自転車のチューブより太いね」と父に言うと、父は「今の日本の車は全部チューブレスだ!パンクしても自分でパンクの穴を埋めてしまう黄色いゴムを使った凄いタイヤもある。」
と言いました。本当でしょうか?
質問です
(1)国産車は全部チューブレスですか?
(2)私の乗っているムーブもチューブレスですか?
(3)ラリー車のタイヤにチューブを入れていたのはレース用のタイヤだから?それとも外車だから?私が見た車はプジョーでした。
(4)パンクの穴を自分でふさぐタイヤって本当にあるの?
(5)もしあればメーカーと商品名を教えて下さい。今度ムーブのタイヤ交換するときにそのタイヤつけてみたいです。

Aベストアンサー

(1)国産車は全部チューブレスですか?
(2)私の乗っているムーブもチューブレスですか?
これはホントでしょう。
中・大型車については、チューブを使うタイヤがですが、乗用車・ミニバンクラスは、ほとんどチューブレスです。

(3)ラリー車のタイヤにチューブを入れていたのはレース用のタイヤだから?それとも外車だから?私が見た車はプジョーでした。
ラリー競技用に開発したタイヤでしょうから安全を考えてそのようにしています。
この場合の安全というのは、確実に整備できる場所までは走られるようにしているという意味です。

(4)パンクの穴を自分でふさぐタイヤって本当にあるの?
(5)もしあればメーカーと商品名を教えて下さい。今度ムーブのタイヤ交換するときにそのタイヤつけてみたいです。
今の乗用車クラスのタイヤでしたらたいていそのようになっていると思います。
ですから、タイヤに釘等が刺さってもある程度は走ること出来ますし、
気が付いたらそのままの状態にしてパンクの修理の出来る場所まで走るか、
応急タイヤに変えてパンク修理してもらうしかないでしょう。
仮に釘を抜いてしまうと、釘等の刺さっている部分がわからなくなり、自然と空気が抜け
最悪の場合バーストする危険性があります。
ですから、釘等はそのままにして、修理を依頼してください。

また、今のタイヤは、応急タイヤを搭載しないためにパンクして空気が抜けきっても、ある程度走行できるようにしている製品もあります。

(1)国産車は全部チューブレスですか?
(2)私の乗っているムーブもチューブレスですか?
これはホントでしょう。
中・大型車については、チューブを使うタイヤがですが、乗用車・ミニバンクラスは、ほとんどチューブレスです。

(3)ラリー車のタイヤにチューブを入れていたのはレース用のタイヤだから?それとも外車だから?私が見た車はプジョーでした。
ラリー競技用に開発したタイヤでしょうから安全を考えてそのようにしています。
この場合の安全というのは、確実に整備できる場所までは走られるように...続きを読む

Q2010年6月18日から利息制限法が改定されますよね?そこで質問なんで

2010年6月18日から利息制限法が改定されますよね?そこで質問なんですが、

例えば、今月の支払い

2010年6月1日~6月30日までの1ヶ月ですが

この場合6月18日まで29,00%で

6月19日からが18,00%になるのですか?

それとも、6月18日になった時点で6月分の利息が

18%に変更されるのですか?

日割り計算なのか月額の利息なのかがわかりません。
詳しい方教えていただけませんか。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

> 利息制限法が改定されますよね?
18年に改正されたものが、施行になります。

> 例えば、今月の支払い
今回の改正は、「貸金業規制法」の改正による矛盾を無くすためのもので、質問の状況には一切関係がありません。

> この場合6月18日まで29,00%で
貸金業規制法違反です。今年の6月1日から、施行となっています。
法律というのは遡及適応されないから、契約形態に異存はします。
が、普通のカードローンであれば、その業者を通報すれば、行政処分が下り、18%以下になるはずです。
闇金ということなら別ですが。

Q通常販売されている自動車のタイヤはほぼチューブレスみたいですが理由は?

いつからチューブレスになったんですか?

でもパンクしますよね????

______________

車のタイヤはチューブレス? - 国産車 解決済 | 教えて!goo
<https://oshiete.goo.ne.jp/qa/1051366.html>

Aベストアンサー

>いつからチューブレスになったんですか?

 随分昔の話です。
 自分が知る限りでは、日本では`70年代初頭にチューブレス化が一気に進行しました、とするとガチで40年以上前の話ですね。およそ35年前の`80年頃には、チューブ入りは既にトラック・バスか360㏄時代の軽自動車の分割ホイール用ぐらいで、乗用車用タイヤはチューブレス&ラジアルの普及が完了していました。(更に現在では、極一部で生き残っている小型トラックの分割リムにチューブが残っているだけで、殆どのトラック、バスタイヤもチューブレスになっています。)

>でもパンクしますよね????

 国産チューブレスタイヤが発売され始めた頃、『パンクレスタイヤ』などと宣伝されましたが(現在60代半ば以降の方々には懐かしい話でしょう)、実際には御指摘通りパンクします。

 ただそのパンクの状況と言いますか『空気が漏れている状態』が、チューブとチューブレスでは大きく違います。
 チューブレスタイヤの裏面は、その面だけで空気圧が保持出来る様に気密材を使っている為、クギ等の異物が刺さって内部まで貫通しても、タイヤ内面の気密ゴム材が刺さった異物をキツく『取り囲んで』異物と穴のスキマを埋め、空気が一気に抜ける事を防ぎます。(チューブレスでは、異物を抜かない限りタイヤが急激に減圧する事はありません。)

 これがチューブ入りだと、中に入っているチューブはペラペラのゴムの為に異物でカンタンに穴が空き、そこから空気が盛大に漏れます。
 ちなみにチューブレスタイヤにチューブを入れて使う事も可能で、例えばラリータイヤでは、ビード部の『小石の噛み込み』によるエア漏れを防ぐために、チューブレスラジアルにチューブを入れる事があります。
 こういう使い方だと、異物の踏み抜きによるパンクに対してチューブレスと同じ条件となる様な気がしますが、しかし残念ながら異物の踏み抜きに関しては、やはりチューブが入っているとパンク時の空気の抜けが早まります。
 例え刺さった異物をタイヤが強力に保持して抜けない様にしても、内部でチューブに穴が空き、チューブとタイヤのスキマに一気にエアが漏れてしまいます。(タイヤとチューブの間に漏れたエアは、チューブのエアバルブが貫通しているホイールの穴から外に漏れ、結果、タイヤの空気圧が急激に減少します。)

 これこそがチューブレスをして『パンクレス』と言わしめた機能であり、ランフラットやパンク穴の修復剤が入っていなくても、既にチューブ入りよりパンクにかなり強いというワケです。

 尚・・・実際のところこのパンク耐性は、耐貫通性が高く、また異物が刺さってもそれを保持するチカラが強いスチールベルトを内蔵するラジアルタイヤでより顕著であり、『パンクレス』と称して売られたタイヤはスチールベルトを持ったラジアルのチューブレスでしたが、タイヤ内面の気密構造による空気圧の抜け難さはバイアスのチューブレスでも等しく期待出来ます。
 バイアスもチューブレスが開発された事により、パンクに強くなったのは確かです。何れにしろこの『パンク耐性』という面で、チューブタイヤは滅びる運命にあったと言えるかもしれません。

 ちなみに、全くの余談ですが。

 よりパンクに強いタイヤの研究は、チューブレスの普及と同時に既に進行しており、パンク対策が施されたタイヤがチューブレス普及に合せて市販されました。
 そのうち、`70年代中頃にブリヂストンが発売した『マクシール』タイヤは画期的で、タイヤに刺さった異物が脱落しても(多くの場合遠心力で抜け落ちます。故にタイヤに異物が刺さっている事を発見したら、急激にエア圧を失わない様にタイヤの回転数を上げない=スピードを出さない様に走行する必要があります)、タイヤ内面に塗られた黄色いシーリング材が穴を塞ぐというものでした。

 これは結構よい商品だと思いましたが、何故かあまり売れずに市場から消えました。当時のチューブレスタイヤの宣伝『パンクレス』を真に受け、多くのヒトが自己パンク修復機能を不要と見做したのかもしれません。
 パンクの自己修復の効果は限定的(クギ状の異物によるトレッド面のパンク以外は完全にエア漏れを塞ぐ事は出来ません)でしたが、穴が完全に塞げなくても走行不能になるほどの空気圧低下までの時間を稼ぐ効果は十分あり、全てのタイヤにこの機能を追加してもいいんじゃないか?などと当時は思いましたが・・・
 最近、似たような機能のパンク防止剤(パンクした時に充填するパンク修理剤ではなく、事前にタイヤに入れておいてパンクを未然に防止するもの)が、クルマだけでなくバイク用や自転車用も販売されていますが、これはBSマクシールよりも優れた機能になっているというより、単にBSが取得する関連特許権が全て切れたから(特許は、日本を含む先進国の多くで25年しか保護されません)、と思われます。

>いつからチューブレスになったんですか?

 随分昔の話です。
 自分が知る限りでは、日本では`70年代初頭にチューブレス化が一気に進行しました、とするとガチで40年以上前の話ですね。およそ35年前の`80年頃には、チューブ入りは既にトラック・バスか360㏄時代の軽自動車の分割ホイール用ぐらいで、乗用車用タイヤはチューブレス&ラジアルの普及が完了していました。(更に現在では、極一部で生き残っている小型トラックの分割リムにチューブが残っているだけで、殆どのトラック、バスタイヤもチューブレスに...続きを読む

Q高速道路、6月に、上限1000円

高速道路、6月に、上限1000円

http://wakura-kinpaso.jp/index.html
民主が、6月から、高速1000円となるというので、4月に、ここに、家族4人の予約を入れたのですが、6月からの高速1000円は、新聞に、先送りになるようなことが、書いてあったのですが、6月からの高速1000円も、民主のお家芸の「公約破り」なんでしょうか?
ちなみに名古屋から、出発予定です。

Aベストアンサー

民主の「公約破り」ではないですよ!
公約は「段階を経て高速無料化」ですから・・・・
この段階の所の割引制度見直しを6月から実施予定・・・と言っただけです。
(関係ないけど、公約でダムを作らないと言ったのに、作れという国民もどうかな???)

そんな事を言っても法案が通らなければ何ともなりません。
前向きな考えで、どうやって安く行くか???では・・・

何処を通るか?ですが、
東海北陸を通るなら、
一宮からひるがの高原SAスマートICまでが100km圏内
ひるがの高原SAスマートICから小矢部東までが100km圏内
小矢部東から高岡までは有料道路ですので高速とは関係なし

午前6時から9時までの間に、
ひるがの高原SAスマートICを出てETCカードを2枚目にして入りなおすと
通勤割引で半額・半額になります。
カードが1枚なら、通勤割り引きの半額と平日昼間割引を使うようにして3割引
なんて事も考えられます。

また白鳥から九頭竜を抜け白峰峠(157号)を通って金沢を抜け
能登道路を使って・・・・って事も・・・
これだと高速代も少なくなります。

私も軽(ハイゼットバン)で往復400kmほど走って釣りに行って来ますので、
それほど疲れることも無いと思いますよ!!!

民主の「公約破り」ではないですよ!
公約は「段階を経て高速無料化」ですから・・・・
この段階の所の割引制度見直しを6月から実施予定・・・と言っただけです。
(関係ないけど、公約でダムを作らないと言ったのに、作れという国民もどうかな???)

そんな事を言っても法案が通らなければ何ともなりません。
前向きな考えで、どうやって安く行くか???では・・・

何処を通るか?ですが、
東海北陸を通るなら、
一宮からひるがの高原SAスマートICまでが100km圏内
ひるがの高原SAスマートICから小矢部東まで...続きを読む

Qタイヤのゴムが削れちゃって…

夜間走行中、誤って縁石にぶつかってしまい、左前のタイヤの側方が削れてしまいました。(その後も普通に走ってます。)買って2週間なので、ショックなのですが、いますぐ修理する必要はありますか?また、修理するならするで、何かを買って自分で出来る修理の方法があれば、教えてください!!

Aベストアンサー

お話の限りでは大丈夫です。
タイヤのサイドは表面のゴムではなく、中のナイロンコードで強度を保っています。
表面のゴムが切れても中のコードが切れていなかったら、問題ありません。
もし、中のコードが切れていたら内圧で、コードが切れている箇所が膨らみます

Q「6月2日をもって」は6月゜2日は入りますか?

「6月2日をもって取扱を中止します。」との表現の場合、6月2日から取り扱いをしないの意味ですか? それとも6月2日まで取り扱いをいしているの意味ですか?

Aベストアンサー

以っては用いての意味があり,それを含みます.
したがって,6月2日は従来継続していた「取り扱いの満了日」となり,6月3日からは取り扱いしないことになります.
数学でも100以上は100を含むことになっています.
他に,6月1日を以って満30歳になりました,という場合は6月1日を含む以降は29歳ではないということですね.

表現上は誰にとってもまぎらわしいので,例えば,「2005年6月30日(または月末)限りで終了」のような表現にすべきでしょう.

Q自分でクルマのタイヤ交換(組み込み)をしたのですがゴムバルブも切れてい

自分でクルマのタイヤ交換(組み込み)をしたのですがゴムバルブも切れていました。ゴムバルブも交換しようとやったのですが取れなくなる所まで付けられなかったので抜けて取れてしまいました。取れなくなる所まで付ける方法ありますか?
補足=タイヤを外したときビートの部分に接着剤が付いているようでした。接着剤の意味は有りますか?やらなくても良いですか?
分かる方、詳しい方、アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

すみません、いなかのくるまや寝ぼけてました。

>エア漏れもなかったのなら

これはなしですね。
なにしろバルブが抜けちゃったわけですからね・・・。
やっぱり今回は別の車で近くのタイヤも扱ってるスタンド
あたりに駆け込み寺的に持ち込むしかないでしょう。

バルブ装着は「専用工具」なしではうまくいきません。
そいでもってその工具はどこにも売ってるものでもありません。
なにしろタイヤ組み付けDIYなんてまずやりませんからね~。

DIYチャレンジ精神旺盛なあなたはエラい!!

さぁ、あと一歩!!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報