人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

あるところに、

『 Tu as trouve ca comment?
チュ ア トゥルヴェ サ コマン?
それどう思った?』

という記述があったのですが、trouve は 「トゥルヴ」ではなく、「トゥルヴェ」で間違いないのですか?
trouve は動詞の現在形ではなく、英語で言えば過去分詞なのですか?発音はどうなりますか?

フランス語 初歩の者で済みませんが、ご教授願えませんか?よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

>フランス語では語尾の e は発音しないのではないですか?もしするのなら、アスサンテギュ(?)を付かなくてはいけないのではないですか?



そのとおりです。
ただ、二人の方が答えられているように、「Tu as trouve」の場合、
trouve は過去分詞でないと文法上間違いです。
原文はアクサンテギュを書き落としたものと思われます。
発音は「トゥルヴェ」ですね。

>それから、この文の形は正式な疑問文なのですか?

フランス語の話し言葉では、主語と動詞を倒置しなくても、疑問文になります。
私の経験では、語尾を上げて発音し、倒置しないほうが一般的のようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>原文はアクサンテギュを書き落としたものと思われます。
→そうだったのですか。
>フランス語の話し言葉では、主語と動詞を倒置しなくても、疑問文になります。
→なるほど。なんだか日本語に似ていますね。
ご回答を頂き、誠にありがとうございました。

お礼日時:2005/06/05 17:47

「Tu as trouve´ ca comment?」ですね。



アクサンが文字化けするので説明がわかりづらくなるんですが、trouve´(eの上にアクサンテギュ)は過去分詞で、カタカナで無理やり表記するとすれば「トゥルヴェ」です。

これで疑問文になってますよ。話言葉のですけどね。
話し言葉では「Comment t'as trouve´ ca?」がよく使われますが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>trouve´(eの上にアクサンテギュ)は過去分詞で・・・
→ということは、trouve ではなく、アクサンテギュが必要ということですね。ひょっとして、ネットではアクサンテギュが書きづらいので、アクサンテギュを省略しているのでしょうか?
ご回答を頂き、誠にありがとうございました。

お礼日時:2005/06/05 12:43

 avoir + 過去分詞 という形になっています。

英語で言えば現在完了です。
 as trouve の発音は「ア トゥルヴェ」で間違いありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>avoir + 過去分詞 という形になっています。英語で言えば現在完了です
→そうなのかなあとは思ったのですが、自信が無くて・・・。フランス語では語尾の e は発音しないのではないですか?もしするのなら、アスサンテギュ(?)を付かなくてはいけないのではないですか?それから、この文の形は正式な疑問文なのですか?スミマセン、いろいろお尋ねしまして・・・。できれば、お返事を頂けませんか?
ご回答を頂き、誠にありがとうございました。

お礼日時:2005/06/05 08:51

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q『~と思う』の表現法 【フランス語】

フランス語で「~と思う」という意味合いで
Je crois , Je pense , Je trouve
っていうのをよく耳にしますが、自分で使う場合、どう使い分けたらいいのでしょうか?

また日常会話において、文頭に置くのと、文末に添えるのはどちらが自然でしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。7/26のご質問ではお返事を有難うございました。

ご質問1:
<Je crois , Je pense , Je trouve
っていうのをよく耳にしますが、自分で使う場合、どう使い分けたらいいのでしょうか?>

croire・penserは、trouverとはややニュアンスは異なります。

1.croire:

(1)ニュアンス的には「そんな気がする」「そう信じたい」「たぶんそうだと思う」といった感じです。

例:
C’est lui, je crois.
「たぶん、彼だと思う」

(2)また、よく否定形で用いられ、「疑惑の否定」すなわち、強い肯定・確信を表す場合に使われます。

例:
Je ne crois pas.
「そう思わない」=「そんなことありえない」
Je ne crois pas qu’il a tort.
「彼が間違っていると思わない」=「彼は間違ってない」

2.penser:

(1)croireとの明確な線引きはありませんが、croireより確信の高い「思う」の意味で使われているように思います。

例:
Je crois que c'est vrai.
「たぶん本当だと思う」
確信度は50%といったところでしょうか。

Je pense que c'est vrai.
「本当だと思う」
確信度は70%ぐらいでしょう。

(2)従って、否定形で強い肯定を強調する用法では、やはりpenseの方が確信が強くなります。

例:
Je ne crois pas. 「信じないわ」
<Je ne pense pas.「思いもしないね」「想定外だね」

3.trouver:

この語が3つの中で一番確信が強い語です。

もともとtrouver「見つける」「発見する」という意味ですから、「~を思う」と判断するまでに、その理由や根拠をある程度吟味してその判断に辿り着いた場合に使われます。従って、それなりの確信を持って判断する場合に用います。

例:
Je trouve qu'il est intelligent.
「彼は頭いいと思うね」
Je trouve qu'il a raison.
「彼は正しいよ」


ご質問2:
<また日常会話において、文頭に置くのと、文末に添えるのはどちらが自然でしょうか?>

状況によりけりで、自由に使えます。

(1)文頭に持ってくると、副詞的な働きも加味して、文のニュアンスを予め示唆できます。

例:
Je crois que,~
「たぶん、~でしょう」
Je trouve que,~
「恐らくほぼ、~だ」

つまり、これから述べる内容の確信度を予め示唆できるというわけです。

(2)文末だと、「100%事実じゃないから念のため」という念押しのニュアンスになるでしょう。

例:
Il es Ichiro, je crois.
「彼、イチローよ。たぶん、、、」
Il es Ichiro, je tvouve.
「彼、イチローよ。絶対そうよ、、、」


ご質問3:
<相手)イチローと松井、どっちが野球優れてるの?
私)うーん、イチローだと思います。>

主観で決められるといいと思います。ご質問の例ですと、以下のように答えると次のようなニュアンスになるでしょう。

例:
Je crois.
「たぶんイチローは松居より少し上」=「そうあってほしい」
Je pense.
「イチローは松居より上」=「そう信じている」
Je trouve.
「客観的にもイチローは松居より上だと思う」=「客観的にそうだ」

ご質問文では、「うーん、イチローだと思います。」と「うーん」と熟考している感嘆詞が入っているので、熟考の結果の判断ですから、確信の強いJe trouve.でいいと思います。


以上ご参考までに。

こんにちは。7/26のご質問ではお返事を有難うございました。

ご質問1:
<Je crois , Je pense , Je trouve
っていうのをよく耳にしますが、自分で使う場合、どう使い分けたらいいのでしょうか?>

croire・penserは、trouverとはややニュアンスは異なります。

1.croire:

(1)ニュアンス的には「そんな気がする」「そう信じたい」「たぶんそうだと思う」といった感じです。

例:
C’est lui, je crois.
「たぶん、彼だと思う」

(2)また、よく否定形で用いられ、「疑惑の否定」すな...続きを読む

Qフランス語のmon amie

タイトル通り、これは男性から女性に言われた際「私の女性友達」でよいのですよね?

全くの初心者です。
回答をお待ちしております。

Aベストアンサー

英語圏の人が使った、ということですが、英語の会話のなかでmon amieがでてきたのでしょうか、お二人の共通語がフランス語なのでしょうか?
英語にはフランス語からの借用が多いようですが、意味が歪曲されて使われることもあるかもしれません。日本で使われる「トラヴァーユ」はフランス語では転職ではなく「仕事」一般ですし、「アルバイト」はドイツ語で「働く」ですから。
英和でamieをひいてみると、「女友達」と「恋人」の両方がありましたが、英語圏で通常どのような感覚で使われているのかまでは私にはわかりかねます。

フランス語だけ説明しますと、mon amie は曖昧な言葉で、意味は使う人の感覚によって変わったりします。

「恋人」という意味ももちろんありますが、それ以外にも、「親友」「お友達」の意味でも往々にして使われます。

呼びかけとしてこの英語圏の男性が使うのであれば、「恋人よ」であれば「Mon amour」「Mon tresor」「Ma cherie」なりなんなりほかの言い方があります。(Ma cherieは人によっては単なる友達に使う人もいますが。)

「若いとき随分長くヨーロッパにも住んでいたみたい」ということですので、年配の方でしょうか。呼びかけでつかうMon amie(「お友達」)は、若い人がふざけて使うこともあるとおもいますが、かなり古い話し方です。

また、「Tu es mon amie!」「お友達でしょ!(「~するのは当然よ」等の意味合い)」という風に使ったりもしますし、人に紹介するとき「Mon amie japonaise」といわれると、amieに恋人という意味はないと心得てください。

相手があなたと一緒にいる異性が恋人か単なる友達かを知ろうと探りを入れて「Ton amie?」と効いてくるようであれば「C'est une amie.」と付け加えてはっきりさせればいいのです。

お友達のことを話したこともない相手に
Je suis alle au restaurant avec mon amie hier soir.
といえば、相手は「恋人と行ったんだな」と解釈するわけで、
Je suis alle au restaurant avec une amie hier soir.
だと女友達と、ということですが、例えばあるソワレにお友達(単なるクラスメートでも同僚でも)を連れて行きます。知り合いのPierreもきていて3人で話をしました。2日後、あなたはPierreと話すことになりました。Pierreが「Comment va ton amieと聞いてきたからといって、Pierreはそのひとのことを恋人だと勘違いしているわけではないのです。?」「(この前の)君の友達はどうしてる?」ときいてるだけで、ton amieは「例のお友達」程度の意味に使われます。
その人の名前を覚えてないときなど、実は便利な表現なのです。



とりあえず、mimosa55さんはこの男性とお付き合いをしていらっしゃらない様ですので、「恋人」の解釈は行きすぎかと思います。mimosa55さんの最初の「お友達」の解釈でいいのではないでしょうか。

英語圏の人が使った、ということですが、英語の会話のなかでmon amieがでてきたのでしょうか、お二人の共通語がフランス語なのでしょうか?
英語にはフランス語からの借用が多いようですが、意味が歪曲されて使われることもあるかもしれません。日本で使われる「トラヴァーユ」はフランス語では転職ではなく「仕事」一般ですし、「アルバイト」はドイツ語で「働く」ですから。
英和でamieをひいてみると、「女友達」と「恋人」の両方がありましたが、英語圏で通常どのような感覚で使われているのかまでは私にはわ...続きを読む

Qフランス語のvraiの読み方を教えてください。

はじめまして。

すこし、フランス語を勉強しているのですが、どうしても、フランス語の、vraiの読み方がわからないので、わかる方、ぜひ教えて下さい。

Aベストアンサー

「ヴレ」
カタカナで表記することの限界は感じますが、たまたまこれは簡単です。
このままで通じると思いますよ。

ただし、「レ」はエールの発音で、「グ」と「ゲ」の間のような音になります。判るかなぁ・・・

Qフランス語のamiとcopainについて・・・教えてください。。

フランス語の質問です。un ami,une amieとun copain,une copineって、使い方に決まりはありますか??私はだいたいamiの方を使っているのですが・・・。あと、もう1つお聞きしたいのですが、l'an dernier(もしくはprochainなど)とl'annee derniere(prochaine)は、どう使い分けるのでしょう・・?どうぞよろしくお願い致します~。

Aベストアンサー

こんにちは。11/20のご質問ではお返事を有難うございました。

ご質問1:
<un ami,une amieとun copain,une copineって、使い方に決まりはありますか??>

1.ami(e):

(1)広く友達全般に使います。

(2)やや心理的なつながりが強く、親友、旧知の友、信頼する友といったニュアンスで使われます。

(3)これにpetit(e)が前置すると、ご存知だと思いますが「恋人」になります。


2.copin(e):

(1)プライベート感が強調され、楽しむための友達、遊び友達というニュアンスが加わります。

(2)また、同性同士でcopin(e)は単なる遊び友達という意味で使いますが、異性同士では「ボーイフレンド」「ガールフレンド」の意味で使われます。特にmon、ma「私の」という所有格と一緒に用いれば、その用法は確定的になります。

例:
mon copin
(同姓間)「僕のダチ」
(異性間)「私の彼」

ma copine
(同姓間)「私の女友達」
(異性間)「僕の彼女」

(3)なお、「恋人」の表現でも、petit(e) ami(e)とcopin(e)では前者がやや信頼関係の結びつきの深い言い方になります。

(4)ちなみに、amiと違って「恋人」の意味でcopinにpetitがつく用法はありません。
例:
(O)petit(e) ami(e)
(X)petit(e) copin(e)

ただ、別の意味ではpetit(e) copin(e)という言い方もあり、その場合は「小さい友達」といった、本人より年下だったり幼い友達を指して言う場合はあります。例えば、お爺さんが近所の仲のいい幼い子供を指して、「僕のプチコパン」という言い方はします。


ご質問2:
<l'an dernier(もしくはprochainなど)とl'annee derniere(prochaine)は、どう使い分けるのでしょう・・?>

1.基本的には特に意味・用法に違いはありません。語感や慣用で使い分ける程度です。

2.例えば以下のような使い分けがあります。
例:
J’ai ete au Japon l’an dernier.
Je suis allee au Japon l’annee derniere.
「昨年日本に行った」

両方同じ意味ですが、上記のような「avoir ete+l'an dernier」「etre alle+l'annee derniere」の組み合わせが一般です。勿論anとanneeを入れ替えても間違った組み合わせではありませんが、語感的にこの組み合わせが通常使われています。

3.慣用的には以下のような使い分けがあります。
例:
「毎年」
tous les ans
chaque annee
この用法ではanとanneeは交換不可です。

「2年続けて」
deux ans de suite
deux annees consecutives
この用法ではanとanneeは交換不可です。

4.また、どちらか一方の用法しかない語法もあります。
例:
「1年に一度」
(O)une fois par an
(X)une fois par annee

「長年の間」=「長い間」
(X)pendant des ans
(O)pendant des annees

5.なお、「謹賀新年」はBonne Anneeを、「新年」はle nouvel anを使います。

慣用によって、使い分けがある程度決まっているので、その語を使う度に決まった言い方として使い分けるといいと思います。

以上ご参考までに。

こんにちは。11/20のご質問ではお返事を有難うございました。

ご質問1:
<un ami,une amieとun copain,une copineって、使い方に決まりはありますか??>

1.ami(e):

(1)広く友達全般に使います。

(2)やや心理的なつながりが強く、親友、旧知の友、信頼する友といったニュアンスで使われます。

(3)これにpetit(e)が前置すると、ご存知だと思いますが「恋人」になります。


2.copin(e):

(1)プライベート感が強調され、楽しむための友達、遊び友達というニュアンスが加...続きを読む


人気Q&Aランキング