家は人が住まないと傷みが早いと言われ、実際にそうだと思うんですが、その仕組み(メカニズム)を教えてください。新説も歓迎します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

水 泥棒」に関するQ&A: 水泥棒対策

A 回答 (5件)

メカニズムというほど大げさなことではないでしょう。



一番の理由は湿気による傷みです。人が住んでいる家は毎日窓を開け、玄関から人が出入りするたびに新しい空気が入っています。短期間であれば人が住まなくても
換気扇をつければ被害を最小限度に抑えることは出来るでしょう。また月に一回(最低)誰かが窓を開け空気を入れ替えれば同じ効果が得られると思います。

第2の理由は、家屋に破損が生じた場合(窓ガラスの破損、屋根の水漏れなど)
誰も気がつかず放置することになるので、被害が拡大します。

その他、人が長く住んでいないと他人がいたずらする、泥棒が入ったり寝泊りして
痛める。小動物が侵入して天井裏を愛の巣とし、やがて出産、空家は保育所がわりに使われます。糞尿で天井等は使い物にならなくなるでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 回答ありがとうございます。
 なるほど、子動物の仕業もあるんですね。それから確かに、自分が小さい頃は、空き家に石投げたりいたずらしました。

お礼日時:2001/09/29 00:54

私の経験談ですけど・・・


家をたててから、引っ越すまでの間ちょっと仕事が忙しくて1ヶ月ほど、ほったらかしておきました。
で、1月後に行って見たら、畳には、なんと10センチほどに成長したカビが一面に、ばっちり生えているではありませんか。
やはり、人が住んでいないと、代わりにカビ菌やら、キノコ菌やら済み付いてしまうんでしょうね。
おまけに、空気の流通も少ないので、彼らにはとても住みやすい場所になってしまうのだと思います。
恐るべし菌糸体軍団です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 回答ありがとうございました。想像して、こちらもギョッとしました。空き家というのは、家には特に思い入れのない生き物の住処になると言うことなのですね。・・・じゃあ、愛情の問題かな。愛が足りないと、家がいじける・・・

お礼日時:2001/09/29 01:06

おなじように質問して、頂いた回答です。

以下のURLをご参考にどうぞ。みなさんの意見がそれぞれにいいので、すべての方にポイントを差し上げたいのですが。。。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=92969
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ありがとうございました。よくわかりました。

お礼日時:2001/09/29 01:01

新説じゃないけど



「まっくろくろすけ」が住み着くから。
イメージではそんな気がするわ!(^▽^笑)
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 なるほど。頭にイメージが浮かんで、否定しがたいものが・・・

お礼日時:2001/09/29 00:56

こんにちわ。


人が家に住むことにより、以下の利点があります。
1)人体から出る脂が家の木材に浸透し、保護の役割をしているから。
2)人が動くことにより、空気の対流が発生して、空気のよどみがなくなるから。

旅行で長期間家を空けると、帰宅時にモァーっとした空気があると思います。
それが家に悪い影響を与えるのではないでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 回答ありがとうございます。
 1)の回答は、ちょっと驚きでした。そんなことがあるんですねえ。

お礼日時:2001/09/29 00:51

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング