アメリカ経済がこれからどのようになっていくか、なかなか予想がつきません。アメリカが風邪を引けば日本は肺炎にかかるような状況で、為替相場はどのように変化していくのでしょう?円安で推移するのでしょうか?それとも・・・・
なかなか判断のポイントがつかめなくて困っています。よきアドバイスをお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

ご質問の趣旨は何でしょうか。

あなたは貿易関係のお仕事をしていらっしゃいますか?もしそうであれば輸入にせよ輸出にせよ、為替予約を取られることをお勧めします。

為替相場は需給関係で決まります。二国間の金利差や経済発展状況などが材料になるとよく言われますが、そんな材料は後講釈に過ぎません。現に誰かが買って、誰かが売るのでそこで相場が形成されています。

つまり相場というのは売りと買いのぶつかり合いなのです。売り手は「今のうちに売らないと下がってしまうかも知れない」という心理、買い手は「値上がりする前に買っておきたい」という心理。どちらが正しいかはすぐに結果がでます。

売りと買いは常にどちらかが間違っているのです。相場というのは間違いと間違いのぶつかり合いで成り立っています。大げさにいうと世界の半分の人は間違った取引をしています。相場で勝ちつづけることはあり得ません。為替相場で失敗して大損を出すことは珍しくありません。しかもその道のベテランがやるのです。

たとえば大和銀行はニューヨークで為替で大損をして、海外支店閉鎖に追い込まれました。山一證券は株の失敗が原因で倒産しました。ここまでひどくなくとも第一勧業銀行のシンガポール(香港だったかも?)では為替で失敗して世界中に有名になりました。有名商社でもこの手の話題はいくつもあります。

あの人なら任せて安心というプロでも大損します。

もしあなたが外貨預金とか、オプションつきの商品などで利益を得ようとしているなら、おやめになることをお勧めします。こういう商品はアゲインストに振れたときにそれをカバーする手段がありません。多くの場合、だまって損をするのを見ているしかありません。素人が手を出して儲かることはありません。

現在の為替相場は実需で動いているのではありません。為替取引きの百分の1程度くらいが実需で、残りは投機(スペキュレーション)といわれています。投機筋の動きを知るのは困難です。

最初に書いたようにもしお仕事で為替を扱うのであれば、ぜひ堅実な方法をとられるのをお勧めします。本業でもうけるのが一番です。

もし投資を検討されるなら、全額帰ってこなくても惜しくない程度のお金で楽しむのをお勧めします。自分の財産が相場に晒されると、経済の動きに敏感になります。世界の動きを知る勉強には良い手段だと思います。
    • good
    • 0

みなさんが、おっしゃってるように、為替レートの決定要因はいくつもあり、その時々によってどの要因が表に立つかは変化します。



短期的にはテロ関連で動かざるを得ませんが、長期的には私は貿易収支だと思います。

そもそも、この円高が何から始まったかというと日本の貿易黒字です。これが、日本の製造業の海外進出により、減少傾向です。輸出企業の実需のドル売りは為替レートにボディブローのように影響を与えます。これが減るということです。

最も、今回のテロ事件により米ドルの基軸通貨性が失われるところまでいけば、話は別ですが。
    • good
    • 0

為替なんて誰にも予測出来ないと思いますよ。

ただ自分の体験を言わせて頂くと、人のバイオリズムのように為替にも波があります。いつか必ず戻ってきます。それがいつかは分かりません、何か売買しているのでしたら長期的にみたほうがベターだと思います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q直物と先物為替レート?

二つの国に通貨間に金利差がある場合、なぜ直物と先物為替レートが違うのか教えてください。
直物為替レート?先物為替レート?というのもいまいちピンときませんのでどういうことなのかよろしくお願いします

Aベストアンサー

まず、定義ですが、
先物は、初心者のうちは、
将来の為替レートそのものと思ってよい。
もう少し正確に言えば、その将来の時点での為替レートを投資家が予測して、売買の権利をいま取引するのです。なんでそんなことをするのかといえば、例えば、トヨタが将来のドルの収入を円換算で安定化して、経営計画を立てたいからです。


で、本題ですが、
「二つの国に通貨間に金利差がある場合、なぜ直物と先物為替レートが違うのか」
という場合、
この言い方には、重要な仮定がいくつか必要。

1.「金利差がある」というのが味噌ですが、
この金利が、先物取引の時点まで同じようにずっと続くということが前提です。
2.為替レートが、投資家の資金運用のみで決まり、金利にすべてその思惑などが織り込み済み。

こうしたことを仮定すれば、
もし、先物と直物で差がなければ、
金利が高いほうでは、どんどんその国の通貨で金融資産を持っていれば、放っておけば増えるので、
みんな金利が高いほうの通貨を持つほうが有利でしょ?
だから、将来よりも現在その通貨を買って運用したいと思うので、金利差の分だけ、金利が高い国の直物為替レートのほうが、先物為替レートより高くなるのです。

まず、定義ですが、
先物は、初心者のうちは、
将来の為替レートそのものと思ってよい。
もう少し正確に言えば、その将来の時点での為替レートを投資家が予測して、売買の権利をいま取引するのです。なんでそんなことをするのかといえば、例えば、トヨタが将来のドルの収入を円換算で安定化して、経営計画を立てたいからです。


で、本題ですが、
「二つの国に通貨間に金利差がある場合、なぜ直物と先物為替レートが違うのか」
という場合、
この言い方には、重要な仮定がいくつか必要。

1.「金利...続きを読む

Q対ユーロ為替レートの推移

今月6日にNY為替市場で、ユーロ安が一段と進み、1ユーロ=97円台に突入しましたが、調べてみると2000年10月に1ユーロ=88円93銭をつけていたことがわかりました(常識だとおしかりになる方すいません、はじめて知りました)。
 正直、過去にこんな値をつけていたことにびっくりしました。この時代はなんで、こんなにユーロ安にふれたのでしょうか、教えていただけないでしょうか。ヨロシクお願いします。

Aベストアンサー

その価値だったのは他の回答者様の書かれたとおりです。当時の手帳が手元にあるので、投資をしていた者から見た背景を少し書かせていただきますね。

対円でのご質問ですね。1999年、日本の景気は悪いだろうと当時の経済系新聞では予測されていましたが、結果としては逆に景気はそれほど悪くなく、順風とはいかないものの、回復の年でした。
2000年の日本は、原油高と円高の影響を強く受けるだろうと予測され、その通りになりました。

一方、ユーロはまだ現物がなく、当時の基軸通貨だったドル、FRBグリーンスパンも、「ユーロはまだ若い通貨だ」「ユーロより米のほうが強い」といった発言を繰り返していました。
原油の影響を強く受ける欧州では、原油高騰の圧迫から経済に悪影響が出ており、金利の段階的な引き下げが必要となっていました。

2000年3月、ユーロ/円の介入が行われましたが景気は回復せず、9月に1400億以上の介入が行われました。

投資家から見た介入は、いつの時代もその経済を反映しても通貨価値ですから、長い目で見れば回復に向かう事もありますが、一時的には逆効果になるケースが多いです。
先日の日本のドル介入を見てもお察しいただけると思いますが、介入で一瞬は反転し高騰しても、多量の利益決済のオーダーが消化されれば、また売り方向へ一遍します。
ご質問のユーロ安は、9月下旬に介入があった為、一瞬高騰し、10月に底をつけたという事です。

ユーロ導入決定で、それまで各国の欧州通貨に分散投資していた投資家らは、ユーロ導入でリスク分散ができなくなりました。
そこで、欧州各国に分散していたものの全額をユーロにするにはリスクが高くなる為、ユーロ以外の通貨への買いを入れて、リスク分散を図りました(^^)

その価値だったのは他の回答者様の書かれたとおりです。当時の手帳が手元にあるので、投資をしていた者から見た背景を少し書かせていただきますね。

対円でのご質問ですね。1999年、日本の景気は悪いだろうと当時の経済系新聞では予測されていましたが、結果としては逆に景気はそれほど悪くなく、順風とはいかないものの、回復の年でした。
2000年の日本は、原油高と円高の影響を強く受けるだろうと予測され、その通りになりました。

一方、ユーロはまだ現物がなく、当時の基軸通貨だったドル、FRBグ...続きを読む

Q為替レートの決定について

為替レートの質問です。

U.Sドル対ユーロの為替レートが決まれば、
円対ユーロの為替レートも自動的に決定されるのでしょうか?

普通に考えれば、一つの通貨を基準に為替レートを決定すれば効率的だと思いますが、
円対ユーロの相場決定と、ドル対ユーロの相場決定は別々に行われていればそうはならないでしょうし。

ご存知の方、教えてください。

Aベストアンサー

おっしゃられているのは
対ドル
EUR/USD
USD/JPY
の為替レートが決まれば、
EUR/JPYも決まる
ということでしょうか?

そういう意味であれば
そのとおりです。
というかそうなってます。

現在、基軸通貨は明らかに米ドルで
円でユーロを買うにも
インターバンク上では
円→ドル→ユーロ
となります。

つまりクロス円と呼ばれている
EUR/JPY
AUD/JPY
など
双方の対ドルでレートで決まるのです。

2015/7/9 10:40時点で
EUR/USD 1.1070
USD/JPY  120.78

このレートをかけあわせます。

1.1070×120.78
=133.703

EUR/JPYのレートになったでしょう。

『×』からクロス円と呼ばれているのです。

AUD/JPYでもやってみてください。

いかがでしょう?

Q安倍ちゃんが為替介入で円安誘導してるのですか?

マネタリーベースと日本銀行の取引(2013年1月)
http://www.boj.or.jp/statistics/boj/other/mbt/mbt1301.pdf

為替介入にも使われる国庫短期証券の日銀残高が、昨年8月6兆ぐらいだったのが、先月は11兆と倍の5兆も膨らんでますが、、、


さらに、今月、3.5兆円も発行だっていうし

財務省:国庫短期証券6カ月物の入札、発行予定額は3.5兆円を提示
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-MHRYG80UQVI901.html

2月6日(ブルームバーグ):財務省は6日午前10時20分、国庫短期証券6カ月物の価格競争入札の実施を通知した。回号は343回債、発行予定額3.5兆円程度を提示した。国債市場特別参加者を対象に発行額の10%を限度とする第1非価格競争入札も実施する。
発行日は2013年2月12日、償還日は2013年8月9日。入札結果は午後零時35分に発表する。


3カ月物は5.7兆だ!

2月国庫短期証券の発行、3カ月物4回で各5.7兆円程度=財務省
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-MHTT5I1A1I4H01.html

マネタリーベースと日本銀行の取引(2013年1月)
http://www.boj.or.jp/statistics/boj/other/mbt/mbt1301.pdf

為替介入にも使われる国庫短期証券の日銀残高が、昨年8月6兆ぐらいだったのが、先月は11兆と倍の5兆も膨らんでますが、、、


さらに、今月、3.5兆円も発行だっていうし

財務省:国庫短期証券6カ月物の入札、発行予定額は3.5兆円を提示
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-MHRYG80UQVI901.html

2月6日(ブルームバーグ):財務省は6日午前10時20分、国庫短期証券6カ月物の価格競争入札の...続きを読む

Aベストアンサー

> 為替介入にも使われる国庫短期証券の日銀残高が、昨年8月6兆ぐらいだったのが、先月は11兆と倍の5兆も膨らんでますが、、、

多分(19)と書かれた項を見ていると思いますが、これは「金融機関等から買入れた国庫短期証券の残高」です。発行残高ではありません。
引受残高は(6)にあります。日銀が新たに直接引き受けた額は(6)の前月との差額(日銀が売却することもありえますが売りオペは最近やっていないので無視しています)です。

政府短期証券は日銀以外も引き受けることができますから、日銀の保有分だけを取り出しても全体額の増減については何とも言えません。


> 安倍ちゃんが為替介入で円安誘導してるのですか?

現時点で介入したという話はありませんし、昨年12月からの円安の流れが変化したという形跡もありません。
したがって、為替介入をしたとは考えられません。


> 今月、3.5兆円も発行だっていうし
> 3カ月物は5.7兆だ!

単純に補正予算分の公債法が通るまでのつなぎと来年度初頭の歳出のつなぎでしょう。
補正の分だけ大きいですが、そんなに珍しくもありませんね。

> 為替介入にも使われる国庫短期証券の日銀残高が、昨年8月6兆ぐらいだったのが、先月は11兆と倍の5兆も膨らんでますが、、、

多分(19)と書かれた項を見ていると思いますが、これは「金融機関等から買入れた国庫短期証券の残高」です。発行残高ではありません。
引受残高は(6)にあります。日銀が新たに直接引き受けた額は(6)の前月との差額(日銀が売却することもありえますが売りオペは最近やっていないので無視しています)です。

政府短期証券は日銀以外も引き受けることができますから、日銀の保有分だ...続きを読む

Q為替レートがかわらないなら-----

FXでは朝何時かの為替レートがその日の為替レートに決まるんですよね?
そしたらその日のうちに売買をしても為替レートがかわらないのだから手数料などを取られるだけで儲けはないということでしょうか。
詳しい方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>朝何時かの為替レートがその日の為替レートに決まるんですよね?
それは銀行の仲値です。外貨預金や外貨両替のもとになるレートです。

Q為替操作、市場介入、円安について

最近為替操作という言葉がきになってます。
以前は聞いたことある程度のレベルだったのですが。「日本の円高は現状の日本経済を反映していない」という財務大臣だかが国際会議で主張していたのが気になります。少しはネットで調べました^^;単独国介入では効果が少なく批判を浴びるだけなのだとか。
さて質問させていただきますよろしくお願いします。

1為替操作って平たく言うとどうやってやるんでしょうか?
2不当な為替操作に対抗するために為替操作してもそれを批判を受けたりするようですがそんなもんでしょうか?
3日本の企業が見境なく海外に進出したり、周囲の発展途上国の製造業を中心とした輸出産業を成長させてしまったりするというのは事実でしょうか?
4自国通貨を安くするにはどうやってますか?
5自国通貨を高くするにはどうやってますか?
6貿易黒字や貿易赤字との深いつながりがありますか?
7究極ですが、為替操作を不可能にするためにはどうしたらいいと思いますか?

また、簡単に説明していただけるとうれしいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

1為替操作って平たく言うとどうやってやるんでしょうか?

国家レベルの大規模なドル買い、円売りなどを実施します。というポーズをとると、それまで円を買っていた人たちは、いつ下がるかと不安になって、買うのを手控えます。これが為替操作です。

2不当な為替操作に対抗するために為替操作してもそれを批判を受けたりするようですがそんなもんでしょうか?

「不当な為替操作」は、誰にとっての不当なのかでしょう。自由主義経済の「自由」というのは、この市場に介入をしないことで成り立っています。そこをあえて介入するわけですから、どの国にとっても「利益」があるものでないと、当然、批判が出ます。
高校野球で、雪国のチームは練習時間がとりにくく、勝てないので、雪国のチームが攻撃するときだけ、よく飛ぶボールを使おう、という話があった場合、高校野球の平等性の観点で、それが当然だよね、というひともいるし、不公平だというひともいるでしょう。それと同じ。

3日本の企業が見境なく海外に進出したり、周囲の発展途上国の製造業を中心とした輸出産業を成長させてしまったりするというのは事実でしょうか?

「見境なく」と考えるひともいれば、地域として発展するのに必要なこと、当然なことと考えるひともいます。

4自国通貨を安くするにはどうやってますか?

日本の国力が、外国(経済規模の大きな国々)と比較して弱くなれば、円安になります。日本は、第3の経済力を1国で持っていて、かつ、国体が滅ぶ可能性がほとんどない ため、国際情勢が不安定になったときの資金の逃げ先になっています。
何も考えずにいうと、日本が中国に宣戦布告すれば一気に円安になります。

5自国通貨を高くするにはどうやってますか?

国としての安全性、経済規模の大きさの確保、そして、預けた資金が目減りしない(インフレにならない)ことが、資金を流入させる条件です。今の日本がとっている政策ですね。
このため、日本は輸出がうまくいかない状態(貿易赤字)でも、強い円を用いて、海外投資で大きな収入を上げ、黒字を続けています。そして、食料品や燃料など2割以上の物価高が起きているにも関わらず、国民の生活が守られています。

6貿易黒字や貿易赤字との深いつながりがありますか?

いいえ。貿易だけではないので。
韓国のように、最近急速に貿易額が大きくなった国と異なり、日本の場合、過去の貿易黒字を貯め込んだ投資・債権による黒字があります。このトータルのバランスによる方が大きいです。
ものすごく不安定な世の中の場合、ご質問者さんが結婚相手を考えるとき、1000の収入があるひとと、100の収入だけど1億の資産があって多額の投資をしているひとと、どちらの方が条件がいいと思いますか? 結婚相手ではなくお金を貸す相手としてはどうでしょう?

7究極ですが、為替操作を不可能にするためにはどうしたらいいと思いますか?

「為替操作を不可能」にしたとしたら、先のリーマンショックやその前後で起きたいくつかの経済危機で、世界経済(金融経済)はとっくに破綻しています。
不可能にするのはカンタンですよ。日本または中国の債権規模の国が、介入したら一斉に債権を放出すると脅せば良いんです。これを止めるには戦争しか無い と考えるはずなので、アメリカ、EUからの武力介入が不可避になりますが。

1為替操作って平たく言うとどうやってやるんでしょうか?

国家レベルの大規模なドル買い、円売りなどを実施します。というポーズをとると、それまで円を買っていた人たちは、いつ下がるかと不安になって、買うのを手控えます。これが為替操作です。

2不当な為替操作に対抗するために為替操作してもそれを批判を受けたりするようですがそんなもんでしょうか?

「不当な為替操作」は、誰にとっての不当なのかでしょう。自由主義経済の「自由」というのは、この市場に介入をしないことで成り立っています。そこ...続きを読む

Q購買力平価、理論値、実質為替レートの問題

購買力平価、理論値、実質為替レートの問題


こんにちは。興味本位で勉強を始めた経済学ですが、センスが無いのか本を読んでもよく分からないため、この問題の答えを詳しい方に解説をして頂けると助かります。

初級レベルの問題で申し訳ありません。

問題:

1973年平均の円ドル為替レートは1ドル260円で適性レートと考えられた。その後2003年1月までに日・米の両国の消費物価指数がそれぞれ2.5倍、6.5倍に上昇した。
だが2003年1月平均の名目為替レートは1ドル118円である。
問題(1)2003年1月現在の購買力平価に基づく為替レート(理論値)はいくらか
  (2)2003年1月現在の実質為替レートはいくつか。これは円の過大評価か、過小評価か。
  (3)この状態は日本の財の貿易にいかなる影響を与えるか

以上の3問です。この問題の回答とその解説をして頂けたら大変助かります。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

私も初心者なんですが回答してみますね.(しかも購買力平価とか実質為替レートって十分上級な内容な気がしますが…)


◎購買力平価
物価があまり上がっていない国→通貨高状態で輸入に有利になったのが理由→通貨高と考えられる
物価が上がった国→通貨安状態で輸入に不利になったのが理由→通貨安と考えられる

スーパー単純にいえば,長期的にインフレ傾向が続く国は通貨安・デフレ傾向が続く国は通貨高と判断するのが購買力平価説かと.(間違ってたらすんません…)

問題(1)
基準時点の為替レート×日本の物価指数÷米国の物価指数=購買力平価
260×2.5÷6.5=100


◎実質為替レート
1ドル=110円のとき,アメリカで1ドルのコーラを買いたい時は110円が必要ですね.もしそこから1ドル=100円になれば1ドルのコーラを買うのに100円だけで済むわけです.(ようは為替レートが円高になれば購買力が上がるということ)

短期的にはこれでいいんですが,長期的に考えると物価水準も考えなくてはなりません.

上の事例でその1ドルのコーラが20%の物価上昇によって1.2ドルになってしまったらどうでしょう.100円ではそのコーラは買うことはできなくなり,それどころか以前の110円よりもっと払わなければならない事態(120円払わなければならない)になってしまうのです.
このように物価上昇は実質的にその国の通貨高と同じ働きをいたします.通常の為替レートに物価指数を加味した指標が「実質為替レート」になるわけです.


問題(2)現在の為替レート÷基準時点の為替レート×米国の物価指数÷日本の物価指数×100=実質為替レート
118÷260×6.5÷2.5×100=118


この事例では「本来の」実力と考える購買力平価のレートが1ドル100円,「現状の」実力と考えられる実質為替レートが1ドル118円なので,円は現状では過小評価されていると考えられます.(つまり円安状態)

過小評価(円安)されているならば,貿易に関しては輸入に不利で輸出に有利ということになりますかね.

以上の回答を作成するのに使ったページ↓
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B3%BC%E8%B2%B7%E5%8A%9B%E5%B9%B3%E4%BE%A1%E8%AA%AC
http://www.nomura.co.jp/terms/japan/si/jissitu_kr.html






これだけだと回答としてつまらないので,購買力平価を用いて「実践的な経済」を少々.(回答とは少し脱線するので,関係ないと思ったらスルー推奨)

購買力平価といえば「ビッグマック指数」が有名ですね.上の事例では2国間の比較のみでしたが,ビッグマック指数は世界全体の購買力を量ることができます.

ビッグマック指数
http://www.oanda.com/currency/big-mac-index

Implied PPP rate + が購買力平価での為替レート.Valuation against the USDが現状過大評価(+)か過小評価(-)かという判断基準になります.

これを見ると軒並み「北欧諸国」(デンマークとかスウェーデン)が過大評価されているのがわかりますね.過大評価されている国は将来的に是正されることで,為替の暴落の危険がある訳です.(現に過大評価されていたユーロがリーマンショック以降かなり評価を下げました)
北欧諸国全体が過大評価されているってことは,北欧諸国がクレジットイベント(大企業の破綻・ソブリンデフォルトなど)に巻き込まれたら一気に為替レートが暴落する危険があると考えられます.

そしてもっとヤバイのはスイス….現状スイスは為替介入をしており,通貨安にしようとがんばっているのですが,ビッグマック指数ではものすごく過大評価….これはスイスフランバブルと考えられます.しかしもしUBS(スイスの大銀行,現状危ないとも言われていますね)のようなリスクを抱える大企業に暗雲が立ちこめるとどうなることやら.将来的なスイスフランの暴落の可能性は非常に高いと思われますね.

私も初心者なんですが回答してみますね.(しかも購買力平価とか実質為替レートって十分上級な内容な気がしますが…)


◎購買力平価
物価があまり上がっていない国→通貨高状態で輸入に有利になったのが理由→通貨高と考えられる
物価が上がった国→通貨安状態で輸入に不利になったのが理由→通貨安と考えられる

スーパー単純にいえば,長期的にインフレ傾向が続く国は通貨安・デフレ傾向が続く国は通貨高と判断するのが購買力平価説かと.(間違ってたらすんません…)

問題(1)
基準時点の為替レート×日本の物価指数...続きを読む

Q経済の推移を予想できるかたお願いします

1.今の30代が定年したあとは年金暮らしとなりますが、
年金だけでは生活できませんよね。
そこで貯金など頼ることになりますが、若いときは不景気で充分な貯金ができず
結局生活保護となる人が溢れ、支給が追いつかずひとりあたりの保護支給額が減少。ずっと納税や年金の支払いをしてきたのも報われないまま死ぬ悲しい世代になるでしょうか?


2.また今の赤ちゃんの世代は30歳くらいには今の貯金をたくさん持ってるジジババが亡くなり、
お金がまわり人口減少で土地も安くなり今より良い時代を生きる可能性はありますか?
それとも移住した外国人により競争は激化するのでしょうか?
また、貧乏な親世代を支えるために税金が上がったり、扶養の義務で苦労しますか?

3.これからの時代を生きる子供が備えるべき力とは何でしょうか。

素人なので優しくお願いします。

Aベストアンサー

1.今の30代が定年したあとは年金暮らしとなりますが、
年金だけでは生活できませんよね。
そこで貯金など頼ることになりますが、若いときは不景気で充分な貯金ができず
結局生活保護となる人が溢れ、支給が追いつかずひとりあたりの保護支給額が減少。ずっと納税や年金の支払いをしてきたのも報われないまま死ぬ悲しい世代になるでしょうか?

★回答1
貯金ができず
ずっと納税や年金の支払いをしてきたのも報われないまま死ぬ悲しい世代になるでしょうか?

てとこがおかしい
どだい貯金なんかしても インフレ経済で意味なし
デフレだと 金融関係者(財務省系護送船団金融)が国債でさやとりして あなたの預金 金利は糞程度である。

あなたが独自に投資しないと意味なし 現代はネット証券も便利になり
ETFなど手数料も無料もあるわけ 今の70代とは大きく金融の環境が改善されてる
昔はアメリカの会社の株買う人は少なかったが今はコンビニ弁当買う感覚である
今年NISAみたいなのもはじまったわけ
ただし政府 証券会社の言うことを鵜呑みにすると 大損
2014年初100万つっこんでNISAつかいきった 株買った馬鹿投資家になる

以下で学習
Q&A
インフレで資産家が損をするって本当ですか。
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/8380632.html

・・・・・・・・・・・・おわり・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2.また今の赤ちゃんの世代は30歳くらいには今の貯金をたくさん持ってるジジババが亡くなり、
お金がまわり人口減少で土地も安くなり今より良い時代を生きる可能性はありますか?
それとも移住した外国人により競争は激化するのでしょうか?
また、貧乏な親世代を支えるために税金が上がったり、扶養の義務で苦労しますか?

★回答2
人口減少で土地も安くなり・・・・てとこがおかしい
土地も安くなれば デフレ経済 株も下がる 年金もでねーよ

移住した外国人は 国民になるので納税者です・・・・・・競争は激化とは関係なし

今の赤ちゃんの世代は30歳くらいには今の貯金をたくさん持ってるジジババが亡くなり
遺産を少ない人数で相続だから 金持ちになるわけ
だが相続税増税を 財務省はもくろむ
投資用マンション 絵画 宝飾品が売れてるようだ

3000~4000万もあれば 80歳介護つき有料老人ホーム で快適生活ではないのでしょうか?
以下で検索
http://www.se-home.jp/service/choice01.html

・・・・・・おわり・・・・・・・・・・・・・・・・・・

3.これからの時代を生きる子供が備えるべき力とは何でしょうか。


★回答3

金融知識 貯蓄してる馬鹿から 賢者の投資家へ
自分のおかれている経済 政治 状況を把握できる能力


※必要知識
語学 コンピューター 数学 金融工学

※御参考 Q&A
日本の不況の元凶
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/8536491.html

 

・・・・・・おわり・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1.今の30代が定年したあとは年金暮らしとなりますが、
年金だけでは生活できませんよね。
そこで貯金など頼ることになりますが、若いときは不景気で充分な貯金ができず
結局生活保護となる人が溢れ、支給が追いつかずひとりあたりの保護支給額が減少。ずっと納税や年金の支払いをしてきたのも報われないまま死ぬ悲しい世代になるでしょうか?

★回答1
貯金ができず
ずっと納税や年金の支払いをしてきたのも報われないまま死ぬ悲しい世代になるでしょうか?

てとこがおかしい
どだい貯金なんかしても インフレ経...続きを読む

Q為替の実勢レート

 日本だと、土日に為替の実勢レートが止まってしまい、月曜まで為替実勢レートがが動きません。
 土日の為替の動きを見たいのですが、可能なのでしょうか。可能な場合、アメリカ等、海外のサイトで結構ですので、土日の実勢レートを見れるアドレスを教えてください。

Aベストアンサー

きわめて例外的ですが
土日も取引されている市場があります。

イスラム教国で金曜日が休みであるバーレーンの市場です。
もっとも、その取扱量は全体の0.2%ともいわれ、
そのプライスを反映するFX業者は見かけません。

プラザ合意の際などはずいぶん注目されたようですが
現在では国内の実需筋がメインのようです。

Qズバリ!これからは円安になる?円高になる?

ズバリ、どちらでしょう?
今後5~6年ぐらいのスパンで円安になる見込みと
円高になる見込みと、どちらが高いのでしょう?
どちらを予想している専門家が多いのでしょう?
詳しい方、回答お願いします!

Aベストアンサー

ずばり、円高の可能性が高い。(一時的円高円安を当然除きます)
ただし留保条件として日本の経済基礎状態が劇的に悪化しない言う条件がつきます。(解りやすい経済基礎状態の悪化とは国債のデフォルトやIMFによる救済等)
過去20年間のを見れば円は1$100円台~120円台の推移が中心をなしこれを超える円高円安(但し一時的な円安円高を除き)は5,6年のスパンで考えれば上記のような経済基礎状態の悪化が発生しない限り現在は円安から円高への折り返し地点に非常に近いと言えるからです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報