最新閲覧日:

え~とですね、普通、物質の液体の状態って言うのはある程度分子間力が効く状態で、水は4℃の時に密度が1g/cm^3じゃないですか。問題は、水が固体になった時で、その状態というのは温度が下がって、分子の動きが鈍くなり分子間力もかなり働いてギューギュー状態になるにも関わらず、体積が増えて密度が1よりも下がる(99.8ぐらいだったかな?)じゃないですか?表面張力となにか関係があるんですか?できれば、表面張力についても教えてください!すごい疑問に思ったので、詳しく教えてください♪

A 回答 (1件)

> 分子の動きが鈍くなり分子間力もかなり働いてギューギュー状態になる



 これが違っています。氷(結晶)になる事は,規則的な構造をとる事になり,水分子同士の間に隙間が生じます。ですので,水よりも「体積が増えて密度が1よりも下がる」事になります。

 詳しくは,過去質問(「QNo.43905 水の密度」↓1番目,「QNo.43641 水は固体になると・・・」↓2番目)の回答をご覧下さい。

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=43905, http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=43641
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございました♪
水の惑星である地球で、最も身近な「水」はけっこう特殊な物質だったんですね!
とても興味深かったです!

お礼日時:2001/09/25 21:26

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ