セックスに翻弄される女性、男性の生きていく姿を描いた映画3選

食品会社で品質管理を担当するものです。

通常当社自主検査では初発、24時間後、48時間後の細菌検査をすることが多いのですが、通常、時間の経過とともに菌数が上がる所、逆転(時間の経過ごとに菌数が減る)することが多々あるのです。
検体をとる際の部位や培地の温度も菌数に影響があると思いますので、そういう結果になる場合がまれにあるということは考えられるのですが、逆転した結果になることが当社では頻繁にあり、それは一般生菌数、大腸菌群の検査どちらにも見られます。

そこで、検査機関に数品細菌検査を依頼し、同一の検体の細菌検査を当社でも行いました。
こちらで自主検査した検体は何品かやはり逆転しており、検査機関で検査した結果では、1品目だけ逆転が見られましたがその差はほとんどありませんでした。

こういった事例は頻発するようなものではないと思うのですが、検査方法等に問題があるのでしょうか。

説明が不足している場合は補足を追記致します。
細菌検査に関して初心者の為、初歩的なことをお聞きしているのかもしれませんが、宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

#3です



10℃で保存ということですが、この条件下では一般細菌数は急激には増加しないと思います。初発の菌数は3乗から4乗くらいではないかと思うのですが、これにかかる係数は誤差と考えて差し支えないと思います。
例えば初発6×10**3(十の3乗と読んでくださいね)として、保存品が3×10**3ならば、これはサンプリングによる誤差である可能性が高いです。

乗数が大きくなって初めて『菌の生育が認められる』と結論付け、(もちろん特殊な低音菌やカビもありますが)工程管理の問題と考えればよいのではないでしょうか?また初発が高ければ洗浄が問題で土壌細菌が考えられます。通常は次亜塩素酸ソーダの水になっていると思うので、その濃度を間違えたとか・・・

また、試料を袋に入れる操作時に空気中の細菌が入ることも考えられますから、滅菌箱の中で操作するとか改善を考えられたらいかがでしょう。
    • good
    • 0

サンプリングの問題が大きいのではないでしょうか?生野菜、きのこ、調味料を揚げておられますが、おそらく滅菌水にサンプルを一定量取り、滅菌水の菌数を測定しておられると思います。



これらの場合、例えば総菜を作って同じ試料から継続的に(経時的に)サンプリングするのではなく、違う個体(例えば同じ野菜でも取り出す部分は異なる)を試料に使っているのではないでしょうか。

また、野菜もキノコも生体であり、自己消化が始まらないと菌数の飛躍的な増加は考えにくいと思われます。例えば大根おろしなど、常温下の3日やそこらでは菌数は増えません。酵母は増えますが。調味料はそのもの自体、例えばしょうゆ、つゆ類のようなものはある程度食塩があればなかなか菌数は増えません。

もっと具体的に試料の内容とか、保存の条件とかを示していただけばより的確な答えが出せると思います。

この回答への補足

ありがとうございます。
そうです、一定量の滅菌水と試料を攪拌し、その菌数を測定しています。
検査の際の検体の取り方は、初発、24時間後、48時間後の計3検体をストマッカー袋にとり、初発はその場で検査、24時間後、48時間後は検査までストマッカー袋に入った状態で冷蔵保存しておいています。

大根おろしの常温3日経過でも飛躍的に菌数が増えることはない…ということは、
全く同一の検体の初発、24時間後、48時間後でも菌数の差は大きくないので、1つの野菜でも検体としてとる箇所(葉、茎、根元など)が違えば、結果として菌数が逆転してしまったように見えることは十分起こりえるということでしょうか??

当社で検査するものはほとんどがカット野菜です。
確かに、レタスのカットしたものなどは葉も茎も入っています。
逆転するのは毎回違う(検査している野菜も毎回違う)のですが、ほぼ毎回数品が逆転しています。
保存は冷蔵(10℃以下)です。
宜しくお願いします。

補足日時:2005/06/12 16:28
    • good
    • 0

私の経験では平板に流し込む培地の温度が高すぎると影響がでた事があります。


なるべく低めで培地が固まらない程度の温度が良いと思うのですが、どうでしょうか?

この回答への補足

ありがとうございます。
標準寒天培地、デスオキシコレート培地は平板に流し込む前に、手で触って熱くない程の温度で使用しています。
デスオキシコレート培地の場合は、固まってしまう温度が高めなので、標準寒天培地で固まらない程度の低温まで下げて使用してみたいと思います。

補足日時:2005/06/12 16:53
    • good
    • 0

その検査した食品はなんですか?


どの食品を検査してもそのような結果が発生する場合があるのですか?
それともある特定の食品にみられますか?
サンプリング方法はどうやっていますか?

試験方法はメンブレンですか、
平板混釈ですか?培地の重層などはしていますか?
培地の種類は?

この回答への補足

ありがとうございます。

結果が逆転した食品は特定ではなく、
生野菜、きのこ類、調味料など様々な品目で起こりました。

試験方法は平板混釈です。
大腸菌群のみ、培地の重層をしています。
培地の種類は、
一般生菌→標準寒天培地
大腸菌群→デスオキシコレート培地
です。

サンプリング方法とは、具体的にどういったことを説明したら良いのかわからず…すみませんm(__)m
教えていただけると幸いです。

宜しくお願いします。

補足日時:2005/06/11 14:12
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q生菌数検査の混釈法の希釈倍率?

生菌数検査の混釈法での希釈倍率の設定の意味が分からないのですが、何方かお教えねがえませんでしょうか?通常10倍程度が良いと聞いていますが、これはある程度薄めないとコロニー数を数えにくいからでしょうか?また、希釈は20~50倍までが良く、100倍までやると条件が厳しすぎると聞いたことがありますが、希釈によって防腐剤などが効きにくくなるからでしょうか?薄いと試料自体の濃度も薄まり菌も繁殖しにくくなるような気がしますがいかがでしょうか?自分で調べれば良いのですが専門でないので身近にある程度では見つけられませんでした。参考になるような書籍やホームページでもかまいませんので教えて下さい。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

サンプルが何かにもよります。

元から細菌数が多いと予想される菌液なら0.1ml培地に撒いただけでもシャーレ全体にコロニーが生じてしまい数えようもありません。

10-6くらいに希釈する事もあります。

なので希釈しないと計算できません。
希釈すると試験管中に存在する細菌数が少なくなるだけで培地の濃度が変わるわけではないので菌は育ちます。(最終的に何倍に希釈してコロニーがいくつ生じたかで、希釈する前の生菌数を計算するので)

微生物学系のテキストなら生菌数の計算法は必ず乗っているとおもいます。

Q菌数?コロニー数?

エアクリーナーを使用中の室内で、浮遊菌数を測定するためにエアサンプラーを用い測定を行う予定です。
初歩的なんですが、菌数と、コロニー数はどう違うのでしょうか?
教えてください。

Aベストアンサー

「菌数」とは,呼んで字のごとく菌の数のことです。その「菌数」を数える手だてとして,菌を培養して「コロニー数」を数える方法(「平板培養法」や「混釈培養法」)があるわけです。
ですから,培養法での検査結果としては「菌数=コロニー数」と考えてしまってかまわないと思います。

ですが厳密には・・・
1.コロニー数は生菌の数のみを反映するので,死菌を含めた「総菌数」とは大きく異なる。
2.生菌1個が,必ずしも肉眼で確認できるコロニーになるまで増殖するとは限らない。
3.菌体が集塊状になりやすい菌は,複数個の菌で1個のコロニーを作りうる。
・・・などの理由で「菌数≠コロニー数」になるのでご注意ください。


言葉の正確性を期すのであれば,菌数の単位を「CFU(colony forming unit:コロニー形成単位)」と表現すればよいと思います。
1CFUとは「1個のコロニーを作るだけの菌量」ということです。

つまり,1m3あたりの菌数を培養法で測定した場合,結果を
「○○CFU/m3」
とすれば学術的にも正しい表記となります。

「菌数」とは,呼んで字のごとく菌の数のことです。その「菌数」を数える手だてとして,菌を培養して「コロニー数」を数える方法(「平板培養法」や「混釈培養法」)があるわけです。
ですから,培養法での検査結果としては「菌数=コロニー数」と考えてしまってかまわないと思います。

ですが厳密には・・・
1.コロニー数は生菌の数のみを反映するので,死菌を含めた「総菌数」とは大きく異なる。
2.生菌1個が,必ずしも肉眼で確認できるコロニーになるまで増殖するとは限らない。
3.菌体が集塊状...続きを読む

Q一般細菌数(生菌数)の検査について

プール水の一般細菌数の検査をしたところ24時間培養で30個/mlのコロニーが検出されました。プール水の検査法では24時間での評価ですが、ためしに続けて48時間培養したところ3000個/mlに増えました。
ふつう、24時間と48時間ではこんなに極端に差は出ないと思われますが、通常の一般細菌以外の菌が存在しているのでしょうか。
ちなみに検水の残留塩素濃度は0.2%程度でした。
何か他の雑菌がいるか心配なので、考えられることがあれば教えてください。

Aベストアンサー

水にいる 水棲菌は培養時間、培養温度、培地成分によりかなり結果が異なります。
温度が高い場合37℃とか、培地に高栄養培地を使っている場合は、
増殖に時間がかかる場合があります。
従って、時間を延ばすと菌数が増えたものと推察されます。

Q3.0×10の3乗(cfu/g)とはg当たり何個?

生菌数が、3.0×10の3乗(cfu/g) というのは、g当たり、どのくらいの生菌数なのでしょうか??
http://www.wafoo.gr.jp/ordinary/food/stdt/houst.html

Aベストアンサー

10の1乗は10、10の2乗は100、10の3乗は1000です。ということで、、3.0×10の3乗は3000です。
cfuはcolony forming unit。
結局、1グラム当たり、コロニーができる単位の数として数えた生菌数が3000、ということですね。

Q細菌の寒天培養

高校の科学部で、身近な細菌を調べることになりました。

寒天培地で培養してできるコロニーから判定する際の参考に、代表的な細菌のコロニーの特徴を記した、資料(写真)などが載ったサイトを探していますが、意外と見つかりません。
(培地の作り方や、培養方法などはみつかるのですが)

どなたか、ご存知でしたら教えて下さい。

食中毒を起こすような細菌の資料があるとうれしいです。
一応、嫌気性細菌を培養するための設備もあります。

Aベストアンサー

こんにちは。
生物系の学生で、同じような実験の経験があります。
コロニー形状だけから細菌の種類を同定するのは難しいでしょう。
お望みのような資料が少ないのもそのせいだと思います。
他にもグラム染色や顕微鏡観察などで、より詳しく調べる予定なのでしょうか?

また、使う培地の種類によっても、生えてくる菌は違います。
特定のタイプの細菌を得たいなら、その細菌がよく生えるような培地を、
単に色々な種類の細菌を見てみたいということなら標準培地を使います。

コロニーの分類には、コロニーの形、色、透明度、大きさ、隆起、表面がなめらかかどうか、
コロニーのふちがギザギザかスムースか、硬いか柔らかいかなどを見てみるといいと思います。

一応、多少の参考になるかな?と思ったURLをいくつかご紹介しておきますね。
ご自分でも、「食品 検査 細菌」、「コロニー 形状」などのキーワードで
検索してみると、参考になるものが見つかるかもしれませんが、
基本的には私も#1さんと同様、大きめの図書館などで
微生物学系の本を見たほうが正確ですし、近道だと思います。
「微生物の分類と同定」(学会出版センター)などがおすすめです。

■細菌汚染検査
コロニーの観察項目と分類について図つきで説明があります。
下のほうにコロニーから汚染を判断する基準についての表もあるのですが、
それぞれ使っている培地が異なるので、あまり役に立たないかな。
http://www.setsunan.ac.jp/pharm/ftphome/homepage/bisei/1500TXT.html

■細菌検査装置「アルゴス」のQ&Aページ
1. 基礎知識 の部分が役に立つのではと思います。
http://www.arttec-net.com/argos/answer.htm

■ 食品検査における細菌培養について
http://www.jarmam.gr.jp/situmon/shokuhin_kensa.html

こんにちは。
生物系の学生で、同じような実験の経験があります。
コロニー形状だけから細菌の種類を同定するのは難しいでしょう。
お望みのような資料が少ないのもそのせいだと思います。
他にもグラム染色や顕微鏡観察などで、より詳しく調べる予定なのでしょうか?

また、使う培地の種類によっても、生えてくる菌は違います。
特定のタイプの細菌を得たいなら、その細菌がよく生えるような培地を、
単に色々な種類の細菌を見てみたいということなら標準培地を使います。

コロニーの分類には、コロ...続きを読む

Q生菌数の換算・・・/mlと/gについて

食品の細菌検査をした際にその菌数を
/mlもしくは/gで表記しますよね?

例えば、
5gの検体と45mlの希釈水で10倍希釈の試料液を作ってその1mlを培養したとき、培地に100個のコロニーが出現したとします。

で、この菌数を表示するには10(倍希釈)×100(個)で1000個/mlなわけですが、これを1gあたりに換算するときってそのまま1000個/gでいいのでしょうか?

単純な質問でお恥ずかしいのですが、ご存知の方ご教授ください。

Aベストアンサー

微生物を扱っている者です.
計算合っていますよ.
mlとgのやりとりがなんとなく納得いかないのであれば,
以下のように考えてみたらどうでしょう?

10倍希釈液1mlで100個のコロニー
→10倍希釈液50mlで100x50=5000個のコロニー
→検体5gあたり5000個のコロニー
→検体1gあたり1000個のコロニー

慣れないうちは図を書いて考えると分かりやすいかもしれません.

実際,どのように生菌数を算出するかについては
参考URLと以下のサイトが参考になるかと思います.
http://www.jarmam.gr.jp/situmon2/seikinsu-santei2.html

参考URL:http://www.jarmam.gr.jp/situmon2/seikinsu-santei.html

Q微生物検査で。

質問です。
微生物の検査を行う際、希釈水を加え、サンプルを10倍、100倍、1000培…と希釈していくのは何のためですか?
検査の精度を高くするため、というのが理由の1つだと聞いたのですが、どういうことなのかちょっと理解できません。
どなたかわかる方がおりましたら教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは

シャーレの中にぽつぽつと出てきたコロニーを数えるのに、細かいのが1,000個もあったら数えるのが大変だし、コロニー同士がくっついたりして正確かどうかわかりません。また2~3個しかなかったら、本当にきちんとサンプリングして希釈したかどうか不安があります。
だいたい30個から300個程度が数えやすく、信頼性があると言われています。
個人的な感想ですが、ぱっと見て粒の揃ったコロニーが100個程度あるのが一番好感がもてます。

もとの菌数がわからないのに、ちょうどよい希釈倍率を選ぶのは困難なので幅をもたせて3~5段階程度に希釈して培養し、希釈前の菌数を算出します。もともと菌数が少ないサンプルでしたら仕方がないのですが、それを確かめる意味合いもあって数段階に希釈して調べます。
10倍希釈系列で10^1、10^2、10^3などと希釈していくと計算が楽です。
10^2(100倍)希釈で80個コロニーがあれば80x10^2個/gとすぐに計算出来ます。
元の菌数が多いと予測すれば10^3、10^4、10^5希釈などとすることもあります。

範囲の選択に失敗してもう一度測定をやりたくても、オリジナルの菌が増殖してしまっていると何を測定しているのかわからなくなるので、失敗がないように幅をもたせます。不安ならば4段階、5段階の希釈をすることもあります。
サンプルが液体ならば濁度法で菌数を予測する事もできますし、ATP法で予測する事もできます。相関がとれれば濁度法やATP法で計った菌数を採用する事もあります。
また、感受性試験などの場合は10倍ではなく2倍希釈系列を採用する事もあります。

こういう試験は量をこなすことになりますから精神力、体力勝負です。
精度を落とさずに楽に速くというのが大切だと思います。

こんにちは

シャーレの中にぽつぽつと出てきたコロニーを数えるのに、細かいのが1,000個もあったら数えるのが大変だし、コロニー同士がくっついたりして正確かどうかわかりません。また2~3個しかなかったら、本当にきちんとサンプリングして希釈したかどうか不安があります。
だいたい30個から300個程度が数えやすく、信頼性があると言われています。
個人的な感想ですが、ぱっと見て粒の揃ったコロニーが100個程度あるのが一番好感がもてます。

もとの菌数がわからないのに、ちょうどよい希釈倍率を選ぶ...続きを読む

Q金属探知機の数値データが意味が分かりません。

Fe ●●mmφ
Sus●●mmφ

●●は数値です。
金属探知機のこのデータは、どういう意味でしょうか?
FeとSusとmmФの意味が分からないので、さっぱり分かりません。
分かるようにどなたか教えてください

Aベストアンサー

検知できる金属片の最小サイズを表しているはずです.

Fe 0.6mmφ
Sus 1.0mmφ

上記の場合は,Fe(鉄)は半径0.6mm以上,Sus(ステンレス)は半径1.0mm以上の粒なら検出できますという意味です.

金属の中で検出しやすい順に並べると,以下の様になります.
鉄>金・銀・アルミ・銅等>ステンレス
ですので,金属探知器の性能を語るときはFeとSusの検出精度を述べるわけです.

Q「噌」の文字が異体字になってしまいます。

「噌」の文字が異体字になってしまいます。

味噌の「噌」という文字を打ちたいのですが、
テキストエディットの標準テキストやFinderで文字を打つと
口へんの右側が「曽」ではなく、「曾」になってしまいます。
文字パレットの方も「口曾」の文字で出ています。
フォントバリエーションの方から選んで打っても、「口曾」になります。
finderや標準テキストでこの文字を出す事は出来ないのでしょうか?

環境はMacOSX 10.5.8です

Aベストアンサー

フォントに依存します。
ヒラギノ書体を使用している場合なら、ヒラギノProNと、ヒラギノProでは、「噌」の字形が異なります。
Mac OS X 10.5 Leopardから、ヒラギノ書体は、ProとProNの2バリエーションになりました。システムフォントになっているのは、ProNのほうです。ProNは、JIS X 0213:2004の制定で変更を加えられた字形に準拠したバリエーションです。詳細は、Wikipediaなどで「JIS X 0213」で検索してみてください。
JISで行われている改訂の、おおまかな流れは、常用漢字以外は正字を使おうというもので、「噌」の字形も、それにそった形で変更になったわけです。逆に「味噌」って常用漢字じゃないの?という驚きがありますね。JIS X 0213の改訂は、ちょっとやりすぎではないかという批判が多いため、Appleは、従来のヒラギノProを廃止せず、併載することにしたようです。

※「正字」とは、康煕字典に掲載されている字形のことを指します。興味がおありなら、康煕字典のこともお調べになるといいでしょう。

Q送付いたします。お送りします。どれが正しいですか?

仕事上での取引先に対する言葉(書類の文章)について質問します。
相手先に郵送書類やFAXを送る際に、内容を記した用紙を添えますが、そこに印刷しておく文章は
どのような言葉が正しいのでしょうか?
『次の書類を送付いたしますので、ご査収のほどお願い・・・・・』
『次の書類をお送りしますので、ご査収のほどお願い・・・・・』
その他、良い表現やよく見かけるけど良くないと思うもの、などありましたら、教えてください。
『お送り』については、自分が送り主の場合はダメで、相手が送り主の場合の場面で『●●をお送りください』などと頼む場合の言葉なのでしょうか?

Aベストアンサー

『次の書類を送付いたしますので、ご査収のほどお願い・・・』

送る行為は、相手にも関わる事なので、
「送付いたします」と、致しますと言っていても、
「ご」を付けなければ「送り付ける」という意味になります。
「ご」は相手に対する「謙譲語」です。

「ご送付します。」か「ご送付致します。」が正しいです。
「する」の謙譲語は「いたす」なので、「ご送付致します。」が
正しいのです。 二重敬語になるかもしれませんが、こちらの方が
丁寧です。

「お送り致します。」でもOKです。

・「ご」を必要としない場合は、「送付させて頂きます」になります。

例えば「ご連絡します」の「ご」も同様です。連絡するのは
自分の動作ですが、「連絡」を受ける相手に対する敬意を表すため、
謙譲の接頭語「ご」を付けます。

相手に頼む場合は「お送りください。」です。

http://mc2.civillink.net/biz/biz.html

http://allabout.co.jp/gm/gc/297603/


人気Q&Aランキング

おすすめ情報