すこし天文学とはちがうかもしれませんが、、。
月が普段より(かなり)大きく見えることってありますか?

ありますか?という質問をしておいてなんですが、7,8年ほど前、自分で見たことがあるんです。 夜中に田舎の山の中を走っていると、山の上に大きく光るもの(とってもUFOではありません)が見えたのです。 最初は大きすぎて月とは気づきませんでした。 どれくらい大きいかというと、普段見える満月の直径を1とすると、20くらいはありました。 (全体は見えてなく、上の4分の1ほどだけ見えていました。) こんな田舎の山の中のてっぺんに、人工物があるとは思えないし、なんと行っても巨大すぎます。 田舎なのでそんな人工物ができればあっという間にうわさになり、自分の耳にも入ってきているはずです。
自分のほかに友人二人も見ました。 3人で気味悪がりながら話し合った結果、月しかないだろうという結論に至りましたが、それ以降誰に言っても信じてもらえません。 空気がきれいだったとか、月がたまたまそういう位置だった(?)とか、そういう理由でここまで大きく見えることがあるのでしょうか?
いまだにその謎が解けず、否定されつづけ、自分で見たにもかかわらず自分が信じられなくなってきました。(そこまで深刻ではありませんが、、、)

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

こんばんは。



 地平線近くの月や太陽が大きく見えることについては、過去にここのQ&Aでも何回も同じような質問がありました。最近の質問については、参考URLをご覧下さい。

 20倍とはすごいですね。地平線の上に出るところという条件の他に、山の中で、左右にも木の枝などがたくさんあると非常に大きく見えるのでしょうか。

 今度同じように20倍くらいの月が見えたら、ぜひその見ための角度を測ってみて下さい。回りに何もなければ、例えば、まっすぐ伸ばした腕の先の親指の爪 何個分だとか・・・ その値を空の上の方にある月の場合と比較して、やっぱり20倍くらいに見えたら、それはひょっとすると大発見かも!

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=113115
    • good
    • 0
この回答へのお礼

確かにそのとき月は地平線に近かったです。 ただあまりにも大きすぎたもので、、、。 恐らく2倍、3倍ぐらい、まあ5倍ぐらいまでの大きさなら、「今日は月が大きいな」ぐらいで済んでいたでしょうが、さすがに20倍ぐらいになると「?」です。
ちなみにそのときは周りに木は生い茂るほどなかったです。 山の上のほうを大きな道路が走っているような場所なので。
それが最初で最後、あれからあのような月を見たことはありません。 
みなさん親切な回答ありがとうございました。

お礼日時:2001/10/03 19:59

あとは、距離ですね。



私も、経験があるのですが、
比較する対象までの距離が遠いと、
月の視直径がほとんど変わらないので、
めちゃくちゃ大きく感じます。

都会でビルや、間近の家屋から見る月と、
田舎で遠くの山から見える月では、
全然大きさが違って感じると思います。
    • good
    • 0

低い位置にある月は大きく見えるものです。

理由は他の方が言ってるとおりです。

たまに夕方に地平線近くの満月を見ますが、これがでかくて赤色っぽくてかなり不気味です。気持ち悪いくらいです。(^^;
(ホラー映画にでてきそうな感じです)

田舎に住んでるので都会よりも星や月がよくみえるので、なおさら不気味です。
PokaQさんも田舎で見たそうなので、これと同じ現象だと思いますよ。
    • good
    • 0

PokaQさん、こんばんわ。


yukinojyou7さんやalbracのおっしゃるとおり、それは月の周辺に比較対象物があるために大きく見えるものです。
月と同じように太陽も、日の出、日の入りのときはとても大きく見えます。
一度、確認してみたらいかがでしょうか。
    • good
    • 0

失礼します。

yukinojyou7さんの補足みたいですが…
月が水平線の近くや、山の近く等にある場合、月が大きくみえますね。
これは、人間の心理的な影響で、見かけ上のことです。

しかし、実際に月が大きく見える事もあります。
天球上には、太陽が通う軌道、黄道というのがありますね。よく、星占いで出てくるやつ・・・。見かけ上、太陽が天球上の星座の上を1年かけて1週する道です。
もう一つ(あまり知られてませんが)月が通う軌道もあって、これを白道といいます。約28日で天球上を一周します。

月が地球の周りの軌道を一周する場合、微妙ですが楕円軌道を描いていて、地球に近づいたり離れたりしています。
そのため、実際、地球に最も近づく場合は、やはりいつもより大きくみえます。
また、地球から最も遠いところにある時は、逆にいつもより小さく見えます。

でも、今回の場合はyukinojyou7さんの答えのほうが当てはまっていると思います。
    • good
    • 0

PokaQさん、こんばんは。



恐らくそれは月だったのでしょう。ただ普段より大きく見えただけです。
これは朝日、夕日などでも同じことがいえますが、比較する対象がそばにあると大きく見えるものなんです。
何も無い夜空にぽっかり浮かんでいても、周りに比較するものが無いので、普段どおりの見え方にしかなりませんが、目の前の山と比較し月の大きさを実感した、というわけです。
もしかしたら空気がきれいだったことも関係あるかもしれませんね。
大きくてきれいな月・・・私も見てみたいものです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q英語の省略について。

英語の省略について。
 英語の授業で、「be busy (in)Ving のinは省略されて分詞に見えるけど、動名詞なんだぞ。」といわれたのですが、このような英語の省略ってよく聞くんですけど、この場合なんで省略できるんですか?

Aベストアンサー

 「busy in ...ing」や「spend in ...ing」は、1900年代前半までは実際に使われていた用法です。

 Mrs Joe was prodigiously busy in getting the house ready for the festivals of the day. (Dickens)

 I have spent my life in finding that out. (Galsworthy)

 そもそも「in」という前置詞の後で用いられていたわけですから、その当時は当然「動名詞」と考えられていたはずです。その意味では、先生の言われていることは全くの的外れでもないでしょう。

 確かに「動名詞」と「現在分詞」は区別が難しいのですが、英英辞典で「gerund」を調べると「a noun in the form of the present participle of a verb」とされていますので、native speakerにもそれなりの違いは認識されているのだと思われます。

 ただし、現代においては「in」が用いられることはほとんどなくなっていますので「in」を用いた場合には非常に古臭い印象を与えます。例えば、日本語で「私は忙しゅうございました。」という表現は理解できないわけではありませんが、わざわざそのような言い方をする人はほとんどいないでしょう。それと似た感じではないでしょうか。

 なお、今では「go ...ing」で定着している表現も、もとをたどれば「go for ...ing」の「for」が取れた形だと言われています。

 ご参考になれば・・・。

 「busy in ...ing」や「spend in ...ing」は、1900年代前半までは実際に使われていた用法です。

 Mrs Joe was prodigiously busy in getting the house ready for the festivals of the day. (Dickens)

 I have spent my life in finding that out. (Galsworthy)

 そもそも「in」という前置詞の後で用いられていたわけですから、その当時は当然「動名詞」と考えられていたはずです。その意味では、先生の言われていることは全くの的外れでもないでしょう。

 確かに「動名詞」と「現在分詞」は区別が...続きを読む

Q月が特に大きく見える現象。

昨日(9月27日)満月で通常より1.7倍の大きさに見えたそうですが、月が東より出る時に
橙色で特に大きく見える現象を教えてください。

Aベストアンサー

月は地球の周りを楕円軌道を描き回っています。
地球から月までの距離は、約35万7000kmから40万6000kmまで変化します。
最も距離が短い時に満月が重なるのと、長い時に満月が重なるのとでは、前者を1とすると後者は1.137倍。1.7倍は間違いです。

ちなみに、月は水平線近くにあっても、天空にあっても見かけ角度は一緒。
朝日・夕日が大きく見えるの同じ理屈で、天空だと比較するものがないので小さく見える。
あくまで、目の錯覚に過ぎないのです。

また、天候(特に水蒸気)に左右されますが、水平線近くで黄色や赤く見えるのは、厚い空気の層を通るため、可視光線の短い波長ほど吸収され易く、長い波長の光の成分が多くなるから。

Q英語の日記では、主語の“I”は省略されることが多いでしょうか

英語国人が英語で日記を書くときには、一人称の主語“I”は省略することが多いでしょうか。
例えば、“I joined a party today.”を、“Joined a party today.”と、“I”を省略して、日記には書くことが多いでしょうか。

Aベストアンサー

多いと思います。
友達同士のメイルなどでもよく省略されていますし、私も省略しています。

Q人工衛星の見え方について

もう随分前(10年ぐらい前)の話なんですが・・・

高校で天文部に入っていて、彗星を見るために天体観測合宿をしていた時のことです。
夜空に、小さな光の円を描いている物体がありました。
円は、地上からの見かけ上は直径1センチぐらい、動く速度は光の軌跡で円が見えるぐらいなので結構速かったと思います(その物体自体は点にしか見えませんでした)。
みんな「あれは何?」「人工衛星じゃない?」と言っていたのですが、人工衛星は地球の軌道上を楕円を描きながら動いているそうなので、地上からは直線に見えるんじゃないかと思いますが、円を描きながら動く人工衛星もあるんでしょうか?
動きかたや見え方からヘリコプターや飛行機ではありませんでした。

ちなみに、その日はオースティン彗星を見るために集まっていたので、日付は1990年4月3日、時間は恐らく夜の8時ごろで、その物体は少なくとも1時間ほどは同じ場所を旋回していました。
もうほんとに随分前の話で今更調べられるわけはないと思うのですが、ずっっっと気になっているもので・・・。
人工衛星って、どんな風に見えるんですか?
また、これ(人工衛星)以外で、夜にこのような見え方をするものってあるんでしょうか?
(自分としてはUFOとかってあまり信じてないんですが・・・絶対無いとは言い切れないでしょうけど・・)

もう随分前(10年ぐらい前)の話なんですが・・・

高校で天文部に入っていて、彗星を見るために天体観測合宿をしていた時のことです。
夜空に、小さな光の円を描いている物体がありました。
円は、地上からの見かけ上は直径1センチぐらい、動く速度は光の軌跡で円が見えるぐらいなので結構速かったと思います(その物体自体は点にしか見えませんでした)。
みんな「あれは何?」「人工衛星じゃない?」と言っていたのですが、人工衛星は地球の軌道上を楕円を描きながら動いているそうなので、地上からは...続きを読む

Aベストアンサー

その動き方は人工衛星ではないですね。
小型飛行機かヘリだと思います。音は高高度を飛んでいてかつ上空の風が強ければ聞こえなくとも不思議ではないです。自衛隊か米軍のヘリ、あるいは報道などの用途であれば旋回しつづけることは十分考えられます。おっしゃるように宇宙人のUFOではないでしょう。

Q会話時の英語においての主語の省略

おはようございます。
英語における主語の省略についての質問です。
日本語では「私はそこにいった」という意味の事柄を述べるとき
話の前後関係で
私はの部分を省略することができますが
英語では無理なのでしょうか?
例えば
went there.といえば 命令文でもないし、
二人で話をしているとしたら聞き手が行ったということもないでしょうから、話し手がそこへいったということが明確だと思うのですが。
会話において、英語では主語は省略されないのですか?
またはかなり弱く発声されるのでしょうか?
お分かりになられる方、教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

25年以上殆ど英語の生活をしている者です。

命令形や詩、古典など特殊な場合を除き、英語の会話やメール、手紙で主語を省略することはあり得ないと思います。

これは英語が動詞の変化の少ない言語だからだと思います。例えば一人称、二人称、三人称と動詞がそれぞれ変化する言語なら主語を省略することがあります。

ロシアに行ったらロシア人は主語をバンバン省略してロシア語を喋っていますし。

普段英語を喋ったり書いたりするときは、ほぼ100%の確率で主語は省略しないと考えておいたら間違い無いと思います。

Q世界一月が大きく見える場所の画像

緯度の関係らしいので日本ではないいようですが、この画像はトリックでしょうか?
それとも、本当に、こんな風に見える場所があるのでしょうか?

Aベストアンサー

この写真はまず間違いなくトリックでしょう。

月は地球のどこから見ても視角にしてほぼ0.5度です。時期によって多少変わりますが,せいぜいその1割程度の差です。写真から,月の直径の半分弱程度が人の身長になっているのでそのくらいの画角になるには500mほど離れたところから超望遠で撮影する必要があります。

しかしその場合,水平線から人の頭まで月の直径と同程度,つまり視角約0.5度ですから人の頭の位置に一致する水面が200mほど先にあるはずですが,とてもそうは見えません。せいぜい10mくらいでしょう。ですから人と浜辺の部分はさして望遠でないレンズで少し見下ろすように撮影しているはずです。

水平線と月の境界あたりも鮮明すぎて不自然です。通常,水平線近くは大気の影響を強く受けますから。

緯度がどうであろうと,場所の特性で月が常に大きく見えるということはないと思います。

Q以前塾で英語の受動態の単元を習った時、 byのあとの省略について、 by us, by you,

以前塾で英語の受動態の単元を習った時、

byのあとの省略について、

by us, by you, by people, by someone

は、省略可能で

by a lot of peopleとby many people

は、省略不可と教えてもらいました。

なぜ a lot of や many が付くと省略できないんですか?

Aベストアンサー

○by us, by you, by people, by someoneというのは「一般的」だから省略可能なのです。

 たとえば、日本語でも、「ベニスは水の都と呼ばれている。」、「ライオンは百獣の王と呼ばれている。」・・・これらは「誰が」ということではなく一般的に呼ばれているから明示する必要がないのです。

 これに対し、a lot of people,many peopleは「限定的」なのです。数の多少とは関係なく、限定された人々なのです。だから、受動態になった時、省略は一般にしないのです。

Q双眼鏡を使った、星の見え方(田舎町)

初めまして、宜しくお願いしますm(__)m

天体観測が大好きで、双眼鏡(ニコンのアクションEX7×50)の購入を検討してるのですが、双眼鏡の見え方についてご相談させてください。

私の家は、ちょっとした田舎町なのですが、車で30分のところにショッピングモールがあるような所で、天の川が肉眼で見えるような田舎町ではありません。

家の周りも、小さな街灯(家の前には無い)、近所(と言っても間はあります)の家の灯り、5分先のコンビニ、5分先の幼稚園のセキュリティーライトなど・・・

都会ほど明るくないが、山々よりは明るい中途半端な田舎町です
庭が広いので、ある程度空を見渡す事が出来ます(残念ですが南の空は明るい)。

そんな環境で、双眼鏡を使った場合、どんな風に見えるか不安になりました。

天の川が肉眼で見える田舎でしか、双眼鏡を使ったことがないのです。

もし、双眼鏡を使っても、天の川が見えなかったらどうしよう?
普段見える、1等星.2等星(視力が低くコンタクト使用)しか見えず、その1等星2等星がただデカク見えるだけだったらどうしよう?

真っ暗な中、明るい星だけがポツンポツンとあるだけだったらどうしよう?
それを双眼鏡でたどるだけだったらどうしよう?

なんて心配をしています・・・(文面からお分りのように初心者です)

双眼鏡のサイト、天体観測のサイトでも、中途半端な田舎町での使用を綴った記事がなく、ここで質問させていただく事にしました。

双眼鏡を使うと本当に暗い星まで見えるんでしょうか?
こんな中途半端な町で、双眼鏡はどこまで役立つでしょうか?

初めまして、宜しくお願いしますm(__)m

天体観測が大好きで、双眼鏡(ニコンのアクションEX7×50)の購入を検討してるのですが、双眼鏡の見え方についてご相談させてください。

私の家は、ちょっとした田舎町なのですが、車で30分のところにショッピングモールがあるような所で、天の川が肉眼で見えるような田舎町ではありません。

家の周りも、小さな街灯(家の前には無い)、近所(と言っても間はあります)の家の灯り、5分先のコンビニ、5分先の幼稚園のセキュリティーライトなど・・・

都会ほど明る...続きを読む

Aベストアンサー

私の場合、中途半端な都会ですが、たとえば、おうし座を見た場合、肉眼では、一番明るいアルデバランしか見えない場所で、双眼鏡で見るともう少し暗い星まで見え、おうし座ってこんなに美しいのか、と思うほどです。

Q英語を話すときに、省略することがおかしい場面はあるのでしょうか? 例えばwanna 、tryna 、

英語を話すときに、省略することがおかしい場面はあるのでしょうか?
例えばwanna 、tryna 、he's/she's 、I'm/you're 、there're などなど…。
会社との契約時には省略形は使わない方が良いだとか、目上の人には使わない省略の仕方などあるのでしょうか?

Aベストアンサー

wannaとかgonnaとかの省略形っていうか崩れた言葉って感じ。
それらはビジネスの場面では使わない方が良いと言われてるね。
とは言え、実際にはみんなちょいちょい使ってるけどね。
目上の人なんかには、want toとかじゃなくてwould like to とか使うけど、その時はI'd like toって省略するのは特に問題ないね。
それと、It'sとかI'mとかは、まさに省略形なんだけど、こういう省略形はどんな場面でも普通に使うよ。
逆にこういうのは省略しないと相手は違和感があると思う。

Q【月の謎】なぜ月は地球から見える面と地球から見えないの地表の厚さが違うのですか?なぜ地球から見え

【月の謎】なぜ月は地球から見える面と地球から見えないの地表の厚さが違うのですか?

なぜ地球から見える面の地表は厚くて、裏面は地表が薄いのか教えてください。

Aベストアンサー

たぶんですが、「潮汐力」の影響ではないでしょうか。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%BD%AE%E6%B1%90%E5%8A%9B


人気Q&Aランキング

おすすめ情報