すこし天文学とはちがうかもしれませんが、、。
月が普段より(かなり)大きく見えることってありますか?

ありますか?という質問をしておいてなんですが、7,8年ほど前、自分で見たことがあるんです。 夜中に田舎の山の中を走っていると、山の上に大きく光るもの(とってもUFOではありません)が見えたのです。 最初は大きすぎて月とは気づきませんでした。 どれくらい大きいかというと、普段見える満月の直径を1とすると、20くらいはありました。 (全体は見えてなく、上の4分の1ほどだけ見えていました。) こんな田舎の山の中のてっぺんに、人工物があるとは思えないし、なんと行っても巨大すぎます。 田舎なのでそんな人工物ができればあっという間にうわさになり、自分の耳にも入ってきているはずです。
自分のほかに友人二人も見ました。 3人で気味悪がりながら話し合った結果、月しかないだろうという結論に至りましたが、それ以降誰に言っても信じてもらえません。 空気がきれいだったとか、月がたまたまそういう位置だった(?)とか、そういう理由でここまで大きく見えることがあるのでしょうか?
いまだにその謎が解けず、否定されつづけ、自分で見たにもかかわらず自分が信じられなくなってきました。(そこまで深刻ではありませんが、、、)

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

あとは、距離ですね。



私も、経験があるのですが、
比較する対象までの距離が遠いと、
月の視直径がほとんど変わらないので、
めちゃくちゃ大きく感じます。

都会でビルや、間近の家屋から見る月と、
田舎で遠くの山から見える月では、
全然大きさが違って感じると思います。
    • good
    • 0

低い位置にある月は大きく見えるものです。

理由は他の方が言ってるとおりです。

たまに夕方に地平線近くの満月を見ますが、これがでかくて赤色っぽくてかなり不気味です。気持ち悪いくらいです。(^^;
(ホラー映画にでてきそうな感じです)

田舎に住んでるので都会よりも星や月がよくみえるので、なおさら不気味です。
PokaQさんも田舎で見たそうなので、これと同じ現象だと思いますよ。
    • good
    • 0

こんばんは。



 地平線近くの月や太陽が大きく見えることについては、過去にここのQ&Aでも何回も同じような質問がありました。最近の質問については、参考URLをご覧下さい。

 20倍とはすごいですね。地平線の上に出るところという条件の他に、山の中で、左右にも木の枝などがたくさんあると非常に大きく見えるのでしょうか。

 今度同じように20倍くらいの月が見えたら、ぜひその見ための角度を測ってみて下さい。回りに何もなければ、例えば、まっすぐ伸ばした腕の先の親指の爪 何個分だとか・・・ その値を空の上の方にある月の場合と比較して、やっぱり20倍くらいに見えたら、それはひょっとすると大発見かも!

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=113115
    • good
    • 0
この回答へのお礼

確かにそのとき月は地平線に近かったです。 ただあまりにも大きすぎたもので、、、。 恐らく2倍、3倍ぐらい、まあ5倍ぐらいまでの大きさなら、「今日は月が大きいな」ぐらいで済んでいたでしょうが、さすがに20倍ぐらいになると「?」です。
ちなみにそのときは周りに木は生い茂るほどなかったです。 山の上のほうを大きな道路が走っているような場所なので。
それが最初で最後、あれからあのような月を見たことはありません。 
みなさん親切な回答ありがとうございました。

お礼日時:2001/10/03 19:59

PokaQさん、こんばんわ。


yukinojyou7さんやalbracのおっしゃるとおり、それは月の周辺に比較対象物があるために大きく見えるものです。
月と同じように太陽も、日の出、日の入りのときはとても大きく見えます。
一度、確認してみたらいかがでしょうか。
    • good
    • 0

失礼します。

yukinojyou7さんの補足みたいですが…
月が水平線の近くや、山の近く等にある場合、月が大きくみえますね。
これは、人間の心理的な影響で、見かけ上のことです。

しかし、実際に月が大きく見える事もあります。
天球上には、太陽が通う軌道、黄道というのがありますね。よく、星占いで出てくるやつ・・・。見かけ上、太陽が天球上の星座の上を1年かけて1週する道です。
もう一つ(あまり知られてませんが)月が通う軌道もあって、これを白道といいます。約28日で天球上を一周します。

月が地球の周りの軌道を一周する場合、微妙ですが楕円軌道を描いていて、地球に近づいたり離れたりしています。
そのため、実際、地球に最も近づく場合は、やはりいつもより大きくみえます。
また、地球から最も遠いところにある時は、逆にいつもより小さく見えます。

でも、今回の場合はyukinojyou7さんの答えのほうが当てはまっていると思います。
    • good
    • 0

PokaQさん、こんばんは。



恐らくそれは月だったのでしょう。ただ普段より大きく見えただけです。
これは朝日、夕日などでも同じことがいえますが、比較する対象がそばにあると大きく見えるものなんです。
何も無い夜空にぽっかり浮かんでいても、周りに比較するものが無いので、普段どおりの見え方にしかなりませんが、目の前の山と比較し月の大きさを実感した、というわけです。
もしかしたら空気がきれいだったことも関係あるかもしれませんね。
大きくてきれいな月・・・私も見てみたいものです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報